2017年09月05日

妊婦スイミング


妊婦スイミングにトライアルで参加してきました。

こじんまりした水泳クラブは、プラハ5区の住宅街にありました。
赤ちゃんからシニアまで幅広いコースが設定されており、行ったときは子供で賑わっていました。

妊婦クラスは全員で11名。皆のお腹は大きくて、8か月くらいの人が多かったかな。
コーチは一緒に水の中に入って指示を出しながら動きます。
参加者は、コーチを真似して動きました。1時間、容赦なく動きました。

IMG_7604.JPG

大きな動きで、チェコ語が分からない私にはヨガより分かりやすかった。
コーチのお隣だったのもラッキーで、水の中の下半身の動きもしっかりチェックできてよかった。

水の中なので体が軽く、普段できないような大きな動きができた。
音楽流して、水中のエアロビでした。腕や足の筋肉や筋を伸ばしたり、腹筋とかをよく使いました。

終わった後には、良い疲れが。
しっかりスポーツしたな!と感じたのは妊婦になって以来でした。
週一でこういった運動をするのはいい事だなと感じたので、
帰りに迷わず5回券を予約してきちゃいました♪
受付で今後の支払いでつまずいていたとき、後ろから来た妊婦さんが英語で少し助けてくれました。
ヨガクラスの時同様シーンとしてシャイなチェコ人達ですが、今回穏やかな表情の妊婦さんが多かったです。

夜のコースで正解、その後いつもより良い眠りにつけました。



(おまけ)

餡子作り成功した。
友達が作ってて美味しそうだったので、今回は私もどら焼きに挑戦しました。

dorayaki.JPG

この間の大福作りで失敗した餡子ですが、それは小豆のせいではなく煮込みが足りなかったようです。
どら焼き、また気が向いたら作ろう。
ちなみにオンドラはドラが付くくせに、どら焼きより大福がいいようです。

posted by A子 at 09:47| Comment(2) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

8月が終わる

8月はなんだかあっという間だった。
気づいたら今月は過去最高のブログ投稿数、いろんな事あったんだな。
昨日今日は30℃近くあって夏日だったけど、今夜から雷雨がくるようで、
9月入ると同時にぐっと涼しくなりそう。

最近日本人の友達4人と集まって日本食レストラン、まし花へ行ってきた。
メンバーはさやかちゃん+息子君と、アッキーとニューフェースのじゅんこさん。
全員チェコ人パートナーを持つ同士で、話弾む弾む。言語の壁なく話せてラク、かなり楽しんだ。
レストランがもろ和定食屋の内装だから日本にいる感覚に陥って、落ちつけた。

色々メニューがある中から皆そろって天ぷら弁当を注文(笑)

20170829_115518.jpg

皆で贅沢だね〜と言いながら味わって食べましたよ。
ランチだから安いとはいえ、250コルン。
日本円に換算すると1250円くらいだけど、チェコでの給料は日本の半分以下って感じなので
この弁当は私達には2500円くらいの感覚なのだ。
そんなリッチ天ぷらは、ちょうど良く揚がっててやっぱり美味しかった。満足!
アッキーは自分で天ぷら揚げるみたいだけど、私もめんどくさがらずやってみようと思った。

その後近くのカフェへ移動、天ぷら中静かに寝ていたさやかちゃんの息子君(1才2か月)も目を覚まし
元気になっちゃったのでお母さん大変そうだった。
もうトコトコどこでも歩いて行っちゃうほど大きくなった。シャイなのは変わらず(照れ笑いが可愛い)。
人の子でも、どんな子になっていくのかなーと楽しみ。


この日トラムに乗ってると
「Jste těhotná?(妊婦さんですか?)」と他人に聞かれ、初めて席を譲られた。
その後もつづけさまに2回。服の上からでもわかるくらいお腹大きくなったんだなと思った。
チェコ人は妊婦や赤ちゃん連れに優しいというが、それを自ら実感した日でした。


そして今週は、訳あって3度もČelákoviceという小さな町に出かけてました。
話に進展あったら後日ブログに書きますが、Čelákoviceは前からよく遊びに行っているお気に入りの町です。

Čelákoviceの町の広場

IMG_7564.JPG


町の中心からすぐを流れるラべ川
IMG_7556.JPG

町中心はけっこう栄えているのに、川、湖、大きな森と自然が広がるいいとこどりな地域です。


時間があったので、Čelákoviceの隣の町Lysá nad Labemもちょっと見てみた。

IMG_7537.JPG

小さい町だけどお城がある。きれいなスクエアと教会が印象的。
聖書の登場人物のような石像が多く立っているせいかクリスチャンの町っていう雰囲気が少しあった。

posted by A子 at 18:07| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

妊婦の記録:20週6日の検診で何かもらった

胎児スクリーニングがあった3日後、月一の婦人科クリニックでの定期健診がありました。
クリニックでの検診が月一でも、大病院での特別な検査などがあるので、最近は頻繁に胎児の様子を見てもらえてる感じで嬉しい。

3日前にエコー検診受けたばかりなら今日はエコーしなくていいわね!と言ったお医者さん。
えーー、とガッカリしてたら、
あ、やっぱり子宮腺筋症気になるから見ておくわ!と言って結局エコーもしてもらえることに。
大病院の医者に「今は腺筋症は忘れなさい」と言われたように、私も今ではちっとも心配してないんですが
エコーをしてもらえてラッキーと思いました。せっかく来たんだから見てほしいよ。
赤ちゃんは変わらず元気いっぱい。

気になってる性別も再度聞いてみたら、頑張って探ってくれた。
機械の性能はスクリーニングの時のように良くないので細部までよく見えない感じだ。
股の間が狭いから女の子かもねと言われた。
今回ピーナツは見えなかったようだ。

そして、妊娠6ヵ月目に突入したからなのか、今回はプレゼントをもらった💛
心弾ませてプレゼント持って帰って、じゃじゃーんと彼に見せた。
袋を開けるまえ、「どうせ宣伝だよ」と彼にドライに言われたのだが
違うもーん!と私ルンルンに中を開けさせてもらいました。


IMG_7535.JPG

確かにメーカーの宣伝といえば宣伝だけど、

おしゃぶりとか靴下とかの赤ちゃんグッズも入っており、
まだこういったの一個も持ってないから見るだけでテンション上がった。

あと妊娠や出産に関わる情報誌と、赤ちゃん用品店の割引券などが入ってた。
雑誌は彼がささっと読んで説明してくれた。日本の妊婦雑誌のようにしっかり色々書いてなくて大雑把な内容だけど、チェコ人が読むのはこういうものかと面白かった。
赤ちゃんが生まれた後のお勧めの旅行場所の情報とか、チェコっぽいなぁと。
旅行は生後3−6ヵ月くらいだとどこへでも行けてラク、
6ヵ月ー12ヵ月は子供の主張が出てくるが場所を選べば楽しめるだろう、
1才すぎて歩き出すと、ほぼ旅行は楽しめないでしょうみたいなこと書いてあった。
出産の際、産院に持っていくものリストは役に立ちそうだ。
よく分からんが、使い捨てパンツを持ってくとか(薬局に売ってるらしい)。

そうそう、日本の妊婦雑誌を彼に見せると、なんじゃこりゃと言われる。
内容の細かさと絵や写真の多さ。彼曰く、ちょっと子供っぽいと感じるけど親切でいいよねと言っていた。
日本のってかなりわかりやすく作ってるよね、旅行本とかファッション雑誌とかもね、日本の情報の細かさは独特なものがある。

posted by A子 at 20:21| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

トローヤ城のフードフェスティバル


プラハ7区のトローヤ城で開催されているフードフェスティバルFoodparadeに行ってきました。

トローヤ城

IMG_7504.JPG

表の庭園へ行くと

IMG_7505.JPG

たくさんのテントが並び、来場客でにぎわっておりました。

ドイツ人友達のブリタと合流、一緒にどんなお店が出ているのか見て回りました。
プラハの一流レストランやカフェが出店しているようです。
お試しの価格と量で販売しているので、この機会に色々なレストランの味を確かめてね!
といったイベントでした。

1食100Kč(500円)くらい。
入場料150Kč(750円)もあるので、最終的にけっこう出費してしまいました。。

ずっとステーキが食べたいと思っていたので、
見るからに美味しそうだったレストランMangustinoのステーキを食べることにしました。

IMG_7510.JPG

焼くのに時間がかかるので、行列になっていて、けっこう待ちました。

IMG_7513.JPG

フランス産とアルゼンチン産の盛り合わせにした。120Kč(600円)
待ったかいあり、すっごい美味しかった。アルゼンチン産の方が柔らかくて好み。
久々に美味しい牛ステーキが食べれて大満足でした。

そしてブリタも美味しいものに出会ったらしい、

IMG_7521.JPG

「ん〜〜」と最高の笑顔になって食べているものは

IMG_7519.JPG

ココナッツチーズケーキ。味見させてもらったけど、確かに濃厚でリッチな味だった。

アジア料理も美味しそうだった。

IMG_7528.JPG

イカ焼きにも惹かれたけど、カニフライを購入。
カニクリームコロッケを思わせる見た目だったけど、カニの練り物を揚げたものだった。

IMG_7523.JPG

食いしん坊女子の私らはたくさんの種類の食べ物に目移りしました。

IMG_7531.JPG

IMG_7532.JPG

どのお店の料理も、見た目がきれいです。

IMG_7525.JPG

お花が入ったクランべりーレモネードが涼しい。

ブリタと、木陰でのんびり過ごしました。
こういった夏も、もう少しで終わりだなぁ。

IMG_7512.JPG

野原にシートを敷いて寝転がる乳児連れの親子が微笑ましかった。
来年の夏はどんな風に過ごしているのかなぁ。


posted by A子 at 18:58| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

妊婦の記録:20週3日、胎児スクリーニング検査と性別


今日は妊娠20週目に受ける胎児スクリーニング検査を受けに、大学病院へ行ってきました。
13週の時に、染色体異常を調べる検査で行ったのと同じ病院です。
今回のスクリーニングは、胎児の脳や内臓に問題がないかを調べる検査でした。

今日はいつもに増してワクワクしていた私。
というのも初めて彼が付き添いで来たからです。
エコーを一緒に見るのは初めてでした。



20170825_202850.jpg


今日はウクライナ出身の女医さんでした。
胎児の各部位を調べながら、「大丈夫」「問題ないわ」「きれいね」と独り言のように言ってました。
問題は一つも見つからなかったようです。羊水も適量のようです。良かった。

子宮腺筋症について聞くと、
「今は忘れなさい。今どうできることでもないし、出産を機によくなっちゃう人もいる。
よくならなければ産後にホルモン使った治療をする事になるのよ。」ときっぱり言われ、なんか安心しました。

オンドラが、「男の子ですよね?」と聞くと
女医さんは何か気づいていたようで「いや、、??」といった様子で股の方を再度確認してくれました。
そして「女の子よ」とはっきり言いました。

私も彼も仰天。
前回の検診で男の子かもと言われて以来、男の子だろうと信じ込んでいました。
私達は単純なので、それ以来「カーヤ(カレル)」と男の子の名前で呼んでいたのでした。
私は男の子を育ててる想像をしては楽しんでおり、彼も男の子とサッカーを一緒にするイメージをしてたとか言ってました。
でも女の子と思うとニンマリしてきた私達。どちらでも、可愛いだろうな。
さっそく「Pojď Holky(女の子たち、おいで)」と私達に言うオンドラ。
次の検診でまた男の子って言われたりしてね。

女医さんが顔部分のエコーを見てるときに
「Nos má jako maminka.(鼻はお母さんに似てるわね)」と言いました。

後でもらった写真を見て笑ってしまいました。

bphoto2.jpg

確かに、鼻が低い気がする。

初めて見た横顔だ、かわいい。

エコー検査でもう体全体が映らない大きさに。
1ヵ月前は200gだったのが、今日は430gで倍の重さになっていました。

検査室出た後、「初めて見たエコーはどうだった?」と彼に聞くと

「なんだか、こわかった。ホラームービーみたいだった。」

という感想(笑)
よく父親にエコーを見せると感動してもらえるから一緒に見るといいとかいうけど。彼らしい感想だわ。
出産立ち合いしても感動じゃなくてリアルすぎて怖がるタイプかもね。


3度目の胎児スクリーニング検査は30週にまたあるようだ。
この大病院の産科に分娩予約をしているので、今後もたくさんお世話になる予定。
今のところ印象が良い病院なので、安心です。

病院を出て私も彼もちょっと興奮気味。
赤ちゃんが無事育っている嬉しさを彼と分かち合えるのは嬉しいことでした。

20170825_130308.jpg

通りがけに寄った中華料理店Bao Daoの弁当。私は牛肉と野菜の炒めものを注文。
130コルンだから小さい弁当かと思ったら、ボリュームがすごい。
味濃いめだけど、けっこう美味しかった。


posted by A子 at 21:39| Comment(4) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも正直に

数か月前からEメールでお話ししていた日本人のRyokoさんとプラハでお会いした。
Ryokoさんは、今を生きるエネルギーに満ち溢れている素敵な女性。
彼女が人生経験豊富な理由は、常に感情に正直に生きているからだ、と話していて気がついた。
まっすぐなので気持ちがいい。

「タロットカードで言うと自分は不要なものをどんどんなくしていく死神」と言っていたのが印象的。

2.jpg

他の人を尊敬しながら、我儘に生きてる人ってかっこいい。

自分もこれから起こる将来についてワクワクした。
ここからは独り言です。

自分の気持ちに正直に生きる。
これは時には難しいけれど不要と感じるものを切り捨ててみる、無駄なものを持たない
って大事だなって思う。シンプルにすると大事なものだけが残るよね。

できない事はないし、心が動いた時は体も動かして、具現化していきたい。
失敗して、違かったと気づくかもしれない、それはそれで良し。
自分にぴったり合うものは自ずと続いていくのだから、それが残ればいいのだ。

ぼんやりと今後の理想を考えてみると
私は自分がそう育ったように、仲良い家族をつくりたいと思った。
それぞれのしたい事を尊重する1人1人が自立した家族。
いっぱい話して楽しかった辛かったをシェアしたい。
好きな事を一緒に楽しめたらなお嬉しい。

今はオンドラ自作の音楽に合わせた映像を、彼と二人で作っている。
ずーと休んでいたアニメーションの自主制作も最近はじめた。
やっていて心地よい事って、一度止めても結局戻ってくるんだな。
時には休みながら、でも一生続けていきそうな気がしてる。
妊娠中のこの良いタイミングで、
アニメーションを再開するきっかけをくれた幸太郎にも感謝。
遠くに住んでいてもネットさえあれば人と共作ができる今の世の中がありがたい。
できることって、本当いろいろありそう。


posted by A子 at 15:21| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

ベズジェス城とマーホヴォ湖 Hrad Bezděz a Machovo Jezero


1泊のお泊りでボヘミア北部へ行ってきました。

今回の目的地は2か所。
@山の上に建つベズジェス城を見に行く
Aチェコで一番大きな人工湖、マーホヴォ湖に入る

map.jpg

まずはお城へ行くために、Bezděz駅へ向かいました。
プラハから100Km、2つの電車を乗り継いで2時間程でした。

IMG_7277.JPG

駅から山の方へ歩いていくと、さっそく山の上に建つお城が見えました。
あそこまで行きます。

最高気温20℃と涼しく散歩が気持ちいい日

IMG_7290.JPG

はしゃぎながら進みました。


今回は山の坂道でも体が重く感じない、体調がいいって素晴らしい。

IMG_7310.JPG

お城に着くまでに大きな門を3つ通り抜けました。

見えてきたお城の塔

IMG_7322.JPG

塔は35mあるようで、塔の上からは360度の景色を見渡すことができるとか。

IMG_7350.JPG

しかし、この日は月曜日で定休日。中まで入ってみることはできませんでした。
オンドラはとてもとても残念がっていました。

お城全体はこんな感じ。
IMG_5345.JPG

この写真は、ボヘミウム公園に行ったときに撮ったもの。25分の1縮尺のベズジェス城です。
春先にこの模型を見てカッコイイ!と思って、このお城に来ることを彼と楽しみにしてました。
中見えなかったのは確かに残念だけど、いつかまた来ればいいなと思いました。


城前から少しだけ見えた景色

IMG_7330.JPG

遠くに見える大きな湖が次の目的地、マーホヴォ湖です。

さっそく向かいます。
10分ほどバスに乗り、Doksy という町まで来ました。

IMG_7355.JPG
Doksyの中央広場。

この町は、詩人であるカレル・ヒネク・マーハのゆかりの地として知られています。
目的地のマーホヴォ湖も、「マーハの湖」という意味です。
湖からインスピレーションを受けたマーハが、この湖を舞台にした詩をのこしています。

歩いている時に、マーハの像を発見しました。
しかし私が知っている若いマーハではない!

young old.jpg

左が今回見つけた年老いたマーハ、右は若かりし頃のマーハ。
右のマーハはプラハ、ペトシーンの丘に立っていて有名な観光スポットです。
マーハは愛の詩をたくさん残している事から、銅像の前でキスしたカップルは永遠になるいう言い伝えがあり、カップルに人気なのです。
マーハも若いですが、その前に立つ4年前の私達も初々しい(笑)
貫禄のあるマーハ像を見て、この人どんな人生だったのかな?と気になりました。調べてみよ。

Doksy町から数キロ歩いて来たら湖が見えてきました。

IMG_7370.JPG

チェコで一番大きな人工湖らしいです。
そして、夏の避暑地としてチェコ人に人気のリゾート地のようです。

ビーチには子供が遊べる遊具がいっぱい。

IMG_7374.JPG

湖に浮かぶアスレチックや、巨大スライダーなどが楽しそう!
日本でいう海の家、のような感じで周りはレストランやパブも開いています。
子供が5才くらいになったら、また連れて来たいねーと彼と話してました。

この時気温15℃、人が少ない静かなビーチでした。
彼は遊ぶ気満々で水着持参してきましたが、
風邪気味だったのもあり水に入るのを自粛しました。

チェコ料理のレストランで食事、メニューのほとんどが揚げもの。。

IMG_7378.JPG

初めてマッシュルームの揚げ物を頼んでみましたが、これがジューシーですごく美味しかった。
またどこかで見つけたらこれを選びたいと思いました。

食事中に目に入った花壇。中に何かいる。

IMG_7376.JPG

毛が上下に動き、何かがすやすやと寝ているようです。

目を覚ましました。

IMG_7382.JPG

か、かわいい!

その後、また花壇の中で丸くなって寝ていました。
何とも平和なひとときです。


予約していたホテルは湖と森からすぐ近くにありました。

IMG_7366.JPG

3つ星ホテルのペンション、Pension Fami Retro Design
バルコニー真ん中の部屋に泊まりました。
オーナーの年配女性がやわらかく素敵な人でした。部屋もキレイでよかったです。

IMG_7367.JPG

朝の朝食バイキング

IMG_7385.JPG

ロフリック、ハム、チーズ、生野菜。
チョイスはこれだけで質素ですが、一般的なチェコの家庭の朝ごはんはこんな感じです。

朝の湖へ

IMG_7400.JPG

この日も昨日と同じく気温が低く、見るだけの湖となってしまいました。
人がいない分、静かで落ち着いていて私はとても好きでした。

IMG_7393.JPG

人懐こい白鳥たち。


ビュースポットがあるというので、湖の脇にある山を登りました。
けっこうきつい傾斜でしたが、体調がとても良かったので大変とは思わず楽しく登山できました。
彼がたまにお尻押してくれたり、足場悪いとことは補助して常に気にかけてくれてたお陰もあります。

朝バイキングの種類が少なかったくせに食べ過ぎた私、いい運動になってるなぁと感じました。
この1週間は、妊娠して以来心身ともに一番調子が良いです。


IMG_7402.JPG

さくさく登って頂上到着。


IMG_7441.JPG

180度のパノラマ絶景に感動しました。
忘れられない景色の一つとなりそうです。
風も爽やかで、すっごく気持ちが良かった。
いっぱい深呼吸して、赤ちゃんにもきれいな空気を送りました。

IMG_7419.JPG

この日、ちょうど妊娠20週(6ヵ月目)を迎えました。
思えば、妊娠5ヵ月目を迎えた日も登山したな。
あの時よりお腹も出て、体の調子がいいことが有り難いです。
妊娠生活の半分まで来ました。この調子でどんどん大きく育ちますように。

posted by A子 at 18:03| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

結婚していないカップルの子供の苗字は?


タイトル通り、未婚の私達の子供の苗字がどうなるか?について今日は書きます。

結論から言うと、母親の苗字が自動的につくらしいです。

私達は子供をチェコで育てていく為、チェコ人の苗字を付けてあげたいと思っていました。
なのでもっと調べていましたら、希望に合う解決方法を見つけました。
出生前に役所で父親宣言(子供の認知)をすると、その際に父親の苗字を選ぶ事が可能ということでした。
ならば申請しよう!となり町役場へ行ってきました。

一応書き残しておきます。

子供の認知に必要だったものは
1、個人が証明できるID(私は永住許可書、彼はチェコ人IDカード)
2、母子手帳(チェコの婦人科でもらう蛇腹の冊子)
3、私の出生証明書(イギリスビザ取った時の戸籍謄本(英語版)の使いまわしで大丈夫だった、、)
4、彼の出生証明書
5、チェコ語ができない場合公認通訳士同行

私の住む町は小さいので役所は暇そうで、急に行ったけどすぐに取り掛かってくれました。
係りの人がパソコンで情報をどんどん入力していって、5枚くらいの書類になりました。
そこに誤りがないかサインをしました。

係りの人はいい意味で適当だったので、すんなりいきました。
後は、今回役所が作成してくれた書類を、子供の出産時に産院に提出すればいいようです。
そうすると希望で出した通り彼の苗字にしてくれるようです。女の子だったら彼の苗字+OVA(女性型)。
よかった。

そのうち私も、彼氏と子供と同じ苗字にそろえたいと思います。(つまり結婚)
結婚はいつかしようね〜と後回しにしてきた私達ですが、そろそろ良いタイミングが来たと思っています。
彼は、出生前に結婚しちゃおうか?と提案してくれたけど(そうすれば子供認知の手続きとかいらないので)
私はそんな急だと自分の母や姉が参列できなくて寂しく思ったので、その案はやめました。
来年春以降が付き合って5年になるから、その頃にしたらちょうどいい記念になるな〜なんて思っています。
子供のお披露目式みたいになりそうで楽しみ♡

20170818_194841.jpg

役所で真剣なやり取りをしている間、お腹の子もぽこぽこ参加していました。
最近はしっかり胎動を感じます。
17週目に入った頃から、微かにプクッという気泡のような感覚を下っ腹で感じてて
「これが胎動ってやつか?」と思ったりしてました。
そして18週5日からは、もう少しはっきりポコッやピクピクっとなるのをお腹で感じるようになりました。
こんなの今までの人生でなかった感覚で、ちょっと変な気分。
でも、もう私のお腹に触れられる程の大きさになったんだなぁ、、という感動があります。
ちゃんと生きていることを感じられるので安心。彼と一緒にいっぱい話しかけています。

posted by A子 at 20:22| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

アジア食品店


小豆を買ったので、お赤飯と餡子を作りました。

IMG_6860.JPG

久しぶりに食べるお赤飯が美味しくて感動!

作った餡子は、全然満足する出来ではなかったのですが(1日水に漬けておいたのにかたい!)
せっかくできた餡子なので苺大福を作りました。

IMG_7272.JPG

おいしくできました。でも、やっぱり餡子が、、、
他のメーカーの大豆を買って再チャレンジしようと思います。

赤飯と大福に使った材料たち

IMG_6866.JPG

左から、もち米、大豆、黒ゴマ、餅粉

日本食材が欲しい時に私が行くのはだいたいここです。

20170727_160649.jpg

共和国広場にあるK‐Shop

韓国食品の店ですが、日本食品もけっこう置いてます。(日本から輸入の物はほぼない)
日本から輸入している日本食材が買えるのはJapaFoodが有名ですが、
私には高くて手が出せないので、K‐shopのアジア輸入品で満足しています。


そして最近は、プラハ4区外れにあるベトナム巨大問屋街へ行ってきました。(遠かった、、)
行ってみてびっくり、7区にあるベトナム問屋街とは比べものにならない広さ!
ベトナム街の中でも、皆車で移動する広さなのですね。車がびゅんびゅん通っていくのがちょっと嫌だった。
私は一人とぼとぼと歩いてきたので見て回る体力がなく、お目当ての巨大スーパーマーケットだけ行きました。

TOMDA FOODS
20170813_161859.jpg

中は広くて、チェコ商品、アジア食品が山積みになっていました。コストコみたいな雰囲気。
他の店よりも値下げしているものが多く、車で来ていっきに買い物するのが良さそうです。
私が行くK-shopより少し安かったです。
チェコ人客もいましたが、ほとんどがベトナム人客で、
自店のベトナム商店で売る為に大量買いしているような感じでした。
和食に使える調味料、野菜、日本風なお菓子、饅頭等もありました。

私は普段手に入りにくいものを少しだけ買ってきました。

IMG_7264.JPG

サツマイモ、里芋、豆腐、味噌、カレー香辛料など

豆腐は冷ややっこにして食べています。木綿豆腐ですが、味は良いです。
里芋は煮物をしました。日本より粘々感少ないですが、久しぶりだったのでまぁ満足。
サツマイモはレモン煮と大学芋にしたいと思います♪


posted by A子 at 19:54| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ブルノ帰省


1泊2日でブルノに行ってきました。
またまた久々となってしまったブルノです。

20170811_122652.jpg

出発前のプラハはザーザー振りの雨で15℃と肌寒く
「天気が悪くて残念だね〜」と話していたんですが
その日の新聞を見ると、ブルノのあるモラビア地方は33℃!
着いたらしっかり晴れていたブルノです。蒸し暑くて南の国に来たみたい!

ブルノに到着して、久しぶりに彼と町を歩きました。

IMG_7222.JPG

賑わう野菜マーケット広場。

どの通りを歩いても新しいレストランや喫茶店がいっきにできており、
「お洒落な町になったなぁ〜」と彼。

IMG_7228.JPG

平和広場は変わらず。この噴水が好きですね。

夕方から私は日本人の友達と会って、新しくできたお洒落なベトナム料理屋へ。
お互いの近況話しながら快食しました。妊娠祝いのタオルとハンドクリームまで、ありがとうございました。
オンドラは親友ワシェックの新居で開催されてるパーティーへ。
そして私も友達と別れた後は、ワシェックの家のパーティーへ参加しました。

ワシェックとデイビット夫妻(ゲイ結婚カップル)の新居はとてもハイセンスで豪華でした。
家のベランダから聖ペトロフ教会が見える!

IMG_7234.JPG

4年前、初めてチェコに来た時から仲良くしているブルノの友達です。
皆久々だけど溶け込みやすくて、やっぱりブルノの友達は落ち着くなぁと思いました。


夜はお父さんが昔のアルバムを見せてくれて、いっぱいお話ししました。
お父さんは旅行好きだったようで、チェコ全土の昔の写真がたくさんあり面白かったです。
チェコの昔の話、今のうちにお年寄りからいっぱい聞いておきたいです。

翌日はブルノから30Km離れた山里にあるハタ(別荘)へ出かけました。

その前に寄った実家近くの森でイノシシの様子をチェック。

IMG_7240.JPG

相変わらず元気そう。
ブルノに来た日、初めてオンドラに紹介された友達がここのイノシシでした。
このイノシシたちが私とオンドラの距離を縮めたのです。(マジ)

別荘には、体調が万全でないお父さん以外、家族全員集まりました。
毎度成長にびっくりするのは、サミック(14歳)です。

IMG_7248.JPG

オンドラと手作り武器で戦う子供らしさは変わらないけど、もうこんなに体が大きくなって!
出会ったころは私より小さかったのに、今ではオンドラとほぼ同じ身長です。

この日はたっぷり時間があったので、全員でかくれんぼしたりボードゲームしたり、
共作で漫画描いたり、とにかくノンビ〜リ過ごしてました。

IMG_7257.JPG

この日覚えた言葉は「To je Pohoda.」
落ち着いていい時間だねっといった意味で使うぽいです。

posted by A子 at 12:48| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする