2020年04月26日

まだ川の水は冷たかった

今週から、チェコは野外マーケットの営業が可能になり
住む町の土曜ファーマーズマーケットも再開したので行ってみました。

広場の噴水も再開して、なかなかの賑わい。
人々がマスクしてること以外は以前と変わらなく思えた。
(細かい事書くと、各店舗の販売員の前にビニールが張られ消毒液とビニール手袋が置いてあった)

chicken.jpg

マーケットに行っては必ず買っていたチキンを久しぶりに購入。
ここのグリルチキン、すごい美味しいのです。


river2.jpg

穴場発見!

よく行っているラベ川、
もっと先(隣町)に行ったところにビーチがあった。

靴と靴下脱ぎ捨てて、水の中へ。

ひんやり 

冷たすぎ。

天気が良かったけど、さすがに気温20℃では早すぎた。

river1.jpg

でも鴨が周りにいたのでパンあげると、どんどん近くに来てくれた。こりゃ楽しい。
冷たいの堪えてしばし中にいたよ。

shell.jpg

貝いっぱいのアイスクリームができたね。

砂場遊びは日常的に付き合わされてるけど
ビーチでの砂遊びは一段と面白かった。
posted by A子 at 06:00| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

ご近所トラブル

kamo.jpg

近くの川で、カモの赤ちゃんが生まれてました

2日前は、砂の中の何かをつついてただけだったのに、もういっちょ前にパン葛にがっついていた。
この川のパン争奪戦には必要な能力が既に。

kamomkamo.jpg

徹底的瞬間

この日は空きっ腹だったのか、手のパンまで飛びついてきた。

人間が持ってきた残パンの争奪戦に参加するのはカモだけではなく、白鳥だったり、カモメだったり、ヌートリアだったり、食卓は忙しい。

tsure.jpg

でもヌートリアは意外にも謙虚。皆が去ったあとの残パンの残パンを食べる。


このところお天気も良いし、ご近所事情もあって
ロックダウン以降一日一回にしてた散歩を午前と午後の二回に戻しました。
子供を太陽の下で遊ばせて、家では落ち着いていられるように。

数週間前に、下の階に住む男性から
「子供の足音がうるさい」
と言われまして

その時は、派手に走り回って遊んでたので、気を付けますと謝って終わったのですが

また先週、お風呂後の夕暮れ時
娘がちょっと走って遊んでしまいましたら

すぐに下の住人がやって来て

「走るなら、外へ行ってくれ」と言われました。

世界で「ステイ ホーム」と言われてる中、
私らは「外へ行け」と言われてしまいました。

しかし今度はオンドラ(夫)も黙っていられず。
ドア開けた瞬間から、言い返してました。
一日のうちのたった10分の事じゃないか、子供の生態を理解してもらいたい、と言った感じで。
チェコ人同士の言い争いってスピード感がすごい。同時進行でお互い言いたいことバーッと出す。

どれだけ子供の足音が響くのか、うちに来て確かめてくれ!
と言われたが、私らも上に住む複数の子供の走るどしどし音をよく聞いてるので分かっている。
なので、なるべく気をつけているつもりだったのだけど。

今後も子供の足音がうるさかったら、フラットの管理会社通して苦情を申し出る、らしい。

そんな下の住人が深夜に始める大音量のゲーム音もなかなかのものだが。。
根本的に、私らの住むフラットの壁は薄すぎるのだ。近所の声、TVの音は丸聞こえ。
うちの子供達の泣き声大丈夫かな、と心配になるけど、隣や上に住む人は笑いに替えてくれる程理解があって助かっている。
でもこの壁で在宅ワークしてる人がいたら気の毒だなぁ。。
下の住人もそうなのかも。

そういえば、外出禁止令が出ているロシアの村では、コロナ疲れの男が騒音問題でもめて5人を銃殺したという事件があった。怖すぎる。
人の命を守る為の規制のはずなのに。。

hutari.jpg

とりあえず家にいる時娘が走りそうになったら違う遊びに誘っている
もともと娘は遊び方が大人しい方だと思うし、どうにかなる

心配なのは、

息子が走れるようになったとき。

otokonoko.jpg

この笑顔、やんちゃボーイになる気しかしない!

姉弟で追いかけっことかしちゃうんだろうなぁ。。したいだろうなぁ。。
私達も、のびのび子育てしたいなぁ。

そんなこともあって、最近戸建ての家に急に憧れを持つようになった。
コロナがなければ多分思わなかったけど、庭もいいな...なんて。
夫婦で近い将来住み替えしようか、と夢みてます。
posted by A子 at 04:37| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

初めてパンを焼いた

自分でパンを焼く日が来るなんて思ってもみませんでした。

近頃、家で出来るなにか新しいこと、をしたくなってる故。

今、パンを自分で焼いてる人が多いのだろうなと思うのが
イースト菌がずっと品切れという事実。(ドライイーストも生イーストも)
スーパーマーケット行く度にチェックしていましたが、今週やっとドライイーストの在庫と出会えました。

IMG_20200415_112834.jpg

焦らされてた分、手に入ったらすぐに取り掛かりたくてウズウズした。

このチェコ大使館のレシピを参考にすることにしたんだけど
初めてで失敗したら嫌だなと思って
小麦200gでやったので、その他の材料も結局アバウト。

IMG_20200415_112815.jpg

室温が低かったので、発酵はタイカレーとポン酢炒めを作ってる熱気で..

パン作りってこんな片手間な感じでいけるのか?
と思ったが、料理が終わったころには

baking.jpg

ちゃんと膨らんでくれている!


さて、ブフタと言われるチェコのちぎりパンを作ります。

IMG_20200415_112638.jpg

伸ばして等分した生地にカッテージチーズやジャム、ケシの実ペースト
など入れて丸めるのがチェコ流ですが、今回は何も入れずに

できたのは、

IMG_20200415_112527.jpg

ブタブフタ

余分な生地とか使ってクマにしようと思ったら、途中からブタになってた。
それにしても、ブタ作ってる間にもどんどん膨らんでいくのね。
焼く時にはお皿にパンパンになってた。

children.jpg


IMG_20200415_124913.jpg

焼けた!

IMG_20200415_125001.jpg

仲良くねころんでます。

自分でもそれっぽいパンがちゃんとできたことに感動。

しかし、味が、、

今まで食べたパンで一番まずかった

イースト入れすぎな味。

ブタが可愛いというテンションで娘は少し食べてくれたけど。
最終的に残ったのは川鴨さん達が食べてくれました。

パンを作るの意外に簡単!なんて思ったけど、
『美味しいパン』を作るのはまた別の話しのようです。。
ひとまず次はレシピ通りで作ってみよう。
posted by A子 at 16:23| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする