2017年07月14日

オンドラ母が泊まりにきた

最近、オンドラのママンが泊まりに来ておりました。
お泊りは初!

お昼に来たので、用意しておいた餃子(またかい)と寿司とサラダを食べて
ゆっくりした後、プラハにプチ観光しに行きました。

今回は、ヴァレンシュタイン宮殿へ。

IMG_6643.JPG

この庭園がとても好きです。
比較的観光客少なくのんびりしてるし、動物がいて楽しいから。

IMG_6644.JPG

孔雀たちも元気にしておりました。

IMG_6646.JPG

カモの赤ちゃん、まん丸フサフサで可愛かった。

旧市街を通ってきてカレル橋まで。

IMG_6677.JPG

いつもながら賑わっております。

IMG_6674.JPG

母、似顔絵描きの絵が気になるようで、絵描きがいる度に覗いていた。


旧市街ど真ん中のマクドナルドに入ったオンドラ母の体験。
「ちょっと、チェコ語しゃべっている人が全然いないんだけど!」
と興奮気味に出てきました。
トイレで用を足した後マクドナルドの出口が分からなくなり、チェコ語で話しかけたら
その人はチェコ語が分からなくて英語で説明してもらったと言っていた。
そう思って周りを見ればチェコ語は聞こえてこない外国人だらけの旧市街。
「海外旅行にでも来た気分でしょ?」と言ったら、そうだねと言っていた。


外を歩いている時、常に私を気にかけてくれる母。
階段なんかで手をつないで歩いてくれたり、私は子供の気分。
疲れてないか聞かれたときに、ちょっと疲れてきたと言ってしまい
これがまずかった。
さあ、では家に帰りましょう!という母。
でも実は母を喜ばせる為に、教会のクラシックコンサートをオンドラが予約していたのだ。
コンサートは1時間後、母の観光モードはすっかりなくなり心配モードに入ってしまった。
教会はすぐそこだし座ってるだけだからと説得して、連れて行きました。
コンサート始まるまで、教会前で座っておしゃべりしてたら体調も全然大丈夫でした。


IMG_6678.JPG

聖ジャイルズ教会

最前列、奏者が目の前で最高の席から鑑賞できました。
4人のバイオリンに、パイプオルガン。
音色がすごくきれい、奏者の手の動きまでよく見えたのがよかったです。
いい気持になりました。これはお腹の赤んぼにもよさそう♪って思いました。
母は、ベートーベンのソナタとスメタナのヴルタヴァを生演奏で聴けたことに大感動していました。
母が喜んでくれた事が何よりです。

夜帰り、すぐに寝ました。

翌朝、窓の下を覗くと、たくさんの牛乳。

IMG_6680.JPG


さて、今日は朝からオンドラ母とケーキを作る予定。
ちょっと買い物に出て、材料揃ったので料理開始。
オンドラが一番好きな母の味、Jablkové řezy(アップルパイ)を覚えます。

IMG_6682.JPG

私チェコに来たばかりの時少し驚いたのですが、お母さんは菓子つくりの時にボールを使わない。
台を綺麗にしたら、そこに生地にする材料をどんどん載せていく。

IMG_6684.JPG

材料全部載せたら、手でこねてひとまとまりの生地にします。

忘れないためにメモしておこう。

(生地)1バット分
薄力粉 330g
粉砂糖 90g
ケーキ用バター 170g
牛乳 60ml
卵黄 2つ
ベーキングパウダー 8g

(生地の間に挟むリンゴ)
りんご 4つくらい

IMG_6689.JPG

りんごはすりおろす。

IMG_6693.JPG

生地を、バッドに平べったく敷いて
その上にすりおろしリンゴをのせる。
そしてシナモンシュガーを好みの量で振りかける。

IMG_6694.JPG

りんごの上にもう一層薄く生地を敷いて、
(玉子1つと少量の牛乳)を混ぜ合わせた液を塗って艶を出す。
最後に上からフォークをところどころに指して、空気逃しの穴をあける。

オーブン180度で20分くらい?焼いたら出来上がり!

IMG_6708.JPG

美味しくできました〜☆

オンドラが特に嬉しそうでした。
今回は彼の要望で2バット分作りましたが、
常にばくばく食べていて速攻なくなりそうです。本当に好きなんだなぁ。

その後オンドラが考えたゲームをして遊んだ。
オンドラ母の英語力と私のチェコ語力を試すようなゲーム。
まだ母の英語力の方が私のチェコ語力より高いです。惨敗でした〜、いつか勝ちたい。

お昼に私とオンドラお気に入りのパキスタン料理店に案内しました。

IMG_6710.JPG

チキンとガーリックのパキスタンカレー

プラハに住んでいたころはこの店から徒歩2分くらいのところに住んでいました。
遠くに引っ越した今でもたまに行きたくなるお店です。
母は辛いの苦手で最初ヒーヒー言ってましたが、慣れてくると美味しい!と食べてました。

お腹いっぱいになった3人、その後プラハをぷらぷらして
母はブルノに帰っていきました。
全然気を使わない母なのがいいです、やさしい母に甘えてます。
またいつでも遊びに来てほしいです。


posted by A子 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

卓球クラブの友達と

妊娠発覚から行ってない卓球でしたが、最近卓球仲間との交流が再開しました。

「A子、一人で暇なんでしょ?」
と先週末Úvalyまで遊びに来てくれたのはドイツ人のブリタ。
卓球クラブで私以外唯一の外国人です。

IMG_6615.JPG

一緒に昼食しました。今のところ餃子は100%の確立でヨーロッパ人に喜ばれるのでこの日も出した。
ブリタもペロンと全部食べてくれた。なので私の中で餃子が一見さん料理となっている(笑)

オンドラは昼まで参加して仕事に行ったので、その後二人でまったり。
ブリタがお気に入りのDVDを持ってきてくれた。

IMG_6619.JPG

しかしながらPCで再生できず、、。
ブリタがどうしても見たそうなので、YouTubeから同じタイトルのを見つけて見てた。
YouTube上のが1.5倍速くらいになっており、私英語を聞き取るのに必死でした。
英語の訓練を受けているような気分に!疲れた!

DVDを見終わり近所の山散歩しました。最近は外の方が気晴らしになっていいな。
その後家に戻ってお茶して話して、また映画見て、なんてしてたら夜9時近くなってた。
ブリタのエンターテイメントに感謝!


そして月曜日。
卓球クラブも夏休みに入ったので、去年のように毎週集まって楽しい事しようぜ!
となり今週は皆でビリヤードへ行ってきました。

20170710_193557.jpg

ガリナ、オリナ、ブリタ、ダナ、スタンダ、オンドラ、私。
チームを組んで2台のテーブルで戦いました。
私は相変わらずダメダメ。私、物使う系は何でも下手くそだ。
でも、妊婦でもできるアクティビティに参加できるのは嬉しい限り。
来週月曜日はまた何か違うことを予定していて、楽しみです。

ただ悪阻が引いてからというもの、何をするにもすっごく疲れて、なんか毎日ヘトヘト。
体が大変化しているのをすごく感じる、それに体が付いてきてないような。
貧血だろうと思って妊婦用の鉄剤飲んでます。妊婦って、ほんとに色々あるのねぇ。
さくらももこの妊娠時のエッセイが面白かったのを思い出してて、今すごい読みたい。
電子書籍のタブレット買おうかなぁ、日本の漫画も読みたすぎるー。


posted by A子 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

アイスキャンディー

妊娠して味覚(食べたい物)が変わる人がいるようですが、私にも小さな変化がありました。
今まで好きじゃなかったのに、口にしたくるもの。
マクドナルドのチーズバーガーと、炭酸ジュース。
二つとも体に悪そうなのでね、子供の頃から遠ざけてた存在なんです。
でも自分の体が欲するので、最近はよく口にするのです。

あとアイスはツワリに効いたので、さっぱり系のアイスキャンディをよく買ってました。
色々なアイスを食べていた中、嬉しかった発見。

IMG_6460.JPG

スイカアイス!
これ、日本にもあるやつ、しかも私が一番好きなやつ!
なので割と期待を込めて食べてみた。

IMG_6463.JPG

食感は違うものの、赤い部分の味は日本のスイカバーとほぼ一緒!
種は同じくチョコだし。チェコ商品で期待して裏切られなかったのは初めてかも(酷い)。


ついでに、包装にパンダの絵が描いてあったアイス。
コーラとライムという味に惹かれて買ったのだが。


20170608_205632.jpg

なんか怖い。
どんよりしてる目と鼻が嫌だ。
何故か噛むごとに申し訳ない気持ちになった。
しかも、コーラとライムの他に得体のしれない味がしたのは何だったんでしょう。


チェコのアイスキャンディは全体的にあんまだけど、
やはり夏にスウィーツショップなどで売られるソフトクリームが
安いしとっても美味しいです♡

posted by A子 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

彫刻教室さいごの日

つわりで1か月休んでいた彫刻教室ですが、昨日は最終日だったので行ってきました。
最近つわりがぶり返していて本調子じゃなかったけど、
彫刻作業に入ると集中できて、少し気持ち悪さを忘れられました。

20170622_180320.jpg

皆それぞれ作りたい物を作っています。
この教室は大人が多く、ガチ(芸術的)な彫刻作品作っている人が多いです。
前通ってた教室は主婦や子供が多く、使えそうなお皿や人形を作ってる人が多かった。

作り終えられないだろうと思っていた自分の作品も、何とか形にすることができた。
ずっと休んでいたからと、居残り作業をさせてくれたのです。
もうちょっとディテール入れたかったけど、最低限やりたかった形に掘ることはできたので
後でこれに色をつけようと思っています。

work.jpg

窓に猫が座っていて、その向こうで母と姉が、赤ちゃんと犬を連れて散歩しているところ。
3月に姉の赤ちゃんが生まれてから、いつも送ってくれる写真を見て私はとても幸せを感じてました。
母と姉が楽しそうにしているのを窓ごしに見ている猫は、自分なんじゃないだろうかと後で思いました。


教室を去る前、彫刻家のパベル先生が
「これ、生まれてくる赤ちゃんに」と手作りの品をくれました。

IMG_6514.JPG

なめらかで優しい、口当たり良さそうなスプーン。赤ちゃんも気に入ると思う。
赤ちゃん宛にプレゼントをもらったのは初めてです。
本当にこれを使える日がくるの?とまだ想像もできず、不思議な気持ちになりました。
とても嬉しかったです。


posted by A子 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

オンドラの誕生日

昨日は彼の誕生日でした。

朝から歌うたってお祝い♪

IMG_6236.JPG

大失敗したぺちゃんこケーキ。
リベンジする時間なく苺を花やかにしてごまかしています。
食感はごまかせなかったけどさ。。

IMG_6229.JPG

日本の100均で買ってきた文字スタンプが使える。


つわりが軽くなってきた最近です。
午後はČelákoviceの森に遊びに出かけました。

IMG_6249.JPG

カエルを探す彼。(カエルがいっぱい生息すると言われている池)

カエルは見つけられませんでしたが、
歩いている途中で見かけた可愛い子

IMG_6245.JPG

けっこう顔近づけても、じっとしててくれてて
長らく観察できた。きれいな模様、きれいな目。

この日は蛇も2匹見つけれて、二人ではしゃぎました。

と元気そうに聞こえますが、
私は膀胱炎の治療中だったり、足の付け根リンパが痛くなってびっこひいて歩き、
彼は睡眠不足と腹を下してふらふら気味。
二人してボロボロで笑えて来ました。
そんなんで2時間くらいの森探索でした。

町の中心に戻り、広場のレストランで軽食。

IMG_6258.JPG

美味しくなかったチーズケーキ。
チーズの味全然しないの(涙)
彼はクレープを頼んだのに、揚げパンみたいの来たし。
ここのスウィーツ類には改名が必要!

ともあれ、
何度か来ているお気に入りの町で、ゆっくり楽しい誕生日を過ごせました。
最終的には誕生日主役も元気を取り戻していましたよ〜。


posted by A子 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

母の誕生日のサプライズ

Úvalyに引っ越してきてから、彼の母が今日初めて遊びに来ました。
来る事は前から決まっていたのですが、前々日に母の誕生日だと気づいた私達。
急きょ誕生日会の用意をしました。

体調が良くなく、作れたのはタルトだけですが。。

IMG_6117.JPG

お母さん、到着するなりのサプライズに、とっても喜んでくれました。


IMG_6127.JPG

美しい70歳だな〜。


そして、、やっと対面できたので最近秘密にしていた事を告白しました。



「わたしたち、赤ちゃんができました。」


お母さんは半信半疑、
「冗談でしょう?!」と最初言っていましたが、
本当だと分かると涙を浮かべて喜んでいました。

しばらく話していると、つわりが悪化してきたので私はソファーで横になっていました。
彼がいつも通り私の面倒をよく見てくれているので
「いい旦那さんでいいね、私の旦那さんはそんなことしてくれなかったわよ」と言いました。
お母さん、あなたの息子は本当に優しいですよ。

お母さんが2年ほど前にくれた絵を久々に見てみました。

IMG_6134.JPG

子供が大好きなお母さん、私達の子をずーと楽しみにしていました。
こんな絵のような子が生まれるのかな?この子は男の子っぽい顔してる。


posted by A子 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

好きだったアニメーション

前回、トジェボニの国際アニメーションフェスティバルに行った話を書きましたが
好きだったアニメーション作品をのせておこうかと思う。

(タイトルは英題で統一)

Frits of clouds/Katerina Karhankova(チェコ共和国)

1.jpg

まるで絵本を読んでいるかのような感覚だった。
グレイな世界と、夢のような黄金色の世界のコントラストがよかった。
怖いや不安は妄想、勇気を出して進めば見れる別世界。

DECORADO/Alberto Vázquez(フランス)

3.jpg

この世界が全てセットだったら。。
シュールでブラックで、出てくるキャラたちが奇妙。クマの奥さんの目がやばい。
10秒くらいの小ネタで1ストーリーになってる、DECORADOの音の入り方うまい。
会場中笑いがおこってた。
(予告編が見れるページ)


Pussy/Renata Gasilorowska(ポーランド)

2.jpg

この題名がずばり、、(笑)
股間に手をもぞもぞさせてる主人公の女の子、すると性器が股間から飛び出て一人歩きするって話。
かなりおもしろい。全然いやらしくない、むしろ性器ちゃんが可愛くてかなり好印象。


Flyin Putzi/Ido Behar(イスラエル)

4.jpg

とても悲しいストーリーでした。
絵とアニメーションの動きがすごく良い。かなり好みでした。
複雑なストーリーにしなくても、こんなに突き刺さるものが作れるものなんだなぁと感心。


The Umbrella Man/Aymeric Narbonne(フランス)

5.jpg

今回もフランスの作品はいっぱい見たけれど、やはりデザインが上手なものが多かった。
子供視線が面白い。
(全編見れるページ)


Once upon a line/Alicja Jasina(イギリス)

6.jpg

動く線上に、最低限な輪郭の絵が現れる。
その技法を際立たせるストーリー、全体的によくできてる作品で面白かった。
タイトルのセンスもいいな。もう一回見たい。
(予告編が見れるページ)


The Little one/Daiana Cam Van Nguyen(チェコ共和国)

12.jpg

在チェコベトナム人によって作られた作品。
チェコに住む第二世代のベトナム人少女に起こった実話をアニメーションにしたもので、
在チェコである心境、少なからず遭遇してしまうチェコ人からの偏見、それでも生まれ育ったチェコは
彼らにはHOMEであるのだという心情が映し出されていた。
普段見れない彼らの気持ちを見ることができた。
これは広島でもアヌシーでもなく、チェコで上映されることに意味があると思った。


Penelopa/Heta Jäälinoja(フィンランド)

7.jpg

ものすごく散らかった部屋に突然の来客。
その掃除をしている最中の動きや失敗が面白い。絵と色も好き。
これもシンプルな題材で作品中で遊んでいる、最後の落ちも面白い。
ショートアニメーションやパントマイム作品などの「短編もの」はこういった作りのものが一番好き。


ミュージックビデオはあまり見ていなくて、体力あったらもうちょっと見たかったな。
良かったのは、この2本。

SUBWAYS/Mrzyk MOriceau(フランス)

10.jpg

ファンキー!
音楽とアニメーションでただただ楽しく見て終わった。


青春おじいさん/なかやまうり(日本)

11.jpg

子供のように遊び心があって自由で楽しい。
絵本作家の荒井 良二さんの作品をちょっと思い出しちゃいました。
ナカヤマウリさんの声と歌もいいです。
ミュージックプログラム中、全然映像に集中していないチェコ人の女の子がいて
お母さんに「ホットチョコレートあとでのむの?」と何度も聞いてたんだけど、
この作品が流れた時は静かになって見てて、最後大きく拍手してたのが印象的。


コンペティションで、子供向けアニメーションで一番の賞をとっている作品があったので
長編だけど見てみた。(疲れるから普段フェスで長編はあまり見ない)

My Life is Zucchini/Claude Barras(フランス)

13.jpg

それぞれの闇をもって集まった孤児院のこどもたち。
日々起こる出来事によって心の成長があり子供同士の絆が生まれていくという、よくありそうないい話ですが、
キャラクター、クレイや美術、演出の細部が良くてのめり込んで見ちゃいました。
見てよかった。
(予告編)



今回、学生作品が特に好きでした。作家さんの紹介やインタビューを聞くコーナーがあり
次の作品の予定は?という質問に、わからない、今はただ休みたいと正直に答えた学生さんもいました。
少人数、または一人で作り上げるアニメーションはすごい労力なんですよね。
身を削って作りあげた作品たち、作家さん達に本当に感謝です。
コンセプトがしっかりしていて、細部までこだわって作ってあるのですごく面白かった。
そんな新作をいっぱい見ることができて、かなり贅沢な時間でした。

トジェボニのアニメーションフェス、チケットの仕組みが合理的でした。
どうでもいいと思うので詳しくは書きませんが、
広島、オタワ、アヌシーフェスの中で予約に関しての事は一番良かったです。
待ち時間の無駄がなく、おかげで気楽に散歩がいっぱいできました。


posted by A子 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

卓球クラブ関連の話

超絶に人見知りで卓球しか頭になさそうな卓球クラブオーナーが、
突拍子もないイベントを企画してくれました。
ダンスイベント第二弾、今回はディスコ!(第一弾は社交ダンスでした)
卓球場がディスコ会場に早変わり!

foto26531.jpg

体育館にミラーボールが回っております。
しっかりDJも、2000コルン(5時間で1万円!)で雇ったらしい。

社交ダンスの時はたくさんの人が来ていて驚いたものですが、、

foto265562.jpg

ディスコには数えられるほどしかいない参加者。。
しかも1時間たっても誰も踊ろうとせず、ミラーボールだけが寂しく回っていました。

チェコ人はシャイです。
他の人が踊ってないと踊れないみたいなところがあると思います。
私と彼が先頭切って踊りに出ると、DJに、どうもありがとう!と言われました。
そして後から座っていた人たちも出て来て踊り出しました。

foto26575.jpg

それからというもの、途切れず会場は盛り上がってました。
オーナーは踊りませんが、嬉しそうに写真をパシャパシャ撮っていました。
(載せてる写真はオーナーが撮ったものです)

曲はチェコの曲が中心で、私は流行りの曲など知れて楽しかったです。
リクエストしていいよーというので、私も行ってみました。
チェコ人シンガー、カレルゴットのKávu si osladímをリクエストしました。
ダンス向きでなかったけど、この曲だけは歌えるくらい知ってたので。
曲かかった時は嬉しくて歌いながら踊りました。
ダンスはやはり楽しい、曲に合わせて体動かすのが気持ちい。
誰よりも大胆に踊っていたので目立っていたみたい
後からおじさん達に褒められて恥ずかし嬉しかったです。

この日も、地域の人が中心に集まってました。
子供が多かったので、のほほんとしたディスコ会場でした。

foto26546.jpg


話は飛んで、昨日の話。

昨日は卓球仲間ブリタの誕生日で、誕生日会にお呼ばれしてきました。
卓球クラブからは、スタンダ、ダナ、オリナ、オンドラ、私
主役のブリタはドイツ人、ブリタのルームメイトのイタリア人女子も参加です。

20170426_194205.jpg

真ん中に鉄板、食材がテーブルに並んでいます。
この鉄板、初めて見てとても気になりました。

20170426_192440.jpg

鉄板の上部分は普通ですが、この鉄板下のスペースが面白い。
一人ひとつづつ小さなフライパンが付いています。
ここに好きな食材を入れて焼くのです。楽し〜!

20170426_200943.jpg

食材は、サラミ、玉ねぎ、キノコ、オリーブ、コーン、豆、キュウリ、チーズ
バナナとパイナップルもありました。

この奥内バーベキュー、パーティーにぴったりで素晴らしい。
チェコ人達もイタリア人も初めてだったみたい
これドイツのなの?と聞くと、多分スウェーデン製とブリタは言っていました。

ワインにシャンパン飲んで、チェコ語と英語まぜまぜの会話で盛り上がりました。
楽しくていつの間にか食べ過ぎてしまいました。

もう無理ーと皆言っているところに出てきたのが

20170426_212120.jpg

ティラミス。
イタリア人の手作り、エスプレッソが効いていてすごく美味しかった。
平日なのにこんな用意してくれて大変だったろうに、サービス精神旺盛のホスト二人でした。

次回食事パーティーは私達の家になりそう。
今回のを例にすると手巻きずし楽しいかなーと思ったり。
具は日本人が入れないようなものもいっぱい用意すると良さそうだな。

posted by A子 at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

誕生日を迎えたことなど

只今チェコはイースターホリデー中。
世間は4連休、私と彼はサービス業なので関係なく働いてます。

4月に入ってから、気温は0度〜25度くらいを行ったりきたりして
なんだか季節がよく分からないかんじ。そういやチェコの4月ってこんなんだったよな。
日の出はだんだんと早くなり、朝5時出勤時は真っ暗ではなくなってきました。

1週間くらい前、パーンと夏のように晴れた日
プラハのペトシーン公園にふらーと行きました。

20170410_155421.jpg

人々は草の上で日光浴。チェコの春夏によくある光景がはじまった。

20170410_163206.jpg

私も寝転がって、静かに太陽を感じてました。気持ちい。
桜も咲いていました。


誕生日に買おうと思っていたイクラを、誕生日前日にとうとう買いました。

20170411_124044.jpg

サーモンのキャビアと書かれてます。
50gで130コルン。(650円くらい)
家に着いて彼に報告。イクラちゃん♪ イクラちゃん♪と歌って踊りました。
私はウニとイクラが一番好きなのです。
彼は一粒味見をしたらウエェって感じでした。
好きじゃなくてよかった、独り占め決定♪

誕生日当日は仕事が休みでした。
朝ゆっくり目覚めると、枕の横に手紙が。

p.jpg

手紙には、絵と誕生日のプランが書かれてました。
そこには予定ごとの開始時間までこと細かく書き込まれています。

朝9時半、彼が作ったケーキでお祝い。

20170412_093329.jpg

彼の作るものは絵でもケーキでも、味があって愛おしい。

その後マッサージ、ゲームの時間などがあり
お昼はプラハに出向き、予約してくれてたレストランで食事をしました。

IMG_5470.JPG

去年彼の誕生日に行ったゾフィンガーデン。ここ内装の雰囲気が最高です。
120%満腹でレストランを出ました。

その後は私の服を彼が選んで買ってくれて、
ぷらぷらプラハの町を歩いてました。

通りかかった旧市街広場

IMG_5476.JPG

イースターマーケットが盛り上がっていました。

IMG_5484.JPG

西洋水仙がきれいに咲いていました。
1日尽くしまくってくれた彼、誕生日ってこんな特別な日だったのかと思わせられ幸せでした。


翌日仕事出勤すると、SNSで誕生日を知った同僚たちが
おめでとうと声かけてくれたり、ハグしてくれたりして嬉しかった。
あの怖いおばさんズザナまでもね。険悪だったズザナ、今ではいい関係です。


話飛んで昨日は、イベタとペトル夫妻が遊びに来ました。
夫妻には半年前に赤ちゃんが生まれて、私は赤ちゃんと初対面でした。

アジアの血が全く混ざってない赤ちゃんと接触するのは人生初めて。
まず思ったのは、チェコで売ってる赤ちゃんの人形にそっくり。あの人形よくできていたんだなぁ。
何て言うか、顔立ちがきれいに出来すぎている。慣れるまで正直本物の赤ちゃんと思えなかった。
ほっぺは柔らかいと思いきや弾力すごくて、6ヵ月だけどやたらドッシリしてるなぁって感じだった。
他人を全然怖がらないの、目が大きくまん丸で笑ってるときさえ常にびっくりしてるような顔してた。

IMG_5494.JPG

抱き心地がいい。かわいかったなぁ。
上の写真、家族写真みたいで子供いたらこんな感じか悪くない、、と後から一人ニヤニヤした私。


IMG_5498.JPG

団欒のつまみに餃子用意した。やはり餃子はチェコ人に人気、完食してくれた。
お箸も楽しんでました。

今は母であるイベタは数年前まで夜の遊び人でした。
子供ができたと聞いたとき、いろいろな事できなくなるよねと彼と勝手に話していたものです。
子供ができてどんな心境なのか聞いてみたかったので聞きました。
するとこう即答しました。
「全てが変わった。子供ができる前は、全てが大事だった。今はこの子だけが大事と思うくらいに思いが強い。」
そこまで思えるものが世の中にあるってすごい事だなぁ。
私は色々譲れないし今好きなものすべてが大事なのでイベタの言葉はとてもわかりやすかった。



(イベタ夫妻との思い出記事:結婚式二人の新居(この豪邸、今売りに出してるらしいビックリ。。)

posted by A子 at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

近所に住む動物

ぽかぽか暖かい日が続きます。
昨日は近所を散歩しました。

まず、ある物件をチェック。

5.jpg

この小さい別荘、日本円にして70万円程で売り出されていました。
森の中、家の周りにきれいな小川が流れているのがステキ。
物つくりのアトリエとしていいかな?と思いましたが、買うのはやめました。
(てか、お金ないです。。(笑)

その後、ぐるーと町を歩き、住まいの近くにある森を登っていきました。
その辺りに野生動物が住んでいるのに最近気づいたからです。

すぐに見つけました。

2.jpg

実際に見ると、鹿の足の速さにびっくりします。
ここは広くて走りがいがありそうです。

7.jpg

砂漠にでもいる気分。
遠くに何も見えない。

この時23度くらいあったかな。
暑くて上半身スポーツブラだけで歩きました。
動物くらいしかいないのでオッケーです。

そして、草が生えるところでは野ウサギがぴょこぴょこ。

6.jpg

自然の野ウサギ、近くで見たいと長年思っていたから
嬉しかった。

気づくと、知らない村にたどりつきそうなほど、自分たちの町から離れていました。




動物つながりでもう一つ、

1週間ほど前に自転車に乗ってお隣の村に行ってみました。
そこで偶然出会った動物。

1.jpg

またも、マスクラット。
ポジェブラディで見たときよりも近い。しかもいっぱい。

4.jpg

歯がオレンジ色なのね。
犬に近づかせないでと書いてる看板が池に立っていたので
村に保護されているマスクラット達みたい。ここに来ればまた見れるのだ。

昨日は、飼われてるカンガルーが脱走してしまって探しています〜というニュースが
町に流れました。どこかでカンガルーがひっそりしてるのかぁ。。無事でありますように。

posted by A子 at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする