2017年09月20日

フリードラントとリベレツ Frýdlant a Liberec


オンドラの同僚ルツカの故郷、フリードラントへ遊びに行ってきました。

frydlant map.jpg

フリードラントはチェコの北端に位置していて、ポーランドとの国境がもうすぐのところ。
プラハ(Cerny Most)からリベレツまでStudent agencyバスで、リベレツからフリードラントまではローカルバスに乗っていきました。
地図で見たら遠いと思ったけど、プラハから2時間ほどで、思ったより近かった。

フリードラントのバス停でルツカの暖かい出迎えを受け、
さっそく町を案内してもらいました。

ガイドさんになりきったルツカは、
「ここは郵便局、これはスーパー、これは木」
とどうでもいい情報も混ぜながら(笑)

町のメイン広場に到着

IMG_8129 s luckou.jpg

こじんまりしてるけど開放的できれいです。
立派な市役所がありました。

その後、ベツレヘムを見に行こうと謎な誘いを受け

IMG_8135.JPG

小さな小屋へ。


中ではベツレヘムが広がっていました〜

IMG_8136.JPG

ミニチュアで作られた人形などが、カタカタ動いています。

眠たそうに出てきた館長さんが、「ここは電気を使っていなくて、手動で動かしてるんだ!」
と自慢気だったので仕掛けのロープを載せておきます↓

IMG_8140.JPG

いいね、アナログ。
このロープは屋根裏にある重りにつながってて、重りが上から下に落ちる力で人形を動かしている。
これと似たようなミュージアムをブルノでも見たことあるけど、あちらは電気で動いてたな。

さて、フリードラントで一番の見どころに来ました。
緑に囲まれているお城です。

IMG_8152.JPG

IMG_8150.JPG

案内人ルツカと。私たち同い年、子供も同い年になるかもしれない(?)

フリードラント城
IMG_8168.JPG

13世紀半ばに建てられた、
アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインという人の城だとルツカが教えてくれました。

日本でも有名な作家フランツ・カフカ、
彼の「城」という作品はこのフリードラント城をモデルにしているらしい。
彼はプラハ生まれだけれどね。

城内はツアーで見れるようです。


水がきれいなフリードラント

IMG_8178.JPG

頭を冷やしているオンドラ。
山から直接流れてくる水だから、飲めるくらいきれいだよ!とルツカ。

プラハに来て12年経つルツカ、
「フリードラントいいところだね、もう住む気はないの?」と聞いたら
「この町は何も起こらないからね、この町で人生終わるのは退屈すぎる。
おっさん達が昼間からビール飲んでるだけ(笑)。」と言ってた。
住むのと旅行で来るのは全然違うからね、私も町の刺激が必要なタイプだからわかる。

フリードラントは小さい町、もう全部見せちゃったから
リベレツ観光に行こ〜となりました。

まずリベレツの観光スポット、山の頂上に立つテレビ塔へ行ってみた。

IMG_8181.JPG
山の麓の入り口

IMG_8186.JPG

頂上へは、ケーブルカーで上がりました。
ケーブルカーにはドイツ人のお年寄りがいっぱい。

高くまで上がってきた。リベレツの町が見えます。

IMG_8190.JPG

リベレツ大きい都市だなぁ。wikiで調べたら、リベレツはチェコで5番目に大きい都市だった。


こちらがテレビ塔

IMG_8192.JPG

このテレビ塔は、ホテルも兼ねている。
一泊料金が高額なのにも関わらず、予約が取れないくらい人気らしい。

頂上まで車、ケーブルカー、自転車、徒歩など自由な方法で登ってこれるし
なんてたって景色が最高にいいもんね。

IMG_8203.JPG

IMG_8205.JPG

IMG_8202.JPG


私はこの日で丁度、妊娠24週(7か月)目を迎えました。

IMG_8208.JPG

お腹ぽっこり。
全然狙ってないんですが、5、6、7か月目となった日はいつも偶然山の頂上に来ている。


テレビ塔の中にはレストランもあり、360度の窓際席は大人気。

IMG_8214.JPG

料理等、観光スポットにしてはそこまで高くないお値段でした。

私たちはリベレツの町に戻ってもうちょっとローカルな食事をとることにしました。

IMG_8216.JPG

チェコローカル=揚げ物中心。。

この間食べたマッシュルームフライが美味しかったので、ここでも。きのこジューシー。
チェコレストランが出すガーリックソースってどこも美味い。

ゆっくり食事してたせいでリベレツの町の観光時間がわずかに。。
でもさすがルツカは道をよく知っているので、ポイントだけささっと見て回りました。

IMG_8226.JPG

IMG_8221.JPG

これは、ダヴィッド・チェルニー氏の作品。
ダヴィッド・チェルニーは、チェコに住んでる人には超有名な芸術家。
「プラハのTv塔についてる赤ちゃんの作品を作った芸術家」と言えばだいたいの人がわかります。
大胆な構想で、ブラックユーモア満載な作品群。
上の作品も肉の代わりに頭になってるけど、誰の頭なんでしょうね。
他にもプラハの町を中心にチェコ国内外でたくさん作品を発表している彼。
リベレツのバス停になってるところにもあるなんて。
彼の作品は散歩してるときに「あれ?」と偶然見つけるのが面白い。


リベレツのメイン広場

IMG_8237.JPG

市役所が豪華。リベレツの人はここで結婚式を挙げたりするんでしょうね。

リベレツは旧市街と新市街が隣り合わせになったにぎやかな都市だった。

長年観光業で働いているルツカの案内はさすがで、楽しくあっという間の一日でした〜。

posted by A子 at 18:43| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

メモリアルブック


日本の友達、友木から贈り物が届いた。

1.JPG

ウーパールーパーのスリッパ!
これでいつでも癒しのウーパーといれる♡
これを見つけて、思わず私のために買ってしまったんだって。うれしい!


IMG_7671.JPG

そして手作りの猫ブローチ、
相変わらず器用だなぁ。冬らしくていいね、お出かけに付けていきます♪

日本から離れてしまっても、いつまでも思ってくれる友達がいて幸せ。
来年の夏、赤ん坊連れて帰国する予定。皆に会うのが楽しみだ。



けっこう前のこと、

彼に「赤ちゃんのメモリアルブック買おうか?」という私には驚きの発言があった。
(彼が赤ちゃんの存在を受け入れ始めたころ)

メモリアルブックとは、両親が赤ちゃんに関わる質問項目を埋めたり写真を張り付けたりしておく思い出の本だ。
どうやら彼の女友達が持っていて、いいなぁと思ったらしい。

それでメモリアルブックなるものを本屋やネットで調べていたのだが、どれにするか決めかねてて
私はノートのようなものに自由に書いていった方が私たちらしいメモリアルブックを作れるんじゃないか?
と思い彼に言ったら賛成してくれた。

4.JPG

ちょうど彼が持っていた分厚いノート。これを使うことにした。
しっかりしていてデザインもいい。
妊婦中の情報から、生まれてからのこと、絵、写真等貼っていく予定。
昨日からさっそく書き始めた。書いておきたい項目を自分たちで決められるのでやっぱり良い。



彼がこっそり持っていた赤ちゃん時のアルバム

お母さんが綺麗な字で成長記録を残していた。

3.JPG

最初のうちは月ごと、1才をすぎてからは何か特別なことがあったときに、
8才になる日まで書かれている。
彼は4番目の子なのだが、子供全員にこうして思い出をしっかり残しているオンドラママはさすが。
彼が2才2か月の時に初めて発した長い文章が
「Táto, Mámo, už tam není nic.」(パパ、ママ、もうそこには何もないよ)だったとか。
母親がよく読んでくれてた詩の一説みたい。このセリフ、可愛くて気に入っている。

日本人はへその緒を残しておいたりするが、チェコ人は最初に生えた髪の毛を残しておく習慣があるらしい。
チェコ人は生まれた時から子供時代はだいたい皆ブロンド髪。
成人になっていくにつれて遺伝で受けた髪の色(だいたいの人が濃い色)になっていくのだ。

5.JPG

彼もブロンドだったようだ。今はこげ茶。(+灰色… )

6.JPG

彼もかわいかったんだな〜。


posted by A子 at 23:12| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

サーザヴァ川沿い、ぶらり途中下車の旅  Sázava

長距離歩きが疲れやすくなってきた最近、
妊婦の私にぴったりな旅を彼が企画してくれた。

「サーザヴァ川沿いには面白い町がいっぱいありそうだから
途中下車の旅(Hop on Hop off)をしよう!移動はほとんど列車だから大丈夫!」、と。

なんか楽しそう、私チェコの列車大好き。ワクワク
というわけで、1泊で出かけてきました。

プラハから南東方面へ。

map1.jpg

町の名前が川の名前と同じSázava(サーザヴァ)をスタートに、ローカル列車に乗りました。

途中下車した駅はこの通り。

map4.jpg

@Sázava(サーザヴァ)
AČeský Šternberk (チェスキー・シュテルンベルク)
BZruč nad Sázavou(ズルチュ・ナト・サーザヴォウ)
CLedeč nad Sázavou(レデチュ・ナト・サーザヴォウ)
DSvětlá nad Sázavou(スヴィエトラー・ナト・サーザヴォウ)

ほとんどの町名に付いてるnad Sázavouは、「サーザヴァ川上にある」という意味です。
それぞれの町に2時間くらいづつ滞在しました。

IMG_7672.JPG

サーザヴァ川沿いを走っているローカル列車がこちら

IMG_7735.JPG

2両しかない古い列車、大きな都市を走っている電車とはだいぶ違う。

IMG_7987.JPG

最後尾に大きな窓が。ここから見える景色が最高!
なぜか窓の前に1人用のVIP席。


さて、最初に訪れたサーザヴァ町。

修道院がありました。

IMG_7676.JPG

チェコ全土で一番古い修道院で、1000年も前に建ったもの。
中世、この場所はスラブ文化と文学の重要な中心地だったようだ。

IMG_7710.JPG

用意してきたおやつを食べながら
修道院の中庭でまったりした

IMG_7711.JPG

Icelandで見つけたきのこの山みたいなお菓子(ラトビア産)と、
アッキーがブログで紹介していたLaysのワサビ味。
ワサビ味、つーんとして美味しい!彼も好きだった。

最近はお腹をいっぱいにすると、気持ち悪くなってしまうので
この旅ではレストランなどには行かず朝買ってきたパンとお菓子をちょくちょく食べてました。

ちょっと丘に登る。体が重くて、ちょっとした丘もきつくなってきた。

IMG_7716.JPG

丘の上から見たサーザヴァ村。

のんびり過ごした。
次の町へ向かいます。

IMG_7744.JPG


2番目の下車駅、Český Šternberk (チェスキー・シュテルンベルク)に到着。
電車を降りると、ホームの目の前にお城がありました。

IMG_7750.JPG

チェスキー・シュテルンベルク城

IMG_7786.JPG

シュテルンベルク家という貴族家が住んでいたお城。
中は豪華な内装をした15個の部屋と、一家が集めたお宝などが飾られているようです。

城上からの眺め
IMG_7758.JPG


城よりもっと登って行くと、お城の見張り台があった。

IMG_7775.JPG

ここまでの道のりで私は力尽きてしまったので下で待機。

彼が登って見てきた、塔からの村の景色

IMG_7772.JPG

のどかですな〜。

城下の喫茶店で休憩、ほんと今までの私たちにないのんびり旅行をしている。
その後雨が降ってきてしまって、ホームで30分ぼんやり待っていたが、
列車待ち中もお城を眺めてられるので良い気分だった。


3番目の駅、
Zruč nad Sázavou(ズルチュ・ナト・サーザヴォウ)へ。

到着は夕方、ここで一泊した。
IMG_7891.JPG

この町に唯一あるホテルらしいが、町の大きさに似合わずでかい。
チェコでこういう大きいホテルに泊まったのは初めて。


IMG_7843.JPG

部屋も広々、きれい。
客室が多いホテルなのに、翌朝朝食行ったら客が私たちしかいなかった。

夜、町をちょっとお散歩

城の前で野うさぎやカエルに出会えた。

IMG_7859.JPG

夜のお城が翌朝見た時より美しかったので、この町に泊まって正解。

朝再び、お城へ

IMG_7896.JPG

IMG_7901.JPG

彼は今まで来たお城で一番好きだと言ってた。

IMG_7963.JPG

とても雰囲気の良い町だった。ちゃんとスーパー等もあるし、
仕事場(プラハ)から近かったら住みたい町だねと話してた。


電車の旅はまだつづく

IMG_7977.JPG

IMG_7979.JPG

電車大好きな3才の甥っ子を思い出してた。
こういう列車旅に連れてきたら喜びそうだなぁと。


4都市目、
Ledeč nad Sázavou(レデチュ・ナト・サーザヴォウ)

IMG_7996.JPG

IMG_8029.JPG

レデチュ・ナト・サーザヴォウ城

13世紀に建てられたゴシック様式のお城
城の内側は、修復されておらずあまりぱっとしなかった。
美術館、展示会等で使われているようだ。

IMG_8051.JPG

ここの川で映像作品の撮影をしたくなり、二人で半裸になって踊った。
日本では作品つくりに体を張る事が多かったが、チェコに来てから一切していなかった
だから久しぶりにすごい楽しかった。妊婦が踊ってる姿も面白いと思ったのだ。
通行人にかなり見られた。馬鹿なことにも付き合ってくれる彼でよかった。


さて、とうとう最後の都市
Světlá nad Sázavou(スヴィエトラー・ナト・サーザヴォウ)。

IMG_8070.JPG

美しかったシャトー

城裏にある大きな森林公園もよかった。

IMG_8088.JPG

天気の力ってすごいよね、写真写りも一段とよい。


そして旅行最後は、
ガーリックスープで絞めた。

IMG_8089.JPG

このシティレストランよかったな。


ゆったりまったり、でも色々なものが見れて面白かった。
彼は体調を常に聞きながら、私ペースで動いてくれた。
坂道で私をサポートするために、彼が腰痛めちゃったりも。。
素敵な旅行にしてくれた彼にありがとう。


posted by A子 at 15:24| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

はじめて見た

最近食後の胃がつらい。
子宮が大きくなって、胃がつぶされているせいだろう。

昨日は夜に大盛パスタを食べてしまい、体が重くてしんどかったので外に散歩に行くことにした。
もう21時だったので彼も付いてきてくれた。
星でも見れたらいいなぁと思ったのに、雲が全面にかかり空はどんよりしていた。

暗い森を抜けようと思ったとき、彼が急に足を止めた。

kowai.jpg

彼は固まっている。
全身に鳥肌を立てて言った。

「見た?」

「え、なに?」

「目の前に突然、ちょび髭の男の顔が見えた..」

コワっ。。

かなりくっきり見えたらしい。
私は怖がりなのでそれ以上聞かないようにし、森へは進まず元来た道を戻った。

幽霊を見たのは、彼は生まれて初めてだったらしい。(私は見たことない)
彼は怖いもの知らずな方だが、こんなに怖がってる彼は初めて見た。

そして、そのまま住宅街を散歩。
住宅街といっても、隣は林。

その道で私も、生まれて初めてのものを発見。

「あ!!」っと叫んで指をさすと、彼はまださっきの体験にドキドキしていたようで
タンを喉に詰まらせしばらく咳こじらせていた。
また幽霊だと思ったらしい。

私が見つけたのは、野生のハリネズミ!

その道で2匹も見つけた。
1匹の後を追って近づいていくと、意外にも道の端っこで静かに止まった。

20170911_111908.jpg

かわいい!

目はウルウルとし、顔は濡れていた。

彼はハリネズミと遭遇した事は何度もあるようで、
仕事から帰ってきた彼から「今ハリネズミ見たよ〜」なんて報告を受ける事もあった。
チェコの野生動物といえばハリネズミ、彼とハリネズミのスタンプを作ったことも。
私はチェコに来て以来、何年もハリネズミを見たいと思っていたのだ。
やっと生き生きした野生の子と出会えた。すごいうれしい!

本当におとなしい子だったので、オンドラは素手で背中を触ってみた。
痛いかもよ!やめなよ。と言ったのに。

20170911_111857.jpg

やっぱり、痛かったみたいだ。
でも触れたのは初めての様でうれしそう。

静かにとまってはいるが、針を立てているし私たちを警戒して怯えてる気がしたので
その場を離れた。

すごい良い体験だった。夜の散歩もいいもんだ。


posted by A子 at 13:14| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

近所の花火大会

22週3日になった日、オンドラが初めて赤ちゃんの胎動を感じた。

1.jpg

彼の目は大きくなって、少年のようにキラキラしておりました。

最近は、ポコポコからボコボコという強目の胎動に変わりました。
よく移動しているようで、膀胱近くを蹴ってるなと思えばヘソ辺りを蹴ってきたり、お腹全体で感じます。
朝と夜が活動的です。


昨日、近所でやっていた花火大会へ行ってみました。
いつもの殺風景なグランドが、お祭りに早変わり。

yatai.jpg

チェコのお祭りでは必ず出るタイプの屋台。
ジンジャークッキーやマジパン、長いグミなどチェコの駄菓子が売ってます。

でかいアトラクションもいっぱい登場。

park1.jpg

2日間のイベントのために、よくここまでするよなと感心する。
ローラーコースター、ゴーカート、回転ブランコなど8種類くらい。
子供たち大喜び。


チェコの綿菓子はでかい。

wata.jpg

祭りの綿菓子は気分で買っちゃうけど、
手や顔がべドべドになってやはり今回も後悔した。

花火大会を夏が終わったこの時期にやるのは、チェコの夏は日が長すぎるから。
夏は22時を過ぎないと暗くならないのだ。
最近は20時ころには暗くなってくるので、小さな町でやる家族向けのイベントではどうしてもこの時期がちょうど良い。


花火が始まった。

hanabi1.jpg

ローラーコースターの間から発射した花火。

ちゃんと大きい花火だし、すごく近いので迫力がありました。

hanabi4.jpg

花火の灰の塊が鼻に振ってきてちょっと痛かった(笑)

posted by A子 at 12:27| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

8月が終わる

8月はなんだかあっという間だった。
気づいたら今月は過去最高のブログ投稿数、いろんな事あったんだな。
昨日今日は30℃近くあって夏日だったけど、今夜から雷雨がくるようで、
9月入ると同時にぐっと涼しくなりそう。

最近日本人の友達4人と集まって日本食レストラン、まし花へ行ってきた。
メンバーはさやかちゃん+息子君と、アッキーとニューフェースのじゅんこさん。
全員チェコ人パートナーを持つ同士で、話弾む弾む。言語の壁なく話せてラク、かなり楽しんだ。
レストランがもろ和定食屋の内装だから日本にいる感覚に陥って、落ちつけた。

色々メニューがある中から皆そろって天ぷら弁当を注文(笑)

20170829_115518.jpg

皆で贅沢だね〜と言いながら味わって食べましたよ。
ランチだから安いとはいえ、250コルン。
日本円に換算すると1250円くらいだけど、チェコでの給料は日本の半分以下って感じなので
この弁当は私達には2500円くらいの感覚なのだ。
そんなリッチ天ぷらは、ちょうど良く揚がっててやっぱり美味しかった。満足!
アッキーは自分で天ぷら揚げるみたいだけど、私もめんどくさがらずやってみようと思った。

その後近くのカフェへ移動、天ぷら中静かに寝ていたさやかちゃんの息子君(1才2か月)も目を覚まし
元気になっちゃったのでお母さん大変そうだった。
もうトコトコどこでも歩いて行っちゃうほど大きくなった。シャイなのは変わらず(照れ笑いが可愛い)。
人の子でも、どんな子になっていくのかなーと楽しみ。


この日トラムに乗ってると
「Jste těhotná?(妊婦さんですか?)」と他人に聞かれ、初めて席を譲られた。
その後もつづけさまに2回。服の上からでもわかるくらいお腹大きくなったんだなと思った。
チェコ人は妊婦や赤ちゃん連れに優しいというが、それを自ら実感した日でした。


そして今週は、訳あって3度もČelákoviceという小さな町に出かけてました。
話に進展あったら後日ブログに書きますが、Čelákoviceは前からよく遊びに行っているお気に入りの町です。

Čelákoviceの町の広場

IMG_7564.JPG


町の中心からすぐを流れるラべ川
IMG_7556.JPG

町中心はけっこう栄えているのに、川、湖、大きな森と自然が広がるいいとこどりな地域です。


時間があったので、Čelákoviceの隣の町Lysá nad Labemもちょっと見てみた。

IMG_7537.JPG

小さい町だけどお城がある。きれいなスクエアと教会が印象的。
聖書の登場人物のような石像が多く立っているせいかクリスチャンの町っていう雰囲気が少しあった。

posted by A子 at 18:07| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

トローヤ城のフードフェスティバル


プラハ7区のトローヤ城で開催されているフードフェスティバルFoodparadeに行ってきました。

トローヤ城

IMG_7504.JPG

表の庭園へ行くと

IMG_7505.JPG

たくさんのテントが並び、来場客でにぎわっておりました。

ドイツ人友達のブリタと合流、一緒にどんなお店が出ているのか見て回りました。
プラハの一流レストランやカフェが出店しているようです。
お試しの価格と量で販売しているので、この機会に色々なレストランの味を確かめてね!
といったイベントでした。

1食100Kč(500円)くらい。
入場料150Kč(750円)もあるので、最終的にけっこう出費してしまいました。。

ずっとステーキが食べたいと思っていたので、
見るからに美味しそうだったレストランMangustinoのステーキを食べることにしました。

IMG_7510.JPG

焼くのに時間がかかるので、行列になっていて、けっこう待ちました。

IMG_7513.JPG

フランス産とアルゼンチン産の盛り合わせにした。120Kč(600円)
待ったかいあり、すっごい美味しかった。アルゼンチン産の方が柔らかくて好み。
久々に美味しい牛ステーキが食べれて大満足でした。

そしてブリタも美味しいものに出会ったらしい、

IMG_7521.JPG

「ん〜〜」と最高の笑顔になって食べているものは

IMG_7519.JPG

ココナッツチーズケーキ。味見させてもらったけど、確かに濃厚でリッチな味だった。

アジア料理も美味しそうだった。

IMG_7528.JPG

イカ焼きにも惹かれたけど、カニフライを購入。
カニクリームコロッケを思わせる見た目だったけど、カニの練り物を揚げたものだった。

IMG_7523.JPG

食いしん坊女子の私らはたくさんの種類の食べ物に目移りしました。

IMG_7531.JPG

IMG_7532.JPG

どのお店の料理も、見た目がきれいです。

IMG_7525.JPG

お花が入ったクランべりーレモネードが涼しい。

ブリタと、木陰でのんびり過ごしました。
こういった夏も、もう少しで終わりだなぁ。

IMG_7512.JPG

野原にシートを敷いて寝転がる乳児連れの親子が微笑ましかった。
来年の夏はどんな風に過ごしているのかなぁ。


posted by A子 at 18:58| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

いつも正直に

数か月前からEメールでお話ししていた日本人のRyokoさんとプラハでお会いした。
Ryokoさんは、今を生きるエネルギーに満ち溢れている素敵な女性。
彼女が人生経験豊富な理由は、常に感情に正直に生きているからだ、と話していて気がついた。
まっすぐなので気持ちがいい。

「タロットカードで言うと自分は不要なものをどんどんなくしていく死神」と言っていたのが印象的。

2.jpg

他の人を尊敬しながら、我儘に生きてる人ってかっこいい。

自分もこれから起こる将来についてワクワクした。
ここからは独り言です。

自分の気持ちに正直に生きる。
これは時には難しいけれど不要と感じるものを切り捨ててみる、無駄なものを持たない
って大事だなって思う。シンプルにすると大事なものだけが残るよね。

できない事はないし、心が動いた時は体も動かして、具現化していきたい。
失敗して、違かったと気づくかもしれない、それはそれで良し。
自分にぴったり合うものは自ずと続いていくのだから、それが残ればいいのだ。

ぼんやりと今後の理想を考えてみると
私は自分がそう育ったように、仲良い家族をつくりたいと思った。
それぞれのしたい事を尊重する1人1人が自立した家族。
いっぱい話して楽しかった辛かったをシェアしたい。
好きな事を一緒に楽しめたらなお嬉しい。

今はオンドラ自作の音楽に合わせた映像を、彼と二人で作っている。
ずーと休んでいたアニメーションの自主制作も最近はじめた。
やっていて心地よい事って、一度止めても結局戻ってくるんだな。
時には休みながら、でも一生続けていきそうな気がしてる。
妊娠中のこの良いタイミングで、
アニメーションを再開するきっかけをくれた幸太郎にも感謝。
遠くに住んでいてもネットさえあれば人と共作ができる今の世の中がありがたい。
できることって、本当いろいろありそう。


posted by A子 at 15:21| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

ベズジェス城とマーホヴォ湖 Hrad Bezděz a Machovo Jezero


1泊のお泊りでボヘミア北部へ行ってきました。

今回の目的地は2か所。
@山の上に建つベズジェス城を見に行く
Aチェコで一番大きな人工湖、マーホヴォ湖に入る

map.jpg

まずはお城へ行くために、Bezděz駅へ向かいました。
プラハから100Km、2つの電車を乗り継いで2時間程でした。

IMG_7277.JPG

駅から山の方へ歩いていくと、さっそく山の上に建つお城が見えました。
あそこまで行きます。

最高気温20℃と涼しく散歩が気持ちいい日

IMG_7290.JPG

はしゃぎながら進みました。


今回は山の坂道でも体が重く感じない、体調がいいって素晴らしい。

IMG_7310.JPG

お城に着くまでに大きな門を3つ通り抜けました。

見えてきたお城の塔

IMG_7322.JPG

塔は35mあるようで、塔の上からは360度の景色を見渡すことができるとか。

IMG_7350.JPG

しかし、この日は月曜日で定休日。中まで入ってみることはできませんでした。
オンドラはとてもとても残念がっていました。

お城全体はこんな感じ。
IMG_5345.JPG

この写真は、ボヘミウム公園に行ったときに撮ったもの。25分の1縮尺のベズジェス城です。
春先にこの模型を見てカッコイイ!と思って、このお城に来ることを彼と楽しみにしてました。
中見えなかったのは確かに残念だけど、いつかまた来ればいいなと思いました。


城前から少しだけ見えた景色

IMG_7330.JPG

遠くに見える大きな湖が次の目的地、マーホヴォ湖です。

さっそく向かいます。
10分ほどバスに乗り、Doksy という町まで来ました。

IMG_7355.JPG
Doksyの中央広場。

この町は、詩人であるカレル・ヒネク・マーハのゆかりの地として知られています。
目的地のマーホヴォ湖も、「マーハの湖」という意味です。
湖からインスピレーションを受けたマーハが、この湖を舞台にした詩をのこしています。

歩いている時に、マーハの像を発見しました。
しかし私が知っている若いマーハではない!

young old.jpg

左が今回見つけた年老いたマーハ、右は若かりし頃のマーハ。
右のマーハはプラハ、ペトシーンの丘に立っていて有名な観光スポットです。
マーハは愛の詩をたくさん残している事から、銅像の前でキスしたカップルは永遠になるいう言い伝えがあり、カップルに人気なのです。
マーハも若いですが、その前に立つ4年前の私達も初々しい(笑)
貫禄のあるマーハ像を見て、この人どんな人生だったのかな?と気になりました。調べてみよ。

Doksy町から数キロ歩いて来たら湖が見えてきました。

IMG_7370.JPG

チェコで一番大きな人工湖らしいです。
そして、夏の避暑地としてチェコ人に人気のリゾート地のようです。

ビーチには子供が遊べる遊具がいっぱい。

IMG_7374.JPG

湖に浮かぶアスレチックや、巨大スライダーなどが楽しそう!
日本でいう海の家、のような感じで周りはレストランやパブも開いています。
子供が5才くらいになったら、また連れて来たいねーと彼と話してました。

この時気温15℃、人が少ない静かなビーチでした。
彼は遊ぶ気満々で水着持参してきましたが、
風邪気味だったのもあり水に入るのを自粛しました。

チェコ料理のレストランで食事、メニューのほとんどが揚げもの。。

IMG_7378.JPG

初めてマッシュルームの揚げ物を頼んでみましたが、これがジューシーですごく美味しかった。
またどこかで見つけたらこれを選びたいと思いました。

食事中に目に入った花壇。中に何かいる。

IMG_7376.JPG

毛が上下に動き、何かがすやすやと寝ているようです。

目を覚ましました。

IMG_7382.JPG

か、かわいい!

その後、また花壇の中で丸くなって寝ていました。
何とも平和なひとときです。


予約していたホテルは湖と森からすぐ近くにありました。

IMG_7366.JPG

3つ星ホテルのペンション、Pension Fami Retro Design
バルコニー真ん中の部屋に泊まりました。
オーナーの年配女性がやわらかく素敵な人でした。部屋もキレイでよかったです。

IMG_7367.JPG

朝の朝食バイキング

IMG_7385.JPG

ロフリック、ハム、チーズ、生野菜。
チョイスはこれだけで質素ですが、一般的なチェコの家庭の朝ごはんはこんな感じです。

朝の湖へ

IMG_7400.JPG

この日も昨日と同じく気温が低く、見るだけの湖となってしまいました。
人がいない分、静かで落ち着いていて私はとても好きでした。

IMG_7393.JPG

人懐こい白鳥たち。


ビュースポットがあるというので、湖の脇にある山を登りました。
けっこうきつい傾斜でしたが、体調がとても良かったので大変とは思わず楽しく登山できました。
彼がたまにお尻押してくれたり、足場悪いとことは補助して常に気にかけてくれてたお陰もあります。

朝バイキングの種類が少なかったくせに食べ過ぎた私、いい運動になってるなぁと感じました。
この1週間は、妊娠して以来心身ともに一番調子が良いです。


IMG_7402.JPG

さくさく登って頂上到着。


IMG_7441.JPG

180度のパノラマ絶景に感動しました。
忘れられない景色の一つとなりそうです。
風も爽やかで、すっごく気持ちが良かった。
いっぱい深呼吸して、赤ちゃんにもきれいな空気を送りました。

IMG_7419.JPG

この日、ちょうど妊娠20週(6ヵ月目)を迎えました。
思えば、妊娠5ヵ月目を迎えた日も登山したな。
あの時よりお腹も出て、体の調子がいいことが有り難いです。
妊娠生活の半分まで来ました。この調子でどんどん大きく育ちますように。

posted by A子 at 18:03| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

アジア食品店


小豆を買ったので、お赤飯と餡子を作りました。

IMG_6860.JPG

久しぶりに食べるお赤飯が美味しくて感動!

作った餡子は、全然満足する出来ではなかったのですが(1日水に漬けておいたのにかたい!)
せっかくできた餡子なので苺大福を作りました。

IMG_7272.JPG

おいしくできました。でも、やっぱり餡子が、、、
他のメーカーの大豆を買って再チャレンジしようと思います。

赤飯と大福に使った材料たち

IMG_6866.JPG

左から、もち米、大豆、黒ゴマ、餅粉

日本食材が欲しい時に私が行くのはだいたいここです。

20170727_160649.jpg

共和国広場にあるK‐Shop

韓国食品の店ですが、日本食品もけっこう置いてます。(日本から輸入の物はほぼない)
日本から輸入している日本食材が買えるのはJapaFoodが有名ですが、
私には高くて手が出せないので、K‐shopのアジア輸入品で満足しています。


そして最近は、プラハ4区外れにあるベトナム巨大問屋街へ行ってきました。(遠かった、、)
行ってみてびっくり、7区にあるベトナム問屋街とは比べものにならない広さ!
ベトナム街の中でも、皆車で移動する広さなのですね。車がびゅんびゅん通っていくのがちょっと嫌だった。
私は一人とぼとぼと歩いてきたので見て回る体力がなく、お目当ての巨大スーパーマーケットだけ行きました。

TOMDA FOODS
20170813_161859.jpg

中は広くて、チェコ商品、アジア食品が山積みになっていました。コストコみたいな雰囲気。
他の店よりも値下げしているものが多く、車で来ていっきに買い物するのが良さそうです。
私が行くK-shopより少し安かったです。
チェコ人客もいましたが、ほとんどがベトナム人客で、
自店のベトナム商店で売る為に大量買いしているような感じでした。
和食に使える調味料、野菜、日本風なお菓子、饅頭等もありました。

私は普段手に入りにくいものを少しだけ買ってきました。

IMG_7264.JPG

サツマイモ、里芋、豆腐、味噌、カレー香辛料など

豆腐は冷ややっこにして食べています。木綿豆腐ですが、味は良いです。
里芋は煮物をしました。日本より粘々感少ないですが、久しぶりだったのでまぁ満足。
サツマイモはレモン煮と大学芋にしたいと思います♪


posted by A子 at 19:54| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ブルノ帰省


1泊2日でブルノに行ってきました。
またまた久々となってしまったブルノです。

20170811_122652.jpg

出発前のプラハはザーザー振りの雨で15℃と肌寒く
「天気が悪くて残念だね〜」と話していたんですが
その日の新聞を見ると、ブルノのあるモラビア地方は33℃!
着いたらしっかり晴れていたブルノです。蒸し暑くて南の国に来たみたい!

ブルノに到着して、久しぶりに彼と町を歩きました。

IMG_7222.JPG

賑わう野菜マーケット広場。

どの通りを歩いても新しいレストランや喫茶店がいっきにできており、
「お洒落な町になったなぁ〜」と彼。

IMG_7228.JPG

平和広場は変わらず。この噴水が好きですね。

夕方から私は日本人の友達と会って、新しくできたお洒落なベトナム料理屋へ。
お互いの近況話しながら快食しました。妊娠祝いのタオルとハンドクリームまで、ありがとうございました。
オンドラは親友ワシェックの新居で開催されてるパーティーへ。
そして私も友達と別れた後は、ワシェックの家のパーティーへ参加しました。

ワシェックとデイビット夫妻(ゲイ結婚カップル)の新居はとてもハイセンスで豪華でした。
家のベランダから聖ペトロフ教会が見える!

IMG_7234.JPG

4年前、初めてチェコに来た時から仲良くしているブルノの友達です。
皆久々だけど溶け込みやすくて、やっぱりブルノの友達は落ち着くなぁと思いました。


夜はお父さんが昔のアルバムを見せてくれて、いっぱいお話ししました。
お父さんは旅行好きだったようで、チェコ全土の昔の写真がたくさんあり面白かったです。
チェコの昔の話、今のうちにお年寄りからいっぱい聞いておきたいです。

翌日はブルノから30Km離れた山里にあるハタ(別荘)へ出かけました。

その前に寄った実家近くの森でイノシシの様子をチェック。

IMG_7240.JPG

相変わらず元気そう。
ブルノに来た日、初めてオンドラに紹介された友達がここのイノシシでした。
このイノシシたちが私とオンドラの距離を縮めたのです。(マジ)

別荘には、体調が万全でないお父さん以外、家族全員集まりました。
毎度成長にびっくりするのは、サミック(14歳)です。

IMG_7248.JPG

オンドラと手作り武器で戦う子供らしさは変わらないけど、もうこんなに体が大きくなって!
出会ったころは私より小さかったのに、今ではオンドラとほぼ同じ身長です。

この日はたっぷり時間があったので、全員でかくれんぼしたりボードゲームしたり、
共作で漫画描いたり、とにかくノンビ〜リ過ごしてました。

IMG_7257.JPG

この日覚えた言葉は「To je Pohoda.」
落ち着いていい時間だねっといった意味で使うぽいです。

posted by A子 at 12:48| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

女友達

最近会った友達の話

先週プラハに住むさやかちゃんが、友達を紹介する為にお茶会をセッティングしてくれた。
驚くことに紹介された友達Miyukiさんは妊婦さんで、出産予定日が私とたったの15日違い。
チェコ人配偶者とチェコに住んでいる日本人というだけで親近感が沸くが、
その上出産予定日まで近い妊婦さんとなると、出会えたことが奇跡のように思えた。
Miyukiさんは私より妊娠週数進んでるのにお腹小さかったな。細いからだね。
胎動はもうしっかり感じるようだ。


sajaka.jpg
そして久々に超身軽にやって来たさやかちゃん。
今回息子君はお父さんに預けてきたのだ。
お母さんにもそういった完全フリーになれる時間は必要と思う。
両家親共遠くに住んでいるから頼れる人は旦那さんしかおらず、旦那さんの協力ってすごい大事だよね。
私もそうなるんだろうなと。オンドラによろしくと今から言ってます。
さやかちゃんは出産を経験してから1年しか経っていないので色々な事を覚えており、プレママの私達にたくさんのことを教えてくれました。
日本の妊娠情報雑誌を読んだりするけど、やはりチェコでは勝手が違うので、チェコで出産育児を経験している人の話が一番役に立ってありがたい!
似たもん同士の3人で話して楽しい午後でした。


話飛んで、昨日私達の家にオンドラ同僚のルツカが遊びに来た。

オンドラは職業柄、友達は女かゲイばかりである。
そしてオンドラも女ぽい性格をしていると思う事がある。
最初の頃は、仕事終わりに彼が女子と飲みにいくことにジェラスィ〜を感じていた私なのだが、
彼が紹介してくれるその友人たちはことごとく最高に良い子ばかりで考え方が変わった。
オンドラは女の意見を女友達を通して聞くことが多いので、私の心情を自然と理解してくれることが多い。
女友達有り難し。私も仲良くなりやすくて嬉しい。
ルツカは特につつみ隠さず何でも話す明るい子で好きだ。

ルツカとお家で一見さん餃子を食べ、オンドラ考案の子供みたいなゲームをし、Úvalyを案内した。
ルツカが高架橋が大好きだというのでÚvalyの何てことない高架橋を見せに行った。
彼女は素敵〜と、とても嬉しそうだ。人の好みはそれぞれだな。

bridge.jpg

ルツカと高架橋の前で。

丘の展望台に登ってÚvalyの町を一望して、広場のカフェに行った。
そしたら、そのカフェで何故かルツカ出身の町の地ビールを扱っていて彼女は驚いていた。
もちろんそれを頼んでいた。
そして、自家製レモネードに柚子があったことに今度は私が驚いた。チェコで珍しい。
チェコでも「ユズ」というようだ。日本のだーと言ったら、そうよ!と店員さん。
チェコ人にユズって言っても誰も分からなかったけど、さすが日本人ねー!と嬉しそうだった。

20773582_1814966321887587_384084166_o.jpg

ボヘミア北部フリードラントという町で作られている地ビールと、柚子レモネード

ルツカと私は飲み物で祖国を感じながら、
噂話から下ネタまでぺちゃくちゃと女子校的トークを3人で盛り上がったのでした。

posted by A子 at 10:22| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

50Kgの荷物


本日、大きな宅配便が届きました〜。
内容量50Kg。中は何でしょう?

IMG_7188.JPG

大ヒント↓(組み立て前のパーツたち)

IMG_7192.JPG


正解は、


IMG_7205.JPG

電子ピアノです。

ずっとピアノ弾きたくて、妊婦中ちょうど暇だしで買っちゃいました。
一軒家ではないので、電子ピアノにしました。

購入を検討している時、電子ピアノを扱ってる楽器屋に行って色々な鍵盤を試しました。
YAMAHAの電子ピアノ(YDP143R)がすごく良かったのだけど高額なので一旦考えることに。
その間、ドイツのSchubertというメーカーの電子ピアノが大幅値引きしているのを彼がネットで見つけました。
展示用に一度使ったものらしい。このピアノ、チェコでも日本でも取り扱いないようだ。
ドイツから直接輸入したものらしく、説明書もドイツ語と英語のみでした。
買う前の試弾はできないとのこと。
私はピアノに近けれ近いほど嬉しいので、機能がいっぱい付いててもなぁって感じだったのだけど
オンドラが、「子供が大きくなった時に色々な音出るピアノだと楽しいんじゃない?」と言って
このピアノ押しだったので、リスクありながらもこちらを買う事にしたのでした。

届いてから弾いてみた感想は、
鍵盤のタッチがどちらかというとエレクトーンに近いと思いました。
これはちょっと残念。(YAMAHAのは、ピアノの鍵盤にすごく近かった)
慣れれば気にならないかもと思ったし、何より久々のピアノで嬉しいからOKです。
ボディーが木でできていて落ち着いているので見た目はとても気に入りました。

IMG_7197.JPG

私も彼もピアノを弾くのが趣味の1つ。
私は子供の頃習っていて、彼は習ったことはなく遊びながら覚えたタイプ。
彼をすごいなと思うのは、楽譜を読めない代わりに耳コピをしている音楽などを
鍵盤の音を拾いながら自己流で弾いてしまうこと。それがとても上手で、びっくりします。
なので、自分で曲も作っちゃう。私にはできません、いいなぁって思います。

チェコ人て、日本のように習い事にお金かけない。
楽器やスポーツの習い事なら行く人は行くと思うけど、学習塾ってない。
基本独学で頑張るみたい。彼は何かを習った事ないのに色々できる。
私ピアノ習わせてもらったのに彼よりピアノ上手じゃないし、塾行かせてもらったのに彼より頭悪いし、
英会話行かせてもらってたのに彼の方が英語上手だし、卓球を習った事あるけど彼の方がずっと強い。
なんだかなぁ、、orz 自力で学ぶ方法を知っている人は最強だわ。。

ともあれ、私は楽譜ダウンロードして練習🎵楽しい!
部屋にピアノの音が流れてるっていいね〜と二人で喜んでます。

posted by A子 at 17:06| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ネラホゼヴェス城とヴェルトルシ城 Nelahozeves a Veltrusy


一昨日お城を2つ見に行ってきました。

map0.jpg

まずはネラホゼヴェス城へ。
このお城があるネラホゼヴェス村はチェコの作曲家ドボルザークの故郷でもあります。

IMG_7107.JPG

これは、ドボルザークが生まれたお家。
今はドボルザーク博物館となっています。

この人↓
IMG_7108.JPG

この人恐面だよね。もし音楽の先生がこの顔してたら授業出たくなくなる
とオンドラの感想。

ドヴォルザークの曲は、「新世界より」が有名でしょうか。
その第2楽章が、日本では「遠き山に日は落ちて」として閉館音楽で使われることが多いですね。
「蛍の光」も閉館音楽のイメージであるけど。
私が子供の頃通っていた小学校も、図書館も、「遠き山に日は落ちて」が閉館時に流れてました。

私10年前のチェコ旅行の時にドヴォルザークが通っていた教会というのにも訪れた事があります。
ドヴォルザークが晩年弾いていたというパイプオルガンを特別に弾かせてもらいました。
その時に「遠き山に日は落ちて」を弾いたこと、忘れられない思い出です。
ただ、あれはどこだったのか?思い出せません。周りに何もないかなり田舎だったような。

↓この教会ではなかったはず、、
IMG_7106.JPG

ドヴォルザークの家の目の前にあったオンドラ教会。
せっかくなのでオンドラ君、オンドラ教会の前で記念撮影。

ドヴォルザーク美術館からすぐ、駅からすぐのところにお城があります。

IMG_7113.JPG

ルネッサンス様式の建物。

IMG_7133.JPG

壁にズグラッフィート装飾されていて美しい。
16世紀〜18世紀に住んでいたロブコヴィツ(Lobkovic)家が絵画大好きだったんですね。
館内には一家が収集した絵画が展示されているようで、個人収集家の所蔵量としてはヨーロッパ一らしいです。

IMG_7129.JPG

いつもながら、城内見学はいいやって事で次のお城へ向かいます。
旅行は城に行くことを目的とすることが多いですが、私は城自体よりも行くまでの道のりや城まわりの環境に興味があります。

すぐのところにヴルタヴァ川が流れていました。

IMG_7135.JPG

ヴルタヴァ川に入ってみたのは初めてです。
プラハ中心付近を流れているヴルタヴァ川は入れたもんじゃありませんが、
ここまでくると少し水が澄んでいたのです。

この日はチェコ住んで以来初めてものすごい湿気を感じた日でした。
どんどん汗出てくる。日本の夏を思い出します。体力奪われる。
朝は久しぶりに悪阻のような症状も出て、あわててファンタを買いました。
炭酸飲むとらくになるのです。

ネラホゼヴェス城から3kmほど歩いて辿り着いたのがヴェルトルシ町。
白い石が地面に弾いてある森を抜けると出てきたのがヴェルトル城。

IMG_7147.JPG

バロック様式、色合がステキ。こじんまり可愛らしいシャトーです。

お庭もきれい✨

IMG_7161.JPG

1716年にVáclav Antonín Chotek伯爵の為に建てられました。
社交場としても使われていたマンションとのことで、
チェコで初めて開かれたボヘミア品見本市にはマリア・テレジアも夫婦で訪れたようです。

暇そうなおじさんに写真撮ってもらった。

IMG_7162.JPG

この写真、気に入ってます。


お城を出ると草原が広がっていました。

IMG_7164.JPG

歩いていたら鹿がいまして、

IMG_7166.JPG

アホーイ、アホーイと私が声をかけても見向きもせず
むしゃむしゃ草を食べ続ける鹿たちだったんですが

オンドラが、喉を器用に使って鹿の声を出しましたら

IMG_7179.JPG

なんと彼らが向かってきたのです。
オンドラは、ブルノの鹿がいっぱい住む森付近で育ったので鹿の声をよく分かっているらしい。
ブルノの森に生息してる鹿はちょうどこの種類のオオツノシカ。
鹿とコミュニケーション取れる彼を大変見直しました。


帰る前に小さな町で食べたチェコレストランが安かった。
私と彼が頼んだ料理は85コルン(425円)くらいなんだけど

IMG_7185.JPG

ドーンとこのボリューム。チキンソテー、チーズと杏子のせ。

私はサーモンフライを

IMG_7187.JPG

中はサーモンにタルタルとはちみつソース、美味しかったです。

生ビールのハーフリットル20コルン(100円)、生レモネードハーフリットル16コルン(80円)
と激安。スクエアが存在しないくらい小さい町や村のレストランはいいねぇ。

この町から電車で帰ろうかと思ったら、ちょうど良い時間のバスがプラハ(Kobylisy)まで出ていたのでバスで帰った。
まぁ、暑くて暑くて辛かった。チェコのバスはクーラーなど入ってません。
夏はクーラーの入っている電車か、もともと涼しいメトロでの移動をお勧めします。

では日本の皆さんも、チェコの皆さんも、他の国住まいの皆さんも(誰かいるかな?)
水分いっぱいとって暑い日はお気を付けてお過ごしくださ〜い。

posted by A子 at 11:49| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

安産祈願


日本の家族から贈り物が届きました〜。

arigatou1.jpg

たくさんの日本食!
何が食べたいのー?と聞かれて、おつまみと駄菓子と梅系のものと伝えていました。
それに加えて私が好きそうなものを母と姉で選んでくれたようです。ウニ缶とかウナギ缶(写真入れ忘れ)とか、すごい!
1アイテムごとに1歓声上げていたら、オンドラにうるさいと言われた(笑)
一昨日、日本で駄菓子を買ってる夢を見たのです。今目の前にある物は夢ではなく現実か?!

そして、縁起のよい品物たちも。

arigatou2.jpg

安産祈願のお守りは、親戚三ちゃんが川崎の琴平神社まで行って買ってくれました。
オンドラが、木箱とお守りにHezký Hezký(きれい)と何度も言ってました。

マタニティーショーツは、姉が安産祈願で有名な雨引観音(茨城!)で買ってくれました。

安産祈願って気にしたことなかったですが、もらってみると妙に頼もしく感じる。守ってくれそうです。

さくらももこのエッセイが入っててびっくりしました。久々に読みたいなぁってブログでつぶやいたんだよね。。

元気が出るお手紙とともに。本当にありがとう!元気な子を産むよ!
正直、強いホームシックにかかってる最近でした。(←頻繁になるよな私)
家族と遠くて寂しいけど、応援のお陰でやっていけそうです。

やっと手元に来たこの荷物、長い事迷子になっていました。
姉が半月前に送ってくれて、なかなか届かないので心配していました。
書留付で送ってくれていたおかげで、チェコのポストサービスでも追跡ができて(日本からはチェコに届いたところまでしか追跡できない様子)
1週間も前に町の郵便局に届いていたことが判明。ずっと近隣の郵便局が預かっている状態でした。
問い合わせ番号と身分証で、すんなり荷物を受け取ることができました。
何故か不在票もなにもなかったので、自分から郵便局に出向かわなかったら日本に送り返されていたかもしれません。
ちゃんと手に入れられてよかったです。

posted by A子 at 16:48| Comment(5) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

サドスカー湖 jezero sadska


寒かった先週が嘘のように、暑い夏が戻ってきたチェコです。

今年初の湖水浴へ出かけました。

sadska.jpg

サドスカー湖へ。
サドスカー駅を降りて湖まで3Kmほど歩きました。

IMG_6981.JPG

期待通りの美しいビーチでした。
知る人ぞ知るでチェコ人に人気なビーチらしいのですが、この日は人が少なめだった。
土曜日なのに、ラッキー。
毎年書いてるかもしれませんが、チェコには海がないので夏はプールか湖で泳ぎます。
私はクラゲを気にしなくていいので湖好きです。森に囲まれているのも気持ちいい。

IMG_6980.JPG

水がちゃんと透き通ってる〜♪
今まで行った湖は水が濁ってきれいじゃない所も多かったんです。

気温が暖かくても、湖の中はやっぱり冷たい。
でも、彼は嬉しそうに泳いでいきました。

IMG_6984.JPG

私平泳ぎができないので、うらやましい。

こんだけ冷たいと赤ん坊に悪そうなので、私は浅瀬で遊んでました。
何かいいもの見つけましたよ〜。
IMG_7015.JPG

IMG_7017.JPG

カエルもいるんですね〜。

泳いで帰ってきたオンドラは、
「目の前に蛇がいた!」と言っていました。
顔のすれすれまで向かって来たから、噛まれるかも!とヒヤヒヤしたらしいです。

魚もいっぱいで、生き物が多い湖でした。
というか、水がきれいだから普段見えない生物がよく見えたのかも。

砂のビーチでオニギリ食べたり、寝転がって日光浴したりリラックスできました。


IMG_7024.JPG

しばらくそのまま裸足で歩いて、7Km先にあるニンブルク町に向かいました。

IMG_7033.JPG

ここ森の中なのですが、なぜか砂場になってて面白い。
子供達が思いっきり遊んでて楽しそう。

ニンブルク町に到着。

IMG_7038.JPG

スクエアーのレストランで食べた辛味チキン。
チェコのメニューで辛い(pikantní)と書いてあって辛かったことはほとんどありません。
それにしてもチェコに来てこういうのばかり食べるようになったから、
チェコの蚊が私にも刺すようになってきたのかも?

スクエアの車の通りが多くて、この町の第一印象はさほど良くなかったのですが
食後に散歩してみたらとてもいいところでした。

IMG_7044.JPG
聖イリ―教会

Pod Hradbami公園
IMG_7055.JPG

昔地区を隔てていたボーダーが残っていました。

13世紀、オタカル2世によって設立されたこの町は
中世ボヘミア大国では最も重要な町となっていたようです。
1618年から始まった30年戦争の時にこの町は焼失し、
要塞はほとんど破壊されてしまったようです。

大きなボーダー前にあるこの公園が、のんびりしていてすごくよかった。

池の近くには、マスクラットがいっぱいいました。

IMG_7074.JPG

今まで見たのより大きい!

地面にはたくさんの穴があいていました。

そして、その穴からひょこっと

IMG_7061.JPG

こちらを伺っています。


小さい赤ちゃんも

IMG_7068.JPG

初めて見た、可愛すぎる!

思いがけない動物に会えて楽しい日でした。

IMG_7079.JPG

落ちついたラべ川のほとり。

最近の旅行ではよくラべ川に出合うので地図見てみた。
こんな感じに通っているんだ。

mapa.jpg

ヴルタヴァ川とはMelnik(メェルニーク)で合流しているんだねぇ。

ラべ川は1091kmある長い川のようです。
(全長のほとんどはドイツを流れる。ドイツではエルベ川と呼ばれる)
ヴルタヴァ川からラべ川をサイクリングしたら楽しそう。


posted by A子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

ビュースポットのHvíždinec 


またまた気温がぐっと下がって最高気温20℃ほどしかない肌寒い最近です。
久しぶりに、日帰りで旅行ぽい旅行をしてきた。


map.jpg

プラハから30kmほど離れたドブジホヴィツェ町で電車を降り、
Hvíždinecというビュースポットを目指して山に入りました。

IMG_6889.JPG

歩くの全然大丈夫なんですが、坂を上がるのは体が重く感じてちょっと大変。
しかもなんかイライラしてきました。
気分転換のはずの旅行がこんなんでは、、坂が続くような山登りは今後控えなくては。

亀のようにゆっくりと進みました。
オンドラ兎は、亀の歩調に合わせてくれました。
たまに持ち上げてくれたけど、私かなり重たくなってたみたいです。

3Kmくらい歩いたところで、景色の良いところに到着!

IMG_6907.JPG

Hvíždinec、標高476mです。

IMG_6910.JPG

景色見たら、頭がスカッとした。
風つよかったけど空気がよくて、気分一瞬で変わった。

3年前まで、ここからカルルシュテイン城も見えたんですって。
木が大きくなって隠れてしまったようです。
通りがかりのおじさんが教えてくれました。


IMG_6916.JPG
近くにこんな箱が。何が入ってると思いますか?


みんなのメモリアルブック。ここに訪れた人が一筆書いています。
IMG_6902.JPG

私達も勿論書きました。
この日でちょうど妊娠16週(5ヵ月目)、安定期とよばれる時期に入りました。

景色を見た後は、ちょくちょく丸太に座って休憩しながら進みました。
平坦な道が続き、ハイキング気分を存分楽しめました。

この森には色々な種類のキノコがたくさん生えていました。
さっきも会ったおじさんが、「赤いマークのコースを進むといいところに行けるよ」
と教えてくれたので、青いコースを進もうと予定していたのを急きょ変更、赤いコースを進みました。

そして、教会と修道院がある場所にたどりつきました。

IMG_6930.JPG

落ちつく場所でした。

丘の下はムニーシェク・ポト・ブルディという小さな町が広がっていて
修道院の前から町を一望できたのがよかったです。

町に下りて、少しだけ見てみました。

IMG_6971.JPG

この町の中心には教会とお城があり、中央広場は開放的できれいなところでした。
広場のレストランでゆっくり遅い昼食をとって帰りました。

posted by A子 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

ストロモフカ公園

今週は2度もプラハ7区にあるストロモフカ公園に行きました。
卓球友達ブリタとオンドラと3人で、原っぱにボードゲーム広げて遊びました。

20170717_185931.jpg

私は弱くてね、早々負けたのでそこにいないのですよ。
彼らはまだ真剣勝負中。卓球の時と同様、負けず嫌いな二人です。

ブリタがドイツのボードゲームを4種類くらい持ってきてくれました。
ドイツのボードゲームって種類も面白さも世界一といいますよね、
東京にあるボードゲーム屋さんでもドイツ製品の取り扱いが一番多いと聞いたことがあります。

20170717_195029.jpg

デザインもかわいいのがドイツ製。

食べ物持ち寄ったのですが、ブリタ特性ケーキには興奮しました〜

20170717_185901.jpg

私らがゲームに夢中になってる間に、散歩中の犬が盗み食いするという小惨事もありました。
みんな大好き、ブリタのケーキ。

そして、昨日も同じメンバーで同じ公園に来ました。
ローラーコースターに乗ろう!という目的で集まりまして。

IMG_6869.JPG

私は見てましたよ。
オンドラの絶叫している声が響き渡っておりました。

そして、公園中心にある湖まで来ました。

IMG_6880.JPG

30度くらいあったので、水の中きもちよかったー。水温もさほど冷たくないし。
子供や犬が泳いでました、中心まで行っても浅いので安心ですね。
綺麗な場所でした。


おまけの話

こちらも今週、
オンドラ、オンドラの同僚のベロニカ、その彼氏のマティとミュージカルを見に行きました。

divadlo_Hybernia.jpg

共和国広場にあるヒベルニア劇場

20170720_211428.jpg

演目はMamma Mia!

チェコ語をいっぱい話す演目なので、理解するのが大変だった。
英語字幕が出てたのは有り難いですが、舞台から離れすぎてて英文追ってたら舞台が見えないという問題が。
ここに見に来るのはほとんどが外国人観光客なのに、全然外国人向けじゃないねと彼が言ってました。
あ、でも皆チェコミュージカルを楽しみに来ているのよね。映画を見てストーリーを知っておいた方がよかったかも。
勿体ないので結局字幕は最低限だけ読んで舞台に集中しました。
知ってるアバの曲ばかりで、歌って踊ってのシーンは見てて楽しかった。胸中自分もまざりたくなりました。
序盤のMoney, Money, Moneyの曲の時がダンサーの動きに工夫があって一番よかった。
でも舞台全体を通してはあまり面白いとは思えませんでした。
チケットが高額でプロの劇なので辛口になってしまうけど、、
シーンが単調でした。舞台としての演出はもっと面白くできるはず。
映画をわざわざ舞台化している理由をもう少し突き詰めてほしいなぁと。
チェコ人の他3人も、長く感じる演目だったようで疲れきっていました。
主役の女優の演技が上手で魅力があったのはよかったです。

posted by A子 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

手芸体験

週末、とっても楽しいところに行ってきました。

手芸の村!

IMG_6719.JPG

大人99コルン(500円)の入場料で場内に入ると、そこは往古の村!
木か石だけで作られた建物が並び、それぞれのお店では手芸体験(昔の職業体験)ができる
ワークショップが行われています。

それぞれのワークショップを受けるには、村専用のコインが必要になる。

IMG_6764.JPG

これが、村で使える通貨。ワークショップだけでなく、食事なども勿論これで支払う。
私達は、100コルン(500円)分両替しましたよ。
ワークショップに寄りますが、だいたい1回10コルン(50円)〜50コルン(250円)で体験できます。

お店は雰囲気があるので、覗いて見るだけでも楽しかった。


石鹸作り体験
IMG_6736.JPG

鉄工所体験
IMG_6726.JPG

木彫り体験
IMG_6734.JPG

石に文字を掘る体験
IMG_6735.JPG

紙作り体験
IMG_6762.JPG

クライカ体験
IMG_6760.JPG

他にも、パペット作り、コイン作り、ロウソク作り、陶芸、アーチェリー、、などなど
30種類ほどの体験がありました。
短時間で、触りを体験するような場所なので、がっつりやりたい人には物足りないかもしれませんが
(ものに寄ってそう感じた)、やったことないものを気軽にできるのは楽しいと思います。
子供にぴったりですね。私が子供の時にこんな場所があったら、ハマって通っちゃってただろうな。

食事処も。

IMG_6742.JPG

私達は小腹が空いていたので、クレープ屋さんで食事。

IMG_6767.JPG

IMG_6768.JPG

この自家製苺ジャムと、クリームチーズをたっぷり入れてもらいました。

DSC_5260.jpg

お皿も丸太。これでたったの20コルン(100円)でした。


この村は、ボタニクスガーデンも一緒になっています。

IMG_6747.JPG

植物いっぱいの広いお庭で、ゆっくりした時間も過ごせました。

1日に何回か、広場では大道芸が行われています。

DSC_5267.jpg

すごくおしゃべりな大道芸人だったなぁ。
観客とコミュニケーション取りながら上手に進めるので盛り上がっていました。
TVやインターネットがなかった時代の人々の娯楽。
大道芸のワークショップもありました。

さて、村を一通り見たところで私もワークショップに参加。

DSC_5262.jpg

カゴ編み体験にしました。
お店のお姉さんがとても親切に教えてくれました。
ここは、触りといってもけっこうしっかり作らせてくれました。
私1時間近くやっていたような。一人だったら2時間以上やってたかも。
雨が降ってきたし、彼を待たせていたので飾りみたいのにして終わらせました。

IMG_6828.JPG

このまま続けると、カゴにもなります。
編む作業が気持ちよかった。
カゴ編んだの初めてだけど、もっと作ってみたい!って思った。

DSC_5269.jpg

わくわくする村でした。
ここは家族とでも、友達とでも、恋人とでも、
誰と来ても1日楽しめそう。また来たいな♪


The Craft Centre and Organic Gardens
HP→http://www.botanicus.cz/en/craft-centre/opening-hours-and-entrance-fees

場所は、Lysá nad LabemのOstrá という地域にあります。
プラハMasarykovo駅からOstrá 駅まで電車で40分程。
プラハから直通で行けるけど電車は1時間に1本しか出てないので注意。
行き方案内→http://www.botanicus.cz/en/craft-centre/how-to-get-here

posted by A子 at 07:51| Comment(8) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

オンドラ母が泊まりにきた

最近、オンドラのママンが泊まりに来ておりました。
お泊りは初!

お昼に来たので、用意しておいた餃子(またかい)と寿司とサラダを食べて
ゆっくりした後、プラハにプチ観光しに行きました。

今回は、ヴァレンシュタイン宮殿へ。

IMG_6643.JPG

この庭園がとても好きです。
比較的観光客少なくのんびりしてるし、動物がいて楽しいから。

IMG_6644.JPG

孔雀たちも元気にしておりました。

IMG_6646.JPG

カモの赤ちゃん、まん丸フサフサで可愛かった。

旧市街を通ってきてカレル橋まで。

IMG_6677.JPG

いつもながら賑わっております。

IMG_6674.JPG

母、似顔絵描きの絵が気になるようで、絵描きがいる度に覗いていた。


旧市街ど真ん中のマクドナルドに入ったオンドラ母の体験。
「ちょっと、チェコ語しゃべっている人が全然いないんだけど!」
と興奮気味に出てきました。
トイレで用を足した後マクドナルドの出口が分からなくなり、チェコ語で話しかけたら
その人はチェコ語が分からなくて英語で説明してもらったと言っていた。
そう思って周りを見ればチェコ語は聞こえてこない外国人だらけの旧市街。
「海外旅行にでも来た気分でしょ?」と言ったら、そうだねと言っていた。


外を歩いている時、常に私を気にかけてくれる母。
階段なんかで手をつないで歩いてくれたり、私は子供の気分。
疲れてないか聞かれたときに、ちょっと疲れてきたと言ってしまい
これがまずかった。
さあ、では家に帰りましょう!という母。
でも実は母を喜ばせる為に、教会のクラシックコンサートをオンドラが予約していたのだ。
コンサートは1時間後、母の観光モードはすっかりなくなり心配モードに入ってしまった。
教会はすぐそこだし座ってるだけだからと説得して、連れて行きました。
コンサート始まるまで、教会前で座っておしゃべりしてたら体調も全然大丈夫でした。


IMG_6678.JPG

聖ジャイルズ教会

最前列、奏者が目の前で最高の席から鑑賞できました。
4人のバイオリンに、パイプオルガン。
音色がすごくきれい、奏者の手の動きまでよく見えたのがよかったです。
いい気持になりました。これはお腹の赤んぼにもよさそう♪って思いました。
母は、ベートーベンのソナタとスメタナのヴルタヴァを生演奏で聴けたことに大感動していました。
母が喜んでくれた事が何よりです。

夜帰り、すぐに寝ました。

翌朝、窓の下を覗くと、たくさんの牛乳。

IMG_6680.JPG


さて、今日は朝からオンドラ母とケーキを作る予定。
ちょっと買い物に出て、材料揃ったので料理開始。
オンドラが一番好きな母の味、Jablkové řezy(アップルパイ)を覚えます。

IMG_6682.JPG

私チェコに来たばかりの時少し驚いたのですが、お母さんは菓子つくりの時にボールを使わない。
台を綺麗にしたら、そこに生地にする材料をどんどん載せていく。

IMG_6684.JPG

材料全部載せたら、手でこねてひとまとまりの生地にします。

忘れないためにメモしておこう。

(生地)1バット分
薄力粉 330g
粉砂糖 90g
ケーキ用バター 170g
牛乳 60ml
卵黄 2つ
ベーキングパウダー 8g

(生地の間に挟むリンゴ)
りんご 4つくらい

IMG_6689.JPG

りんごはすりおろす。

IMG_6693.JPG

生地を、バッドに平べったく敷いて
その上にすりおろしリンゴをのせる。
そしてシナモンシュガーを好みの量で振りかける。

IMG_6694.JPG

りんごの上にもう一層薄く生地を敷いて、
(玉子1つと少量の牛乳)を混ぜ合わせた液を塗って艶を出す。
最後に上からフォークをところどころに指して、空気逃しの穴をあける。

オーブン180度で20分くらい?焼いたら出来上がり!

IMG_6708.JPG

美味しくできました〜☆

オンドラが特に嬉しそうでした。
今回は彼の要望で2バット分作りましたが、
常にばくばく食べていて速攻なくなりそうです。本当に好きなんだなぁ。

その後オンドラが考えたゲームをして遊んだ。
オンドラ母の英語力と私のチェコ語力を試すようなゲーム。
まだ母の英語力の方が私のチェコ語力より高いです。惨敗でした〜、いつか勝ちたい。

お昼に私とオンドラお気に入りのパキスタン料理店に案内しました。

IMG_6710.JPG

チキンとガーリックのパキスタンカレー

プラハに住んでいたころはこの店から徒歩2分くらいのところに住んでいました。
遠くに引っ越した今でもたまに行きたくなるお店です。
母は辛いの苦手で最初ヒーヒー言ってましたが、慣れてくると美味しい!と食べてました。

お腹いっぱいになった3人、その後プラハをぷらぷらして
母はブルノに帰っていきました。
全然気を使わない母なのがいいです、やさしい母に甘えてます。
またいつでも遊びに来てほしいです。


posted by A子 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする