2018年04月25日

村の中の村?でチェコの歴史、文化を見る

昨日、オンドラから

「今から村の中の村へ行こう」

と誘いを受けた。


村の中にある村?
話を聞くと、どうやら近隣の村に昔の村が存在するらしい。
よく分からんがとりあえず行ってみよう!と出かけました。

チェコ昔の村があるのはここです

0.jpg

うちからは、バスで10分でした。

到着すると、そこはいくつかの家と草原が広がる村でした。
そして、バス停を降りるとさっそく昔の村への入り口がありました。

敷地内案内図
01.JPG

HP http://www.polabskemuzeum.cz/

Polabské národopisné museum、昔の村と呼んでいたものはどうやら博物館として管理されている区域。
入場料100コルンを支払い中に入りました。

博物館内は昔(18世紀)の田舎風景。

1.JPG

3.jpg

昔使用していた土農具がいっぱい置いてありました。


2.JPG

そしてそして、敷地内にある全ての家の中を覗くことができるようで。

さっそく
おじゃましまーす

IMG_0707.JPG

わわ、思いもよらぬたくさんの人が家の中にいました。
家具や置物はすべて18、19世紀のもの、贅沢に人形をいっぱい配置して当時の生活を再現しています。
庶民の家を覗くって、私には立派な城内見るより楽しい!
ワクワクドキドキしました。

女子会のテーブルに寄ってみましょう。

IMG_0710.JPG

女子達が食べていたのは大量に積まれたコラーチュ。
チェコの伝統菓子コラーチュはどのくらい前から親しまれていたんでしょうね。
あと、編まれているパンも見えますが、クリスマスパンのヴァーノチュカでしょうか?


お次の家へ


IMG_0747.JPG

一般的な家庭の風景。朝ご飯中のようです。
赤ちゃんがいるようです、やはり寄ってみましょう。

IMG_0748.JPG

こんな乳母車だったのか。かっこいいな。
乳母車の進化の歴史を辿るだけでも面白そう。


IMG_0751.JPG

お料理上手な奥さんでしょうか?
水色で揃えたホーローがおしゃれです。

そういえば部屋の壁も水色だったな。


IMG_0772.JPG

こちらは映画のワンシーンみたい。 靴屋の旦那と奥さん、何を話してるんだろう。

ふと見ると、靴屋の棚にも

IMG_0774.JPG

コラーチュ。


あと、他のお家ではバーボフカも見かけました。

IMG_0779.JPG

おいしそう。

おまけに、庭にもバーボフカを発見、

IMG_0794.JPG

この石、バーボフカの型で固めてるよね?!

IMG_0859.JPG

こちらのお家でおばあちゃんが焼いてるものが気になりました。

IMG_0865.JPG

これはイダ―シュ(Jidáš)っていうらしく、最近はあまり焼かないけれど
昔はコラーチュと同じくらいチェコ家庭の定番パンだったらしいです。


にぎやかな声が聞こえてきたこのお宅

IMG_0784.JPG

日本のように世帯家族が普通だった時代。

手前の女性が夕飯の支度をしていたので声をかけてみました。

「奥さん、今日の晩御飯はなんですか?」

IMG_0783.JPG

「レンズ豆のスープ、赤インゲン豆の煮豆、ひよこ豆のペーストよ。」

手元を見てみると、ほんとに全部豆でした。



チェコで引っ越しを繰り返して来た私ですが、今度はこの部屋に住みたいと思います。
珍しく人形のいない家です

IMG_0816.JPG

ニナ用のゆりかごもちゃんとあるし。

セントラルヒーターなどない時代なので、どの部屋にある布団もすごく分厚い。

テーブルの上を見ると、

IMG_0820.JPG

どうやらイースターのようですね。
羊型ケーキ、マザネツ(丸いパン)、カラフル卵がチェコイースターの定番。

そして、別の部屋を覗くとポムラースカ(柳のムチ)を持った男子が女子のお尻を叩きに来ていました。

IMG_0798.JPG

こうやって、もう何百年も親しまれている文化なのだと思ったら
私には意味不明でも守っていくべき習慣だなぁと初めて感じました。


IMG_0847.JPG

せっせとポムラースカを作っていた紳士。
この人が編んでるとポムラースカも立派で
正式なムチに見えてきます。(正式なムチって一体..)

IMG_0827.JPG

イースターエッグのクオリティが高い。
デザインは地方によって違いがあったようです。


歩いていたら、こんなのにも出くわしました

IMG_0843.JPG

なんでしょうね?魔女焼き?マソプスト(謝肉祭)?
オンドラ曰く、チェコの各地方には独自の習慣があるから
なんかのイベントの1つだろうねと。

IMG_0911.JPG

これはチェコの民族衣装、クロイ(Kroj)。これも地方によってデザインがだいぶ変わります。
今でもチェコの伝統的な祭り時には欠かせない衣装です。


と、だらだら写真いっぱい載せちゃいましたが、庶民の暮らしはこんな感じでした。
当時使ってたトイレとか怖さ半分で見たかったですが、鍵かかってて見れませんでした。

まだあった、
きになるŠKOLA (学校)

IMG_0868.JPG

入ってみると、、

IMG_0872.JPG

授業中でした。男子、女子は分かれて座っていたのですね。
ちなみに、近世の子供の教育は義務ではなかったのですが、
1747年にマリア・テレジアによってチェコ(ボヘミア王国)では6年の義務教育が始まったようです。

チェコ人子供たちの娯楽に欠かせなかったもの

IMG_0881.JPG

人形劇。チェコの人形劇は今でも大事な伝統芸能ですね。

IMG_0893.JPG

昔は子供の玩具も1つ1つしっかり作られている。
こんな本物そっくりのミニチュアなら、物を大事にする人に育ちそう。

なんでも手が込んでる時代でしたよね、

IMG_0896.JPG

こんな立派なジンジャーブレッドの家初めて見ました。
器用な女性達はきっとこんなのを作っていたんだろうなと想像できる。

IMG_0901.JPG

装飾がすごい。こんなんもらったら、食べられないわ。
もう職人技の域ですね。

IMG_0900.JPG

なにこれ、かわいい。

最後に、
1960年ころのチェコの家を見た。

IMG_0907.JPG

IMG_0913.JPG

パーテーションで区切られて各部屋のセットがあったもんで、
「なんか、ここイケアみたいだね」と言うオンドラでした。


昔の村の近くに
今までの余韻を壊さない良い雰囲気のレストランがありました。

IMG_0924.JPG

IMG_0929.JPG

http://www.hostinec-uskanzenu.cz/
ここでお昼を食べました。

IMG_0926.JPG

私が頼んだちょっと珍しい鹿料理が大正解。ローズヒップのソースが絶品だった。
これを食べるためにまたこの村に来たいと思うほどだった。


周辺の雰囲気もよかったので、少しお散歩して帰りました。


IMG_0953.JPG

IMG_0931.JPG

この子は木の葉を眺めている時、本当にいい顔をする。




にほんブログ村





posted by A子 at 22:50| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

オリジナルギャグ

目を合わせたり、呼べばニコリとしてくれる娘。
でも爆笑を狙うのはそうたやすくない。


1.jpg

2.jpg



ならば、違うのを!

3.jpg

4.jpg



オリジナルがいいようだ!

そんなわけで、私もオンドラも、それぞれ色々なネタを試行中。



(おまけ)

01.jpg

生まれてからずっと、目をつむって乳を飲んでいたニナ。
(飲むことに真剣で、味わっているようで可愛かった)

02.jpg

最近は目を見開いて飲んでいることが多い。
ごくたまに上目使いの時も。
(胸きゅん💛)

目があったので、私のオリジナルギャグをやってみたところ

03.jpg

(射貫かれました💛)


でも、「牛乳口に含んでブハー」的なのにはならなくてよかった。


昨日は軽く台風みたいな天気でしたが
最近は夏みたいな晴天が多いチェコです。

IMG_20180422_104747.jpg

水辺散歩が気持ちいい。

IMG_20180422_105505.jpg

タンポポ、父オンドラにもらったらしい。
新しい洋服黄色く染まっちゃってたけどね。



にほんブログ村




posted by A子 at 12:00| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ケチのアイデア

0.jpg


なんでも、自分で作っちゃうチェコ人相方。
そういうところ尊敬しますが、こういうことも起こります。



01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

その後、ちゃんと滑り止めがついたスポーツシューズを購入しておりました。
なので、結局バスマット分高くついたという。

奇跡的に見つけちゃったぜ、この写真!

斬新だわ〜、、と思ってこっそり撮ってたんだよね。

IMG_20151117_181932.jpg

この写真を見て、バリカンで絨毯の毛を刈っていたのも思い出しました。



にほんブログ村


posted by A子 at 23:34| Comment(2) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする