2020年07月30日

LitoměřiceA人いっぱいのプール

部屋が暑くて寝苦しく
寝不足で迎えた2日目

玩具みたいにちっちゃい卓上扇風機が気休め程度にあったけどね。。
チェコの部屋は基本クーラーって付いてないのです。

20200730134645624.jpg

ゲストブックあると痕跡を残したくなります。
よい朝食のお陰でホテル満足度がアップしました。

午前は公園で遊んで、街歩いて、自家製アイス食べた。

リトミニェジッツェの街並みは可愛くて綺麗。
古い建物が美しく保たれてて、リッチな街だな〜って思いました。
大人だけだったら、散歩してるだけで満足かも。

午後暑くなってきたのでプールに行くと、昨日とは打って変わって

20200729181717166.jpg

たくさんの人

20200729181744732.jpg

行楽地はこのくらい賑やかな方がいいな

水はまだ冷たかったのですが、
15時くらいになるとけっこう温まってきました。

20200729181937750.jpg

昨日はなかったトランポリンも膨らんでた

その後ろに見えてる大きいスライダー
気さくなオーナーに、
「ちっちゃい子でも大人と一緒に滑っていいよ、子供の為にあるんだから」
って昨日勧められたので、買ってきたセーフティベスト娘に装着して一緒に滑ってみた。
水着の摩擦で簡単に止まっちゃうゆっくりスライダー、こりゃちびっ子でも全然大丈夫だわ。
でも水に落っこちる時が怖かったようで二度目で号泣。


20200729182742363.jpg

ポホダ...

私達は卓球とかもできちゃって
このプールとても気に入りました。

しかしアラフォー母は、カンカン照りの太陽とプール遊びで骨まで疲れ切ってしまいました。
帰り道の眠さは相当だったわ。


*行ったプール
http://mszltm.cz/koupaliste/
posted by A子 at 18:00| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

Litoměřice@誰もいないプール

20200727065632100.jpg

Litoměřice(リトミニェジッツェ)という町に行きました。

半月ほど前に行ったウースチーナドラベムのすぐ近く。
また天気の良い日にウスチーのリベンジしようって地図見てたら、
こっちの小さい町に行きたくなってしまいまして。

20200727065840495.jpg

今回は特急列車ではなくローカル列車選んで行ったら、席がらんがらん。
そしてローカル列車は、新しくて快適な作りになってることが多い。

うちから一時間半で到着

20200727070422999.jpg

到着した途端の雨。またかー。。
正午3時間の雨は天気予報で知ってて来たから仕方ない。

その間に昼食済ませます。
人で賑わっていた広場のレストランにしました。
テレジンに近い観光エリアだから、お得な週末メニューとかもあった。

20200727070619487.jpg

The チェコのレストラン食
高カロリー&しょっぱい(苦笑)

でもレストランテラスの雰囲気は良く、息子もぐっすりだったのでゆっくり楽しめました。

さて、今回目的の野外プールへ。

入り口でチケット買おうとしたら、

「まだ小雨降ってるし、オーナーの判断で今日もう閉めちゃうかもしれない。知りたければ直接オーナーに電話して」

と言われ、オーナーの携帯番号を渡された。
受付の人じゃなくて、うちらが聞くのかい!笑

電話先のオーナーに電話すると
今日は営業するよ、と言われ一安心。

後にオーナーに会ったんだけど、コーヒー飲む?とか聞いてくれて、超気さくなおじさんだった。

20200728171225033.jpg
水温低い..

20200727083503847.jpg

日曜日だけど、雨上がりだし、気温も高くないのでうちらしかいない。

20200727084710891.jpg

貸し切り状態

20200728164738251.jpg

人いなすぎて、スライダーは閉まってました。
オンドラ(夫)と子供達は白熊のようにはしゃいでましたが、
水の冷たさに、私はあまり楽しめませんでした。。

しかしこの大きさで入場料が大人一人70コルン(約350円)は安い。

プールをもっと楽しむために、急遽泊まっちゃうことに決定(翌日は良い天気予報!)

一応ネットでチェックしていたホテルへ

20200728164952279.jpg

オンドラが値段交渉に行ってるとこです。
私、びっくりしたんですが、ホテル飛び込みで入って値段の交渉するって考えた事もなかったので。。

鬼怒川温泉のホテル泊まった時も、2泊目の値段をオンドラが交渉しに行って、成功して驚いたことがあります。

ホテルに努めてると、値段交渉ってけっこうあるらしい。
大手予約サイトに出てる値段からホテルが予約サイトに払う手数料分くらいを安くしてくれるか聞くのだとか。

しかし、ここのホテルは値下げしてくれませんでした(笑)
泊まりましたけど。

20200728170826517.jpg

次の日につづく
posted by A子 at 17:13| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

Ústí nad LabemA町の風景

ワイワイ言いながら、
ケーブルカーで丘の上に登ってきました

20200711130328475.jpg

ホテルは、19世紀前半に建てられたヴトゥルシェ城と呼ばれる歴史あるシャトーです。

ホテルからの景色が良いのがここの売り。

20200711131151350.jpg

ラベ川沿いを線路や車道がいっぱい走ってて
今まで見てきたチェコとはまた違った風景。
交通網の感じがむしろ日本を思い出す。


さっき行ってきたレストランも遠くに見えました

20200711231236336.jpg

20200711231432760.jpg

こちら街の中心

とても栄えてます。
私は田舎町に来たんだと思ってたら大間違い、、
フランチャイズのファーストフード店やFlying tigerなんかもあるような大きい都市。
山に囲まれてるので、繁華街が平地に集中してます。

街を歩いてみた感想がオンドラと同じで、
町並みは古かったり新しかったり、廃れた景観と美しい景観が混在してる。でした。

20200711231829691.jpg

小雨の中の散歩
晴れてたらこの噴水の中で遊べたね〜なんて言いながら。

20200711232019645.jpg

ショッピングモールの子供遊び場から教会が見える。
教会の周りが近代的なショッピングエリアになっちゃってるのって珍しい。

雨でしょうもないので、ホテルの前にあった
入場料50円の鏡の館に入ってみる。

20200711232044575.jpg

娘笑ってたけど、小さくて5分で終了。

ホテルの周りはちょっとリゾート地な感じで、晴れていれば大人がスポーツを楽しめたり、子供が遊べる公園があった。
雨が弱い時は公園で遊んだ。


20200711232245612.jpg

さて、泊まったシャトーホテルVětruše。
(運良く安売りしてるのを見つけて通常価格の半額で泊まれました)

最近泊まってたキッチン付きのアパートメントと比べちゃうと、ホテルは子連れには過ごしにくい..

でも、ここはウェルネスが充実してたのでリフレッシュできちゃいました。リラックスエリアが部屋ごとの貸し切りってのがいい。
真っ裸でいれるから。
ベッドタイプのマッサージ機が気持ちよすぎて、同じのをまじで買おうかとオンドラと話している。


二日目は動物園で過ごしました

20200711234241364.jpg

それがまた、丘に存在する動物園でして
動物見る以上に山ハイキングかなんかをしてた気分です。
しかも無駄に広いんだわ。やたら歩かせる感じで、オンドラはIKEAか!って突っ込んでた。
頑張って坂の頂上まで来たのに初見のリアル象に娘は興味なし。。
二歳半には、動物との距離が近い事が大事って事が今回何となく分かった。

雨は降ったり止んだり。雨が強い時は雨宿りしたり室内の生き物見たりして、5時間はいたかな。
子供二人、前半寝ぐずり、その後長々寝ちゃってたし。

20200711234328373.jpg

やたらフレンドリーな魚と遊んでた。

色々見ましたが
娘は猫、息子は犬に一番喜んでた。
動物園関係ねぇ〜。苦笑。

ブログに書いてみると雨だし微妙だな、と思ったのですが
実際は「楽しかったね、成功!」と旅の終わりにオンドラとハイタッチをしています。笑。

電車で2時間半で来れたので、また晴れの日にも来てみたい地域です。
しかし、電車移動の大変さ
息子(1歳)>娘(2歳半)に変わったのを感じた旅行でした。
posted by A子 at 05:45| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

Ústí nad Labem@いろいろと丘の上

20200711065450209.jpg

ウースチー・ナド・ラベム(Ústí nad Labem)に一泊二日で遊びに行って来ました。

最近、旅行に出れば雨。
到着と共に雨が降り始め、町を去る時に太陽が顔を出すという、なんとも残念な天候でした。

お昼に到着したその足で、オンドラが下調べしていたレストランに向かいました。

20200711071451110.jpg

崖の上の城を目指して
登ります〜

良いアングルを探して写真撮ってたら
「頑張ってる僕の周りをA子は蝶々みたいに飛びまわってるー」
と言われてしまった。
なのでベビーカー押しは交代しながら、
頂上到着の頃には腹ペコになりました。

20200711071740866.jpg

城の遺跡(Střekov)
このお城脇にレストランがありました。

雨が本格的になってきましたが、、
傘付きテラス席で

20200711072824996.jpg

20200711072915425.jpg

素晴らしい眺めを見ながらのランチ
最高!

20200711072950882.jpg

ランチは800円前後
思いがけない薄味に最初ビックリ、薄味のせいか飽きがこなくて最後まで美味しく頂けました。(チェコのレストラン料理は濃すぎる事も多く、途中で嫌になってくることがある)

20200711073110925.jpg

ちょっとした遊び場もあった。

Restaurace Wágnerka
https://www.restaurace-hradstrekov.cz/

お城内部は大人入場料500円程(100CZK)で見れるようです。


昼食後ホテルのチェックインへ

20200711230355624.jpg

一際目立っていた丘の上の建物、
お城だと思ったら、これが今回泊まるホテルだと。

また丘登るのか...考えると目眩がしそうでしたが
ケーブルカー乗って行けることが分かり一安心。

20200711122347110.jpg

これが一つのアトラクションになり、
乗る度娘は喜んでました。
しかし地上からホテルを繋ぐ専用のケーブルカーがあるってすごい!


続く
posted by A子 at 14:56| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

悪天候の中で

昨日からガクッと10℃近く気温が下がりました。
オンドラ(夫)の
「休暇中ずっと暑いから、薄着だけ持ってこう!荷物少なくしよう。」
っていうのを鵜呑みにした私は、持ってきた洋服を完全に失敗した。
朝からそんなんで腹立ててました。

ありったけの洋服を重ね着して、宿の目の前の森を散策しに行った。

20200615214010973.jpg

昼食のきのこを探してたんですが、息子がなんか悪そうなきのこ触っちゃってた。。
結局食べれそうなきのこは見つかりませんでした。

20200615214342262.jpg

そして、ボブスレー。
娘が気に入ったので、合計8回分も券を買っちゃいました。昨日今日と乗って、明日帰る前にも乗る予定です。
スピードに目覚めて将来走り屋になっちゃったらどうしよう、と一瞬思いました。

昨日の午後から今日の午前は雨がザーザー降り、雷まで鳴ってた。
キッズプレイルームがある宿にして正解。でもずっとこんななら、早めに帰ろうか。なんて会話をオンドラとして気分下がり気味でした。

小雨になったところでちょっと外出

20200615215716547.jpg

宿のオーナーさんが雨具と暖かそうな上着(恐らくお孫さんの物)を貸してくれました。
オーナーさんが本当にいい人で助かりました。

娘は初めての傘が嬉しそう、でもいっこうに動いてくれず、ベビーカー乗りながら傘差すことで落着。。

20200615220132692.jpg

大きな室内遊び場で午前を過ごした。
息子は場所見知り、娘は消極的キャラ出ちゃって、こういう場所どうも使いこなせない。
でも人が減ったお昼からは二人共慣れてきて最終的には楽しめたかも。


20200615220824115.jpg

やっと、午後に雨が止んでくたので外遊び。
この休暇中にトランポリンをいっぱいしました。トランポリンて子供から大人まで楽しめる最強遊具だな。

3分歩く毎に公園や遊具を見つけられる程、キッズフレンドリーな町。
どの公園も周りの景色がいいので気持ちいい。
公園がある毎に止まって遊んでたのだけど、町の中心から1.5kmくらい離れたところに在る公園が最高だった。

20200615234142882.jpg

Blue lipnoっていうレストラン・宿の敷地内。

20200615234155499.jpg

オンドラくるくる回ってた。
ビール飲んだ後なのに。

また訪れたいお気に入りの場所もできたし
、山上の行楽地など行きたい所も残っているLipno nad Vltavou。
来年も来ようとオンドラと決めました。
うさぎの島へのリベンジもできそうなのでよかった。
posted by A子 at 06:36| Comment(2) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

うさぎのいる島へ

20200614052913759.jpg

昨日は、オンドラ(夫)の誕生日でした。

地方スーパーで手に入るもので即席したのでこんなのに。(キャンドルは持って来た)
リゾート地にいるからか、テンション高めのバースデー串になった。
彼はウルウルと喜んでくれました。

午前にさっそく、ウサギの島へ!

20200614053454091.jpg

こんなボートに乗って行きます。
手漕ぎで行くのかと思ったら、電動。
安全そうで◎。

電動ボートかなり楽しくて、風が気持ちよくて出発直後一番盛り上がったな。(その後落ちていくこととなる)

20200614053753921.jpg

子供達のジャケット姿が面白ろかわいい。
しかし着心地悪そう。

岸からウサギの島へは電動ボートで5分で行ける距離。

20200614054311015.jpg

あった!

うさぎ島、小さいです。

わーい、行こう!

となっていた時、衝撃的な事実を知ることとなる。

これ...

20200614054424238.jpg

沖から50mの距離を保つこと

って書いてある。
つまり、この電動ボートではうさぎ島には行けない。。

20200614054753790.jpg

仕方なく、この距離から見物することに。
うさぎ見えない。。涙

ので、引き続き湖を遊覧

20200614055200751.jpg

娘も挑戦しました

島に行けると思ってボートを2時間予約してしまったのだが、
娘も飽きてきて、息子は揺れのせいか速攻寝ちゃってたので
40分で岸まで戻りました。
狭い係留場に、バックからの停泊は見事でした。
オンドラ、誕生日にいい経験したね。

ちなみに、うさぎ島へ手漕ぎボートで行ってる人を見たが、地元の人なのでしょう。
貸出の手漕ぎボートは6月末からとのことです。

うさぎ島行く為に遥々来たんですけどね、、

他にも楽しめること多いからまぁいいか、って思える地域でよかった。


20200614060007949.jpg

お昼ご飯は、オンドラが下調べしておいた地元価格のレストランへ。
湖周辺のレストランは外国人観光客向けで、どこも高いんです。
サーモンフライ、おいしかった。

20200614060556127.jpg

今日は最後のいい天気ということで、午後も湖で遊びました。


20200614061307939.jpg

昨日より暖かかったので(それでも最高25℃だけど)
人が多くて、今日は泳いでる人もけっこういました。
まだまだ悲鳴あげるほど冷たかったんですけどね。私も泳ぎました。
ゴーグル持ってきたけど、水は濁って何も見えなかった。
湖はそんなもんらしいです。

さて、今日の午後からはずーと雨の予報。
何をして過ごそう。
posted by A子 at 13:33| Comment(2) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

チェコのリゾート地

今回の旅行は5日間でのんびりした休暇になりそうなので、時間がある時にブログアップしていくことにしました。
(いつもと違い携帯で投稿するので、写真サイズとかどうなることか..)

20200612234605982.jpg

チェスキー・クルムロフよりさらに南の
リプノ・ナト・ヴルタヴォウ(Lipno nad Vltavou)に来ています。

オーストリア国境は目と鼻の先。
オーストリアとの国境は1週間前に開いたばかりですが、すでにドイツ語を話す人が結構いる感じでした。
人によっては、私らの家からより近いもんな。。

20200612235048349.jpg

うちからここまでは、電車3本、バス一本を乗り継ぎ6時間(270km)。長かった。
今日は天気が最高だったので、国内旅行者がいっぱいでほとんど席もうまってた。
子供が退屈しないようにエンターテイメントしてたら
チェコから日本帰国した時くらいどっと疲れた。

でも到着して、子供が喜びそうな宿泊先と大きな湖見たら、一瞬で苦労を忘れました。

20200613000047825.jpg

20200613000150744.jpg

どこか外国にいる気分になった。
チェコにもこんなリゾート地があったんだ。

20200613001010274.jpg

水が透き通ってきれい

20200613051826995.jpg

やっぱりオンドラ(夫)は躊躇なく入っていった。
私も水着で張り切って来たけど、修行かよっていうくらい冷たくて、膝が限界だった。
見たら犬くらいしか泳いでませんでした。

明日は、一番の目的であるうさぎの島に行く予定です。
フェリーではなく、ボートに乗って行くらしいです。
posted by A子 at 07:27| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

天然記念物パンスカースカーラ Panská skála

2泊3日の旅行へ行ってきました。

行先は、チェコ北ボヘミアに位置するカメニツキー・シェノフ村。天然記念物を見に行きました。

map2.jpg

家からカメニツキー・シェノフ村までは、ローカル電車を2つとバスを乗り継いで2時間ほどでした。
リべレツ地方は自然の見どころが多いので、旅行先になることが度々ある。行ったことある場所をいくつか通り過ぎて懐かしかった。

IMG_20191014_104222.jpg

娘のお腹ぽっこり

ふとオンドラに、「息子がポホダ(平穏)君だとしたら、娘は何ちゃんだと思う?」
と質問してみた。すると考える間を入れず

 「ハムハムちゃん」と即答。

ハムハムとは、チェコ語でぱくぱくと食べるの擬態語。

笑ったわ。だって、この2時間半の移動中も娘はずっと「ハムハム」言って食べ物要求してるんだもん。
ハムハム合唱は3日間の旅行中ずっとで、食べる事忘れさせる為のエンターテイメントが大変だった。
オンドラ曰く、この娘の食べ物好きは私の遺伝らしいんだけど。
私は食事の事になると真剣になったり、興奮したり怒りっぽくなったりと人格が変わるらしい。苦笑

バスに乗り換えるためチェスカー・リーパという町で下車
お昼時間(しかも子供達が昼寝中!)だったので適当に見つけたカフェで食事

IMG_20191014_131142.jpg

IMG_20191014_122440.jpg

天候に恵まれて暖かかったこの日。
今年最後のテラス席での食事だろうな〜。
ゆっくり食事とコーヒータイムもできて、さっそくホリデー満喫。

食事途中で目覚めたハムハムちゃんのお腹も満たし、旅行続行。
バスまで時間があったので町をちょっとお散歩しました。

IMG_20191014_132101.jpg

チェスカー・リーパの広場の1つ (大きな町なので広場が3つある)

IMG_20191014_132218.jpg

食後なのにまた食べてるハムハム娘と、おねんね中のポホダ君
姉からもらったお揃いの服で来た

kigi.jpg

秋だなぁ

木がいっぱい茂った公園でゆっくり遊びました。

バスに乗ってやっと目的地のカメニツキー・シェノフ村に到着
3泊する宿は天然記念物パンスカースカーラから歩いてすぐ。

宿の辺りから遠目で見た柱状節理は、ただの岩に見えてなんてことなかったんだけど
近くまで行くと、六角形の柱が並んでいるように見える玄武岩の奇景が。

IMG_20191014_172738.jpg

自然の彫刻
柱状節理なんて言葉自体初めて知ったのだけど、
この不思議な岩柱は、マグマが冷却するときの収縮によってできるんだそうです。

夕方で西日が当たり、影がとても美しかった。

IMG_20191014_161250.jpg

宿はログハウスの1室で大きなキッチンが便利だった。
朝食は付かないので自分で用意してたけど、子供二人いると朝食ビュッフェよりこういう方がマイペースにできていいかもと今回思った。

翌日はバスで30分のスロウプ・フ・チェハーフという村へ行ってみた
あるお城を見るため。

またチェコのお城かって感じで、実はちょっと飽きてきてる私だが
このときのは違った

IMG_20191015_104224.jpg

岩の上に?岩と同化してる?お城

この日は平日、土日しか入城できないようで残念、できたとしても階段だらけで小さな子連れには厳しそう
なので全貌がよくわからず外観だけ見て終わりました。
いつもは城内に興味がない私ですが、この時は本当に見てみたいって思った。
スロウプ城、またいつか機会があったら来てみたい。

その後、このお城の近くに有名な洞窟があるから見てみたいとオンドラが言うので
けっこうな崖を登りました。さっき階段は子連れには厳しいと書いたが、ここは階段にさえなっていない
木々になんとか足ひっかけて登るような崖で、子供背負って危なすぎる行為だったと思います、、(こわかった。もうしない)

IMG_20191015_112922.jpg


岩洞窟に到着。さらに上に登れる

上からの景色が絶景でした

IMG_20191015_113140.jpg

さっきの岩のお城が見えました

IMG_20191015_113815.jpg

洞窟の中は6畳一間くらいの空間、十字架が架かっていました。

お腹が空いたので、近くの町まで行ってお昼ご飯

ボヘミアンガラスの町ノヴィ・ボールです。
街にはボヘミアンガラスの工房、ガラス製品を売るショップなどがたくさん並んでいました。
ボヘミアンガラスは世界的にもとっても人気があるので、
ガラス工房の見学や製作体験をしに来る人がいるみたい。

でも私達はレストラン探し。
良さげだったレストランは狭くてベビーカーで入れそうになく断念、
その後まるでシャトーのようなホテルのレストランを見つけた。
高そう?と思ったけど、田舎町のレストランのランチなら対したことないだろうと思って

偵察係の私はホテルに入ってみた(レストランはホテルの奥)

IMG_20191015_123638.jpg

わっ、なんか高級!

迷い迷いで二度見に行き、
やっぱり、これ私らの入るようなレストランじゃないよ、、、
と報告しに家族の元に戻りました。

しかし、娘のパンツがおしっこでびしょ濡れになっており、
もう着替えさせたいからここでいいよ!となりました。

IMG_20191015_124035.jpg

ああ、お席も高級感いっぱい

隣の席でびしっとジャケットはおったビジネスマンが四人で食事をしている

騒げないな、、


IMG_20191015_130702.jpg

高級な雰囲気とは裏腹に、私の頼んだランチメニューの鴨もも肉は145コルン(725円程)とこのボリュームでリーズナブル。そして、めちゃ美味しい。
オンドラのリーゼック(チキンカツレツ)170コルン(850円)は高い、普通は100コルン(500円)で食べれるので。
リーゼックあまり好きじゃなかったけど、ここのリーゼックは肉が柔らかく揚げ方がカラッと上手で初めて美味しい!と思った。
レモネードやらコーヒーやら頼んでランチごときに600コルンも使っちゃったけど、いい気分になれたので良しだな。
Parkhotel Morris Nový Bor

IMG_20191015_173943.jpg

宿に戻ってお庭で遊んだ。
この宿は卓球台があるから選んだのに、丘の上にある為風が常にふいてて
卓球が一度もできなかった。。子供の荷物多い中、わざわざマイラケットまで持参したのだが。

オンドラの風邪が悪化してきてる気がしたので、3泊の予定を2泊にしてもらい
翌日帰ることにした。オーナーさんいい人だった。

IMG_20191016_074133.jpg

娘が好きだったベッド脇の窓と宿にいたピカチュウ
娘はピカチュウの事を「クラ―リック(うさぎ)」とずっと呼んでた。

私は日課である「今日楽しかった3つのこと」を思いながら寝ようとしたら
一つも出てこなかった。1日がまるまる楽しいからなのかな?
それが理想だなと思った。


IMG_20191016_094144.jpg

翌朝、また天然記念物見に行った、霧がかっていてまた雰囲気があった。

「タティー!(パパー)」と崖上のオンドラに駆け寄ってく娘

IMG_20191016_094247.jpg

流石にそこまでは登っていけないねぇ。

「ハムハム」言い続けて娘の機嫌悪し&雨が降ってきたのでそそくさ退散
バスまで一時間もあったのでケーキ屋さんで待つことにした

IMG_20191016_102714.jpg

パンナコッタが美味しかったのと、隅っこにちっちゃな子供の遊び場もあって思いがけずいい時間になった

これが旅の締めとなれば良かったのだが。

チェスカー・リーパ町で帰りの電車を待つ間
気になってた水族館に入ってみることにしたのだが、これが失敗だった。

IMG_20191016_120441s.jpg

水族館と言えるのかも怪しい、ペットショップかそれ以下の小さなお店。
しかし大人二人分の入場料が1250円と高い。オンドラの給料2時間分。でも魚好きな娘の為に入った。
魚を見るのにはお店のオーナーと一緒に回らなくてはならず、そのオーナーがすごい厳しくてオタクだった。
水槽から1m以上離れてみないと注意をされた。そして一匹一匹の魚や海藻の説明をすっごく詳しくしてくれる(チェコ語、私は理解できなかった)
魚が好きな娘に自由に魚を見せてあげたいだけなので説明はほどほどでいいと、オンドラが何度も伝えたが、聞く耳持たずただ熱心に説明を続ける。娘がうろちょろして水槽に近づくと怒られるので、抱っこしてなきゃならなかった。
魚の環境を守る為だと言うオーナー、その考えは尊重するけれど、それならお金をとって人に見せる営業をしないでほしい。
せめて未就園児お断りにしちゃうとか。
動物にストレスを与え過ぎだと動物園のことをディスっていたが、この人のやってることが中途半端すぎてなんかもう、もやもや。
オンドラはこの人の喋りにどっと疲れていたが、さかなクンなら楽しくおしゃべりができただろう。
入る前に「リビ、リビ(魚、魚)」言ってた娘はショッピングモールにいる魚のようには近づけないことにテンションガク下がり、店から出たそうに魚にバイバイ言ってた。。
日本行ったら魚の種類いっぱいで自由に見れる水族館に娘を連れて行ってあげよう。

と、この体験が旅行の最後を締めたせいで
変な気持ちでの帰路となったのでした。

posted by A子 at 19:02| Comment(2) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

フルボカー・ナト・ヴルタヴォウ Hluboké nad Vltavou

今週、2泊3日の旅行に行きました

小さな子供が2人になったので、断然チェコ国内旅行が楽

map.jpg

ということでオンドラが選んだ目的地はフルボカー・ナト・ヴルタヴォウ
1歳8か月の娘が楽しめそうなプランを考えてくれた。

1.jpg

4人家族になり、電車のボックス席を丸ごと予約できるようになった

第二子妊娠中から、いつか家族だけで座るのを楽しみにしていたんだ。

2時間半くらいで目的駅に到着〜

IMG_20190915_122720.jpg

田舎駅に心躍る。駅の裏には森が広がっていました。

IMG_20190915_123950.jpg

1キロ半程歩いて最初の目的地へ


それは、動物園

私はヤギやウサギがいるくらいのミニ動物園に行くと思っていたので、普通のでかい動物園にびっくり。

800x800_1484814762_9064_9444-mapa_zoo_zmensena.jpg

プラハ動物園とかだとでかすぎて疲れちゃうけれど、ここはちょうどいいサイズ
鳥類が特に多かった印象 敷地内にお城もあった。

IMG_20190915_130203.jpg

IMG_20190915_151749.jpg

いろいろ見た中で、カワウソとトカゲに大興奮でした。
私は水に浸かって休む虎が見れたのが良かった。

IMG_20190915_132444.jpg

動物体重計に乗ると、娘はアナグマと同じ重さ

ちなみに私はムフロン、オンドラはピューマ

この後行った唯一の園内レストランでイライラして、
角を立てたムフロンと、牙をむくピューマと化しちゃった私たちです。
店員が足りてなかったのが大きな要因だけどサービス悪く、料理の味も不味くて頂けませんでした。
この動物園に来るときはランチ持参するか、軽食を買って食べた方がいいかも。

気を取り直して動物園散歩を続行

IMG_20190915_151147.jpg

湖にかかる橋、脇には大勢のフラミンゴが華麗に水浴びしていた
自然の環境を生かしていてお見事、遠いけどまた来たいなと思える動物園だった。


動物園を出てまた数キロ歩くと

IMG_20190915_164258.jpg

河川の先に見えてきたフルボカー・ナト・ヴルタヴォウ町 
雰囲気は村 丘の上にお城が見えます。

ここはちょっとした観光地のようで、町に入るなり雰囲気の良いペンションやレストランが並び
大型ツアーバスからアジア人が降りてくる姿を何度も見た。日本人も見かけたな。
チェスキー・クルムロフのついでに寄る人が多いのかも。

IMG_20190915_171352.jpg

予約してたホテルHotel Podhradにチェックイン、
わぁ広い!とここだけでびっくりしてたら

IMG_20190915_171434.jpg

もっと大きな部屋が続いてあって、しかも真ん中にはこんなお姫様ベッド

オンドラが大割引しているのをタイミング良く見つけたようだ。
別館にスパ、サウナ付き。ジャグジーバスはぬるすぎたので、
部屋のバスタブに熱々のお湯張って入った方が幸せだった。

IMG_20190915_185757.jpg

ホリデー満喫中〜

地ビールを飲むオンドラ、フルーティーで飲みやすかったようだ。

IMG_20190916_064904.jpg

翌朝、霧がかってきれいだった

IMG_20190917_080631.jpg

今まで泊まってきたホテルに比べると、種類豊富なビュッフェが嬉しい。
子供二人いるとゆ〜くり食事とはいかないのが残念だけど。
オンドラといったら、いつも通りロールパンにたっぷりのバターとはちみつ塗ったのをいくつも食べてた。


さっそく丘を上がってお城へ

IMG_20190916_095431.jpg

13世紀に建てたれた白亜のお城、庭園が美しい。
朝だったので人が全然いなくてよかった。
良い記念写真とれそうだったけど、娘はご機嫌斜め。

IMG_20190916_103749.jpg

その後お城に続く森を歩いていたら気分がよくなったよう。

IMG_20190916_104709.jpg

この森、きれいだったな。
向こうで私と娘が水面に葉っぱなげて遊んでます。


午後は2キロ先にある、大きな遊び場アドレナリンパークへ。
IMG_20190916_151859.jpg

着いたとき子供二人ともちょうど寝てて、大人二人で卓球する絶好のタイミング、
しかし月曜日はお店が締まっており、残念ながら卓球ラケットを借りることができなかった。
何かあるか分からないから次の旅行からは卓球ラケットを持参しよう!とオンドラはすっごい悔しがってた。
ここはアスレチックが充実した公園、アスレチック系にはそんな興味ない娘もなんとか楽しんでくれていたのでOK、夕方まで遊んだ。

夕ご飯は町の中心からちょっとだけ外れたレストランRestaurace Bakalář で。
念願のタタラークが食べたくてね、価格やさしいお店探してここにした。タタラーク150gで145コルン(725円)はかなり安い。その上おいしかった!

IMG_20190916_193549.jpg

夜はホテルでゆっくり。弟を抱っこしたがる娘。
ぐんぐん成長している息子は、娘とすでに見た目の大きさが変わらなくなってきた。洋服サイズ、来年春には一緒になっちゃう勢いだなぁ。
体のパーツの勉強中、標本になる息子くん。チェコ語と日本語での名前をほとんど当てられるようになったよ。
それにしても、いつも息子くんはいい子にしててくれる。赤ちゃんには多分疲れてしまう旅行、家族に付き合ってくれてありがとう。

最終日はあいにくの悪天候

IMG_20190917_114127.jpg

でも、せっかくなのでチェスケー・ブジェヨヴィツェ へ
この町は何度も通り過ぎたものの、初めて立ち寄ってみた。

IMG_20190917_120416.jpg

かわいい建物が並ぶ中央広場。おしゃれなカフェが多い、楽しそうな町でした。
雨は軽くなってきたけど気温が低かったので、子供の遊び場があるカフェ入って3時間くらい遊んで帰った。
今度はまた晴れた日にゆっくり町を散歩してみたい。

posted by A子 at 00:40| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

田舎町に建つお城へ(Benátky nad Jizerou)

お天気がよかったので、ベナートキ・ナド・イゼロウ(Benátky nad Jizerou)という町に遊びに行ってみました。
Benátky はベネチアって意味なので、イタリアのベネチアみたいなところかしら?なんて思ってしまうと
全然共通点はなく、川が一本通るだけです。

benatky.jpg 

うちからは電車と本数が少ないローカルバスを乗り継いで30分くらいのところ
バスが町に近づくにつれて畑が広がり、のどかな田舎に来たな〜と思った
けれど町に入ればスーパー等も何件かあり栄えている。地図上で見てもけっこうでかいな。

今日ここに来た理由はお城の庭で娘を散歩させるため

1.jpg

お城は丘の上に建っているので坂を上って行きました。

妊婦はハァハァ言いながら到着

2.jpg

オンドラの期待通りお庭は広々、お城の庭はきれいに整備されてるし、車道から離れて孤立してるので安全。
観光地ではないので人も全然おらず思う存分一人で歩かせられて親も気楽。
拾った枝や葉っぱで遊んだり、虫を追いかけたり自然の中は楽しい事が尽きないね。

3.jpg


最近困るほど常に口寂しく食欲旺盛な私、
丘を下りたところに見つけたホテルで早めのランチをした

4.jpg

キッズフレンドリーなレストラン
ホテルといってもさすが田舎は安く、ランチ100コルン(500円)くらい。
鳥料理、まあまあ美味しかった。
でも最近プラハ住宅街で食べた一品が美味しすぎて、それと比べてしまった。(今度また行くので日記に載せます)

この町には大きい公園がいっぱいあって、しかしどこの公園も人が少ないので広々遊べるのがよかった。

ランチをとったホテル前の広場で遊んでいると、
ローラースケートを履いたアジア人に声をかけられた。

それは3年前に通っていたチェコ語コースのクラスメイト!
フィリピン人の彼女は最初からすごくフレンドリーで、遊ぼう〜といいながら家が遠いと思っていたので
なかなか話は進まずにいた。こんなとこで突然会えるとは。さっき行ってきたお城の辺りに住んでいるらしい。

6.jpg

彼女の1歳半の娘は犬のリードを持って上手に散歩してた。
うちの娘も犬が好きなのでうれしそう。

昼過ぎには帰るところだったけど、せっかくなのでこの町で長めに遊び、
夕方になっても太陽がもっと遊んでけば?と誘うので、帰りは一駅前で下車し別の公園寄ったりして
だいぶ歩いた私はどっと疲れた。

めいっぱい楽しい思いをした娘は、一瞬しか昼寝をしていないのに夜寝るときまでずっとご機嫌でした。

posted by A子 at 22:41| Comment(0) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする