2016年02月15日

受難節のパレード

1月末くらいからプラハでは仮装パレードのようなものが各地で行われています。
イースターまでの46日間がイエスキリストの受難節であり
パレードはイエスの十字架上の死をしのぶ為の行事らしいです。

先週、プラハ中心街近くの住宅街で行われていたパレードを見てきました。

1.JPG

始まった!ゆかいな楽団の音楽と共に歩きます。

2.5.JPG

この地区にある美術団体も参加しているので、さすがです。

2.JPG

これいい案。ヤギに子供乗ったりもできる。

4.5.JPG

造形の技術が高い。


4.JPG

みんな仮装して来てます。


6.7.JPG


6.5.JPG

この姉弟、かわいかった。

6.JPG

赤ちゃんも

7.JPG

お年よりも。素敵です。

9.JPG

あばれる熊と熊使い。

10.JPG

パフォーマーお店に入っていく

11.JPG

でも引っかかって出てこれなくなってる。

12.JPG

窓からパレードを眺める子供たち。

13.JPG

この猿がいたずらっ子で面白かった。
人の持ってる食べ物を盗み、高いところに登ると警察に怒られてた。

14.JPG

パレードの途中でお店の人が出てきて、商品をくばってくれたり
地区に住む人を紹介したり
もともとは受難節のためであったのかもしれないけど
地域の人との交流を深めるパレードという雰囲気でした。

15.JPG

この人のソーセージ勝手にむしりとって食べていいの。
私もいくつかもらちゃった。

last.JPG

思ってた以上に楽しいパレードで大満足。
職場の事で少々悩んでましたが、ふっとびました。
来年は私も仮装してどこかのパレード参加したいと思いました。

posted by odaQgirl A子 at 19:05| ウィーン | Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニークなプレゼント

バレンタインの時期はいつも彼とは遠距離だったので、
今年は初めて一緒に過ごすバレンタインでした。

お気に入りのレストラン行こうとか話していたのだけど
前日の過剰労働により風邪をひいてしまった彼。
私が仕事から帰るとぐったりして寝ていました。

しかし、テーブルの上に1通の手紙を見つけました。
そこには「バレンタインのプレゼントをさがしてね、まずは本棚へ」

と書いてある。本棚へ行くと、次に行くべき場所を示す手描きの地図があった。
地図に書かれた場所で次の紙を見つけると、今度は謎解きゲームになっている。
続く手紙が毎回違うタイプの謎解きとなっていて解くのが楽しい。

IMG_6774.JPG

これは数字を結んでいくと絵になって、ベッドの下に手紙があることがわかる。
ベッドに寝ているのはキリンとネズミ。

こうやって部屋中を6箇所くらいまわった。かなり楽しい宝探しだ。

IMG_6771.JPG

謎解きの手紙と見つけた宝たち。いつも彼のプレゼントの発想はすごい。
最後に手に入れたのは、私の大好物なサラミと心こもった手紙でした。

IMG_6773.JPG

サンドイッチかわいい。

オンドラ・・体調よくないのに、こんな色々用意してくれてたのか・・
と思うと泣けてくる。

IMG_6782.JPG

ありがとうオンドラ。
彼とお家でゆっくり過ごして、とてもいいバレンタインになりました。


posted by odaQgirl A子 at 17:35| ウィーン ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

カトリック教会での結婚式

ブルノに住む友達の結婚式がありました。

IMG_6398.JPG

聖トーマス教会にて。晴天です。
教会での結婚式に出席するのは初めてです。
今回は新郎がクリスチャンなので教会ですが、
チェコ人は無宗教の人が多く、たいてい役所の挙式場で結婚式を済ませることが多いです。

IMG_6403.JPG

花嫁とたくさんの列席者、これから教会へ入場します。
花婿は既に教会の中で花嫁が来るのを待っています。
花婿は花嫁のウェディングドレス姿を式で初めて見るのです。


IMG_6404.JPG

花嫁は、日本人。
クラシカルなタイプのウェディングドレスがとても似合っていて、うっとりしました。
チェコ人女性には、近頃Iラインのセクシーなドレスが人気みたいですが、
私は彼女が着ているようなフワっとスカートの広がったウェディングドレスが好きです。

花嫁Yちゃんはブルノの美大に編入してて、
大学で出会ったチェコ人の彼と3年の交際を経ての結婚です。
私が出会ったときには、Yちゃんはすでにブルノに溶け込んでいる感じがしました。
美術活動をし、絵を教える先生までしていて、やりたいことができててすごいなぁと思っていました。

IMG_6416.JPG

列席者に見守られ、彼のもとに一歩一歩進む花嫁。

IMG_6421.JPG

厳格なカトリックの挙式、本当に美しい結婚式で感動しました。
日曜礼拝のように聖書を読み、お祈りし、賛美歌を歌い、誓いの言葉を繰り返します。
神父さんの話には、しっかり日本語の通訳者が付いていました。
婚姻届を提出する形式の日本とは違い、チェコでは挙式で結婚が成立する為
外国人が結婚する場合、間違いがないように母国語の通訳者を付けなくてはいけない決まりがあります。
チェコ人通訳者は神父さんの難しい話を日本語に訳すのがすごく大変そうでした。
1時間半程あり、礼拝に慣れてないオンドラは後半辛そうで足揺らしてました。
礼拝堂寒かったですね。


夕方の結婚パーティーにも呼ばれていたので行きました。

IMG_6449.JPG

食べて、話して、踊って、みんな自由にゆっくり過ごします。
民族衣装を着た生演奏のロマ音楽がよかったです。


IMG_6456.JPG

日本人の出席者はYちゃんのご両親と妹さんと私だけでした。チェコの女の子達と踊るお母さん。
Yちゃんは、彼とつきあっていた3年間一度も日本に行ってないのがすごい。
両親と会うのもこの結婚式で久々だったのです。寂しくならない程チェコ生活が充実していたのだと思います。

IMG_6502.JPG

目が合うと「一緒に踊ろう、踊ろう!」と誘ってくれる、
子供達がすごくフレンドリー。
結局このパーティーでは鬼ごっこしたり、ダーツしたり私は子供達と過ごしてました。
大人とはチェコ語で話す力がないので、子供がいっぱいいてよかったです。

オンドラは他に用事があったので随分遅れて登場、女の子達にもてもてでした。
女の子に、「嫌い!」と叩かれていましたが、彼の変な絡み返しで子供達は楽しそうでした。
集団になると女子は恐いとオンドラ。

IMG_6580.JPG

完全に遊ばれていました。
もう好きにして状態、笑

IMG_6392.JPG

V君、Yちゃんお幸せに。


オンドラと結婚式に出席するのはもう3回目でした。
彼や自分の親、友達に「いつか結婚するの?」と聞かれることがあります。
結婚の優先順位がそこまで高くないので、来年かな・・とまだモゴモゴ言ってる感じです。
彼にとっては家を持つこと(買うこと)、私にとっては子供を持つことの方が興味があります。
いっそう結婚は、家と子供ができた後でもいいしね。と話してたくらいで。
でもいつか家族や友達呼んで楽しいことがしたいので結婚式できたらいいです。
その時はチェコと日本からの参加者が言葉を超えて仲良くなれるような、楽しいイベントが理想です。

今回のブルノ滞在は体調万全でいれたので、オンドラの家族ともいっぱい話せて
お兄ちゃんや友達と卓球も久々にして、楽しかったです。次はいつブルノ行けるかな。

posted by odaQgirl A子 at 04:33| ウィーン ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

ボフニツェ

また、雪が降り出したプラハ。
今週は今冬で一番寒くなり、最低気温ー14度までいくようだ。

IMG_5879.JPG

天気をまったく気にしないご近所さん。
洗濯物が凍ってしまわないだろうか。

話変わって、チェコ人は、理性を失っているような人に
「ボフニツェへ行ってこい」
と言ったりするらしい。

プラハのボフニツェ(Bohnice,地域名)には、有名な精神科医があるからだ。
私と彼は昨日たまたまそこへ行った。

IMG_5737.JPG

雪がしんしんと降る森を、ひらすら歩いて


IMG_5824.JPG

到着したボフニツェ。

IMG_5738.JPG

こちらの門へ行くと
かわいい手書きの字で
「馬に食べ物を与えないでください」と注意が書いてある。

馬? 

はい、そうです。
動物に会いに来ました。

看板で、ようこそボフニツェ農場へ〜とも言ってるように
ここは部外者も自由に入っていいようだ。

最初の塀をひょこっと覗くと

IMG_5739.JPG

馬ではなく、リャマがひょこっと覗き返してきた。

そんでもって、すごい近づいてくる。

IMG_5749.JPG

ひょ〜。
この顔!

IMG_5747.JPG

乗れそうに大きい。Brnoリャマセンターで見たリャマより大きい。


奥に進むと

IMG_5764.JPG

馬いた。雪の中の白い馬。

IMG_5775.JPG

やーい、こんにちは。

やはり、近い。ここの動物たち、とても近くまで顔寄せて来てくれる。


IMG_5774.JPG

この2匹とても仲が良くて
ずっとこうやって遊んでた。

さて、次の馬見に行こうかしらと歩き出すと

IMG_5801.JPG

着いてくる。どこまで人懐こいんだ君たち。


白い馬のお隣にいたのは

IMG_5810.JPG

黒い馬。カッコいい。
この子は、遠くから恐る恐る近づいてきて挨拶してくれた。


IMG_5820.JPG

またちょっと離れたところの馬二頭。
この写真を撮ってたら、後ろから誰かにツンツンされた。

何、オンドラ?と思ったら

IMG_5821.JPG

君かーい!

「かまってよ」と来た小さめのこの子は
自然に触らせてくれる馬だったので、初めて犬のように撫でまくった。
そっぽ向きだすとまたツンツンしてくる。
やたら人懐っこくて可愛かった。


2.jpg
馬のひづめに付ける摩滅を作る工場


IMG_5823.JPG

この敷地内の建物は古く、SALOONと書いてあるここなんかは昔酒場だったのだろう。
中を覗いてみると、今は馬の小屋として使われていた。

ここの馬農場は、精神病院の敷地内にあり
患者のセラピーとして飼われている馬達らしい。
だからここの馬達は人間に心を許して触れ合おうとしてくれる。

この病院を離れ、歩いていくと小さなスクエアに出た。
プラハ市内だし、実は私達の住む地区なのだけどうちの近所とは全然雰囲気が違う。
緑いっぱいだし、家と道の雰囲気が村ぽいのだ。
交通の便は悪いが、バスしか通ってないところはやはり良いところが多い。

IMG_5831.JPG

この建物、チェコのテルチにありそう。

ここからバスでヴルタヴァ川の方まで行った。
彼が見せたいものがあるというので。


IMG_5851.JPG

こちら。
ダイナミックな岩山の雪化粧。
、これは驚いた
強くて美しい光景に目が離せなくなった。

IMG_5839.JPG

通る電車がまた情緒があっていいな。

彼、見せたいものがあるって前から知ってる人のように言ったけど
彼もここ来たの初めて。何かいい予感がしてたのでしょうね。

このままヴルタヴァ川沿いを散歩。
岩場にも建物が建っているので見て歩くと面白い。

IMG_5859.JPG

彼はこういうところに住みたいらしい。
前からだけど、出かける度に今度住む家はこれがいいねとか必ず気に入った家を見つける。
引越したばかりなのにね。今の住まいも気に入ってるよ。


IMG_5877.JPG


posted by odaQgirl A子 at 01:15| ウィーン ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

メトロ終点駅の旅:Zličín編

彼と毎週必ず行っているお気に入りのクレープ屋で

0.jpg

いつもとは違うベジタリアンクレープを食べてみて美味しかったのだけど

あ、やっぱりあれも食べたいよね〜ってなって

1.jpg

いつものシナモンクレープも食べた。

注文する前は、シェアしようねって言ってたのに
結局一人二皿づつ平らげてお腹パンパン。
体が重すぎるので、雨っぽかったけど運動しに行く事にした。
そんな時こそ、未開拓の終点駅へ。

2.jpg

人に話すと、「何もないよねあそこ」と言われてしまうB線のZličín駅に行く事にした。
6つある終点駅の中でも一番プラハの中心から離れている。
お腹いっぱいでメトロ乗ってる間にコクコク寝てしまった。

3.JPG

Zličín駅に到着。

4.JPG

駅前は、でかいバス停。ここからプラハ空港にも行けるようだ。
この辺りは、大きなショッピングモールが立っている。Metropole、IKEA等。
Metropoleは、今まで見たチェコのショッピングモールの中でも一番でかかった。
私も彼もショッピングモールは興味ないので、ここからさらに移動することに。

5.jpg

彼が地図上で見つけた湖に行ってみようと言う。
いつも彼は地図上にある湖を目指す。そうすると、いいところが多い。
それにしても、地図で見るとZličínがプラハ空港にとても近かったことが分かる。

バスで20分、だんだんと田舎ぽいかわいい家が現れてきた。

IMG_5660.JPG

終点のSobínに到着。

IMG_5662.JPG

停留所駅前

IMG_5667.JPG

とりあえず湖の方へ向かおう。

IMG_5671.JPG

プラハでは見たことなかった霧がかかっている。
そして市街地とは違い、雪もまだ残っている。

IMG_5672.JPG

え、ここ進むの?
この奥が湖なんだって。

IMG_5673.JPG

途中まで行ったけど無理だったので遠回り。
湖に着いた。

湖というか、、どうやら沼みたいになっている。

IMG_5675.JPG

雪でよく見えないけど、このまま進んだらズポっと沼に落っこちる可能性あり。
そういえば、友達のチェコ人彼が沼のあるところは霧が発生すると言っていたのを思い出した。
霧の多い都市Brnoの語源は泥(Bahno)から来てるとかで、Brnoはもともと沼だったとか。


IMG_5681.JPG

霧かかった森はなんだか寂しく、切ない。その雰囲気が彼はとても好きらしい。
私は、霧の中のハリネズミを思い出していた。

kirinonakano harinezumi.jpg

ロシアの素晴らしいアニメーション、ノルシュテインの作品。
ハリネズミいるかな?と言ったら、こんなに寒かったら隠れて寝てるよと彼に言われた。

ただ、この森は変わった鳥が生息しているということで知られているらしい。
姿はしっかりとは見えなかったが、鳥とは思えないような変な鳴き声をいっぱい聞いた。
シェーシェーと機械音がなってる、と思ったら鳥2匹が戦っていた。

だからか、至る所に食べ物が置いてあった。希少な鳥を守っているようだ。

IMG_5677.JPG

これが最初怪物に見えた。目のリンゴと、口にいっぱいのロフリーク(ロールパン)。

鳥かぁ、、変な鳥見てみたいな。悦楽共犯者の怪鳥を思い出した。

bird.png

こんなん。チェコの素晴らしく奇天烈なシュヴァンクマイエルの作品。
急に鳥人間がいたら面白いねって言ったら、A子はきっとすぐに喰われるよと彼に言われた。
何故かアニメーションを思い出す日だ。

もっと進むと、湖らしい湖が現れた。

IMG_5688.JPG

すっかり凍っている。

IMG_5689.JPG

ロフリークも一緒に凍っている。

IMG_5691.JPG

彼は氷の破片を持上げたかったみたい。
でも思ったより、重かったらしい。

IMG_5696.JPG

氷の家にポツンと立つ家。この景色好きだった。

だいぶ歩いて来たみたいで、道に迷ってしまった。
やっと場所がわかりバス亭Sobinに戻ることにした。
1時間に1本しかないバスに間に合いたい。
泥にズボズボしながら相当な距離を走って、どっと汗をかいた。
お陰で昼に食べたクレープもだいぶ消化された気がした。


posted by odaQgirl A子 at 19:09| ウィーン | Comment(3) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

母から小包

日本から小包が届いた。

IMG_5734.JPG

郵便局で受け取ってから早く開けたくて、
寄るはずだった薬局は行かずにすっとんで帰って来た。


IMG_5713.JPG

さっそく開けた中身。
貴重な日本製品、見るだけで幸せいっぱい!

辛党の私が好きなOH HOT!という粗引き唐辛子ペースト、美味しそうな梅茶漬け、気の利くふりかけ
かわいい七福神の飴は、全員にこにこしてて本当に福を呼んでくれそうな顔をしている。
たらこスパゲッティの素と、100均のミルクフォーマーとピアスカバーは私がリクエストしていたもの。
チェコでは金属アレルギー用のピアスがなかなか見つからなくて、ピアスカバーがかなり重宝しているのだ。

小包には嬉しい手紙類も。

IMG_5717.JPG

母と親戚達が正月の集まりで描いてくれた干支のサルとメッセージ。
胸いっぱいになった。これは元気付けられるので、たまに眺めたい。

旧友達が実家に送ってくれた年賀状なども入っていた
そこには子供の写真が載っていたりする。
子供がぐんと成長してる事にびっくりしたり、知らなかった二人目の子供の存在に驚いたり。
年賀状を送ってくれるのはたいていネットでも繋がりがない友達。
年に一度でも挨拶ができて近況報告できる年賀状はいい文化。

さて、さっそく100均(ダイソー)のミルクフォーマーを試してみる。
カプチーノを作るには良いエスプレッソと良いミルクフォームが必須!と職場で言われている。
うちにはエスプレッソも、良い牛乳もない。脂肪分1.5%のチェコで一番安い牛乳を買っている。
彼の実家にあるちゃんとしたミルクフォーマーでも、同じ脂肪分が低い牛乳では泡が作れなかったので
大丈夫かなぁ?と思ったけどやってみた。

結果、ちゃんと泡立った。(実験の結果、脂肪分低い牛乳は冷たいと泡立たず、先に温めれば泡立つ。)


IMG_5731.JPG

カプチーノ完成。家で楽しむには十分!と思った。
エスプレッソの代わりにインスタントコーヒー(濃い目)で作った。
どうでもいいけど、このカップは以前住んでた人が置いてったカップで、よく使っている。
女性ぽいデザインだけどKarelは男性の名前。彼は気持ち悪がって絶対使わない。

IMG_5720.JPG

調子に乗ってミルク多めのラテも作ってみた。
ミルク泡のきめは細かくできなかったけど、普通においしく飲めた。

この後、楽しくなって3回もカプチーノ作ってしまった。
彼は仕事でいないので私が飲まないといけない。今頭冴えすぎ、もう夜なのにどうしよう。

この機械150円なんて、物価の安いチェコでもありえない。ダイソーすごいな。
これから朝食のコーヒーが一段と楽しみになる。

すごく嬉しい日になりました。
ありがとうママ!

posted by odaQgirl A子 at 03:43| ウィーン ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

メトロ終点駅の旅:Háje編

去年に引き続き、地下鉄終点駅にぶらっと行く旅です。

1月4日から連日の雪で、真っ白になったプラハ。
ちょうど外を散歩したいと思っていました。
どこへ行きたいか特に思いつかない時が、終点駅の行き時です。

haje-map.jpg

去年はČerný Most駅、Letňany駅、Nemocnice Motol駅 の3つ行ってみました。
今回は、C線のHáje駅へ行く事にしました。

IMG_5471.JPG

地下鉄Háje駅到着。
どの終点駅も駅前は特にぱっとしないですね。

IMG_5470.JPG

なので、この銅像が手を向けてる方向へ行ってみましょう。

地図上で見ても、その辺りに大きな緑が広がっていたんですね。期待できます。
バスで2つ行ったところの停留所で降りると森へすぐ入れました。

驚いたことに、森入ってすぐにものすごい良い光景が。

IMG_5498.JPG

雪の中の鳥。
絵本のよう。

ここは色々な種類の鳥が一緒にいました。
手前に立つ3匹はチェコ語で HUSA LABUŤ(白鳥みたいなガチョウ) と書かれていました。
調べて見たら日本語ではサカツラガンという名前がついており東アジアに住む鳥らしい。
こんな鳥見たことない!と彼が面白がっていました。チェコの鳥ではなかったのですね。

IMG_5506.JPG

私のように東アジアからやってきた者にはチェコの冬は寒いかもしれない
10分に一回くらいこの丸まった格好をしていました。

IMG_5508.JPG




IMG_5478.JPG

こちらはモスクワアヒル。雪が似合う。
この池、インターナショナルですね。

IMG_5486.JPG

チェコの白鳥もいます。
右の白鳥は足が大きくて、水から上がると足重たそうに雪の上を歩いてきました。

そしてお隣の敷地には、ヤギ達が元気に遊んでいます。

IMG_5531.JPG

山羊は冬になると冬毛に変わるらしく、けっこう寒さには強いらしいです。

それよりも、ヤギの近くでウロチョロしてた小さい子が気になりました。

IMG_5532.JPG

この細いニワトリみたいな子、何でしょうか?
小さいのに頑張って生きてて、動きがひょこひょこしてて愛着がわきました。

IMG_5545.JPG

グースの角は、角の形で一番好きです。


動物に夢中になっていると上から猫の視線を感じました。


IMG_5541.JPG

おお、こんにちは。
この子は太っているのに、足場がすごい狭い塀の上にいて、
上手にバランスをとりながら座っていました。
日本と比べるとプラハで猫と会うことはかなり少ない、久しぶりに猫見ました。

こんなにいっぱい動物を見れてすごく嬉しい気分。
もう満足したけど、もっと森の中へ進みます。
ここは、Hostivařský lesoparkと呼ばれる自然公園らしいです。

IMG_5556.JPG

犬のお散歩の人とは、チェコ中どこでも出会います。
チェコの犬は、1日に何回も散歩で自然の中に連れて行ってもらえるらしいです。

IMG_5570.JPG

雪の森は美しくて歩くのが楽しい。
プラハの街の雪景色もきれいだけど、足跡のない雪が広がってる森もいい。

IMG_5622.JPG

この川の雪景色は特に好きでした。

IMG_5611.JPG

手前から凍りかけている湖。
ちょうど2羽の白鳥がいる辺りは、ほんのうっすら氷になろうとしているところ。
凍っているのと、まだ波打っている表面が同じ水面にみれておもしろかった。


IMG_5647.JPG

はぁ〜あったまる〜。
クリスマスのとき家族にもらった水筒。
寒い中飲む紅茶は最高で、今回とてもいいお供でした。


posted by odaQgirl A子 at 04:18| ウィーン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

正月はサラミをつまんで


2016.jpg

新年あけましておめでとうございます。
小田急ガールにも来てくれてありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

大晦日はお家で年越しソバの代わりに
サラミとチーズの盛り合わせを彼とささやかに楽しみました。
31日で二人共仕事の見習い期間(3ヶ月)がちょうど終えたので、それもお祝い。
去年が始まったときは今までで一番先が見えてなくて、変化の多い1年となったけど
今はいい方向に向かっている事に感謝です。

そして、いつも通り夜22時には床に着きました。
しかし例年如く夜は花火が鳴っており、0時をまわるとマックスに。
深夜1時半ころまで続いた爆音、翌朝仕事がなかったことが救いです。

元旦の朝もまたサラミをつまみながら、
チェコスロバキアの古いファンタジー映画「S čerty nejsou žerty 」を鑑賞。
善人の見方である強いデビル達がいっぱい出てきた。どのデビルも動物に変身できるところがいい。
このデビルが警察官だったら、世界はもっと平和だと思いました。

今年の抱負は、どんな時も気分のいい事を考えて行動すること。
いい年になりそうな予感がします。
posted by odaQgirl A子 at 04:06| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ブルノの実家でクリスマス

25日の夜から彼の実家、ブルノへ行ってきた。

IMG_5378.JPG

ムードたっぷりなチェコのクリスマス。
家族で集まってお祝いすることに幸せを感じる
準備してくれていた家族に感謝です。


IMG_5381.JPG

楽しみにしていたお母さんの手作りクッキー。
今年も大きいダンボールいっぱいにクッキーを作ってくれていた。
私が好きでリクエストしていたPusinkyもあった。


IMG_5376.JPG

ツリーの下にはたくさんのプレゼント。

プレゼントを開けていくのは楽しい。
今年は子供達が待ちきれなくて次々と名前の書いたプレゼントを配って
どんどん開けていくので、1時間ほどしかかからなかった。
去年は2時間くらいかかったような。


IMG_5405.JPG

いつも本当にかわいいビクトリア。この日は雪の女王エルザの格好をしていた。
もらったばかりのプレゼントでさっそく遊んでいる。
触れてもシャボン玉が割れないという不思議な手袋。


IMG_5403.JPG

私は、今年も女子な感じのプレゼント。
自分ではあまり買わないから嬉しい。

こんな感じで、クリスマス会は楽しめたけど
実は彼も私も風邪をひいて滞在中ふら〜としてた。
数ヶ月前からこの日を楽しみにしていて体に気をつけていたのに
狙ったかのように25日から風邪が発症。

特に私はひどくて、冬のイノシシのように食べて寝てるだけの2日間を過ごした。

IMG_20151227_200651.jpg

彼の実家は落ち着く、やたらよく寝れた。夢は5ストーリーくらい見た。

おかげで少し良くなってから、ブルノを後にできた。
明日から仕事なので私だけ先にプラハへ。

ブルノからプラハへ向かうバスの中でぼんやり外を眺めてて、
草原ににじむ夕焼けがすごくきれいでチェコっていいなって思った。
ちょうどランダムに聴いてた音楽から壮大なエンヤの曲が流れてきて
これまたぴったりだった。

ブルノにいた間ずっと霧がかかっていて、プラハよりひやっとして寒かった。
プラハで霧はまだ見たことない、ブルノの冬は霧が多かった事を思い出した。

霧がかった森はすごく幻想的だったな。

IMG_6130.JPG

これは去年の12月に撮った写真。
霧の中の雄鹿。

posted by odaQgirl A子 at 05:23| ウィーン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

クリスマス前

ダノンActimelの容器が急に変身していたので驚いた。

01.jpg

通常時


03.jpg

今こんなん。モンスター。

子供に向けた新商品なのに全然かわいくない、むしろ恐い。

よく見てみたら他にも出てて、

02.jpg

ヒーロー。
このActimelドリンク(戦士)が体の害(モンスター)をやっつけるって事っぽい。


04.jpg

ラスボスでしょうか。強そう。頑張れActimel戦士。

ほんとリアルな絵がいい、Actimel開発部に拍手。
全部買っちゃった。味は変なことしておらずおいしかった。
モンスターはマンゴー味、戦士はストロベリーバナナ味でした。


さて、チェコ人のクリスマスは24日。明日です。

1.jpg

ちょっと前から街中に鯉屋さんが出現し、昨日とか店の前に行列できてました。
普段魚を食べない肉食チェコ人は、何故か24日だけ鯉フライを食べる文化があります。

ちょっと立ち止まって、観察してみました。

2.jpg

お客さんは、大きさ(重さ)を店員に言って買うようです。
このすごいアナログな計りで鯉の重さをざっくり量ってました。

店員さんは、その場でさばいてくれます。
そのまま、まるごと欲しい人には鯉の頭を打って気絶させているだけでした。
頭だけ切り落としてもらう人、内臓も全部取ってもらう人、半切り身だけ持って帰る人などいました。

この時期は、皆クリスマスを待ち遠しそうにしていて街も人も明るく感じます。

4.jpg

生ツリーを持って帰る若い男子

3.jpg

まるで、彼氏とのデート中のようにツリーによりそう女子。

トラムで見たツリーを抱えるお婆さんがとてもかわいくて

6.jpg

描いてみた。
木とお婆ちゃんが同じくらいのサイズだった。
クリスマスは家族と祝うのかな?孫とお祝いするのかな?

私もチェコ人に負けずすごいワクワクしている。
24日、25日と私も彼も仕事だけど、
25日の夕方からブルノへ行って彼の家族とクリスマス会をするのだ。

5.jpg

家族分のプレゼントは準備万端。
チェコでは日本みたいにお店がラッピングしてくれる文化がないから、何か買って自分達で包む。
私達二人が用意したのだけでこんなにあるのだから、当日はツリーの下すごい事になるだろうな。
楽しみ。

今読んでいる皆様も、素敵なクリスマスをお過ごしください。

posted by odaQgirl A子 at 23:29| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

プラハに住む日本人たち

プラハに住む日本人の友達Sちゃんが誕生日会に誘ってくれて
オンドラと一緒に参加してきた。

japanese party.jpg

8人の日本人と3人のチェコ人でランチ。
日本人はチェコ語が、チェコ人は日本語がうまいことったら。
バイリンガルみたいに言葉が変わってもなんなり話しててかっこいい。

色々な人と話してみたら、皆違った夢をもってチェコに来てて面白い。
だいたいがSちゃんのチェコ語学校からの友達で、
皆チェコ語頑張っていて、あの単語なんだっけ〜と気になったらすぐに調べたり聞きあったり
してて、これは上達するだろうなぁ〜と関心した。

タイ料理屋に4時間もいた。
このタイ料理屋さん、すごい高かったけど雰囲気がよくて美味しかった。
大好きなグリーンカレー、本場と同じくらいの辛さで満足。
でもそれより久々に食べたギョウザがやたらおいしかったな。

posted by odaQgirl A子 at 17:47| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

職場のマミンカ


私の職場には、マミンカ(お母さん)がいた。

IMG_5344.JPG

彼女の名前は、ナターシャ。
ウクライナ出身で、チェコにもう長いこと住んでいる。
レストランの洗い場を守っていた。


IMG_5347.JPG

イヤホンで音楽を聴きながら仕事するナターシャはいつも明るくて
スプーンとスプーンを合わせて楽器にして鳴らしてたり、ステップを踏みながら食器を洗う姿が私は好きだった。

私が職場に慣れてない時から、彼女はよく話しかけてくれて
ちょっと嫌なことがあっても、洗い場に行けば彼女がいるから気分を変えることができた。

彼女はチェコ語かウクライナ語しか話さないから、私との会話なんてろくなもんでなかったけど
私は職場の人の中でナターシャが一番心地よかった。

考えたら何でかわかった。
彼女とは難しい仕事の話などできないから、
私は分かる範囲のチェコ語で話しかけていた。
「Půjdu do lesa potom(後で森行く)」とか「Mám ráda croissant(クロワッサン好き)」とか。
こんな事、英語や日本語だったら仕事中唐突に言わない。
でも、こういうどうでもいい会話がけっこう大事で
お互いが打ち解け合えた理由なんだろうなって思った。
彼女との会話が一番らくだった。

彼女は私の事よく気にしてくれていた。
仕事中コーヒー飲んだり、つまみ食いができないクソ真面目な私を引き止めて
「今のうちに飲みな!食べな!早く、早く!」と隠し持っていた食べ物を差し出してくれた。

IMG_5346.JPG

「máš hlad?(お腹すいた?)」と会うたびに聞いてくる彼女を
まるで、お母さんみたいと思っていた。

IMG_5348.JPG

言いたいことは、ダイレクトに言う彼女。
怒鳴られたこともあったけど、彼女に怒られるのは全然嫌じゃない。
ナターシャには愛があった。

いつか「Jsi moje Maminka(あなたは私のお母さん)」と言ったら、嬉しそうに笑ってくれた。




そんな彼女が、今日仕事に行くといなかった。
代わりに見たことない人がお皿を洗っていた。
風邪ひいてお休みしてるのかな〜と思って、他の仲間に聞いたら

「ナターシャ、辞めたよ。」
「え?知らなかったの?」って。。

心臓とまりそうだった。私は3日間休みだったので、何も知らない。
3日前にマネージャーと言い争って、マネージャーが怒った末にナターシャは突然辞めさせられたということだった。
「前から性格が合わなかったもんね、あの二人。」と。
そんなの全然知らない。
私はチェコ語同士の話しが聞き取れないから、背景で何か起きてもあまり分かっていない。

これを聞いてから、
仕事中ずっと心がそわそわしていた。
もう洗い場に行ってもナターシャはそこにいない。

戻ってきてほしい
マミンカ、ナターシャ。
今も書きながら、泣きそう。

posted by odaQgirl A子 at 23:39| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスパン


bread.jpg

ドドーン

本日の朝ごはん。

ヴァーノチュカと呼ばれるチェコのクリスマスパン。
生まれたてのイエス・キリストがお包みにくるまれた姿をイメージした形らしい。
彼が職場から持ってきてくれたお土産で、さっそく食べた。
甘さが控えめで少しやわらかいので、大きくてもどんどん食べれちゃう。

bread2.jpg

一年前ブルノの近所でやってた小さなクリスマスマーケットで
子供に混ざって編んだヴァーノチュカ。これは小さかったな、懐かしい。


salami.jpg

朝からこちらも。白カビのサラミ。
このお土産はうれしくてうれしくて、昨夜からクンクン臭いを嗅いでは
食べるのを楽しみにしていた。
2年半前にフランスで食べて以来ご無沙汰だった大好物。
やっぱり旨い〜たまらん。

朝からエネルギーいっぱい溜め込んだ、こうやって寒い冬を乗り越えなきゃね!(言い訳)

posted by odaQgirl A子 at 00:56| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

ストーンペインティング

以前、ギャラリーで見かけたストーンペインティングを私達もずっとやりたいなと思っていて

やっと実行しました。

色々な形の石は近場でも見つけられそうそうですが、
わざわざDivoká Šárkaへ石を取りに行きました。

IMG_20151207_132435.jpg

冬のDivoká Šárka、全然人いませんでした。


IMG_20151207_132153.jpg

寒い中もくもく川辺の石を拾う。
水が非常に冷たい。

IMG_20151216_124042.jpg

「これ、イノシシ!」
「これ、二匹のハリネズミ!」
と想像が膨らみ、お互いに何の絵にするか報告しながら。

大きめの石いっぱいの重いカバンを背負い、拾いすぎたねと後悔するも
全て捨てずに持って帰りました。

帰って、洗って乾かすために並べてみたら

IMG_5187.JPG

「なんか、全部石にしか見えないんだけど」 と彼。

川で思いついたはずの二匹のハリネズミとか、もはやどれか分からない。
でも石に集中して、色塗り開始。

IMG_5321.JPG

なんとか完成。
彼の家族へのクリスマスプレゼントの一つとして包むつもりです。

posted by odaQgirl A子 at 21:28| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルダウ川クルーズ

リッチな観光気分で、ディナークルーズなど体験してきた。

「ホテルのお客さん達にどんなクルーズかよりよく紹介するため」という名目で。
彼の勤めるホテルが仲介しているツアー会社の1つが、招待してくれたのです。


旧市街の待ち合わせ場所に行くと、専用ワゴンが船乗り場まで連れて行ってくれました。
ツアー名は、「Evening Cruise Trip with Dinner and Music 」(3時間)というもの。

船に乗り込むと、小さいレストランみたいな感じ。


IMG_5210.JPG

名前が書いてある席に案内してくれた。

IMG_5205.JPG

これは運ですが窓際の席がいいですね、食事をしながら外がよく見えます。

ツアータイトルにもなっている音楽は、
オルガン一人がCDからの音楽に合わせて演奏するだけなので、少々がっかりしていた彼。
他のツアーはジャズバンドの完全生演奏があるのでそういうの期待していたらしい。

IMG_5212.JPG 

ビュッフェは3箇所、これはサラダバー。
辛いサラミいっぱい食べた。

IMG_5207.JPG

スウィチコバ(チェコ伝統の煮込み料理)まであったのが嬉しい。

クルーズの間の3時間はずっとビュッフェが出てるので、かなりゆっくり食事ができます。
隣に座っていたイタリア人家族は、テーブルいっぱいにお皿並べて食べていました。

IMG_5227.JPG

途中からデザートバーも登場。
しかしこのケーキ類は、既製品で私には甘すぎました。

飲んで、話してにぎやかな船内。
皆思い思いの時間を過ごしています。

せっかくなので、外のデッキに出てみました。

IMG_5302.JPG

外はテラスになってて、夏は最高だと思う。

そう、今だと非常に寒い・・


でも、綺麗な景色が見れるから我慢

IMG_5241.JPG

プラハの夜景、モルダヴの川に映る明かりが美しい。


IMG_5255.JPG

カレル橋もくぐる。


IMG_5244.JPG

花火が上がった。

寒いの忘れてきた。


IMG_5295.JPG

見て、この大量の白鳥!


一足早いクリスマスプレゼント
ありがとう、オンドラとツアー会社。
こういうリッチな観光は自分には遠い存在だったので
特別な経験で、幸せな時間となりました。

このクルーズは言うほど高くなく
プラハ観光の一イベントとしては良いと思います。
冬場の料金675コルン(3375円程、飲み物は別料金)
3時間料理と景色を楽しんでこの値段は日本の感覚だとリーズナブルな気がします。

クルーズのページ(もちろん個人で予約可)
http://www.premiant.cz/eng/tours/river-cruises/evening-cruise/


posted by odaQgirl A子 at 00:16| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

職場のクリスマス会

昨日職場のクリスマスパーティがあった。
日本でいう忘年会みたいなもので、チェコもだいたいの会社はクリスマス会をするようだ。
姉妹ホテルとの合同パーティーなので従業員全員来るとしたら80人近く集まる大きなイベント。
パンフレットのプログラムを見ると、さすがデザインホテルだなぁと思わせる内容で
ファッションショーとかヘアスタイルチェンジコーナーとか。
(彼のホテルのクリスマスパーティーはゴーカートだって、そっちのがいいなぁと思った)

大きなパーティーは好きじゃない、行くのやめようと前日まで思っていたのだけど
「これは従業員への年に一回のご褒美みたいなものなんだから、ただで食べて飲んでつまらなかったら帰ってくればいいじゃん」
と彼に言われ、思い直して行く事にした。

結論から言うと、
すごい楽しかった。

行こうと決めたのが前日で、私は招待状ちゃんと見ていなかった。
ドレスコードは、「華麗なるギャッツビー(映画)」というのを知ったのが行く間際
1920年代を意識したドレスで行くべきだった様子。

遅れて到着したら、ファッションショー(誰でも参加可)の最中だった。
これが、すごかった。
格好の豪華さもあるけど、それ以上になりきって歩きまわる皆の華麗な姿!
異性を誘う演技とかうますぎて面白かった。皆エンターテイナーだなぁ。
普段、真面目であまり表情変えない経理の女性が、意外にも一番の演技力で
ファッションショーの賞をもらっていた。

このショーで出だしから気持ち高ぶって、そのまま楽しく過ごせた。
色々な人と話して、知らなかった人と知り合えたし、知ってる人は仕事外の顔が見れて面白かった。

誘われて、近くにいた人とのスナップショット。

christmas party.jpg

私だけ超地味。
タバコくわえてるのが、経理の人。この雰囲気好きだ。
彼女に、「なんでドレスコードしてないの〜まったくもう、説明なさい!」と姉さんな口調で言われ、
今回しっかり見物しといたから来年はいける!でショーにも出ると約束してしまった。


pot.jpg

抽選で当たった綺麗な花瓶。嬉しい。


興味なさそうな同期は二人共現れなかったし、来ない人もいっぱいいた。
チェコの職場のパーティー、忘年会みたいなものと思ってたけど
来たい人だけ来るっていうゆるいスタンスがいい。
ボスのデュークもおらず、かなりフランクなパーティーだった。

posted by odaQgirl A子 at 23:58| ウィーン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

クリスマスマーケット

すっかりクリスマス色のプラハ。

ちょっとだけ、見てきた。

IMG_5110.JPG

旧市街広場

IMG_5167.JPG

22mのクリスマスツリーに600個のオーナメント
右は、画家ヨゼフ・ラダデザインの見晴台。これ登ってもいい。

IMG_5161.JPG

パラチンキ(クレープ)を買った。
私達は、必ずシナモン。このパラチンキ、細長い、食べ歩きにはよい形。


次は、ヴァーツラフ広場へ。

IMG_5169.JPG

この道、プラハのシャンゼリゼとか呼ばれている。
赤い建物は何かな、まだ工事中ぽい。国立博物館への奥行きが見えなくて残念。


IMG_5175.JPG

日本の遊園地やお祭りで見かけたら必ず買っていたチュロス。
チェコで見つけたのは初めて、嬉しくて買っちゃった。やっぱりシナモン。
見てたところ買ってる人が全然いない、やっぱり伝統菓子トルデニークには敵わないようだ。
チュロス、美味しいからそのうち認められて、人気が出ますように。(消えられたら悲しい)
6本入って70コルン(350円程)は日本に比べたら随分お得だね〜と話してた。


IMG_5178.JPG

まだ、両スクエアとも人が少なくてゆっくり歩けました。
イベントがある日は人で埋め尽くされるんだろうなぁ。

posted by odaQgirl A子 at 04:13| ウィーン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

メトロ終点駅の旅3:Nemocnice Motol編

A線終点、Nemocnice Motolへ行ってみました。

praha-map3.jpg

駅名にNemocnice(病院)とある通り、病院が駅の目の前にありました。
チェコで一番大きい病院で、中欧ヨーロッパの中でも最大とか。
ベッド数でいうと、2400床。(何となく調べたら日本最大は、京都にある病院で1547床)

IMG_4749.JPG

写真は建物のほんの一部分。
ここにしかないような設備での検査や、難しいオペを受ける為にチェコ中から集まったりするようで
彼も子供のときに、何かの検査が必要でここに来たらしい。その時はメトロ駅はまだなかったそう。
病院があまりに人気になったので、後にメトロ駅もできちゃったのです。
病院以外に、この駅周辺は特に何もなく緑に囲まれて静かなので患者さんには良さそうです。


IMG_4750.JPG

病院から遠ざかり、丘を上がっていくと壁で守られた敷地がありました。


IMG_4752.JPG

ここは王様が狩りをして遊ぶために整備された森。
1530年フェルディナント2世によって作られたようです。


IMG_4754 - コピー.JPG

門からずーと奥に進んでいくとルネッサンス様式の建物がありました。
Letohrádek hvězda(夏の星のお城)と名づけられています。
上から見ると星の形をしたユニークなデザインは、1556年に建築家によって建てられたようで、
当時は特に斬新な建物だったでしょうね。
ここ、昔教科書に載ってた、とオンドラ。チェコ人の歴史の教科書見ながら旅行したいなとふと思いました。

現在、星のお城は閉館中。暖かくなるとまた開放するようで、中は歴史を紹介する美術館らしいです。

IMG_4777 - コピー.JPG

中に入れなかったので、お城の前にあった公園で遊びました。

IMG_4762 - コピー.JPG


IMG_4757 - コピー.JPG


この後、星のお城から近かったBřevnovský klášter(修道院)にも寄りました。

IMG_4796.JPG

993年に創設されたチェコ最古の男性修道院。
敷地内には教会と大修道院があります。
修道院が建設されてすぐに、農業活動の為にはじまった醸造所が敷地内にあります。
チェコで最古のビール醸造所らしいのですが、こんな所にあるとは思いませんでした。
敷地内にKlášterní šenkという名のレストランがあって、修道院の地ビールが飲めるようです。
お店ページ 
http://www.klasternisenk.cz/

ちなみに私達はNemocnice Motolから来ましたが、歩くとけっこう距離あるので
修道院に直接来る際は、トラムBřevnovský klášter駅が目の前なので便利だと思います。

posted by odaQgirl A子 at 17:09| ウィーン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メトロ終点駅の旅2:Letňany編

地下鉄終点駅に行ってみるというどうでもいい自己満企画、11月に進めていました。
前回行ったのはB線のČerný Most。大変良い場所でした。


この度、A線のLetňanyへ行ってみました。

praha-map2.jpg



IMG_4670.JPG

IMG_4673.JPG

何もない。

IMG_4677.JPG

なんか、さみしい。

IMG_4674.JPG

空を見上げてしまう。

あ、飛行機。

この付近には、letiště Praha-Letňanyと呼ばれるプラハで最も古くて小さい空港があるようだ。
周辺国への旅客便も出ているようだが、どちらかというとパイロット養成所として人気のある空港とか。

IMG_4679.JPG

歩いていても、楽しくない景色が続くので記事はこれにて終了。

まあ、こんな時もあるよね。


IMG_4684.JPG

歩いていたらB線Vysočanskáまで来てしまったようだ。
味気ない午前となったので、通りがかりに見つけたレストランに入った。
相方、仕事前に一杯のビール、労働の辛さを緩和するんですって。


IMG_4687.JPG

当たりまえだけど、チェコでの外食はチェコ料理を食べたほうが安いし美味しい。
フライチキンとポテトサラダ。この見た目は、チェコのクリスマス料理を思い起こす。
落ち着く店内、リーズナブルでおいしかったです。

U Kocoura
http://www.restauraceukocoura.com/


posted by odaQgirl A子 at 16:53| ウィーン ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

名前の日

チェコには名前の日というのがあって、
誕生日の日以外に自分の名前をお祝いしてもらえる日があります。
チェコのカレンダーを見ると、日付の横に名前が書いてあって
どの日にどの名前なのか確認できるようになっています。
チェコ人は、現在でも聖人の名前(カレンダーにある名前)から名づける人がほとんどのようです。
名前が限られているから、同じ名前の人がいっぱいいるのですね。

今日はオンドラの名前の日だったので、ささやかなお祝いをしました。

totoro1.jpg

トトロのクッキーを作ってみました。ちゃんと焼けるか心配でしたが・・



totoro2.jpg

成功しました。彼もとても喜んでくれました。

posted by odaQgirl A子 at 23:56| ウィーン | Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする