2020年02月08日

暖かい冬

今年の冬は寒すぎないチェコですが、先週末は特に異常で13℃まで上がりました。
チェコの2月にコート無しで外に出れるなんて。
今年買ったけっこう立派なソリは、出番なく春が来ちゃうんじゃなかろうか。
地球は大丈夫かな、と心配になります。

さて、そんなぽかぽか天気の週末はブルノにいたので
年中ホリデーの兄を連れて、

IMG_20200201_151257.jpg

久しぶりに卓球

IMG_20200202_112642.jpg

ホリデー兄ちゃんといると私達も子供に戻れて楽しい。
娘もこの兄ちゃんが好きすぎて離れてても毎日何かと名前言ってる。

IMG_20200202_131113.jpg

娘も大人に混ざってスープをすする
一人で食事ができるようになって成長を感じる。
ブルノにいると、ちょっと離れた感じで子供を眺められる余裕が嬉しい。

アラフォー兄弟が子供の頃遊んでたというレトロなキッズテントを出してくれました。
とても綺麗にとってあってさすがチェコの家族。

子供達テントの中で嬉しそうにはしゃぐ。
次々と男性陣が遊びにやってきました

to.jpg

半裸でキッズハウスを組み立ててくれた長男。
ついでに紹介すると、
次男のホリデー兄ちゃんとは真逆で、根っからのビジネスマン。
レストランには絶対行かないが、娘の通う小学校の食堂でたまにランチしてる。
(安い上に体に良いからと。チェコの小学校給食は一般人にも提供してるというのを初めて知った)

jo.jpg

ゴリラのようにノシノシやって来た義父。
お酒好きで九州男児気質。
私とはボードゲーム(ハルマ)友達。

vi.jpg

ホリデー兄ちゃん
仲が良いのでこのブログによく出てくる、ので紹介は端折る。とりあえず超変わり者。

ここには私達とも子供達とも、遊んでくれる人がいっぱい。
最近は夫婦揃っての骨休めにブルノに行ってるような感じです。

posted by A子 at 03:24| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

ブルノ実家へ

1.jpg

ブルノへ行ってきました。
いつも使う電車RegioJet は満席だったので今回はČeské dráhyを利用。少し高いだけあり人が少なく、ファミリー用車両は快適だった。
しかし2時間半の列車移動は長い。いつかチェコにも新幹線みたいな電車ができて1時間くらいで行けるようになるといいのにな。

ブルノに到着したらちょうどハーフマラソン大会をしており、ほとんどのトラムが運行しておらず最悪。
何でセンターで走る必要があるんだ!とオンドラも怒っていた。ほんと、森の方で走ればいいのに、気持ちいし。
代行バスとか乗っていつもより30分以上長くかかって実家へたどり着きました。

しかし、一度来てしまえばある意味天国
実家はラク!

娘の遊び相手がいっぱいいるし、家事しなくていいし、
私ずっとソファーでごろんとしてました。ああ、幸せ。

3.jpg

4.jpg

しかし特定の人には人見知りするようになった娘、
おじいちゃんとは距離を持って遊ぶし、一番年上のおじさんが苦手のようで私の方に逃げてくる。

今回特に娘とよく遊んでくれていたのはいとこのビッキー(10歳)

2.jpg

ビッキ―は妹がずっと欲しかったみたいで、いつも一番楽しみにしてくれている。
彼女の成長を感じたのが、一年前はおむつ替えをする時キャー汚い!と言って逃げていたのが
今回「Já se nebojím (私こわくないよ)」と言って真横で手伝おうとしてくれた。

そして、皆からまさかの誕生日プレゼント

IMG_20190416_082825.jpg

うれし〜い

義父が用意してくれてたランチ

lunch.jpg

オートミールのスープ(激うま)と義父が一番得意なグラーシュ
チェコのスパゲッティ―ってウドンかよ!ってくらい柔らかく茹でるんですが、
グラーシュのような中欧料理には意外に合うんですよね。
ただイタリア系のソースの時でも変わらずこのふにゃふにゃ麺で出すのでガックリするけど。
そんな国民性なのでレストランでアルデンテのパスタが食べたかったら、ちゃんとしたイタリアンレストランに行かないと失敗が多いです。

娘は、6人の普段合わない大人と急接近して興奮してしまったようで
夜はなかなか寝ず、寝具にも問題あり、私たちもほとんど寝れなかった。1泊でよかった。

結局はお腹がすいてたのが大きな理由か(早く気づけばよかった)、早朝ロフリークを握ってやっと寝てくれたのでした。

IMG_20190415_090109.jpg


posted by A子 at 18:01| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

2018年クリスマス ブルノ実家編


24日朝、出勤を控えた旦那はつぶやく

「あ〜仕事嫌だなぁ、クリスマスはゲストの要望が多くて大変なんだよな〜」

そんな声が届いてしまったのか、数分後上司から携帯にこんなメールが入った

「メリークリスマス!私からのプレゼントがある、君の代わりにシフトに出るから、今日は家族とゆっくりクリスマスを過ごしてくれたまえ」


・・・なんだと?!

仕事行くの面倒くさがっていたくせに素直に喜べない彼。
なんせその上司は朝から出勤しており、旦那の分のシフトに出たら16時間勤務。
その上、次の日の25日も人不足で止む無く16時間勤務なのだ。

やれやれと、丁寧に返事を返す旦那
「その心がけとても嬉しいです。けれど今日と明日、あなたを丸一日働かせるわけにはいきません。
うちは昨日クリスマス会を済ませましたし、今日は通常通り出勤します」

するとしばらくして上司からの返信、
「いや、どちらにしろ仕事がたくさんあって私は夜までホテルにいなきゃいけないんだよ。だから今日は休んでくれ!」

もうこれ以上拒否すんのも変だし、感謝して上司の恩を受けることにした旦那。
チェコ人は仕事よりプライベートを大事にする人種なんて言うけど、こんな仕事一筋なチェコ人もいるんです。
15種類もクッキー焼いた奥さんと過ごさなくていいのかな

こうしてポカンとできた休日、どうするよ今日?となった。
せっかく24日(チェコではクリスマスを祝うメインの日)だけど、もう冷蔵庫スッカラカンだし、プレゼントもないしね。
ならば、1日前倒しで今日からブルノに行っちゃおうよ!となりました。
クリスマス、長距離電車チケット取れるかな〜 と心配してましたが

7.jpg

この通り

車両に私たちしかいない。そうか、帰省組はクリスマス前に移動しちゃってるのか。

ブルノ到着

IMG_20181224_192303_HHT.jpg

突然クリスマスメインの日に現れた私達に大喜びの義母がいました。
義父は挨拶に顔を出せないほど具合を悪くしていました。

IMG_20181224_175015_HDR.jpg

即席クリスマス料理
鯉を食べない義実家では代わりになんかの白身魚フライ。

IMG_20181224_182709_HDR.jpg

義母の今年のクリスマスクッキー
「今年は少なくて、5種類しか焼かなかったのよ〜」なんて言うけれど
過去最多で2種類しか焼いたことない私には、全然少なくない。

しかも、

IMG_20181226_112643_HDR.jpg

この量だよ! 段ボールいっぱい。
毎年よく頑張るな〜と感心してしまう。(いっぱい持って帰りました♡)

24日にお祝いして、25日はとくに何もしないというチェコ人
ただゆっくりする日らしい。
義父は体調よく、やっと出てきてくれました。

娘は家中を自由にうごきまわってて

気づけば義父とJAZZ聴いてたり

IMG_20181225_161054_HDR.jpg

義母の料理の邪魔してたり

IMG_20181225_163840_HDR.jpg

いろんな人が構ってくれるので楽しそう。

しかしながら、またブルノで風邪ひいちゃった娘。
なんかもうここ2か月間風邪ばかりひいているのだけど
今回は高熱出るほどで、26日全家族揃う日にはぐったりに。
初めて見る娘の辛そうな姿に私はあまりパーティー気分になれませんでした。

IMG_20181226_131544_HDR.jpg

お昼は義母が手をかけて作ってくれたŠpanělský ptáček(ルラーデン?)
私クリスマスツリーを見ると肉が食べたくなるのか、ずっと恋しかった肉を勢いよく食べました。

IMG_20181226_135821_HDR.jpg

プレゼント交換、今年も最年少の10才ビッキーが名前が書かれたプレゼントをそれぞれに渡していきました。
1人につき幾つもあるプレゼントなので、今回も1時間以上かかりました。

実家が乾燥しているのか、娘の咳がひどく体調がどんどん悪くなっていく気がしたので
よく寝ているうちに早めに移動することに、1日早く帰ってきました。
電車でも家でもよーく寝てたおかげか、翌日だいぶ回復してくれて少し弱々しいながらもノンストップで遊びまわっております。
年末年始、しばらく家でおとなしく過ごそう。

皆さん今年もありがとうございました
よいお年を!

posted by A子 at 23:46| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

義父の80歳バースデー


義父の誕生日をお祝いするため、ブルノへ行ってきました。

IMG_20181110_113545.jpg

いつもの黄色い電車で。
今回は、娘もひとつの椅子に座れました。

が、動きたいお年頃、おとなしく座っているのはつかの間でしたけどね。

最近の義父はというと、年で体に自由が利かなくなってきて
「もう生きてるのが辛い」「こんなならもう死にたい」
など気が滅入ってしまっていて、とても気になってました。

IMG_20181110_174404_HHT.jpg

そんな義父ですが、いろいろできるようになった娘の成長を喜んでくれて
遊び相手をいっぱいしてくれました。

いつも料理を用意してくれる義母が腰を悪くしてしまっていたので、
今回は義父が料理を作ってくれました。

IMG_20181111_130233.jpg

つみれとヌードルのスープ

IMG_20181111_130812.jpg

チキンとパプリカのソース

どちらもとっても美味しかった。
スープはいっぱい余っていて、次の日に私が全部平らげちゃった。

「美味しくて、つい、もっともっとと食べてるうちに、全部なくなっちゃったよ〜」
とチェコ語で義父に伝えたら、すごい喜んでた。
今回、幾度か義父との言葉のキャッチボールが成功した。嬉しかった。

以前から義父に家族3人が写った写真が欲しい、と言われていたので
誕生日プレゼントには、家族3人が写った来年のカレンダーを送りました。
毎月家族写真が変わるようにして。
ちょうど娘が1月生まれなので、子の成長が見えて、季節も合っているカレンダーになりました。

みんなが興味をもってカレンダーの写真をペラペラと全部見てましたが
義父は、「その月になってから見るのを楽しみにするから今見ないでおく」と言って見ないでいました。
お義父さん、ちゃんと生きる意志がある、と思ってうれしかったです。

この日は義父の家族と孫が全員集まり、ささやかでしたが温かい誕生日会になったと思います。
今回の滞在中、義父が以前よりもニコニコと終始機嫌よく笑っていたのが印象に残りました。

娘はブルノにいる間に初めての風邪をひいてしまいました。
そして鼻づまりでなかなか寝付けないようで、かわいそうでした。

義父が買ってきてくれた鼻づまりの薬
お義父さんありがとう

IMG_20181114_192856_HHT.jpg

しかし、これ大人がやるような鼻にさすドロップ?
子供に使って大丈夫なのかなと心配がありましたが、新生児から使えるとのことで。
そう言われてみると、右下の影が子供ぽい。

これが少し利いたみたいで、次の日からの寝付きが少し良くなりました。
効きすぎてはいないところがまあ良いかなと。
今は喉もやられちゃってるみたいでガラガラ声でおしゃべりしてます。
むしろいつもと違う声を楽しんでるかのような、ケロッとして元気。
赤ちゃんは身体弱っても精神は相変わらず強いな。

posted by A子 at 04:12| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

娘の初ブルノ


週末、オンドラの実家があるブルノへ行ってきました。

IMG_20180414_103257.jpg


REGIO JETのサービスなしを利用したのは初めて。
プラハからブルノまでたったの90コルン(450円)/大人一人 でした。
めちゃ気軽に行ける!
通常のコーヒーサービスはないが、水はくれるし、ニュースペーパーもあり快適。
ただ人気なのですぐに座席が埋まります。


ブルノ到着、長男のお家があるBystrcへ。

IMG_20180414_122516.jpg

花粉症のオンドラ。
チェコでマスクしてる人っていないので、これかなり怪しい人です。
本人真面目だけどこのサングラスも玩具ぽくてふざけてるし。。


長男、会うなりぎゅっと娘にハグ。

IMG_20180414_125145.jpg

15歳の息子と10歳の娘がいますが、久々の赤ちゃんを懐かしんで楽しんでました。
もう一人作るべきだというと、いらないわよと奥さんに一蹴りされてましたが。
他人の子をたまに可愛がるくらいがちょうどいいのだと奥さんも大いに可愛がってくれました。

次は長男の家から2分のところに住む次男の家にも寄り、
一匹狼ビテックを連れいつも行く森を歩きました。

IMG_20180414_152815.jpg

木の葉を見るのが好きな娘

もう夏の気候、森には人がいっぱいいました。
で、びっくりした光景が。。

IMG_20180414_153340.jpg

この森、鹿が住んでいるんですが、
この距離で逃げない、むしろ人間に近づいてくるということは今までありませんでした。

どうしちゃったの、鹿さんたち!
もっとワイルドな鹿だったよね!?

どうやら近年人々が餌をやるようになって、奈良の鹿状態になっていたのだ。

IMG_20180414_153825.jpg


「これじゃあ、まるで動物園だ、、」

と、この森で育ったオンドラは残念そうでした。
鹿に偶然出会うことが特別だったのにと。分かる気がします。


これは2014年に偶然散歩中出会った、まだワイルドだった頃の雄鹿の光景。
(あまり近づくと去ってしまいそうだったので、写真は望遠で撮ってます。)

IMG_2909.JPG

ママ、よっちゃん覚えてますか?


IMG_20180414_153908.jpg

いのししも変わらず元気そうですよ。

今や観光スポット化している鹿とイノシシの森。
森の前の駐車場には車がぎっしり停まり、バス停も新しくなってました。

IMG_20180414_154225.jpg

鹿やイノシシと会うには、Stará dálnice停留所から目の前です。


実家に到着

IMG_20180414_160648.jpg

オンドラ父も娘と初対面。

大人に話すように娘に話しかける父。
それがなんだか妊婦中オンドラがお腹の子に話してたのと似ていたので笑ってしまいました。

翌日は日曜日で家族が集まる日


IMG_20180415_132750.jpg

本日の母のチェコ料理。チェコ人母はお肉を煮込むのが上手。


長男の娘ビッキーが娘に興味津々で、ずっと傍で遊んでました。

viki.jpg

きれいな従妹がいていいね。
ビッキー、すっかりお姉さんになった。
ブリブリっと娘が〇ンチをした瞬間、「キャー汚い!」と逃げてくような子供っぽさは変わらないけど。笑


ビッキーと次男ビテックが一緒に描いてくれた絵

IMG_20180415_135444.jpg

オンドラがおじいさん過ぎて、、笑


IMG_20180416_121938.jpg

部屋の前には桜。(桜だよね、これ?)

桜の裏に見える建物はプール施設。
娘を母に預けて、オンドラと泳ぎに行ってきた。
このプール、水泳コースだけじゃなくて、流れるプール、巨大スライダー、ジャグジー温泉、サウナ、子供用プール、野外プール
と充実してて、泳げない私でも気に入ってます。60コルン(300円)/大人一人でした。
この日は赤ちゃんの水泳教室があったようで、生後半年〜2才くらいの子供連れが多くて気になってずっと見ちゃった。
娘がもう少し大きくなったら一緒に来たいな。
こんなプールが家の裏にあるってうらやましい限り。

その後近所のレストランへランチをしに行きました。

IMG_20180416_122615.jpg


IMG_20180416_124538.jpg

なんかめちゃめちゃ不味そうに撮れてしまった写真。
すごく美味しかったですよ!
チェコ人は普通料理のシェアはしませんが、
仲良すぎて3人で2皿をシェアしました。
(お腹があまり減ってなかっただけ)

まとめ
彼の実家周辺はブルノ中心から近いにも関わらず、すごく環境が良いです。
ここに住んでいたころは、日本を離れた寂しさからこの土地を好きになり切れずいたけれど、
チェコの他の土地に住んだり旅行で見てきた今はここの良さを感じることができます。
今なら心から楽しむことができそう。

そんなわけで、ブルノ来月も来たいなと思いました。
オンドラ母もすごい喜ぶし。
今度はブルノの中心らへんも久々に探索してみようと思う。
posted by A子 at 09:43| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ブルノでゆっくり

今回も彼の実家でダラダラしてきました。

まずはブルノに到着した足で、次男坊ビテックの家へ行きました。
彼の家(フラット)は、ブルノ繁華街からバスで20分以内のところ。
それでも自然いっぱいなのが素晴らしい。

IMG_20171014_131032.jpg

窓からの景色が最高。
季節を感じられる家ってうらやましいな。雪をかぶった冬景色が特に美しいらしい。

既にいい状態のフラットなんですが細かいところが気になると、自分で部屋を大改造していました。
床や天井、その完成度がプロ並みの凄さで関心。
うちも素敵にしてくれないかな〜とか思っちゃいますが
ブルノに帰ってこない限り、手伝ってくれることはないでしょう。
私たちがブルノから離れたことに未だ文句ありありですからね(苦笑)

実家へ皆で行ってお昼ごはん

IMG_20171014_140016.jpg

チェコの家庭料理。
ポテトのポリッジ、ビーフパティ、野菜炒め。
母の味付けはやさしい。

天気がよかったので4人で公園に行きました。
そして、卓球。

IMG_20171014_174617.jpg

母 VS 次男と三男。

このメンバーで遊んだり話したりするのが好き。自分が自然に家族の一員だと思える。
私は過去にアメリカやカナダで3回ホームステイをしたことがあったけど
どの家族にも馴染めなくて辛かった。時に泣いた。
だから、こんな居心地のよい家族に出会えたことはすごいことに思う。
チェコ人と気質が合うというのもあるし、この家族はたまらなく暖かい。


日曜日は長男と子供たちがやってきてにぎやかな午後。
(この家は毎週日曜日に必ず家族が集まる)

昼食後男性陣は全員サッカーをしに出かけるので、
私は自然とビッキー(8才)と遊ぶ。

IMG_20171015_150722.jpg

もう4年も同じ遊びしてるね、お絵かきゲームが楽しい。
ビッキーは今でもプリンセスの恰好をして見せてくるけれど、私そういうのが苦手だったりする、、
おままごとみたいのも。自分がしてこなかったからかも、虫やザリガニと遊ぶのが好きだった。
自分のお腹の子も女の子。いつかプリンセスになりたがるかもしれない。
私は子を育てながら心広い大人に成長したい。

その後、気づくと私はソファーで熟睡してた。いつのまにか長男家族が帰ってた。

プラハへ帰る日、ブルノの町をぶらぶら歩いて変化をチェック。
最近のブルノはお店などがすさまじく変わるので。
お洒落な恰好した若者が増えたなぁという印象。

そしてオンドラの親友ワシェクと3人でお気に入りのハンバーガー屋へ行った。

IMG_20171016_123101.jpg

ワシェクといえば大酒飲み、しかしこの日はビールを一滴も飲まず
オンドラと一緒にカプチーノを注文していた事に思わず笑ってしまった。
前までコーヒーなど全く飲まなかったのに。
町も人も少しづつ変化しているブルノでした。


posted by A子 at 17:54| Comment(4) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ブルノ帰省


1泊2日でブルノに行ってきました。
またまた久々となってしまったブルノです。

20170811_122652.jpg

出発前のプラハはザーザー振りの雨で15℃と肌寒く
「天気が悪くて残念だね〜」と話していたんですが
その日の新聞を見ると、ブルノのあるモラビア地方は33℃!
着いたらしっかり晴れていたブルノです。蒸し暑くて南の国に来たみたい!

ブルノに到着して、久しぶりに彼と町を歩きました。

IMG_7222.JPG

賑わう野菜マーケット広場。

どの通りを歩いても新しいレストランや喫茶店がいっきにできており、
「お洒落な町になったなぁ〜」と彼。

IMG_7228.JPG

平和広場は変わらず。この噴水が好きですね。

夕方から私は日本人の友達と会って、新しくできたお洒落なベトナム料理屋へ。
お互いの近況話しながら快食しました。妊娠祝いのタオルとハンドクリームまで、ありがとうございました。
オンドラは親友ワシェックの新居で開催されてるパーティーへ。
そして私も友達と別れた後は、ワシェックの家のパーティーへ参加しました。

ワシェックとデイビット夫妻(ゲイ結婚カップル)の新居はとてもハイセンスで豪華でした。
家のベランダから聖ペトロフ教会が見える!

IMG_7234.JPG

4年前、初めてチェコに来た時から仲良くしているブルノの友達です。
皆久々だけど溶け込みやすくて、やっぱりブルノの友達は落ち着くなぁと思いました。


夜はお父さんが昔のアルバムを見せてくれて、いっぱいお話ししました。
お父さんは旅行好きだったようで、チェコ全土の昔の写真がたくさんあり面白かったです。
チェコの昔の話、今のうちにお年寄りからいっぱい聞いておきたいです。

翌日はブルノから30Km離れた山里にあるハタ(別荘)へ出かけました。

その前に寄った実家近くの森でイノシシの様子をチェック。

IMG_7240.JPG

相変わらず元気そう。
ブルノに来た日、初めてオンドラに紹介された友達がここのイノシシでした。
このイノシシたちが私とオンドラの距離を縮めたのです。(マジ)

別荘には、体調が万全でないお父さん以外、家族全員集まりました。
毎度成長にびっくりするのは、サミック(14歳)です。

IMG_7248.JPG

オンドラと手作り武器で戦う子供らしさは変わらないけど、もうこんなに体が大きくなって!
出会ったころは私より小さかったのに、今ではオンドラとほぼ同じ身長です。

この日はたっぷり時間があったので、全員でかくれんぼしたりボードゲームしたり、
共作で漫画描いたり、とにかくノンビ〜リ過ごしてました。

IMG_7257.JPG

この日覚えた言葉は「To je Pohoda.」
落ち着いていい時間だねっといった意味で使うぽいです。

posted by A子 at 12:48| Comment(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

久々のブルノ

ブルノに行ってきました。数えてみたら半年ぶり。

風邪をひいてて、生理が始まり、前夜にぎっくり腰をやるなど、、
行くの中止にしようと思う体調でしたが、楽しみにしていたので行きました。

Student Agencyの黄色い電車で。
普段ブルノ行くときは同じ会社のバス使ってますが、
電車の方がサービスがいい事に気が付いたので、今回は電車にしました。

20170310_075011.jpg

コーヒーと紅茶は何杯でも無料。
クロワッサンのサンドイッチも20コルン(100円)と安い。

ブルノに到着、久々に会ったお母さんとお父さん、相変わらず元気そうでした。

お母さんが用意してくれたお昼ごはん。

20170310_115840.jpg

パプリカ味のクリームソース。
お母さんはいつもお料理のソースをとても上手に作ります。

両親と話したりゲームした後
夕方からブルノの中心街まで行きました。

20170310_154348.jpg

日本人の友達2人と待ち合わせ。
野菜マーケットの広場、長かった工事も終わってきれいになっていました。

ブルノをよく知っている友達がお勧めしてくれたケーキ屋さんmomentaに行きました。

20170310_161423.jpg

私はライムケーキを食べました。
すごい美味しかった。スポンジや甘さの加減が完璧。
日本のケーキを思い出しました。ここのお店は接客もすごく親切でした。

チェコに住み始めたばかりの子がいたのもあり、チェコはこんな事が大変!的な
話で盛り上がりました。分かるー分かるよーと思う事いっぱいでした。
チェコはやはり独特な国だと思うのです、私もその子も海外に住んだことありますが
慣れ親しんでいる英語圏と比べるとチェコは異国と感じます。何より言葉がしんどいね。。プラハ以外は特に。
彼女は私がブルノに住み始めた頃と同じような悩みを抱えていました、
その子も少しずつ自分の居場所や楽しめることを見つけられますようにとすごく思いました。

次の日、真ん中の兄の新居を見に行ったり(窓からの景色が素晴らしい家だった。)
一番上の兄の家族にも会いに行きました。

息子サミックとの写真。

2.jpg

左が2015年1月撮影。右が現在、2017年3月撮影。
2年間でこの成長。13歳で170センチを超えました、まだグングン伸びてます。
声も熊のように低くなっている。
今後もこうやってサミックの成長記録撮っていこうと思います〜

1泊2日で忙しくプラハへトンボ帰り。
映画のエキストラのバイトを申し込んじゃっていたので。
母にŠkoda(残念、、)と何度も言われました。もっと頻繁に来て!と言ってくれました。
彼はブルノに残りました。

20170311_193707.jpg

帰りの電車は6席の個室に自分一人だけ。ラッキー。
寿司なんて食べて優雅に帰りました。

20170311_180744.jpg

気になっていた寿司セット80コルン(400円)
値段相応で特にシャリが残念ですが、電車で寿司を食べるという気分が良かったのでOK。

プラハに到着、翌日朝5時に集合だったのでそのままホステルに宿泊。

20170311_213318.jpg

ドミトリーは6人部屋に私と友達と謎なチェコ人おばあちゃんの3人だけで快適でした。
私こんな繊細だったか、全然寝れなかったのは辛かった。

エキストラのバイトは壮絶に寒くて長くて死にそうでしたが、何とか終わってホッ。
まぁ、いい思い出になりました。
さて、体整えないと。


posted by A子 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

さよならブルノの家。

気温がぐーんと下がった週末、ブルノへ行ってきました。
ブルノの家が引き渡しの日だったからです。

私も引き渡しの現場で、最後のやりとりを見守りました(見守る、しかできない・・)。
新しい住人となる娘二人と父親がプラハから来ていました。
とても良さそうな家族だったので、この家を気に入って住んでくれたらいいなと思いました。
娘達はちょうど翌日から大学が始まるようで、引き渡しが間に合ったことに喜んでいました。
オンドラはノスタルジックを感じる・・と終始言っていました。
大学の時にローンを組んで自分で買って、10年住んできたお家。
色々な思い出があるに違いありません。
私は旅行やら舞台公演費用なんかにお金を使っていた20代、、
彼は財産になるようにと家を買い、ローン返済の為に旅行などもしなかったそうで。
普段子供みたいですが、実は堅実的で感心します。
ちなみにチェコでは、賃貸に長く住まず家を購入してしまう人が日本に比べて多いと思います。
月々の家賃を払うのは何も残らなくてもったいないというのと
銀行は信用できないから(急に潰れたり)、家を財産にしておいた方がいいと言っていました。

家を売るというのも大変な仕事でした。
書類を集め、難しい契約にサイン、法律家含めての会話、
不動産屋とうまくいかなかった事でオンドラは頭を痛めていました。
チェコ語ができない私は何もできず、彼が全部背負っていたのでかわいそうでした。
すごく頑張ってくれたと思います。

今回ブルノにいたのは2日間だけであっという間でした。
帰る日に、ブルノに住む日本人友達のBさん(チェコ生活の先輩)が近所まで会いに来てくれました。
Bさんは3人の子供のお母さん。前回会った時は3人目の子供はまだお腹の中でした。
そして今回、そのお腹の中にいた子を連れて来てくれました。
もう2才、歩いていました。

なので、一緒に散歩します。

20160920_173917.jpg

2才児だけど、なんだか凛々しい雰囲気の子。服装もかっこよかったな。
この立ち止まるポーズが印象的だった。
「こっちに行きたいんだけどなぁ〜僕。」
と片足が行きたい方向にのびている。

でも、車が多い方は避けたいお母さん。
一緒に歩いて勉強になりましたが
子供との散歩は、たくさんの注意が必要です。
子供3人一緒の時はどうなっているのでしょう。

20160920_173633.jpg

階段が好きそうでした。
足が強い子になるね。

散歩しながらBさんとお話し。
Bさんはブルノをとても気に入って、自分らしくチェコ生活をしています。
彼女が住むのはブルノの中心から少し離れた村で
人と人との距離が近く安心して子育てできるようです。
でもヨーロッパの「人は人」という個人を尊重する文化から
マイペースでいられるのだと思います。
旦那様がチェコ人で急にチェコに住む事になったBさんですが、
チェコ人しか住まないような村で3人も子供を育てていて、今やチェコ語もしっかり話せて
かっこいいと思いました。
何より、住んでいる地域をすごく気に入ってるって事がうらやましいことです。
まだ私は、そこまでは言えません。まだ、チェコでの生き方を見つけている最中です。
子供がいたらまた見方も変わってくるのかもしれません。

ブルノ滞在中。

20160918_123051.jpg

お父さんが散歩中拾ってきたクルミ。
もうクリスマスのクッキーのために集めてるのだとか!早すぎ!
10月、11月になると近所の人にみんな取られちゃうから早めに集めておくらしい。

20160918_132305.jpg

お母さんのおいしいごはん。
鶏肉のグリルと、ブランボラーク(マッシュポテトのフライ)、ほうれん草のソース。

今は事情があって二番目の兄も実家に住んでおり、夜までとても賑やかで楽しいお家でした。

posted by A子 at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

ブルノの実家へ

ブルノへ行ってきました。

20160821_143332.jpg

プラハからブルノへ向かうバスのお隣は、かわいいワンちゃん。

このワンちゃん、バスを降りた後もずーっと一緒で、
なんとオンドラの実家と同じ建物の住人でした。びっくり。

彼の実家に到着。

IMG_2260.JPG

お父さんが日本列島のTシャツ着て出迎えてくれた。笑っちゃった。
着心地いいようで、私がいる3日間ずっと着てた。


日曜日で、孫は二人共来ていた。
久しぶりになった今でも、ワーと私に駆けて来てくれるのがうれしい。
上の子(サミック)はもう12才。
人見知りは10歳くらいの時の方がしていたな、
最近いい意味で大人になってくれて話しやすい。
ポケモンGOにはまっているみたいで、ポケモンを自慢してきた。

下の子(ビッキー)は7才。
この子はいつまでも子供で安心する。でも、どんどん大人びていくんだろうな。
そういえば、久しぶりに会ったらピアス開けてた。
小学校のクラスで開けてないのは自分だけだったみたいで、とうとうピアスしたくなったみたい。

IMG_2267.JPG

私へのプレゼントに描いてくれた牛。
牛の耳にもちゃんとピアスが開いてるね。

女子はよくしゃべる。
ビッキーもオンドラの母も。
新しく持った物や、最近あったことの話を限りなく私にしてくれるのだ。

IMG_2266.JPG

これは新しく壁に飾ってあった絵。お母さん作。
お母さんは風景画や人をよく描くけど、こういった抽象的なのは初めてだ。
色合いがいい。


彼がサッカーの友達と長々楽しんでいる間、私は家族と団らん。
皆が私を家族の一員として接してくれるから、いつも安心感が半端ない。
ぜんぜん違う土地で文化も違く育ったのに、なんでこんなフィーリングが合うのだろう。
オンドラの家族、大好き。

次の日、私はブルノに住む友達に会いに行った。

ブルノに来てすぐの頃にチェコ語学校で出会った彼女は
今や3ヶ月の赤ちゃんのお母さん。

IMG_2279.JPG

とても幸せそうで、子供へのあやし方がすごく優しかった。
旦那さんの両親も自分の両親も日本だから、頼れる人がいない中での子育てはちょっと大変だけど、
2ヶ月くらいから慣れてきたよ^^と友達。たくましい。
3ヶ月の赤ちゃんてけっこう反応するし、表情も変えるから見てて面白かった。

オンドラは私より先にブルノに来ていて、部屋を売る契約などで大忙しだった。
家具はない方が買い手が付きやすいようで、でかい棚を解体したり梱包したり。

今後プラハからのやり取りになるけれど、
知り合いの不動産会社に頼んでいるので、色々と融通が利いて有難い。

IMG_2302.JPG

オンオラが10年近く住んだ部屋に1年ぶりに入ってみた。
近所はのどかでいいところだなぁと思う。
プラハに1年住んだ後にこの辺りを歩くと、かなりいい立地だったことに気づく。
ブルノの中心まで20分ほどで行けてしまうし。
ブルノはチェコで第2に大きな都市なのに、プラハと比べると随分小さくて素朴。
観光地ではないので外国人は少なく、よりチェコらしい都市だと思う。

ちょっとづつ、荷物をプラハへ移動する。
今回はオンドラと私の自転車を持って帰った。
住まいは丘の上に建っており、自転車で丘を下がっていくのは気持ちいいけれど
長い丘を上がるのは本当に大変で大嫌いだったことを思い出した。
今日はもう、この丘を下がるだけなのだ。


IMG_2318.JPG

自転車専用車両。
席が空いてなくて、自転車置き場の床に座って帰った。



posted by A子 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコ-ブルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする