2017年01月26日

冬はまだ

今日で木彫り教室が終了した。
先生はとてもいい人でよかったのだけど、来月からは違う教室に通うことにしました。
もっとちゃんと教えてもらいたくなっかたら。
今までの教室は子供が多くて、先生が子供のお世話につきっきりになっちゃってる状態でした。

偶然、新しく通う教室の先生と今までの先生は芸術大学のクラスメートという事が判明。
プラハに住む彫刻家って横のつながりが濃いみたいで、たいてい知り合いだったりするみたい。

tori.jpg

3作品目の鳥、まだ途中。

最近の話をすこし。

住んでいる町Úvalyにも卓球クラブがあり、引っ越し前からずっと気になっていました。
しかも練習場は、家から歩いて5分のところ。
ただし、Úvalyの卓球クラブは、今プラハで通っているようなレクレーションぽいのではなく
試合とかに出るために週2でがっつりトレーニングをしているようだ。
ガチなクラブなので、まずオーナーが私らの腕を拝見するとのこと。
ちょっとドキドキしながら行って参りました。

さっそく、オーナーの前で打ち合う。
チェックされてる中でやる卓球って緊張する。

IMG_4249.JPG

私達の卓球に、とても肯定的な反応を示してくれたオーナー。
フォワードのフォームが良いと褒められ、私は気分がよくなった。
そして、バックハンドなどの指導もその場でしてくれた。
私はそれに感動。
プラハのクラブは上手な人は上手な人と楽しんでいて、全然教えてくれる人がいないのだ。
一緒に試合に出るわけじゃないから、他人に教えて上達させる理由もないんよね。
オーナーも周りにいた部員も皆いい人で、アットホームで、このÚvalyクラブに通いたいって思った。
今冬は試合ばかりだから、春からのトレーニングに参加しに来ないかと誘ってくれた。
春の状況に応じてかな。他にも大きな予定があるから。

一昨日、ホテルのバーでのクロストレーニングがありました。
まぁぁ、物覚えが悪い私。
今自分で思い出してもちんぷんかんぷんな事をしてたなぁ、と苦い思いです。
挙句の果て、バーテンダーの女子に「あなたみたいな人とは働きたくない」とはっきり言われました。


bar.jpg

すごいイライラしてんの伝わってきた。それ伝わるから焦る私=ミス連発。悪循環。
毎日違うスタッフがやってきて、同じことを教えてるので疲れてると言っていた。
初心者に教えるってけっこう労力なんだよね。

やんわりとバーでの仕事を見れたのはよかったけど、
私はバーの雰囲気好きじゃないし、お酒の種類に興味がないなー。
お酒よりも、コーヒーやお茶の方が興味ある。
今の朝食ウェイターの仕事が楽しくて自分に合ってると再確認した。
でも、お会計やキャッシャーの使い方はちゃんと習得しておきたいから、今後機会があったらやらせてもらおう。

最近はそんな感じ。

頭が変になっちゃって、来月から3月だと勘違いをしていたのですが2月を迎えるとこなんですね。
もうすぐ春じゃん!って思ってました。
とはいえ、ずっと氷点下だったチェコも来週から寒さが和らぐというのは良いニュース。
マイナス15℃とか、今年の冬は今までない程の寒さだとチェコに長く住む人は言ってました。
日本のヒートテック類が活躍しています、ありがとうママとさんちゃん。


posted by odaQgirl A子 at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

チェコでの生活に戻った

今日の一人晩飯。

20170117_171629.jpg

ご飯と梅干だけなんだけどね、
日本の百均で買ってきた湯呑にお茶入れて並べただけで
すごい日本感が出て、幸せな食卓となった。


20170117_182451.jpg

貧しそうなハァーに見えるけど、幸せがこぼれた瞬間のハァー。

仕事、学校、卓球、木彫り教室が始まって、完全にチェコの生活に戻った。
不思議と、日本に行く前よりチェコにいる事に納得している自分。
前向きになれるとは思わなかった、ただ恋しくて行った日本。行ってよかった。
色々なことが有り難く思える、この初心を忘れないようにしたい。

約3週間ぶりに戻った仕事では、仲良かった若造タデアッシュが仕事辞めてた。
がびーん。いい子で働きやすかったのに。
その代わりに、新しいスタッフが2人入ってたのだけど

20170117_183131.jpg

二人とも小さい!150cm以下(ミニモニ。って死語?)

見上げずに目線が合うって、それだけで話しやすい。
そして二人ともスペイン人なのだけど、目と髪の色が黒っぽいのも親近感。
スペインってかなり前から就職難のイメージがあったので、聞いてみたら
やっぱりそれが原因でプラハに来たと言っていた。
マカレナは小さい都市に住んでたので5年も仕事見つからなくて、スペインの大都市に移り住むお金もなく、
とりあえずプラハに来たら20日で見つかったって。
二人ともチェコ語全くできないんだけど、そんな外国人でも仕事できる場所があるって有り難いよな。

降る雪を見て、「Cute💛」と言ったベネッサ。
今まで雪は見たことなかったって、雪がまるでファンタジーのようらしい。

去年の12月で辞めるつもりだった金曜日君、支配人デュークから直々に引き止められていた。
「このレストランでテーブルふいて死んでいくなんてごめんだね!」
とかっこいいことを支配人に言った金曜日君。
そしたら「もっと良いポジションを用意するし、給料も上げるから」とデュークに約束されたと。
君みたいな個性的な人がこのホテルには必要だからと言われたらしい。金曜日君、さすが。

で、金曜日君はレストランのアシスタントマネージャーとなった。
私は、すごくうれしい。

posted by odaQgirl A子 at 20:19| Comment(6) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

プレゼント

snowman.jpg

小学校前にいた雪だるまさん


チェコに戻ってきて嬉しかったこと。
彼の実家のクリスマス会に参加しなかった私にも
家族がプレゼントを用意してくれていたこと。

from family.jpg

お花の絵、キャンドルの絵、私の似顔絵は母から。
キリスト誕生のロウソク立ては一番上の兄から。
クルテクのチョコとメッセージは二番目の兄から。

あーブルノ行きたい。
家族と話したい、ゲームして遊びたい。

posted by odaQgirl A子 at 04:30| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

日本滞在後半

japan.jpg

ぽかぽか暖かかった日本(関東)から

yuki.jpg

雪国チェコに戻ってきました。

オンドラがプラハの空港まで迎えにきてくれました。
日本を出る時、家族と離れるのが切なすぎて、またすぐホームシックになったらどうしようと思ったのですが
オンドラと会って、この人がいるから戻ってきたんだと心から思えました。
心地いい、今後も一緒に生活したい人だなぁと。

日本滞在の後半1週間は、人に会ったりで忙しく過ぎていきました。
パントマイム仲間、映像学校の友達が開いてくれた会がとても楽しかった。
みんな相変わらず面白くて、暖かい!

S_5477002436285.jpg

S_5477002847394.jpg

S_5476312160917.jpg

S_5468097767743.jpg

みんな、チェコに遊びに来たらいいのにな!

1月9日、

20170109_142356.jpg

成人式を迎える若者達の着物姿に惚れ惚れしました。


弟の息子と1年半ぶりに会ったら、すごく大きくなっていました。
よくしゃべるし、よく動く、2才半男子は1分単位で遊びたい事が変わるんですね!
この調子に元気に育てよ〜。

S_5477199377835.jpg

クルテクのシールブックに飛びついて遊ぶも、2分で飽きる。


20170110_211313.jpg

私は遠いから、幸せそうな家族の姿を目の前で見れて安心しました。
みんな、この調子でいきますように!

最高の正月となりました。ありがとう。

posted by odaQgirl A子 at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

今年は実家でお正月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

みんな幸せを感じる1年となりますように。

nenngajyo 2017.jpg
今年の家族用年賀状。
家族を干支の動物にする父のアイデアを受け継いで、
11才くらいから年賀状作りは私の役目。チェコにいても頼まれるのは嬉しいです。

1年半ぶりに日本に戻りました。
旅券が高いので、今回は私1人で。
彼も年末年始はBrnoの実家で過ごしたようです。

成田空港に到着した時、当たり前だけど案内が全部日本語で書かれてて
「お足元にご注意ください」とか読んだときにジーンとしてしまいました。
なんかそれだけで、わくわくしました。

友達のマリンが空港まで迎えに来てくれました。
すごく気が利くマリンは、手作りのおにぎりとふ海苔の味噌汁まで持参して。
電車乗りながら早速食べた、美味しかった〜!
一緒に実家まで来て、にぎやかな夜となりました。

年末年始、実家でダラダラしています。
ここまでダラダラしてるのは久しぶりです。
めちゃめちゃ規則悪い生活になってます。

20170103_200325.jpg

寝床は別々だけど
起きてから母の布団にもぐり込んで話してたら、幸せな気持ちになりました。

S_5446812710445.jpg

うちのシンプルなお雑煮。母親の手作り食べるとほっとする。
寿司やラーメン食べたり、やっと日本食食べたい欲が落ち着きました。

昨日は親戚が集まる大きな新年会をしました。
その時に、皆でチェコと日本(北海道産)のジャガイモの食べ比べをしてみました。

S_5446830959545.jpg

さて、どちらが日本のジャガイモでしょう?

正解を言わないでいうと、味を見たあとに左の方だと言う人が何人かいましたが
左の黄色っぽいのはチェコ産です。

「チェコのジャガイモは、サツマイモの味に近い」
「チェコのジャガイモの方が味がしっかりしてる」
「日本のは水っぽい、味が薄い」

といろいろ感想がでてきて面白かった。
皆、チェコのジャガイモの方が美味しいねと言ってました。

私もチェコに来てからジャガイモが美味しいな〜と思ってましたが、
比べるとこんな違うものかとちょっと驚きました。(まぁ、品種によってもまた違うと思いますが)

あと、チェコ人がクリスマスに食べるヴァーノチカというパンも評判よかったです。

大好きなお姉ちゃんにプレゼントを渡しました。

yo0.jpg

彫刻二作品目として作っていた、姉の妊婦さん人形。
妊娠の報告を聞いたときにすごく嬉しくて、これを思いつきました。
姉と赤ちゃんのことを考えながらの制作は、とても幸せでした。
母子ともに健康で、安産でありますように。

日本滞在はあと1週間、友達に会ったり卓球したりと楽しもうと思う。
あと、今の100均が素晴らしくて、感動しています。あと3件くらい行きたい。
このクオリティでこの値段、チェコにはないです。

関東、外はチェコより暖かいけど(最高13度、最低5度くらい)、家の中がすごい寒い!
木の家、隙間風なのか寒すぎて、暖房付いてる部屋から出られない。
この辺りはいつでも暖かいチェコの家が恋しくなります。

posted by odaQgirl A子 at 19:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

クリスマス期間のこと

今年のクリスマスは彼も私も仕事があったので、
二人だけで落ち着いたクリスマスを過ごしました。

22日、彼がすごく素敵なレストランに連れて行ってくれました。
またもコンシェルジェの待遇のようです。

IMG_3962.JPG

Restaurace Bellevue
窓からヴルタヴァ川、カレル橋、プラハ城が見える高級レストラン。

IMG_3965.JPG

スターター、すごい洒落てる。マグロに見えるけど、サーモンです。
このスターターだけで500Kč(2500円)、こういう機会がなかったら来れません。
こういう世界もあるのだな..と。

IMG_3971.JPG

珍しく、レストランだけで2時間も過ごしてしまいました。

その後、旧市街広場にちょこっと寄りました。

IMG_4052.JPG

今年のツリー、クラシックな感じが良かったです。

23日は大掃除。
「大掃除って年末でしょ!」「いや、クリスマス前でしょ!」
と言い合った私達です。

チェコは、気持ちいいクリスマスを迎える為に、
クリスマス前に大掃除をするみたいです。
日本ではきもちよく新年を迎える為に、年末にするよね。
チェコのクリスマスって、日本の正月の気合の入れ方に似てると思う。

で、仕方なく私も掃除を始めたわけですが
家具裏に見たくなかった現実を見てしまいました。

20161222_185211 (2).jpg

カビーーー!涙
濡れて染みになってて、その上からカビ。
これ、二人してズドーンと気持ち暗くなりました。
原因は何なのか?分からないから。
天井から発生してるので、上の階のご近所さんに尋ねてみました。

角部屋なので外壁についた氷が、部屋の暖かさによって溶けて、水が染み込んできちゃう
ということでした。とりあえず家具はおかないように、そしてどうしようもないらしい。
うーん。対策、ゆっくり考え中。


24日、クリスマス
(チェコのクリスマスは24日が本番)

夕暮れ時に町の展望台に上がってみました。
彼が前日からやたら行きたがっていました。

IMG_4114.JPG

Úvalyの夜景です。光った電車が闇の中を通っていくのが綺麗だった。

チェコのクリスマスキャロルを歌いながら森を歩きました。
Půjdem spolu do Betléma という歌が愉快で好きです。

IMG_4158.JPG

家に戻って二人クリスマス会。彼がポテトサラダを作り、私がケーキを作りました。
彼のポテトサラダは自然でやさしい味がしてとても好きでした。
通常はここに鯉のフライですが、別に二人とも食べたくないので代わりにKFCのチキン。
ちなみにチェコクリスマスのKFCは全然人気がありません。
モミの木は、前日にごみ置き場で拾ってきました。
クリスマス前に大きい生木が3本も捨てられていたんですよ、枝だけ頂いてきました。

この時までに家具も揃い、落ち着いてクリスマスを迎えられていることにとても感謝しました。

IMG_4165.JPG

プレゼント交換。

IMG_4071.JPG

彼へのプレゼントの一つは、男子向け着せ替え人形あげました。
彼が全身似て過ぎて、オンドラがすごい恥ずかしがるので写真はモザイクかけてます。

私はタイマッサージ券、大好きなサラミの棒をもらった、嬉しい!

25日に6連勤終えて、やっとローングホリデ〜。
少しの別れですが、職場の皆とあいさつして、ビズして、ハグしてきました。
また戻ってきたいと思える職場でよかった。

今年の正月は、待ちに待った日本で過ごします♪


posted by odaQgirl A子 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

贅沢な食べ物

初めてMacroに行きました。
Macroは会員制の卸売り専門スーパー。
ずっと行ってみたかったお店です。
一昨日、会員カードを持っている日本人の友達が連れて行ってくれました。

Macroって食品だけだと思ってたら、日用品なんでもあるのね。
扱ってる商品が多くて、ここに来たらとりあえず何でも揃っちゃいそう。
普段行くスーパーとは違うものが多くあって、歩いてるだけで楽しかった。

特に魚コーナーはチェコとは思えない充実ぶりで、夢みたいでした。

購入したのは

IMG_3928.JPG

ムール貝1Kg 110Kč
冷凍白身魚 なんかいっぱい入って安かった

買い物の後、ちょっとお茶。(といいながら私はスヴィチコバ食べたけど)
友達のパコヴィキュナさんと話してると時間忘れる。
同い年で、相方が外国人で、外で働いてて、動物好きで
と共通したところが多い。日常のことを楽しく話せる友達。
この日は魚が溶けちゃうので、早めにバイバイしました。

IMG_3944.JPG

パコヴィキュナさんがくれたウドン。
え、まじで!いいの、こんな貴重なものを、、!
まぁ、驚きました。嬉しすぎました。1年半ぶりに見たウドン。
さっき手に入れた魚介より食べたくなっちゃったよ!

のでもちろん、すぐ頂く。

IMG_3950.JPG

キノコを甘く煮たのと、ネギをたっぷりのせて。
幸せなひと時。のどごし良いつるつるうどん。(キャッチフレーズの通り)
次は月見うどんで食べようかな、わくわく。

マクロで買ったムール貝も食べました。

IMG_3946.JPG

シンプルにワイン蒸し。
翌日はパスタにして、すごく美味しかった。
ムール貝は身が大きくてぷりぷり、食べごたえありました。
オンドラも食べてた。
オンドラは付き合った当初に比べると相当食に対して寛容になった、
チェコに馴染みがない食べ物も楽しんでくれるようになって嬉しい。
でも本当に好きなものは違うままがいいけどね。(基本的に食の好みがかなり違う)
自分が食べたくて買っておいたものが次の日消えてるとか嫌だからね。

この間オンドラがブルノに帰ったときに、お母さんがクリスマスクッキーを持たせてくれた。
普通はクリスマスの24日に食べる為に取っておくんだけどさ、
トレーいっぱいあったのが、もう残り2個になっちゃった。

IMG_3941.JPG

お母さんの手作りはオンドラも私も大好き。

posted by odaQgirl A子 at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

マネージャーの行方


フランス人マネージャーのメディ、

早くも辞めちゃいました〜!

前日の従業員クリスマス会では「フォー!!」ってレイザーラモンHGみたいにノリノリに腰振ってたのに。
その翌日に解雇って・・・誰が想像できたでしょうか。本人だって思ってもみなかったはず。

面白くて気軽で好きだったのにー、残念すぎる。
1週間、すごい楽しかったなぁ。。ああ。涙


それで今日から他ポジションのマネージャーのジルが
臨時でレストランのマネージャすることになった。

20161216_173120.jpg

全身赤ずくめのジルはスコットランド人、カラッと明るくていい子。まだ24歳、でもすごくしっかりしてる。
ゲストコミュニケーション(最近のホテルはそんなポジションがある)のマネージャーとして働いている。
ここに来る前はプラハの有名レストランのマネージャーを5年してたので、レストラン業をよく分かってる。
でも他の事にチャレンジしたくて転職してきたので、レストランのマネージャーには正直なりたくない。
ということで新しい人決まるまでのヘルプ。
とはいえ彼女にも考えがちゃんとあって、既にレストランの改良計画を始めました。

私はこれから仕事の幅が増えて、バーやロビーでの接客もすることになりそう。
そうするとこれからはお金のやりとりもある、各マネージャー群ともっと絡むことになる(これ嫌だわ(笑)。
ドキドキ。
新しいこと覚えるのは自分の為になるから良いか。
どうせすぐ慣れるよな。よし。

先月だったか、泊まりに来ていた日本人客が
エールを込めて日本のスナックをくれた。嬉しすぎて叫んでしまった。

darek.jpg

お客さん、こてこての関西人で面白かった。一人が芸人の小薮千豊みたいだった。

posted by odaQgirl A子 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

カメ


1.jpg

亀に餌をあげてたら


2.jpg

亀の口がまるくなったり

4.jpg

四角くなったり

3.jpg

三角になったり


したんだって。ぷぷ。

これオンドラの昨夜の夢。
そして未来の夢。来年から陸ガメを飼う予定。
名前はもう決まっている、OTO。

「子供ができたら名前は何がいい?」って話を昔してた。
チェコの名前で、日本人も言いやすい名前がいいなぁというところから
男の子だったらOTO(音)てよくない?と私が言ったら、
最悪、とオンドラが言った。古くさすぎるらしい。
日本で言ったら赤ちゃんに「波平」って名前つけるようなもんなのかなって思った。
OTO、イメージ的に亀の名前だったらぴったりらしい。
二人でOTOを迎えるのを楽しみにしています。

人間は、そのうちに。
夫婦二人でも幸せにやっていけそうと最近は思うけど。
見てみたいは見てみたい。まぁ、運命に任せる。


posted by odaQgirl A子 at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

職場の話

今朝仕事に行ったら、

アシスタントマネージャも早々出勤してて
息あらあらに私に言った。

「マネージャーのモニカが、、2日前に突然仕事を辞めたの!」


え・・?!
朝からビックリ仰天。

なぜか聞くと、
支配人のデュークが、レストランを改良できてないモニカを解雇したとか。
そんなバカな。。
モニカ超頑張ってたし、私はモニカが来て実際色々な事がだいぶ改良されたと思う。
多分、デュークに改良されてないと言われたモニカはカチンと来て言い争いになったような気がする。
モニカの旦那も実はホテル内のバーのマネージャーしていて
私達もよく関わっていたんだけど、旦那も一緒に辞めていった。
思ってもみなかった、末永くお世話になるんだろうなと思ってたのに。

そんなんで皆ソワソワしている中、
新しいマネージャーが早速やってきた。

フランス人。前職シェフらしく、レストランのフロアー経験は全くないらしい。
それでアシスタントマネージャーは、やばいぞとテンパっていた。

新マネージャーのメディ。
外国人マネージャーって正直私は嬉しい。
紳士で、歩く背筋はぴんっと立っててフランス人オーラがなんかかっこいい
・・と思った次の瞬間。

IMG_3907.jpg

なんかフランス語をぺらぺら私に言ってくる。
何て言ったのか聞いたら、「ルイスヴィトン、シャネル、エルメス〜」
とフランスブランドを言ってただけだった。(発音良すぎて聞き取れなかったよ。)
この後も、マイケルジャクソンを口ずさんでるので
「やあ、マイケル」と言ったら、嬉しそうにマイケルの踊りまねをした。
そして、食器洗いの子の前で私を指して
「Pozor!!Moje kamarádka je japonka,Kung fu-ka!Šaaaaaa!」
(気を付けて!私の友達は、日本人、カンフー人、シャーーーーーー!)
て、変なチェコ語を言ってカンフーの振りをし出した。

なに、この人。なに、このマネージャー。
すっごいふざけてる。
しょっぱなから面白すぎるんですけど!

どんなレストランになるのでしょう。
ほんとマネージャーって存在すごい大きいからね。
ルールも雰囲気も全部変わるから。
とにかく厳しく冗談言わないモニカとは真逆のタイプ。

これからが、楽しみだ。


話飛んで、2か月ほど前のこと。

恐いおばさんで前に紹介したズザナが
野菜、果物担当から、ベーカリーに転身した。

zuz3.jpg

関わることがかなり減って、私の心は平和だ。

そして、代わりに野菜担当でやってきたのが
インド人のクマール。

IMG_3906.JPG

親しみやすい。この人いると落ちつく。
インド人のお客さんに、特別にカレーを作ってあげたりもしてて
この前キッチン中カレーの臭いになってて、インド料理屋かよって思った。
クマールはプラハでインド料理屋の経営もしてるらしい。
今度食べに行ってみようと思う。

インド人、フランス人と来て
前よりちょっと国際的(英語も飛び交う感じ)になったのが、私はかなり嬉しい。

いろんなこと起こるな。楽しい♪



posted by odaQgirl A子 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする