2017年01月13日

日本滞在後半

japan.jpg

ぽかぽか暖かかった日本(関東)から

yuki.jpg

雪国チェコに戻ってきました。

オンドラがプラハの空港まで迎えにきてくれました。
日本を出る時、家族と離れるのが切なすぎて、またすぐホームシックになったらどうしようと思ったのですが
オンドラと会って、この人がいるから戻ってきたんだと心から思えました。
心地いい、今後も一緒に生活したい人だなぁと。

日本滞在の後半1週間は、人に会ったりで忙しく過ぎていきました。
パントマイム仲間、映像学校の友達が開いてくれた会がとても楽しかった。
みんな相変わらず面白くて、暖かい!

S_5477002436285.jpg

S_5477002847394.jpg

S_5476312160917.jpg

S_5468097767743.jpg

みんな、チェコに遊びに来たらいいのにな!

1月9日、

20170109_142356.jpg

成人式を迎える若者達の着物姿に惚れ惚れしました。


弟の息子と1年半ぶりに会ったら、すごく大きくなっていました。
よくしゃべるし、よく動く、2才半男子は1分単位で遊びたい事が変わるんですね!
この調子に元気に育てよ〜。

S_5477199377835.jpg

クルテクのシールブックに飛びついて遊ぶも、2分で飽きる。


20170110_211313.jpg

私は遠いから、幸せそうな家族の姿を目の前で見れて安心しました。
みんな、この調子でいきますように!

最高の正月となりました。ありがとう。

posted by odaQgirl A子 at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

今年は実家でお正月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

みんな幸せを感じる1年となりますように。

nenngajyo 2017.jpg
今年の家族用年賀状。
家族を干支の動物にする父のアイデアを受け継いで、
11才くらいから年賀状作りは私の役目。チェコにいても頼まれるのは嬉しいです。

1年半ぶりに日本に戻りました。
旅券が高いので、今回は私1人で。
彼も年末年始はBrnoの実家で過ごしたようです。

成田空港に到着した時、当たり前だけど案内が全部日本語で書かれてて
「お足元にご注意ください」とか読んだときにジーンとしてしまいました。
なんかそれだけで、わくわくしました。

友達のマリンが空港まで迎えに来てくれました。
すごく気が利くマリンは、手作りのおにぎりとふ海苔の味噌汁まで持参して。
電車乗りながら早速食べた、美味しかった〜!
一緒に実家まで来て、にぎやかな夜となりました。

年末年始、実家でダラダラしています。
ここまでダラダラしてるのは久しぶりです。
めちゃめちゃ規則悪い生活になってます。

20170103_200325.jpg

寝床は別々だけど
起きてから母の布団にもぐり込んで話してたら、幸せな気持ちになりました。

S_5446812710445.jpg

うちのシンプルなお雑煮。母親の手作り食べるとほっとする。
寿司やラーメン食べたり、やっと日本食食べたい欲が落ち着きました。

昨日は親戚が集まる大きな新年会をしました。
その時に、皆でチェコと日本(北海道産)のジャガイモの食べ比べをしてみました。

S_5446830959545.jpg

さて、どちらが日本のジャガイモでしょう?

正解を言わないでいうと、味を見たあとに左の方だと言う人が何人かいましたが
左の黄色っぽいのはチェコ産です。

「チェコのジャガイモは、サツマイモの味に近い」
「チェコのジャガイモの方が味がしっかりしてる」
「日本のは水っぽい、味が薄い」

といろいろ感想がでてきて面白かった。
皆、チェコのジャガイモの方が美味しいねと言ってました。

私もチェコに来てからジャガイモが美味しいな〜と思ってましたが、
比べるとこんな違うものかとちょっと驚きました。(まぁ、品種によってもまた違うと思いますが)

あと、チェコ人がクリスマスに食べるヴァーノチカというパンも評判よかったです。

大好きなお姉ちゃんにプレゼントを渡しました。

yo0.jpg

彫刻二作品目として作っていた、姉の妊婦さん人形。
妊娠の報告を聞いたときにすごく嬉しくて、これを思いつきました。
姉と赤ちゃんのことを考えながらの制作は、とても幸せでした。
母子ともに健康で、安産でありますように。

日本滞在はあと1週間、友達に会ったり卓球したりと楽しもうと思う。
あと、今の100均が素晴らしくて、感動しています。あと3件くらい行きたい。
このクオリティでこの値段、チェコにはないです。

関東、外はチェコより暖かいけど(最高13度、最低5度くらい)、家の中がすごい寒い!
木の家、隙間風なのか寒すぎて、暖房付いてる部屋から出られない。
この辺りはいつでも暖かいチェコの家が恋しくなります。

posted by odaQgirl A子 at 19:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

動物にさわる

道中動物に会えると満足度がグッとあがる私たち。触れたりなんかしたら大変嬉しい。

彼が日本にいる2ヶ月半の間にも動物と触れ合ったので、まとめてみた。


1位 子羊 (長野県 蓼科牧場)

IMG_1002.JPG

牛、うさぎ、豚なんかも触れる牧場

IMG_1018.JPG

この子がおとぎ話の住人のように愛らしくって忘れられない。
毛はごわごわしている。

触り心地 ★★★☆☆ 



2位 イルカ (八景島シーパラダイス)

DSC_0072.jpg

チュッ

DSC_0079.jpg

イルカの訓練を見てたら、たまに触らせてくれました。ツルっとしているけど分厚いたくましい皮。

触り心地 ★★★★☆



3位 ヒヨコ (ペットショップ・ノア)

横浜市にあるすごい変なペットショップにて(こちらは後で紹介したい)。

DSC_0099.jpg

ちょっと手を出すとわーーーと皆寄ってくる。ピヨピヨうるさくてかわいい。


IMG_20150708_191107.jpg

毛がフワフワ。

触り心地 ★★★★★



4位 猿 (ペットショップ・ノア)

種類の違う猿が2匹

IMG_20150708_191504.jpg

この子は、わんぱくで遊んで欲しくてピョンピョン飛び回ってる。
指を出してみるとにぎってきて離さない。猿のしめった手が気持ちいい。

DSC_0107.jpg

この子はおっとり、毛布に隠れながらチラチラこちらを伺ってくる。
なでると気持ちよさそうな顔をする。

触り心地 ★★★★☆


5位 フェレット (ペットショップ・ノア)

DSC_0111.jpg

ドーナツの顔を食べないで。

抱き心地よいし人懐っこい。でもこの後指を噛まれた。


3、4、5位に書いた動物は「ペットショップ・ノア」の動物たち。

横浜ベイサイドマリーナの敷地内、
洋服とか入っている小さなショッピングモールの2階に急にある。

IMG_20150708_195753.jpg

買える動物園と書いてある。入場料は500円。

IMG_20150708_195352.jpg

入り口横に、さっそくペンギン。

IMG_20150708_190703.jpg

中に入ると、普通のペットショップ。
でも、いる動物が変。

動物は相当な種類で、自然界や動物園じゃ絶対近くにならないだろう動物が
隣あったりしてるのが、カオス。
ヤマアラシ、サーバルキャット、豚、カンガルー、ナマケモノ、こうもり ・・などなど

IMG_20150708_190712.jpg

ワニ。誰がどこで飼うの!?

ここの動物達は、TV出演とかもしてるみたいです。なるほど。

狭いのが、かわいそう。。と二人でたまに悲しくなってしまう空間でもありました。
でも、店主さんは色々動物について教えてくれるいい人で
店員さんは常にケージ内の掃除をして動物の世話をよくしていました。

珍しいので横浜に来たら行ってみると面白いかもしれません。
posted by odaQgirl A子 at 21:00| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

沖縄/座間味島

5月の末に、人生初めての沖縄に行ってきました。
那覇に1泊、座間味島に3泊です。


那覇は少しだけ観光

10.JPG

首里城
引地全体歩くとすごく大きい。
中国文化に影響を受けていて、日本本土のお城とは随分違う。
朱色がきれい。わびさびとは違った琉球のおおらかさを感じた建物。

でも、建物の中は外国人観光客と修学旅行生でゆっくり見れなかったな。

IMG_0005.JPG

首里城の脇に落ち着ける場所発見。

IMG_0021.JPG

変な鳥達と。

IMG_0084.JPG

沖縄の狭い路地を歩くのは楽しい。


国際通りに行ってみた。

IMG_9805.JPG

国際通りにあったレストラン。
丸くて可愛いおじいちゃんがお店を一人で切り盛りしていた。

IMG_9819.JPG

キッチンで作り終わるとこの小さいドアからおじいちゃんが出てくる。
客層がヤングで、注文いっぱい入ってもゆっくりペースを乱さないのがいい。

IMG_9822.JPG

ソーキソバが来た。
さっぱり、おいしかった。



IMG_9831.JPG

ブルーシールの紫芋アイスクリーム、オンドラが気に入っていた。





さて、翌日。
座間味島へ。


zamami.jpg

那覇からフェリーで1時間30分。(高速船だと40分)


IMG_0097.JPG

長距離でも中はこんなんだから疲れない。


IMG_0116.JPG

フェリーが出す波しぶきがワイルド、顔にかかる。


IMG_0118.JPG

座間味村が見えてきた!


到着。


2.4.JPG

座間味村の集落。
家は港部分に集まっており、飲食店もお店もとても少ない。


IMG_0185.JPG

3泊する民宿「なかやまぐわぁ」へ。
ここのオーナーはすごくいい人だった。

IMG_0179.JPG

和室の部屋に素泊まり。

シュノーケルセットを借りて早速海へ。


IMG_0212.JPG

天気が曇っているので写真では分かりにくいけど、透き通ったきれいな水!


二人とも大はしゃぎ。


4.JPG

IMG_0286.JPG

3.JPG

さて、もぐりに行くよ!


水族館にいるような色鮮やかな魚たち、脳みそみたいな珊瑚、小魚の大群、巨大な魚がのっそり泳ぐ。
イカ2匹がすごい勢いで通り過ぎ、クチバシが尖った魚が私たちの体を勢いよくアッタクしてくる。
あの魚は何だったんだろう?



IMG_20150605_212233.jpg

私たちはお互いに驚きを伝えたくてマスクごしに叫んでいる。

生きてるうちにこんな素晴らしい水中の世界が見れたことに感動。




観光地化されていない自然な座間味村。歩くのもたのしい。


IMG_0190.JPG

置いてる植物の種類がちがう。

IMG_0191.JPG

猫何匹見つけた?


IMG_0289.JPG

誰かの家。


10.5.JPG

新鮮な魚の鉄火丼、美味い。彼はタコスオムライス。



夕方近くにはもう1箇所のビーチへ。

IMG_0433.JPG


満潮の時間を狙って行く。海亀が見れるから。


IMG_0348.JPG

IMG_0349.JPG

こちらのビーチにはヤドカリがいっぱいいた。

IMG_0336.JPG

それぞれ体ピッタリの殻に住んでいて面白い。


IMG_0345.JPG

オンドラは「僕の友達〜♪」と言って嬉しそうだった。
チェコ人はよく友達や気に入っているものを「muj〜/moje〜 私の〜」といった感じで言う。

夕方、水に入るには寒かった。
でも海亀がいるのかもしれない!と思うと海に入らずにはいられない。
海亀見たさに座間味島選んだから。


潜ってみたら、

こちらのビーチは最初のビーチみたいに珊瑚や色鮮やかな魚がいなかった。
ただ薄暗い海底を見ているだけであまり面白くない。

でも・・


海亀いた!


大興奮!思った以上にモンスターだ。でかさに驚いた。目が合うとちょっと恐い。
親子でノソノソ海底の海草を食べていた。

自然の海亀を見るのが夢だったので、叶ってすごく嬉しかった。


0-small.jpg

座間味の海を忘れないように。
オンドラと描いた絵。

1つ目のビーチと2つ目のビーチそれぞれに良さがあった。毎日両方に通った。
運良いことに、2つ目のビーチで海亀を見れない日はなかった。



IMG_0209.JPG


彼もこんなすごい経験は初めてだと座間味島をすごく気に入っていた。



他の日は海以外、山の方にも行ってみた。

彼は車が嫌い、とにかく自転車か徒歩で行くのが好き。
この猛暑でも自転車・・!と不安だったけど
自転車でトライ。激しい丘を登るのがつらすぎて途中腹が立ってきた。

8.JPG

でも、何かいいところに着いちゃったよ。


7.JPG

イエーイ。ここ来てよかったね。



IMG_0439.JPG

休憩。
私たちは時間があればコーヒーと紅茶を楽しむ。
ホット飲むには暑いけど・・


IMG_20150605_184538.jpg

ホテルや民宿にフリーホットドリンクのサービスがあるとすごい嬉しい。




夜は民宿のオーナーに良い居酒屋を教えてもらった。


IMG_0423.JPG


IMG_0411.JPG

ここ、いい雰囲気だった。村に住む常連さんが来てるぽい。

IMG_0413.JPG

お手伝いしていた子供たちが食べていた賄が美味しそう。

IMG_0417.JPG

で、頼んでみたらメニューにないのに作ってくれた。
坦坦麺だった。今までの坦坦麺で一番美味しかった。


IMG_0445.JPG

朝はサーダーアンダギーを食べて、また海にでかける。


IMG_0268.JPG


贅沢な時間。


IMG_0408.JPG


沖縄の島、また行きたいな。






posted by odaQgirl A子 at 04:35| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

オンドラと日本2ヶ月半

ahoj.jpg

チェコ、ブルノに戻ってきました〜!
涼しい!
8月だというのにエアコンなくてもこんなに快適に過ごせることに感動してます。


彼が日本に来てからの2ヶ月半はあっという間に過ぎていきました。

その間のことをざっとまとめました。


5月


江ノ島

enoshima2.jpg

どこに行くにも自転車。
この日は江ノ島まで自転車で行ってみました。

enoshima.jpg

江ノ島はいつも人がいっぱいですが、道を反れてみたら、人のいない小さい神社を見つけました。
そしてがっつり水着に着替えて海水浴したけど、まだ寒くて15分くらいで中止。どうりで、誰一人泳いでいなかった。


横浜

yokohamajpg.jpg

私の仕事帰りに待ち合わせをして、横浜デート。大桟橋からの夜景です。
私も彼も中華街が好きなので、何度か中華料理を食べに行きました。



沖縄

okinawa.jpg

沖縄の離島、座間味島に3泊4日の旅行をしました。
時期的に観光客もすごく少なくプライベートビーチ状態で、魚いっぱいの透明な海を楽しみました!
沖縄旅行はすごくよかったので、後で別記事にします。


6月


ミスド

misdo.jpg

休日にゆっくり起きて、ミスドに行くのが好きでした。
よく食べたランチセット。ここでオンドラは「コーヒーのお代わり」を覚えました。
こういったお代わりや、ドリンクバイキングはチェコにはありません。


VISA申請

visa.jpg

やはり二人共同じ条件で暮らしたり、働いたりしてみたい。
ということで実はイギリスのビザ申請を始めてました。
EU加盟国の彼、または夫を持つ配偶者が申請できるVISAです。
でも、私たちは条件が不足していたので、受理されるかどうかの可能性は低く、一か八かで進めました。
しかしまたも書類関係、大変でした。チェコのテンポラリービザ申請以上に・・!
どんなことしたか、また結果など、別記事に書きます。


長野旅行

IMG_0841.JPG

彼の誕生日祝いを兼ねて、長野蓼科に旅行。
自然が好きな彼なので、誕生日は自然に帰してあげたい・・と思ったのです。
自然以外ほぼ何もないところで、ゆっくーりしました。



つきみ野アスレチック

athletic.jpg

50種類のフィールドアスレチックがあります。
子供に混ざって遊びました。が、大人でも(大人だから)クリアが難しいのもいっぱい。


六本木

tokyo tour.jpg


にわとりマリンとSちゃんと六本木森美術館へ。
いつ会ってもパワフル元気な二人!
やっぱり東京は大都会だ。彼は東京歩いてると、自分が蟻の一匹に思えると言います。


7月


埼玉合宿所

pingpong2.jpg

ママ、姉、叔父さん、オンドラと5人で卓球合宿へ。
ママと叔父さんは卓球に大ハマりで週に5回以上卓球の練習をしているのです。
皆だんだん上手になってきました。


平塚

tanabata.jpg

平塚の七夕祭りへ。
子供のときぶりに行きました。
雨が降っていましたが、たくさんの飾りを見て歩いて楽しみました。
彼はたくさんの種類のお祭り屋台を面白がっていました。


新宿

shinjuku.jpg

チェコ男性と日本女性の夫婦と新宿で呑みました。
チェコの話をいいっぱいしました。
あと旦那様はチェコアニメーションなどチェコアートに関わっている方で、
私の興味のある分野をいっぱい知っているのですごい楽しい。
チェコ男性の言うよく分からない冗談についての不満など、奥様と分かり合えたのも面白かった。
時間を忘れて呑んでて(さすがチェコ人、すごい量飲む!)
気がついたら終電逃してて、途中駅から家までフラフラしながら5kmくらい歩いた。


部屋で遊ぶ

nendo.jpg

友達Rが私たちの部屋に来ました。
3人で英語の知識ゲームしたり、粘土して遊んだり。
動物をいっぱい作ったので、ブレーメンの音楽隊みたいに積み上げることにしました。

IMG_20150719_212059.jpg

これだけいたら、ほんとに怪物に見えます。



さて、日本を離れる前に・・


タイ旅行


bangkok.jpg

バンコク!

ayuthaya.jpg

アユタヤ!

今までの価値観ぶちこわされそうになった私とオンドラ、異文化体験楽しかった!
こちらも後日、別記事に。


卓球仲間

ping-pong.jpg

地元ジムの卓球レクレーションで仲良くなった人たち。
ジム以外でも合って、一緒に練習したりしました。
最後のフェアウェルパーティー。ありがとう。


今回の滞在で彼が好きになった食べ物はこちら


bonshiri.jpg

やきとりのぼん尻
滞在中、常に食べたがってました。
ちなみに前回の滞在ではラーメンと唐揚げとメロンパンにはまってました。
やっぱり不健康系ですね。


ちょうど今回の滞在は、梅雨期だったので、雨ばかりが続いたり、とにかく蒸し暑いのは嫌だったみたい。
私より湿気になれてなくて、オンドラはいつもアイスクリームみたいに溶けてました。


二人が住んだのは、叔父さんの使っていないアパートの1K。
狭いですが、仲良くすごしました。

部屋の壁には二人で描いた絵を貼っていました。

IMG_1702-2.jpg




IMG_0707-2.jpg

これが二人共一番気に入っている絵。



IMG_1706-2.jpg

こちらが、住まわせてもらった部屋と日常風景。


私は半年間、日本に戻って思う存分日本生活を堪能して、しっかりリフレッシュできた気がします。
HOME IS HOME..日本が恋しくなったら、たまに戻るのも大事だなと思いました。
これからも、彼と話し合いをいっぱいしながら自分達に合った生活を探していきます。


posted by odaQgirl A子 at 17:52| ウィーン ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

オンドラが日本に来た

昨日彼が日本に到着した。

received_956243491093212-2.jpg

出発前に彼が送ってくれた絵。
会える楽しみが倍増。4ヶ月ぶりに会える。

到着3時間前くらいには興奮が頂点になり、
会ってからは、なんだかずっと笑いが止まらなかった。
夢みたい。

今日はさっそく自転車を買って、
彼の好きなラーメンを食べに地元のラーメン屋に出かけた。

IMG_201505.jpg

お店の雰囲気が好き。
この店は岩のりがいっぱい入ってるのが特徴なのだけれど、やはり彼は岩のり抜きで食べてた。

同じ空間にいれることがこんなに嬉しいことだったと思い出した。
彼といるのは居心地がいい。幸せ。

posted by odaQgirl A子 at 22:01| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

卓球合宿


母と姉と3人で埼玉の吉見という場所にある合宿所へ行ってきた。


training4.jpg

お揃いのユニフォーム着て、合宿っぽくしてみた。


念のため言うと、3人とも上手いわけではありません。

pingpong4.jpg

でも、ママのこのポーズ。笑

楽しくて時間がすぐに経った。



robby.jpg

泊まったこの宿はスポーツ合宿所として使われている。
テニス、フットボール、バレーボールなどの部活やサークルの人が利用する施設らしい。
だから、値段がちょっと安い。

埼玉の駅もバス停も近くになく不便なところにあるので、団体客しか来ないようだ。


building.jpg

湖や緑に囲まれていて気持ちいい。


hospital.jpg

でも、なんか館内は病院を思わせるような感じ。


o.jpg

泊まった部屋はバリアフリーで手すりもついてるし

o2.jpg

ここはもともと老人ホームだったのかも、と思った。


window.jpg

窓の前も木が茂っている。


suizokukan.jpg

ロビーに水族館と呼ばれているコーナーがあった。

金魚とウーパールーパーがいた。


upa2.jpg

ブラックのウーパー。まだ子供だ、かわいい。


温泉がいい感じだった。

yu.jpg

天然温泉ではなかったけど、誰もいなかったのでのびのびできた。庶民的な銭湯って感じがよかった。



温泉後、姉といっしょにママへ母の日のサプライズを。


present.jpg

隠し持ってきたケーキとプレゼントを渡した。


cake.jpg

甘いものが食べたくてしかたなかったようで、喜んで食べてくれたママ。



cheers.jpg

乾杯〜!



otsukaresama.jpg

ママはおつかれだったようで、すぐにグテンとなっていた。


いつも愛がいっぱいで楽しいママを尊敬しています。




morning.jpg


翌朝はバイキングの朝食を食べて、

姉の犬を連れて川越散歩に出かけました。


IMG_9686.JPG


IMG_9538.JPG



IMG_9541.JPG



IMG_9744.JPG



IMG_9622.JPG



IMG_9653.JPG



posted by odaQgirl A子 at 00:43| ウィーン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

日本での3ヶ月

日本に戻ってから3ヶ月、ちょっとイラスト日記。(でも長くなっちゃった)




1月

帰ったばかり

とても会いたかった甥っ子と初対面。
私がチェコにいた時、去年の8月に生まれた。

baby.jpg

かわいい。私のドーナツ顔に興味を持ち顔を触ろうとしてくる。
歌が好きなようで、歌ってあげるとよろこんだ。
しょうもない私の弟も、ちゃんと父らしくなっている。
弟が息子を愛おしそうにしているのを見てたら、微笑ましかった。




ハンモックカフェ

tomoki.jpg


ゆら〜ん ゆら〜ん

美術学校からの友達、友木と吉祥寺にあるハンモックカフェ「まひかまの」でお茶した。
ハンモックで揺れてるくせに、女30代!って感じの現実的な話を真面目にしてた。

彼女のあるお祝いのためにアニメーションを作ることにした。今度はクレイアニメーション。




高校時代の友達マキと久々に会った。

m.jpg

前回会ったのはちょうどマキの娘が生まれたばかり、今はその女の子も4才になっていた。
自分からハグしてきたりと人懐こい子で4才にしては母に似てとてもしっかりしている。
マキと話してたら、ビジネスやろうかなと突飛な考えまで浮かび妄想して楽しんだ。
でも一番思ったことは、娘、ほしいな。




2月

仕事が始まる。ホテルのレセプション。

hotel.jpg

最初の1週目からすでになんか居心地がよかった。
仕事内容、職場の人間関係、最高に気に入っている。
トロント時代のゲストハウスの仕事もすごい楽しかったし、多分私宿泊施設が好き。

最近ずっと手伝っていたタイ人の宿泊客が最後にチップをくれた。
初めてもらったチップはタイのお金。今年の夏にタイに行って使うんだ!




パントマイムサークルの同期会。

douki.jpg

マイムトウ21期生はたった5人。少ないだけに私達は仲が良くなった。
1年時、最初の同期会は代々木公園で缶ケリして遊んだ。
そのうち「野次馬」というマイムグループ(マイムのコント劇)を作り
公演を打ったり、イベントに出演したりした。 
馬鹿馬鹿しいことをするのに百万馬力で挑んだ野次馬時代。私の青春。
今では皆立派な社会人や父になりそれぞれの人生を歩んでいる。
日本から去って、マイムから離れていたのは私だけではなかった。
私の中でマイムの仲間と関わらないことは寂しかったけれど、
こうやって今でも会えるなら、やっと、それでいいんだと思えた。


cup cake.jpg

この日もらったお土産が、かわいくて毎日眺めてて、賞味期限の日にやっと食べた。
パッケージといい、動物といい、私が好きな感じをすごいわかってくれている。



curry.jpg

鞄屋さんをしているトモエちゃんと横浜のインドカレー屋さんアルペンジローで食事。
トモエちゃんといるとちょっと変わってて美味しいものと出会える。


curry2.jpg

ご飯が飯盒炊爨で出てきた。
そしてスープ風のさら〜としたカレーに、特製のお肉。

このお店は長居したくなる落ち着いた雰囲気が良い。
開店から閉店まで4時間半もいたけれど、話足りないくらい楽しかった。



ママと中華街へ。

chinatown.jpg

お互いに仕事帰りで待ち合わせ。
暖かくなってきた横浜を歩いた。
私は中華街が横浜で一番好き。
ママは甘栗が大好きで、歩いているときに勧められる栗売りの試食にずんずん寄っていく。
食べ過ぎてお腹がいっぱいになっても食べ続けていた。なのでその後中華街で食事はしなかった。
でも店に入らずにちょこちょこ食べながら歩くのは楽しかった。


hana to arice.jpg

中華街の後、映画「花とアリス殺人事件」を見に映画館に行った。
このアニメーションにアニメーターとして関わってた。数ヶ月かけても私が携わったシーンは一瞬。
でもチェコにいた時で、在宅の仕事としてできたのが有難かった。
何より岩井俊二監督の映画が好きだから参加できた事だけで嬉しい。
見えずらいエンドロールから私の名前を見つけたママは喜んでくれた。



3月

舞夢踏LIVE

mime.jpg

私も4年通って卒業したマイムサークルの卒業公演を見に行った。ちょうど今年で30周年の舞夢踏。
毎年3月にあるこのライブ。自分が出演していた時はもちろん夢中になってて楽しかったけれど、
観客として舞台を見ても本当に楽しいライブ。若いっていいな。すごいエネルギーだな。
よく野球観戦好きの人が、「野球を見ないなんて人生の半分を損してる!」とかいうけど、
マイムトウライブを見ないと人生の半分を損するような気が私はする。



after mime.jpg

ライブは、にわとりマリンとKちゃんと行ったので公演後に1杯飲んだ。
Kちゃんはフランスに4年くらい住んでいたけど、日本でやりたい仕事がしたくて1年前に帰ってきた。
そして彼氏が海外(フランス)にいる。私の状況と似ている。
Kちゃんカップルはさすがフランス人な考えで、お互いのやりたい事を尊重するために今離れていることはやむ終えないのだという。考えさせられる。
そうそう、にわとりマリンの名言
「砂場にいても一緒にいて楽しいと思える人が、好きな人」
いいねこれ。私オンドラとなら砂場にいても楽しい。






IF.jpg

品川ルノアールでお茶。
アニメーションコースで同期だった友達が再会を祝う会を開いてくれた。
なんかみんなすごい久しぶり。10年ぶりくらいの人もいる。
なのに髪型から洋服から全然変わらなすぎて笑ってしまった。
参加予定だった一人はなんと陣痛が始まったから行けない!と連絡が入り皆でびっくりする。
今ごろ生まれてるんじゃない?とドキドキした。
皆と趣味が合うので、最近見てなかった映画やアニメーションの話を聞けて楽しかった。
2次会に品川駅前の小さな韓国居酒屋に入った。偶然見つけたその店は庶民的な雰囲気が良く、料理がリーズナブルで美味しかった。



地元が近い友だちRと会食。
Rはイニシャルだけど、実際にRと呼んでいる。

R.jpg

テーブルの上にぶら下がってる灯かりが低すぎて目が痛む。
電球はずしてもいいか店員に聞いたら断られた。

Rは、誰よりも変わってて謎めいている友達。
でもRには何でも言いやすい。
固定観念に囚われてなくて、宇宙のように広い。
この日、Rがいつのまにか心理カウンセラーみたいになってた。
すごく長居してて、帰るころには電球はもう眩しくなかった。


posted by odaQgirl A子 at 00:02| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

日本にいます

こんにちは。

1週間前に日本に帰国しました。


IMG_20150113_213914 (1).jpg

飛行機から見たパリの夜景がきれいだった。


格安で購入したチケットですが、プラハからパリはエアフランス、
パリから東京までは、運よくJAL航空でした。
日本の航空会社は高額なので普段は乗らないのですが、
・・感動しました。すごい、快適度半端ない。
フライトアテンダントの皆さんのプロフェッショナルな仕事ぶり。
気が利く。そして四六時中満面の笑み。
ヨーロッパの接客に慣れてしまった私としては、涙が出そうな空の旅だった。
デザートにハーゲンダッツとか出ちゃうのね。

久々に邦画を見た。「実写版ルパン三世」と「小野寺の弟・小野寺の姉」
両方ともよかった。特に小野寺〜が細部まで面白かった。やはり片桐はいりの存在感がすごい。

日本に帰国する興奮が最頂点に。


成田空港到着。


到着して早速アイスコーヒーを飲んだ。
氷がざくざくと入っておりおいしい。ヨーロッパは氷入れないんだよね。



IMG_7108.JPG

A子〜、おかえり〜!

仲良しのにわとりマリンが、わざわざ空港まで迎えに来てくれた。
あーほっとする。本当にうれしかった。ありがとう。



IMG_7112.JPG

たまりたまった人生の話をしてたら、乗るべき電車を逃してしまった。
なんと成田空港駅に2時間もいた。でも、久々にいっぱい話せて楽しかった。



横浜の実家に到着。
ママが夜食を用意してくれていた。

IMG_7084-blog.jpg

うおーーーーー。

魚!生魚!

8ヶ月ぶりの鮮魚に、体や脳みそがすごい喜んでいる。
これが食べたかったのだー!美味しい・・・。
手作りのお雑煮も食べた。一気に癒された。


ママといえば、チェコ旅行から帰った後の9月からスポーツにはまっており
仕事の後と週末、週6でジムに通っているようだ。

IMG_7103.JPG

ランニングや、ヨガ、卓球、プール、銭湯などと、ジムにどっぷり浸かり23時に帰宅するママ。

仕事の後そのまま帰るより、疲れが取れていいらしい。
ママは既に8kg近く体重が減っており驚いた。(一緒に通っている親戚のおじさんは13kgも減っていた)
小太ったママのキャラがなくなるのは寂しいと思ったが
ドラエモン的な二頭身やメガネのせいか、丸さはいつまでも残っている。よかった。

ママや親戚のおじさんがあまりにも楽しく通っているので、私もさっそくジムに入会した。


IMG_7104.JPG

たのしい・・。

ダンスが楽しくて、ダンスのレッスンを中心に出ている。
毎日行っても7500円くらいだから、ジムって安い。
銭湯もうれしいので、結局私も毎日通っている。

IMG_7106.JPG

極楽。


現在、滞在中の仕事探し中。半年日本にいるつもりです。



posted by odaQgirl A子 at 12:10| ウィーン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

退職

leaving work.jpg


昨日、英語学校を退職しました。
大変でストレスが多い仕事だったけれど、最後の数日はこの子たちと離れるんだという
思いで胸がきゅーとなっていました。
関われば関わるほど、一人ひとりに関心が出て、月日の中で関係ができて、
大変な分やりがいを感じた。とても人間らしい仕事だったなぁと思う。


Letters.jpg

子供や、他の先生からのお手紙。宝物です。


今年1年生で入ってきたばかりの女の子がいました。
名前はREI、とにかくよく泣く子で特に気にかけていました。
でも、この子を知っていくと、よく泣く分、よく笑う子だと気がつきました。
感情表現がすごく素直。私は、我慢して育ってきたので子供のときも今もほとんど泣いたことがない。
REIの性格にうらやましいなぁと思うようになった。健全だなぁと思った。
REIは、昨日私と離れるとき誰よりも泣いて、ぎゅっと私をつかんで離れなかった。
「何でEIKOがチェコに行かなきゃ行けないの!彼氏が日本にくればいいでしょ!!!」
「先生やめたら、私のお姉ちゃんになればいい!」
と言った。ぐっときた。うれしかった。

子供は、都合よくすぐうそつくし、喧嘩は日常茶飯事だし、思ったこと全部言うから傷つくこともあったけど、みんなかまってほしくて、おかしい事にすぐ笑って、すぐ怒って、どんなに大人ぶっててもやっぱり子供らしくてかわいかった。


何人かの生徒が、「小田急ガールとの食事」を描いてくれた。
それぞれ、ほんとうに楽しい食卓でわくわくします。

REI (小1)
Rei.jpg



ANJU(小1)
Anju.jpg



SAKUTA(小1)
Sakuta.jpg



HINATA(小1)
Hinata.jpg



SAYA(小2)
Saya.jpg



MIO(小2)
Mio.jpg



REINA(小2)
Reina.jpg



SHINTARO(小2)
Shintaro.jpg



SONA(小2)
Sona.jpg



YOSHITO(小3)
Yoshito.jpg


posted by odaQgirl A子 at 13:22| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

タイヤパーク

4月、働いている英語学童の生徒は2倍に増えて
目がまわる忙しさです。
新1年生は、まだ環境になれていなくて、
英語わからなくて怖いという子も多くて、わんわん泣いている。
手が10本ほしい。
私に頼ってきて、甘えん坊が多くて、みんなかわいいけど、
早くこの学校に慣れてもらわなきゃと本当に思う。
だって、英語の学校なのに、英語どころではない。
小学生、1年生〜4年生100人、(1日45人)をアメリカ人のピートと一緒に担当している。
彼は子供に厳しいけれど、いろいろ頼もしくやさしくて責任感がある。
チームワークが大事すぎる仕事なので、こういう上司でよかったと思う。
春は授業以外に、いろいろなアクティビティをした。
遠足、料理、工作、体育祭など。

この間、大田区にあるタイヤ公園に遊びに行った。
この日は、2歳〜4歳児クラスのお手伝いでついていった。

IMG_20140408_110203.jpg

ぽかぽかと暖かい日。のんびりとしている。
平日来るのが正解だろう、休日は混みそうな公園だ。


IMG_20140408_110410.jpg

もう幼稚園や小学校は始まっているので、公園にいるのは小さな子供ばかり。


IMG_20140408_105815.jpg

子供たちは、おのおのアスレチックを楽しんでいる。
人気のロボット。



IMG_20140408_122544.jpg

ガオー!! 見上げると、本物の恐竜くらいの大きなタイヤザウルス。



IMG_20140408_111619.jpg

この巨大タイヤの中をのぞいてみたら、うちの生徒が5人入ってました(笑)


そのほかに、大きな滑り台などもあって、そこも大人気。
この公園、よく作ったなぁと思う。元々タイヤのリサイクルとして、できたのだろうな。
自分にも子供がいたら、絶対連れてきてあげたい場所だ。
かなり遊べるのに、無料だし。

公園で、お昼ごはん食べたり合わせて3時間いたが、子供たちは
まだまだ遊んでたいくらいとても気に入っていた。



IMG_20140408_122200.jpg


お花もたくさん、きれいでうっとりした。
息つく暇ない春の学校業務の中、私にとっても心休まる穏やかなひとときでした。



タイヤ公園
http://www.city.ota.tokyo.jp/midokoro/park/nishirokkugou_taiya_kouen.html
posted by odaQgirl A子 at 22:18| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

炊飯器

rice family.jpg

コメコメコメコメ♪


海外にいる間、一番食べたくなるのが日本の米。

トロントにいる時は、韓国スーパーマーケットでまあまあ美味しいお米を
日本で買うのと同じくらいの値段で買っていました。

あの時は、中華街で買ってきた土鍋で炊いていて、それはとっても美味しくできていました。

craypot.jpg

蒸す時間を忍耐強く待ったあと、土鍋の蓋を開ける喜び。


しかし、土鍋を火にかけているので、長くは目を離せないのと、底についた焦げを洗うのが大変でした。

炊飯器がほしいなと思ってトロントで売ってる炊飯器を見てみたけれど
性能があまりよくないわりにやたら高かった。
電化製品全般にいえるかも、電化製品は、日本で買うのが一番だと思う。
壊れにくく性能が良いので、海外で変なの買ってしまうよりコスパが高い。
(トロントゲストハウスのオーナーもよく言っていた)

6月からチェコに住むので、今度は日本から炊飯器持って行きたいな〜と思って電気屋さんをたまに
チェックしていました。
売り場を見ると、
玉手箱みたいに立派な見た目で、圧力鍋と同じ変圧方式、釜戸で炊いたような銀シャリができるとか
美味しいんだろうなぁと思える最先端のマシーンがずらっと並んでいる。炊飯器の世界で私は浦島太郎だった。

でも、私が今回ほしいのは、単機能で良いので海外に持って行くに便利な小さい炊飯器(1〜2合用)。

目ぼしいものが見つからず、ひとまず退散。

安いから失敗しても良いかと思い、
レンジでチンするだけで炊けちゃうやつを買って試してみた。

microrice1.jpg

ちびくろちゃん 二合炊き

水に浸しておく時間と水の分量が難しく、説明書通りだとべちゃっとした水が残るお米になってしまい失敗。

microrice2.jpg

ネットを見ると評価はとても高いです。
使っていくうちに水の量や時間のコツをつかむらしいです。




そんなある日

ホームセンターへ買い物に行って戻ってきたママが、「お土産」と買ってきてくれた



gohan2.jpg

炊飯器!

すごいコンパクト。
理想のサイズ、1.5合炊き用。

うれしい。。

さっそく炊いてみた。

gohan.jpg

おいしそう。

しかし、しゃもじが玩具のように小さくてかわいい。

ちゃんと、おいしかった。
納豆ごはんがすすみました。

チェコに行ったら、たまには米を楽しめる!と思ったらうれしくなった。
トロントのように、日本のお米は簡単に手に入らなそうなので
とりあえずは何キロか、米も一緒に持っていく予定です。


追記:
日本人が多くいる地域などは、日本人のやっている帰国セールで良いもの安く手に入るかも。
これはカナダの掲示板emple→http://www.e-maple.net/classified.html?cat=SL
(emapleは、仕事情報、貸し部屋情報などもありおそらく一番人気なサイトです。)
posted by odaQgirl A子 at 12:14| シカゴ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

ヒュンジとの再会


トロント時代一緒のシェアハウスに住んでいたヒュンジが、2週間前から日本に来ている。
(Hな隣人ヒュンジ http://odakyugirl.seesaa.net/article/301294003.html
しかも私の住むところと同じ県内。

突然、お茶でもしよー!とメールをくれて
じゃあ明日は?
と、とんとん拍子に話がすすみ、待ち合わせをした。



よ、A子!

ヒュンジー!!


Metting Hyunji1.jpg


1年ぶりの再会である。


ヒュンジが日本にいる、変な気分。



meeting hyunji.jpg

私は遅れてしまったのだが、その間お菓子のまちおかで時間を潰してくれていたヒュンジ。
両手には大量にお菓子が入った袋。特にうまい棒は、30本くらい入っていた。
韓国でもうまい棒売ってるけど高いから、、嬉しくていっぱい買っちゃったんだって。




sweet.jpg

喫茶店に移動。
ヒュンジによく似合うイチゴのパフェ。

お互いに、たくさんの近況を話した。


ヒュンジは去年の11月にトロントから韓国へ帰国して、
美大に戻って(トロントのワーホリは休学して来ていた)
今は、日本の美大に半年間交換留学生として来ている。
自分の好きなものを売る、ビジネスをすることが夢なので、今は広報を学ぶらしい。

アダルトショップを開きたいって言ってたけど、どうなの?
と聞いたら、今はアダルトショップかは分からないけれど
商売は確実にしたいから、そのための準備を今はしていると言っていた。
そのために、韓国の知り合いから、日本との貿易の手伝いを任せられてて
今挑戦しているらしい。

経験が豊富なヒュンジと話していると
この人は30歳くらいなんだろうと錯覚してしまうのだけれど
まだ22歳の、大学生。
ヒュンジはいつもその場の利益や、楽をすることは考えないで
将来を見て行動している。どしんとたくましくて、賢くて、まじめ。
ヒュンジは、英語、日本語、韓国語(母国語)が堪能。
ほんとに、この世の中で大きな人になっていくんだろうなと思う。

それに、面白い。

ねえ、すごいよ!
この私がトロントにいる1年間一度もHしなかったんだよ!
まあ、代わりに韓国戻った翌日から爆発して色々な人とやってしまったけど。

ヒュンジのこういう会話、懐かしい。

そんでさ、4月から通う日本の美大に見学行ったとき、
彫刻科っぽい3人組みの男が向こう側から歩いてきたんだけど
めっさかっこよくて、鼻血ブーでしたよ!
韓国の美大って男2割だけど、日本は3〜4割男いるからいい!

日本楽しんでね、なんて言うまでもなくヒュンジはすでに日本の生活を楽しみにして話していた。

ヒュンジは、大学卒業したら、まず英語圏で仕事をしたいらしい。
次は海外で会えたらいいねと話した。
ヒュンジの将来を見るのが、私も楽しみだ。

時間はあっという間にすぎた。
どこの国にいようと、時が経っていようと、こうやって気軽に会える友達がいることは嬉しい。

bye-bye.jpg

posted by odaQgirl A子 at 01:56| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

ひとりの時間



通勤中につくったぱらぱらアニメーション。(真ん中の三角押して再生)
最近はスマートフォン一つでアニメーションも簡単に作れちゃうんだね。
AndroidのFlipaClipというアプリを使いました。

忙しい日々、文字通り心を亡くしそうなこの頃。
寝る前の少しの時間だけでも、自分の体内と交流する本当に静かな時間を持つようにしている。
携帯電話の電源を切って、視覚に邪魔されないため電気も真っ暗にして。
でもいつのまにかぐっすり寝てしまって、気づいたときには朝になっている。

毎日毎日、エネルギーいっぱいの子供達、色々な性格のご両親、厳しい室長、他の先生たち、スタッフさんたち
たくさんの人と接している。
通勤帰宅の電車、駅ではたくさんの知らない人とすれ違う。
背が大きくて、前がよく見えない。そして、みんな歩く足が速い。
私もおのずと足が速くなっているはず、そうしないとぶつかってしまうから危険なのだ。

土日になると、家にこもって、一人になりたくなる。
自分の体内時計で進む、素直な時間がほしい。
人は2パターンあるそうだ。
人や外界からエネルギーを得るタイプ。
自分の内側からエネルギーを得るタイプ。
私は後者。
自分があってこそ、人と関わる時が楽しいのだと最近気づいた。


origami.jpg

最近はまっている折り紙。
一人で遊べるし、作り方を覚えて作ってあげたり教えてあげると、子供達が喜ぶんだ。
posted by odaQgirl A子 at 23:29| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

チェコから届いたお花

CZflowers.jpg

バレンタインデーに、彼が送ってくれたお花。
封筒を開けた瞬間カラフルな花が次々出て来てびっくり。
チェコのバレンタインは、男性から彼女へ花束を渡す習慣があるようです。
生きたお花を送れないからと手作りのお花をくれました。
裏面もちゃんと色がついてる。かわいい。ときめいた。
私は日本女子としてチョコを送り14日にぴったり届いたみたい。



posted by odaQgirl A子 at 22:27| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

随分と時がたってしまいました

おひさしぶりです!

気づいてくれる人がどのくらいいるやら。。
最後のブログを書いた日からもう5ヶ月も経ってしまっている!

昨日はソチワールドカップ開幕。
そして関東地方、13年来の大雪(雪あらし)となりましたね。


snow.jpg

思う存分でかい雪の固まりがつくれる。



snowA.jpg

ドーナツ型の顔はすぐ崩れてしまって、けっこう大変だった。



ヨローッパから戻り、今に至る8ヶ月はとても忙しい日々となりました。

随分、生活が変わったので、チェコ人彼と付き合いだしたあの日からのこと
2013年のまとめを簡単に書きました。


6月

チェコに彼氏ができた(前までの日記に経緯かいてます)
ブルノを離れ、その後も予定通りヨーロッパ旅行を続けた。


マリンとリヨンへ(フランス)

IMG_6259.JPG

今まで泊まった安ホステルで一番よかった。景色最高。
リヨンは、にぎやかなレストランが並んだ細い道が多く、ゆったりと食を楽しんでいる人の雰囲気が好き。

IMG_6262.JPG

ぷりぷり牡蠣。食の都、リヨン。
この旅で一番食事に満足できたのがここリヨンだった。

アヌシー(フランス)へ移動。

1週間に渡るアニメーションフェスティバルを観覧するため。オタクと化しました。
一日中短編アニメーションを見まくり頭はドリーミング。

1012632_673739869310244_298988783_n.jpg

頭がおかしくなりそうなので、アニメーションの間の休憩は重要。
湖、緑多くとてものんびりとしているアヌシー。

189998_674995155851382_2055995680_n.jpg

夜は野外の上映も。
音楽フェスのように、日本だってアニメーションフェスもここまでやっていいじゃんと思う。
とても開放的。


ジュネーブ(スイス)、ここから一人旅

乗り換えの関係で寄った。半日だけ観光。

1017585_671760929507122_1707977761_n.jpg


1016178_671761062840442_1113075595_n.jpg

人や鳥が自然の中でゆったりした時間を過ごしている。街がきれい。
けど物価の高さが気になる。
ペットボトルの水1本550円くらいするので悲しくなった。



バルセロナ(スペイン)

1011884_673336272682921_2066036472_n.jpg

そろそろヨーロッパの建物に飽きて来た私にとって
ここバルセロナの建築、独特な生活が見えてくる住宅街はかなり面白かった。
ジュネーブのように洗練されてない感じがいい。怪しい小道も多い。
観光するところも多いし、ぷらぷら散歩してるだけでわくわくする都市。

1016069_673336692682879_716106017_n.jpg

サグラダファミリアの前で、子供も大人も入れそうな大きなシャボン玉。

184542_672231269460088_578730545_n.jpg

食べ物もおいしい。バルセロナ、また行きたい。


パリ(フランス)

994271_675063959176819_459229782_n.jpg

エッフェル塔最上階からの景色。

フランス人の友達のライブを見るためフランスへ逆戻り。
日本人アーティストの友達が出展しているギャラリーのオープニングイベントもちょうどあって参加した。
ゲストハウスで同じ部屋になったシリア人の女の子と仲良くなって一緒に観光もした。
パリは広いので滞在3日間じゃ良さが分からないなと正直思った。パリに住んでる友達はみなパリ大好きなので多分いいところなんだろうなと思う。でも、やっぱりフランスだったらリヨンに住みたい。


帰国前はロンドンへ

行く予定だったけれど、彼のいるブルノ(チェコ)を寄って行くことに。
ロンドン行きのチケットも買っていたのに全て捨ててチェコ行きを買いなおした。
恋愛ってすごいね。

おかげで、彼との時間(たった3日だけど)を持てて、彼の親ともお話したり
洞窟とか行ったり楽しい思いをした。
今後どうするか色々話せたのもよかった。


1ヶ月の気ままな旅行はおしまい


finished traveling.jpg

こんな格好をしてヨーロッパをまわっていた私

日本に戻ったとたん

finding job.jpg

こんな格好になりました。


7月 就活!

全ての貯金はヨーロッパ旅行で使い果たした。
そして2014年の春にまたチェコへ行こうという目標があったのでとにかくお金を稼がねばならない。

そこで、フルタイム(派遣社員 or 正社員)の仕事を探すことに。
フルタイムの仕事でマイムや日舞も通えず生活のほとんどの時間がなくなるのだと思ったら
自分のやりたい仕事しかできないと思った。
自分は、30にもなって正社員の仕事をしたことなかった。
しかも来年春までしか働けない。
こんな条件が悪い人を誰が雇うのか。


1ヶ月、受けまくった。
スーツでの面接がどんなもんかも分からなかったけど想像していたストレスは全然なかった。
パントマイム、アニメーション、トロントでのことチェコ人の彼氏のことまで全部話した。
なんだか、面白い人生ですねと言われて楽しく話せても、後でキャリアがたりませんと断れる事が多かった。
それが現実。結局あなたは何したいのか?と言われることがあり、そうだなと考えさせられた。
人と話すって大事だと思った。
でも、8月になってある会社が採用を決めてくれた。
その仕事は、子供英語学校の先生。


8月お盆開け

3週間のトレーニングが始まった。
ネイティブスタッフと日本人スタッフの数は半々。
学校は日本語禁止、とにかく英語で過ごすというのが決まり。
簡単な身の回りの英語を言うのも、こんなに言えないものだったと気づく毎日。
2人ペアになって!を英語でなんていう?
Buddy up! なるほどと思う。こういうの、簡単な単語だけど思いつかなかった。
日本人スタッフといっても、他の人は海外で生まれ育った完全なバイリンガルの日本人ばかりだった。
ちょっと恐ろしくなった。私は学ぶことだらけだ。

そしてもっと深刻なこと、子供の扱い方がわからない。とくに小学生。

悩み多い3週間

そんな中、幼稚園クラスの子供たちに癒された。

singing.jpg

なんてかわいいんだろう。。
歌や工作時間も多い。園児の方に配属されたいと思った。


9月半ば

なんとかトレーニング最終テストをパスし、今働いている教室に配属された。

training.jpg

そして、担当は、、小学生クラス。
わんぱくな子、すぐ泣き出してしまう子、すぐに暴力をふるう子、おしゃればかりに興味がある子、
まじめにしてる子、先生や友達を馬鹿にする子、ほんとに色々な性格をした子供達のあつまり。
最初のうち、本当にクラスはめちゃくちゃ。かなり不安になった。
ネイティブスタッフ、日本人のスタッフ、室長がいい人なのが救いだった。

10月 

彼のオンドラがやってきた。
観光ビザで、3ヶ月日本に住むのだ。
彼が到着の日、私は仕事があったので
代わりにママが会った事もないオンドラを向かえにいってくれた。
ちゃんと合えてよかったよ。

waitting.jpg

私が実家に帰るとオンドラはママと親戚の叔父と一緒にテーブルを囲んで楽しそうに話していた。
8時間もここにいたそうで、ずいぶん日本語の特訓になったらしい。
初っぱなから納豆を食べさせられていた。


3ヶ月の遠距離恋愛後の再会。ほんとにうれしかった。

meeting.jpg


11月 ・12月

社会人とはこういうものね、せっかく来てくれたのに全然彼との時間がない。
申し訳ない気持ちはいっぱいだった。
土日には必ず彼の為に時間を空けて、いっしょに過ごした。

高尾山
IMG_20131013_055532.jpg

1泊キャンプ。てかこれ、ただのホームレス。
夜、辺りがまったく見えなくなりテントが建てれず寝袋のみで寝た。
もう11月、寒くて死ぬかと思った。案の定次の日風邪引いた。

中華街、みなとみらい

オンドラは、横浜は中華街が一番おもしろいと言っていた。同感。

京都、大阪

IMG_20131102_123720.jpg

オンドラが、日本で一番好きになったのが京都。
交通機関をまったく使わず、自転車と徒歩だけで京都中をまわった。


福島

弟の結婚式に出席。オンドラは袴を着た。一番目立っていた。


鎌倉


IMG_20131207_141422.jpg

いきおいのある波を見てたら、入りたくなりつい入ったらすごい寒かった。替えもない洋服がびしょぬれ。
海のないチェコで育ったオンドラは海で遊ぶのがうれしそうだった。


富士五湖巡り

DSC_0683.jpg

ママと叔父のさんちゃんも一緒に。
さんちゃんのドライブで富士の5湖全てをまわった。
それぞれ富士山の表情が変わって、きれいだった。

千葉港

DSC_0704.jpg

なんか水の写真ばかりだな。
千葉の港では知り合いの船にのせてもらったり、おいしいもの食べたりのんびり過ごした。


三鷹ジブリ美術館
前回日本来た時、行きそびれたんだって。やっと行けてよかったね。


日本にいると私はインドア派なので、旅行をたくさんしてたのしかったな。

平日は、彼が家で待ってると思うと、辛いことがあった時も仕事頑張れた。
疲れて帰っても、あのキラキラな笑顔でEIKO〜!と向かえてくれるといっきに気持ちが楽しくなった。
日常の潤いだなと思った。

IMG_20131203_212203.jpg

3ヶ月6畳一間に2人で住んでみたけれど、思っていたより随分仲良くできた。
文化や生活習慣の違いなんていくらでも見つけられるけれど、
二人とも協調性があるからうまくいったと思う。

でも、緑のない横浜の住宅街はオンドラには生きづらそうだった。
それにオンドラはほんとに生粋のチェコ人で、魚が嫌いだった。
the和食って感じを喜ばない。ラーメンとメロンパンが大好きだった。
甘いものと油こいものが大好きでヘルシーな食事が大好きな私と食事の趣味が全然合わない。
でも、嫌いでも何でも
一度はちゃんと挑戦してくれる彼の好奇心はうれしい。

クリスマスに、二人でチェコのクッキー作った。
チェコは、クリスマスシーズンになると7、8種類以上のクッキーを作るんだって。

IMG_20131221_173428.jpg

ボールとか使わないのね。ダイレクトにテーブルに全部の材料を混ぜていく。

IMG_20131221_191835.jpg

Vanilkove rohlickyの出来上がり。この三日月クッキーかなりおいしかった。

第二弾は、Slepovany

IMG_20131228_151607.jpg

チェコには、魚型はないからオンドラは気に入ってた。

IMG_20131228_164349.jpg

手作り感満載なクッキーになった。ジャムをはさんでいる、日本のと味はそんなに変わらず。
一弾目のVanilkove rohlickyがやはりおいしかった。



大晦日

年越しの深夜、彼に見せるため近所の寺と神社両方に行った。

IMG_20140101_002225.jpg

寺で鐘を打つオンドラ

IMG_20140101_003525.jpg

神社ではたき火の前で甘酒をいただいた。

1月

お正月、母方の親戚一同あつまる新年会。
狭い私の実家にぎゅうっとつまってお節とお酒でお祝い。

IMG_20140102_175227.jpg


ママが昔やっていた安来節を披露。かなりはまっている。
IMG_20140102_215743.jpg






そして1月4日、彼はチェコに帰って行った。
また遠距離恋愛のはじまり。

また5ヶ月会えなくなる。でも彼となら大丈夫だと思える、私は幸せだ。


仕事といえば、随分子供と英語環境に慣れてまだまだ課題は多くとも何とか集中してやっている。
最近体調崩していたけれど、何が何でも行かなきゃと思える仕事は人生初めてだ。
今の仕事場は自分もちゃんと必要とされていて、だからとても責任を感じる。
子供相手なので何が起こるかわからない、失敗と喜びの毎日だ。大変な分充実してる。
話題がつきない職種なので、別の記事でこの仕事のこと子供達のこと書きたい。
posted by odaQgirl A子 at 23:59| シカゴ ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

ただいま、海の似合う日本の夏。

日本も一昨日くらいからすごく夏らしくなってきましたね!


IMG_6397.JPG

水しぶき


6月28日に日本に戻って来てから、毎日魚ばかり食べて
今は頂いたアニメーションの仕事にかかりきりです。

海がテーマなので涼しい気持ちになります。



IMG_6409.JPG

35℃にもなった土曜日、辻堂海岸に撮影ロケもしてきました


ヨーロッパ旅行はすごく楽しかった!
たくさんわくわくして、たくさんボ〜としました。
トロント日記の最終章とヨーロッパ旅行記は
制作終える7月末頃から都度更新していきまーす。
posted by odaQgirl A子 at 09:24| シカゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

ロンドン

image.jpg


今、ロンドンにいます。
1ヶ月間のヨーロッパ旅行。
ロンドン→ブルノ(チェコ)→ウィーン(オーストリア)→リヨン(フランス)→アヌシー(フランス)→バルセロナ(スペイン)→パリ→ロンドン
の順でまわります。
半分一人旅、途中から友達マリンと一緒。

トロント日記は終えたかった。。
8月くらいからブログ再開します。
トロントの続き、ヨーロッパ旅行記描きます。
いつも見に来てくれてありがとうごます。
posted by odaQgirl A子 at 18:10| シカゴ ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年元旦

明けましておめでとうございます!


元旦、お家でのんびりしています。
母親に、丸くなってきた
と言われました。
暮れから集まり多くて、かなり食べてます。

年末年始は日本人は同じもの食べても、
地域、各家庭によってだいぶ食べ方は違うんでしょうね。
うちの年越し蕎麦は、鴨ネギ蕎麦。
お雑煮は、関東風でシンプルです。


image-20120101182625.png


image-20120101182712.png



皆のお家はどんなですか?



image-20120101182953.png


見るとお腹おさえているウーパー。彼も腹ペコでしょうか。

今年も宜しくお願いします。
posted by odaQgirl A子 at 18:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

マイムとアニメーション

またまたお久しぶりになってしまいました
2つ前くらいに書いた記事(マイムを始めたときのこと)の続き
何となく書いてみます。

アニメーションに使える動きをマイムで勉強しよう!
というのがマイムを始めたきっかけでしたが、5年たって思っているのは
マイムってドローイングや人形に変えて表現できるような動きではない です。
間だったり、ないものを見えるように見せる動きだったり、ある程度は参考になると思うけれど、
マイムを習えば習う程
エネルギーの使い方、呼吸の感情表現だとか、身体でしか見せれないものだと気づきました。
修得はできてませんけど、マイムそのものの魅力は分かった気がします。
アニメーションの動きのために習ってる、とは思わなくなりました。

マイム作品を見たり作る機会が増えて、動きとは別のところでマイムが面白いと感じました。
マイム作品と短編アニメーションが似ていたことです。
まず、マイム作品はシンプルでないと面白くないです。
複雑な人間関係やストーリーを追うような作品ならしゃべったり物を使った演劇の方が合うだろうし。
マイム作品は一つのテーマに執着して、動きの中で広げていくことが大切です。
その作り方は、短編アニメーションに似ています。
例えば、ロン・チュニスさんの「風」というアニメーション。
風に飛ばされながら遊ぶ子供の姿を、水彩画で描いた10分くらいの作品です。
風を色鮮やかな線の動きと水彩のにじみ具合で表現していますが、すごく壮大。風と無邪気な子供の関係が見えて楽しいです。
マイムも「風と子供」というテーマで一作品作ったら面白いものができそうです。

そして、マイムの舞台で今一番興味があるのは「空間」の使い方です。
舞台はもちろん奥行きがあるものだから、それもうまく使ってこそ舞台で演じる意味があります。
私は今でも2Dで考えてしまう癖があります。
立ち位置一つで見え方が違かったり、奥行きを使う事でダイナミックさを出したりと
面白いなぁと思っています。
舞台となる場所が変われば、その空間に合わせて見せ方を変える必要が出てくる。
私が12月に参加するmaimuimaなんかは、それをすごく大事にしています。
勉強になります。本当。

マイムを習ってこい!と言ってくれたアニメーション師匠の思惑とはずれてしまったけれど
「マイムの動き」という要素以上に、「マイムの見せ方」が面白いと感じてます。
マイムの動きをアニメーションに取り入れるよりも、アニメーションをマイム舞台に取り入れることをしたくなりました。

12月のmaimuimaでも、映像を使った作品をやりたい!とメンバーに言って、やれることになりました。
映像と舞台空間、人の動きとをうまく合わせた作品を作りたいです。
私一人では演出が難しいので、maimuimaメンバーの力を借りれることが嬉しいです。


写真-6.JPG

映像つかった稽古風景


頑張ります!
posted by odaQgirl A子 at 05:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする