2018年02月18日

母とチェコ食


バレンタインの日に、1か月滞在した母親が日本に帰っていきました。
家族3人で空港までお見送りしました。

母は、「お仕事から離れて、チェコでゆっくりできた〜」と言ってくれました。
でも私から見たらすごい働きもので、テキパキと家事をしてくれてました。
私は骨盤の痛みがあって思うように動けなかったのもあり、
母のサポートはとても有り難かったです。

そして、なにより母の冒険心いっぱいなところを見てはっとしてました。

知らない人にもどんどん近寄ってくし、気づいたらチェコ人と話してるし、
こういう人が異国移住に向いてるんだろうなと。

IMG_20180217_171911.jpg

IMG_20180217_171844.jpg

母曰く、近所にお友達もできたらしいです(笑)

そして食については、私は食わず嫌いだったなぁと反省。
何でも食べてみたい母のおかげで、私の食の幅も広がったように思います。

毎週土曜日だけ開かれるマーケットを楽しみにしてました。

shitake.jpg

日本に売ってないような種類のキノコがあって、母は興味津々。
ステーキと書いてあったキノコ(べドラみたいなの)を購入、バター醤油炒めにして食べました。
これが最高に美味しくて次の週にも迷わず買いました。
このお店にはSCHITAKE(シイタケ)もあった。
チェコでは乾燥シイタケしか売ってるの見た事なかったのでうれしい。

マーケットで一番人気のグリル屋さん

maso1.jpg

ママの食いしん坊が炸裂して、ここのお肉は全部試しました。
豚の膝やリブも美味しかったですが、骨付き鶏もも肉が一番たべやすかった。

naso2.jpg

これはリブ。こんなの日本で500円じゃ買えないよ〜とママ。

農家直産のリンゴが来ており、ここのも全種類試す。

apple.jpg

これが一番おいしそうかな〜?

apple2.jpg

品種名を左から書くと、
GRAMY SMITHGOLDEN DELICIOUSRED DELICIOUSBRAEBURN
+ここには写ってないが、IDARED

5種類試してみると、触感や甘味、酸味は全然ちがかった。もうリンゴとは一言で言えないわ。
例えばさくっとして甘味が強かったのはRED DELICIOUS、しっとりして酸味があったのがGRAMY SMITH
どれも美味しいのでその時の気分で食べ比べたらいいのだな〜。

母はよく一人で出かけていきました。
どこへかというと、スーパーマーケット。
徒歩圏内に4店舗(Penny,BILLA,Albert,TESCO)あるのです。
お陰でこちらでの趣味がスーパーマーケット巡りとなってしまったよう。

IMG_20180217_171851.jpg

毎度「チェコの外の空気はおいし〜!」と気持ちよさそうに帰ってきました。

「カウンターの人に、謝謝なんて言われちゃった〜。中国人て思われたみたい。あはは〜。」

いつの間にか、カウンターの量り売りの買い物もできるようになっていた母。
ちなみに母はチェコ語はもちろん、英語もほとんどできません。
言語関係ないんだなぁと思う。

揚げたマスは気に入ってよく食卓に上がりました。

ryba.jpg

南蛮漬けみたいな味付けで私もこれ好きになりました。
ちまたで人気のサバの燻製もこの機会に母と試したけど、マスフライの方が美味しかった。


スーパーの菓子パンが美味しいなんて知らなかった。

母は謎の見た目のものも、中身が何かも分からないパンも
どんどん試してました。パン屋でも、スーパーでも。

sweets bread.jpg

この日は三種類、どれも美味しい、甘さ控えめで食べやすい。
母は一番右のチョコのパンを気に入り以降よく買ってた。
チェコの菓子パンは完全に食わず嫌いだった。
オンドラが分けてくれるパンがことごとく自分の好みではないだけだった。

母曰く、チェコのパンは素朴で小麦の味がして美味しい!のだと。
米よりパンが好きなんだー、と母は滞在中お米は1度しか食べず色々なパン食べてた。

チェコの野菜も果物も安い上に、日本のものより味がしっかりしていて美味しい!
ハムもソーセージも好きだし
わたしチェコに住めそうだーと言ってた。
そう思う、私よりずっと楽しんでチェコ生活ができそうだ。

オンドラが、オリオンの新商品が気になるんだよね〜と言ったので

orion3.jpg

噂の新商品を買って食べてみた。
ドライフルーツは今まで通りで普通だが、今回のはケシの実が入っている!

なんと、ホワイトチョコとケシの実がとても合う。

オリオンの商品が美味しいとわかって他の種類も買ってきた母。

orion2.jpg

でも結局ケシの実ホワイトチョコが一番おいしくて
それを大量に日本へのお土産として買っていました。

母のスーツケースの中

darek.jpg

お店でもするんですか?
洋服類はほとんど持ってこなかったようで。
茶色いパッケージはルイボスキャラメルティー。下の段にもぎっしり入ってます。
この紅茶は普通だと思うのだが、母は一日に7杯くらい飲んでたはまりぷり。
オリオンの板チョコとチョコバーもいっぱい。友人、知人へお土産に配るんだって。
紅茶はチェコのじゃないよと言ったけど、おいしいからいいの〜らしい。
それにAKCE(値引き)のうちにいっぱい買ったらしい。

チェコのレストランへも。

せっかくなので生牛肉のタルタルを地元レストランで食べた。

tatarak.jpg

日本では生牛肉食べれないから、特別感あります。
私も妊婦中食べれなかったので、やっと食べれてうれしい。
もう一品頼んだランチ、母は添えてある芋がおいしかったようだ。

ある日、プラハのショッピングモールまで行き
Globesのレストランでスヴィチコヴァーを食べた。
スヴィチコヴァーはチェコの代表的料理。
だが母はそれより芋がうまいうまいと相変わらず芋の事ばかり褒めていた。

svickova.jpg

Globesのレストラン初めて行ったけど、コスパ高くて気に入りました。
特に1ボール25Kč(約125円)で色々なサラダを取って食べれるのがよかった。
広々しててベビーカー連れでも快適に食事できそう、また利用したい。

帰国の2日前はニナの予防接種(BCG)をしにお隣町のBrandýs nad Labemに母と行った。
バスの入口が狭い階段になっていたので二人でベビーカー持ち上げたり、
病院の待合室は風邪ひいた大人がいたので
呼ばれる直前まで母がニナと外を散歩していてくれたので助かった。
これ一人だったと思うと。。

予防接種が終わり、帰りのバスまで1時間近くあったので
ブランデス・ナド・ラベム城をぐるっと回ってみた。

IMG_20180212_100534.jpg

15世紀に建てられたシャトー。
ハプスブルク家のお気に入りの狩猟場だったよう。

IMG_20180212_100804.jpg

絵だと思ったら、彫刻なんだねーと驚いてた母。
ここ2年くらい前にオンドラと二人で来た事あるけど、母のほうが物をじっくり観察する。
もっと色々なところに連れてってあげたいと思った。

でも母には何でもない住宅街を歩くのも面白いらしく、家の屋根の素材や形がそれぞれ違かったり
個人の庭がやたら美しく整備されててるのに興味をもっていた。
あと見上げた時に電線がないのがすっきりしていて、チェコが美しい理由だねーと。
チェコの車は昼間でもライトを点けて走るのも、私は気づかなかったことでした。

もうすぐ帰る夜、ニナの相手をしていた母。
なんか静かになったなぁと思って部屋をのぞいたら

IMG_20180212_203857.jpg

温かい気持ちになる姿がありました。

1か月、ありがとう。

posted by A子 at 11:51| Comment(6) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

市長さんが来た!


今週、住んでいる町の市長さんが家にやって来ました。

IMG_20180215_185520.jpg

なぜでしょう?

母のタイプである市長さんを強引に家に招いた
というわけではありません(笑)

我が子が2018年に誕生した最初の赤ちゃん(市民)とのことで、
市長さんから直々にお祝いがあったのでした。

実は最初、1日早い1月4日生まれの赤ちゃんがお祝いされているのを地元のHPで知って
「うちの娘は1月3日生まれでもっと早いですよ〜」とオンドラが市長さんに連絡をとってくれたのだ。
そしたら市役所の人がしっかり調べてくれて認証されました。
出生届の提出が遅かった為に市に情報がいくのが遅れたぽいです。

ちなみに、これはチェコの慣習のようで
他の町でもファーストベイビーのお祝いはあると思います。
チェコで一番最初の赤ちゃんの場合は大統領からお祝いがあるとか。
10万円くらいもらえるらしい。(ほんとかどうかは不明)

私達は花束とベビーグッズのプレゼントを頂きました。

present.jpg


3月の地元新聞には、市長さんと撮った家族写真が載るらしい。

IMG_20180213_125709-2.jpg

せっかくなので2018年生まれを強調してみた。
卓球友達から頂いた洋服です。

昨日は生後6週間検診がありました。

体重4480g、身長55cm。

1月に着ていた洋服が小さくなってきたなぁと思ったら
身長が7cmも伸びていたのですね〜。

IMG_20180215_1424460w.jpg

相変わらず、授乳途中に寝落ちする娘です。

posted by A子 at 20:01| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

たくさんの人と会った


ばあばにメリー買ってもらった☆

IMG_20180210_085314.jpg

物や人を目で追えるようになってきたニナ。こういうのもジ〜と見ていられるように。
このメリー、機能が充実していて大変よい。
選べる音の種類が幅広くて、上のドームからは光が出て、天井にふわーっと星が浮かび上がる。
星空はまだニナには見えないので、大人の私達の方が楽しんでるかも。

乳にしか興味ない感じだった新生児から、少しづつ成長が見られる最近。
ニコっと笑顔を見せてくれたり、「アウ〜」とおしゃべりしてくれる時がある。
私にかまって〜!という感情も出てきたようで、寝てばっかりということもなくなった。

昨日はオンドラの務めるホテルのブレックファーストに行った。
10時半頃だから昼ごはんかな。

breakfast.jpg

素晴らしいセレクション。
チーズの種類が多かったり、はちみつの種類も5種類くらいあったり、
4年前食べに来た時よりずいぶんよくなってた。

IMG_20180210_110318.jpg

スモークサーモンばっかり食べてた食いしん坊ママ。置いてあった8割は食べちゃったらしい。
私はニナに授乳してから参加したので30分くらいでササッと食事。
でもそのくらいの方が食べすぎなくてよかったかも。
産後全く気にしないで好きなように食事してたら、血糖値がかなり上がっていた。
妊娠糖尿病治ってないの?とちょっとビクビクしてしまう。

食事中、ニナは仕事中のオンドラとオフィスで待機。
その間いっぱい従業員が見に来て、抱っこしてくれたりしたらしい
ニナは終始ご機嫌にしてたよう。

その後、私が勤めてたホテルレストランも目と鼻の先なので、寄ることに。
行くとお馴染みのメンバーばかり。

ニナを見てみんな大喜び。「A子、よくやった!」と言ってくれた。

IMG_20180210_121757.jpg

なんか食べてく〜?と言われたけど、お腹いっぱいなのでフレッシュジュースだけもらった。
ベーカリーのダーシャがお土産にと出来立てクロワッサンをくれた。

IMG_20180210_121728_BURST005.jpg

クロワッサンがでかく見える。

レセプションや事務の人たちにも紹介して、
ニナはこの日だけで10人以上の人に囲まれてました。
びっくりしたかな。

ホテルを出て旧市街広場まで歩いた。

IMG_20180210_124529.jpg

旧市街は石畳だらけなので、やっぱり大きなベビーカーよい。
ニナの初プラハ散歩でした。

その後地元に戻り、Masopust(謝肉祭)、カーニバルを見に行った。

IMG_20180210_140131-2.jpg

ちょうど始まったところ。愉快なマーチングバンドの音楽と共に、町を練り歩きます。
チェコカーニバルの華やかで手作り感満載な衣装が大好き。
チェコ人のセンスの良さが出てる、ハロウィンなんかよりずっといい。
来年は私も衣装作って参加したい。って2年前にも書いたような。

IMG_20180210_140508.jpg

林を抜けて、中央広場へ。

IMG_20180210_141622.jpg

市長さんに挨拶。

母が市長さん見て、
「市長さんかっこいいね〜、ああいう人けっこうタイプだよ。」と嬉しそうだった。

IMG_20180210_141551.jpg

ダンスが始まった、市長さんも混ざって、とっても楽しそう。
こういうの見ると、いい町に来たなって思う。

この後、川沿いをずっと歩いていくようだったので
私達はここでおさらばしました。

posted by A子 at 21:24| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

1月のお出かけ

ニナが生まれて1か月経ちました。
新生児といわれる期間はもう終わりなのですね。
もう永遠に新生児育ててたいって思っちゃうくらいかわいい。

新生児って思ってたよりずっとたくましく、
他の動物の赤ちゃんのように、生きる力でいっぱい。
お陰で心配になることもなく、逆にポジティブな気分をもらってばかりです。

産後3週間検診では、700g増えてました。
小児科医にちょうどよく増えているね!と言われました。
1か月経った今は+1Kgになり、現在4000gくらい。
生まれた時よりムチっとして、抱えるとどしっと増えた体重を感じます。

S_7407171363020.jpg

結局たるいで沐浴してます。
チェコの風呂には洗い場がないし、うちの浴槽は狭めなのでこれがちょうどよかった。
洗濯物の漬け置き洗いもできて一石二鳥。
そうそう、入院中の沐浴指導で赤ちゃんのお風呂は3日に1回でいいと看護婦さんに言われました。
しかもソープなど何も使わず1分以内でささっと終了。
退院して最初の1週間は習った通りしていたんだけれど
赤ちゃんてけっこう汗かいてんなぁーと気づき、脱皮を始め(新生児脱皮するのね!)、乳児湿疹も出始めたので、日本のように毎日入れるようにしました。
その後乳児湿疹もそれ以上酷くなることなく落ち着いてます。

1月、けっこう出かけることができました。

誕生して1週間後の訪問検診で、
「1日20分は赤ちゃんを外に連れていってあげて」
と小児科医に言われました。
赤ちゃんの体を強くするため、−5℃以上ならどんどん外に連れ出すのがいい、
というのがチェコの考え方みたいです。
日本なら1か月間は外に出さない方がいいと言われてるみたい。

私はまだ休みたかったので2週目はオンドラが外に連れ出してくれてました。
3週目からは私も買い物など、ニナを連れて外へ出始めました。
ニナ、散歩中はすやすや寝ていて気持ちよさそう。
帰ってきたらリフレッシュした顔してます。

3週間検診の後に寄ったケーキ屋

IMG_20180125_120045.jpg

妊娠糖尿病が治ったぽいので、砂糖解禁しました。
久々のケーキが美味しすぎ!この店のヨーグルトケーキ、さっぱりしてて気に入った。

IMG_20180125_120115.jpg

ニナ、大人しくしてました。


ラべ川沿いを、4人でお散歩した日

2.jpg


町の土曜日マーケットには母と毎週行ってます。

1 (2).jpg

色々買ってます。母の食いしん坊ぶりが炸裂、
これについてはまた今度書きますが、チェコの食べ物をすごく楽しんでいる母です。

マーケットに行った日、
アジア文化のイベントも近くでやっていたので寄ってみました、

IMG_20180127_105925.jpg

ここ子育て支援センターみたいな場所で、いつでも自由に遊びに来ていいらしい。
小さい子供に向けたイベントを多くやっているようで、今後も遊びに来れたらと思う。

IMG_20180127_105855.jpg

モンゴルの家を思わせるテントの中に入ってみると

IMG_20180127_104105.jpg

子供たちが砂絵を楽しんでいました。

IMG_20180127_104815.jpg

大人もまったりコーヒーや紅茶を飲みながら、地域の人との交流を楽しんだり、
アジア食文化のレクチャーを受けたりしてました。

この後、町で開かれてた卓球大会の様子を見に行ってみました。
オンドラが出場していたので。

IMG_20180127_143526.jpg

ファイナルマッチ、強敵相手に頑張るオンドラ。
めちゃめちゃ盛り上がってました。

この強敵には負けてしまったけど、20人中2位を獲得!

IMG_20180127_150218.jpg

賞品の中に、地元パブ自家製の酒(アルコール度数85度)が!

この日はまだ用事があり、
夜は母とプラハへ出かけました。

オンドラが、私の母がせっかくチェコまで来たのだからと
ディナー付きコンサートを予約してくれて、ニナも見ておくというので二人で行ってきました。

IMG_9499.JPG

驚いたことに、個室になってるバルコニー席に通された。
普段着で来てしまって浮いていた私達、、正装してきてる人ばかりだった。

IMG_20180127_192900.jpg

モーツァルトの演目とオペラは素晴らしかった。
その合間に、3コースディナーを堪能、
18世紀のオリジナルレシピで作られたという料理は、味付けが上品ですごく美味しかった。

IMG_9518.JPG

この写真、母らしくていい。

母は、こんな世界もあるんだねぇ〜
生きてるうち(動けるうち)に色々した方がいいねぇ
と大喜びでした。

23時頃帰ると、疲れ切った顔をしていたオンドラ。
その腕の中でニナは眠そうな顔。やっと寝てくれそう〜と彼。
ありがとう、おつかれさま。
寝てばかりのニナでも、夜になると目がぱっちりして寝かせつけに少々苦労する。
夜の胎動が活発だったのと同じだ。

posted by A子 at 10:53| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

ニナの出生届


15日、
お母さんがはるばる日本からやってきました。

IMG_20180116_094012.jpg

がっつり、風邪をひいて。。

初めての一人飛行な上、熱出して、さぞ大変だっただろう。
私ら家族に風邪をうつしてはいけないと、3日間は部屋にこもりっぱなしでした。

よーく寝れたようで、風邪がだんだんと治ってきた母。

IMG_20180118_115914.jpg

やっとニナを抱くこともできました。
母の抱き方がいいのかな、落ち着いてまたスゥーっと寝に入ったニナ。


IMG_20180111_201009.jpg

オンドラも育児にどんどん参加して、いいお父さんぶりを発揮しています。
娘がすごくかわいいみたい。
ニナはやたら寝てくれるので、今のところマイペースに楽しめています。
母は、私の助けも必要なかったねぇ〜と言ってるくらい。

IMG_20180111_144824.jpg

コロンと子豚のように丸くなって寝ている姿は、母曰く私の赤ちゃんの時にそっくりだとか。

お母さんが元気になり、作ってくれる手料理が幸せすぎる、美味しいし栄養満点。
久々の母との時間、不思議と久々っていう感じがしない。
母の出産はどんなだったとか、そういう話ができるのも面白い。

母は日本から食料品、育児グッズなど大量のお土産を持って来てくれた。
まるで日本物産展みやいになった部屋。急に裕福になってしまいドキドキ。
一緒に用意してくれたお姉ちゃんも、ありがとう。

そして母が用意してくれて何より必要だった物は、私の戸籍謄本。
私が急に頼んだものだから母は仕事の半休を取り、
アポティーユ認証をもらう為に東京の外務省に2日続けて行ってくれた。
直前に無理をさせてしまって風邪をひいちゃったのかなと思う。

実はニナの出生届を出すに辺り、以前Úvalyの町役場で用意した書類が完全に不十分だったのだ。
あの時はÚvalyで作っておいた書類を産院に提出するだけでいいと言われていたのだが。

出生後にプラハの役所から急に電話が入り、
「こんなんで受理できるはずがない!必ず17日までに全必要書類を用意して持ってくるように。」
と言われたのだ。
「Úvalyの役所はこんなんで受理してありえない!」と担当者は怒りモードだったとか。
私達が結婚していないカップルなので、めんどくさいことになっている。。
これは焦った。ニナのチェコ国籍がかかっている。チェコの法律で何者にもなれない子になってしまう。
出生届ができるまでは、もちろんニナの健康保険ももらえないのだ。

母が来た翌朝、ニナをオンドラに託し、
私は戸籍謄本を持って日本大使館、郵便局、チェコ外務省へと急いだ。

チェコ外務省はプラハ城の近くだった。

IMG_20180116_103457c.jpg

プラハ城、近くで見たの4年ぶりくらいかも。
荷物検査ゲートができてから初めて来た。
観光客と共にいちいち並ぶ、外務省はこの先なのだ。

外務省到着
IMG_20180116_104430.jpg

大使館で作ってもらった出生証明書と婚姻要件具備証明書(独身証明証)にアポティーユを付けてもらう。
書類1枚につき600コルンの印紙が必要だった。
高い、、お金足りなくて書類一つしか作れなかった。。

一応骨盤ベルトしてきたけれど、急に歩きすぎて体の節々が痛くなってた。まだここまで動くのは早すぎた。
ちょっと驚いたのが、6時間母乳を出してないだけで胸がパンパンに張っていた。
帰ってからニナに飲んでもらったらスッキリした。

翌日オンドラが外務省、役所、保険会社と回ってくれて、
無事ニナの出生証と健康保険証が手に入った。
全部完了して、ホッとした日だった。

日本への出生届は生後3ヶ月以内、こちらは余裕があってよかったが
念のためちょっと早めに動いておこう。


posted by A子 at 19:19| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

娘誕生


1月3日午後7時2分、娘ニナが誕生しました〜
3010g、身長48cm
入院中の検査はいつも問題なしで、とっても健康体です。
最初から乳を吸う力がすごくて、看護婦さんに誉められてました。

生まれた直後の写真

n--12.jpg

体にマジックで番号書かれてます(笑)
昔チェコでも新生児取り違えの事故があったようで
今はこんな対策がとられてるんですね。

予期せぬ展開が起こり、自然分娩で生むことができました。

おしるしが来た日の夜から始まった陣痛、
LDRに入ってから10時間の闘い、そして入院生活のことなど
落ち着いたらまた書こうと思います。

今日、無事自宅に戻ってきました。

n--2.jpg

幸せな気持ちでいっぱいです。

posted by A子 at 23:02| Comment(13) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

今年のクリスマスは

彼と二人だけで静かにのんび〜り過ごしました。

チェコ人のクリスマス料理と言えば鯉料理とポテトサラダ、
鯉食べたくないので、彼と一緒にチェコ風ポテトサラダだけ作った。

IMG_20171224_080800.jpg

ポテトサラダに使った野菜類。
あとはキュウリ、パプリカ、リンゴ等入れたり家庭によって違うよう。
日本のポテトサラダより、野菜たっぷり入れるのでヘルシー。
この白くて長いのは、パセリの根、でかくて丸いのはセロリの根。
パセリの根もセロリの根も、葉部分にあるような癖が全くなく食べやすい。
温野菜にしてマヨネーズつけるだけで美味しくいけそうな感じ。

食べるのは自分達だけなのに、ジャガイモ1.2Kg使って作ってしまいものすごい量ができてしまった。
全部煮てから細かく切って(この切る作業が大変)、
グリンピース、ゆで卵、ヨーグルト、マヨネーズ、塩、コショウを味見ながら適当に混ぜて終わり。

IMG_20171224_094333_BURST001_COVER.jpg

セロリ根入れすぎてセロリ味がすごいするポテトサラダの完成。
まだ10人前くらい残っている、毎食に食べてるけど野菜が多く入っているせいか案外飽きない。

IMG_9146.JPG

静かなクリスマスは今年までかな?
彼と過ごす5回目のクリスマス。
遠距離時期がちょくちょくあったけど、偶然クリスマス期間は一緒に過ごせている。

ピアノ弾いて、歌うたって、プレゼント交換して、

IMG_9177.JPG


アニメーション映画「いばらの王」を見たりした。
面白かったけど、後半は複雑すぎてついていけなくなった。オンドラ満足度65%、私満足度75%。

24日がクリスマス本番のチェコ、
翌日25日はもうクリスマスムードなく
産院に提出する書類を確認した。
すごい量の書類、
ほとんどが受けるかもしれない施術の同意書とプライバシー保護についてのものでした。

IMG_20171225_102800.jpg

赤ちゃんに付ける名前(男、女)の書類もありました。
日本とは違く、名前は出生後ではなく出産する前に決めて提出するチェコです。


posted by A子 at 15:49| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

クリスマスクッキー

クリスマスのクッキーを頂いちゃいました〜

まずは、卓球クラブの友達ガリナから

IMG_9060.JPG

動物たちが可愛い。25歳の娘さんと一緒に作ったんだって、楽しそう。
ガリナは「このクッキーはA子に!」とオンドラに持たせてくれたらしいのだが、
オンドラが、「A子は妊娠糖尿病なんだ。僕が代わりに全部食べれるね、わーい!」
と言ったらガリナはショックを受けていたよう。。
一日一つづつ食べる!と感謝のメールをしておきました。
長いこと会ってないけれど、いつも気にかけてくれる優しい友達です。

そして、ブルノの家族に1泊2日で会いに行っていたオンドラが
昨日クリスマスクッキーを持って帰ってきました。

IMG_9078.JPG

ママンのクッキー、味を知ってるだけに見るだけでよだれが。
このクッキー達を目の前に、食べないなんて軽く拷問ですよ。
というわけで、こちらも味見程度に食べました。
クリスマスまで待つことさえ不可能でございました。

こんな感じで、チェコの女性は11月末くらいからクリスマスに向けて
せっせと多種類のクッキーを焼きます。

チェコ人にとってクリスマスは大イベントなので、
皆クッキー焼いたりプレゼント用意したり、12月は忙しいんですよね。
私もプレゼントの用意はしているところです。
クリスマスは彼と二人で過ごすけれど、
年末はブルノの家族が会いに来てくれるかもしれない♪

posted by A子 at 12:23| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

クリスマスツリーを作った


b1.jpg

近所の公園で枝と松葉を拾ってきて、

b2.jpg

短い順に並べて、 紐で繋げて、

飾りをつけたら、

tree1.jpg

クリスマスツリーの完成。

tree3.jpg

夜キレイ☆気に入った。
彼も喜んでくれた。

ちなみに、チェコ人は家庭のクリスマスツリーは24日までデコレーションを付けないらしい。
そして、3人の幸運の王様が現れるという1月6日までツリーは仕舞わず飾っておくようだ。


最近のこと

出産前にもう一度行きたかったボードゲームカフェに、
先週友達と行ってきた。

平日のど真ん中、仕事の後のお疲れなところ皆集まってくれました。
カフェは今回は満席、誕生日会みたいのをしている大きなグループもいた。
このお店ますます流行ってきてるぽい。

今回も色々なゲームを試しました〜

IMG_20171206_185156.jpg

Om nom nomって動物のゲーム、今回はこれが一番楽しかった。

IMG_20171206_204937.jpg

お店のツリーの前で。
かなり楽しいジュンちゃん夫婦(二人のやり取りについ笑ってしまう!)と、
前回も一緒にゲームカフェに来たパコビキュナさん。
今日のメンバーは皆同じ方面に住んでいるということで、
ジュンちゃんの旦那さんが車で途中まで送ってくれた。
プラハを車で走るって私には新鮮だった。Dekujeme moc!


そして、昨日はプラハからサヤカちゃんとハナちゃんがお家まで遊びに来てくれました。
この家に越してきてから初めての来客です♪


b5.jpg

一緒にお昼ご飯を楽しみました〜
プチクリスマス会みたいな気分で、準備してるときからワクワクしたなぁ。
自分の家だとしても人と食事するって楽しい。
特に彼が好まない日本食は、普段自分の為にぱぱっと作ってぱぱっと一人で食べてるので味気ないのだ。
サヤカちゃん、この日のことブログに書いてくれてる。(褒められてて嬉し恥ずかしっ)

b6.jpg

いっぱい話して、のんび〜り過ごした。
ハナちゃんもサヤカちゃんもオンドラとチェコ語で普通に話せてた、すごいな。

最初もじもじしてた1才半ユーキくんも最後にはお家に慣れてくれて、楽しそうに走り回ってた。
この家に子供がいるというシュミュレーション。子供のいる暮らしが楽しみになる。

posted by A子 at 16:19| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

プラハ最古のビアホールへ行ってきた


プラハで一番古いパブBrewery and Restaurant U Fleků に行ってきた。

IMG_8797.JPG

ウ・フレクーは1499年創業の醸造所件ビアホール。
500年以上も操業を続けてるってすごい!
入口を入ると、9つのホールがあって中はかなり大きいです。
このお店はどのガイドブックにも載ってて人気みたい、中はガヤガヤと人でいっぱいでした。

毎週金曜日は、ディナーショーがあるとのことで私たちはそのショーを見てきました。
コンシェルジュ招待で、今回も彼の同僚たちに混ざらせて頂きました。
通常ショー観覧には、500コルン(2500円)の入場料が必要らしいです。

IMG_8809.JPG

席に着くなり、片手にビールをたくさん持ったスタッフがビールをどんどんテーブルに置いていく。
このビールは、創業から同じ製法で作っているというパブオリジナルの黒ビールだ。
ちなみに、メニューを見るとビールはこれしかない。ので、皆これを飲むしかない。
オンドラはあんまり好きじゃない味だったようだ。
でも、空にすると隙なくビールをテーブルに置いていくスタッフ。そしてちゃっかりカウントされてる。
このビール60コルンするので、私達が普段飲むチェコビールの倍しますがね。。
観光客にとったら大ジョッキで60コルン(300円)は高くはないだろうけど、
チェコ人からしたら激高なのだ。
(私達は料理と飲み物半額と言われていたから、気楽にいれたけど..)

IMG_8815.JPG

ビール大好きルツカ。
この方、何杯飲んだんでしょう?
ちなみに私たち、このパブ来る前にもう一軒パブに行っており、
ルツカはそこでもいっぱい飲んでおります。
(そして、このパブの後にもルツカは彼氏と飲みに行ってた、恐るべし!)

IMG_8818.JPG

私と同様、つまみをパクパク食べてたのはベロニカ。
ハムが美味しかったなぁ。

そして、ショーのメインアクターにいじられまくっていたオンドラ。

IMG_8826-2.jpg



昔のパブミュージック、ダンスがテーマとのことで
古いチェコのポップソングを聴けたり、
スウィングダンスなどがステージで繰り広げられていました。

IMG_8839.JPG

可愛いなぁチャールストン、前から一度は習ってみたいと思っているダンスジャンル。

惚れ惚れして女の子たちを見ていると
オンドラが踊り子2人に連れてかれました。

IMG_8868.JPG

ステージの上に。

IMG_8873-2.jpg

されるがまま。

散髪屋の歌に合わせて、
クリームを顔中に塗られておりました。

オンドラ、目立ててラッキーだったね。

その後、ビール早飲みのコンペティションがあったり。

IMG_8910.JPG

選ばれた彼ら、皆5秒で大ジョッキ飲み干してた!

脈略がない感じで、キャバレーダンスやバンド演奏は2時間半続き

IMG_8940.JPG

場内を沸かせておりました。

これは、知らないうちにビールいっぱい飲んじゃうよね。

やはり、こういったのにはドライな感想を述べる連れのチェコ人コンシェルジュたち

「観光客用のアトラクションだね、どんどん盛り上げて高いビール飲ませて上手いね」
「チェコ語わかんないほうが楽しいだろうな、メインの人の話つまんないし、酔っ払いの演技が度を過ぎててうざいな」
と。こういったチェコ人の内心を聞けるのも、面白かったりする。

ショーが終わるころルツカの彼氏も到着。

IMG_8988.JPG

子供がやってくる前の最後の夜遊び楽しみなよ、と何度も言われていた私。

はい、楽しみました!


posted by A子 at 20:22| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

チェラーコヴィツェのクリスマスマーケット

昨日、住む町のメイン広場でクリスマスマーケットが開かれました。
1日だけ開かれるマーケットです。
プラハやブルノなどの大きな町は、クリスマス期間中マーケットはずっと開いているけれど
小さい町は1日だけということが多いみたい。
ツリーの点灯式として12月初めにこういったイベントが開かれます。
この時点灯されたツリーはクリスマスが終わるまでずっと立っています。

寒ーくなっているのでいっぱい着こんで行ってきました。
もうマイナス温度に突入したチェコです。

IMG_8702.JPG

広場にはたくさんの人、町中の人が集まればこうなるんだなぁ。
店が並んでいるところは、少しづつしか前に進めないほど。

IMG_8705.JPG

屋台には、クリスマス関連グッズや、ジンジャーブレッド、昔ながらのお菓子、ホットワイン(Svařák)、屋台飯等が売ってます。

私たちはブランボラーク(すりおろしたジャガイモを揚げたもの)を買いました。

IMG_8722.JPG

油ぎとぎと。それが美味しかったりするんだけど。
オンドラが作る油控えめのブランボラークの方が好きだな。

お口直しに、ほうれん草スープも買った。

IMG_8725.JPG

繊維いっぱいで、おいしかった。

ステージではバンドの演奏があったり。

IMG_8739.JPG

クリスマスムードを味わってきた。

IMG_8712.JPG

クリスマス本番の24日ころは何をしているのかなぁ。

posted by A子 at 11:27| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

オンドラの名前の日

今日はオンドラの名前の日なので、
彼の大好物のアップルパイ(Jablkové řezy)を焼いた。
この日に彼の母から教えてもらったレシピをやっと試したのだ。

IMG_8677.JPG

大雑把にできて簡単だった。
オンドラに喜んでもらえた♡

そして、今日はとうとう負傷した膝の診察へ出かけていきました。
(病院の予約が取れたのが1週間半後だった)

引っ越してきたフラットで、私が一番気に入っている場所。

IMG_8674.jpg

babička kuchyně
チェコのお婆ちゃんのキッチン、みたいで好き。
越してきたときはボロボロで汚くてキッチンユニットごと大交換も検討したのだけれど
綺麗にしてコンロを変えただけで、とても使いやすいキッチンになった。

それにしても、私のお腹大きいね。(出産までにまだまだ大きくなるんですって?!)

あの時と同じくらいか?と思って昔の写真を見た、

448.jpg

同じくらいあるかも。
これは太っちょ農夫の役をした時で、体中に風船を入れてます。

575.JPG

楽しかったなぁ。。


と、過去に戻りすぎるのはやめておいて、、

ちょっとだけ過去の、先週のことを。

プラハでやってたJapan Weekというのに行ってきた。
Japan Weekは、毎年国を変えて日本の心を紹介する国際交流イベントを催しているらしく
今年はチェコだったみたい。
はるばる日本から1300人もの日本人が、日本文化を紹介する為に来ていたようだ。
生け花や日本画などの展示から、お茶、蕎麦打ちの実演と試食、お酒の試飲、着付け、漫画紹介、
ワークショップなどあったようですが
私たちはそれには行かず、夜の舞台だけ見に行きました。
2時間半で色々な催しを鑑賞しました。
墨絵のパフォーマンス、着付け、琴の演奏、ピアノとフルートなど鑑賞した中で
一番よかったのは、和太鼓演奏!

IMG_20171122_202317.jpg

パワフルで、かっこよかったー。
腕だけでなく体をいっぱい使って、声もはりあげて、奏者も楽しそう。
観客に参加させたり、笑いも取ってるのが上手い。
奏者の腕の筋肉がムキムキだったので、オンドラに「和太鼓始めてみたら?」と勧めてみた。
前に上半身鍛えたいって言ってたので、こりゃぴったし。


先週末は、イタリアンレストランで友達との忘年会があった。
私ともう一人の友達がもうすぐ臨月に入ってしまうので、早めの忘年会にしてくれたようだ。

S_7046230478958.jpg

いつものメンバー、でも今回は皆チェコ人パートナーを連れてきた。
この写真に写っていない大人2人(もう帰っちゃった人とこの後来た人)、
そして子供2人はベビーカーで熟睡中。
大人数なので、席遠い人と話せないということが出てきそうだが
6時間居座ったお陰でほぼ全員と話すことができた。
マレーシアから来たばかりの初めましてのカップルとも仲良くなった。
2017年は新しい友達がいっぱいできたなぁ。

IMG_20171125_131041.jpg

ピザをぱくぱく食べる1才5か月のユーキくん。
食の好みがすでにチェコ人お父さん似のよう。

私はこの時食べたカルボナーラが美味しくて
夜中思い出してしまい、胃が目覚めて眠れなくなったのでした。

posted by A子 at 09:12| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

フォークロアガーデンのディナ―ショー

11月頭に行ったフォークロアガーデンのディナーショー、
レストランの人が写真を送ってくれたので載せておきます。

a (4).jpg

オンドラの同僚たちと行きました。
ホテルコンセルジュへの招待に、私も紛れて。

a (9).jpg


IMG_8627.JPG

音楽に合わせてキレのあるダンス。
フォークロアミュージック(チェコ民謡)は、ワインを題材にした歌詞が多いようだ。
主にワイン畑がある南モラビアに根強く残る文化のよう。
好きなアップテンポのロマ音楽のようで、私は興奮。
さすがプロの演奏者だなと思った、
チェコのフォークロアミュージックは何度か聴いたことあるけれど今までで一番だった。

IMG_8661.JPG

このツィンバロムと呼ばれる鉄琴みたいな楽器が素敵だった。

私たちも前に出てって踊ったよ。

a (24).jpg

振りを教えてもらって、みんなで踊る。
ペア―を変えたりもして知らない人達とも踊った♪

IMG_8666.JPG

ロシア人おばちゃん達の踊りうまかったなぁ。

会は大盛り上がり。

一緒に行ったチェコ人は、お酒を楽しんでいたものの
ショーにはわりと冷めていた。
チェコ人にとっては、フォークロアダンスとかってもう見飽きた古い文化という感覚ぽい。
結局私が一番楽しんでいた。

この日はロシア人と中国人がいっぱいいた、観光ツアーに含まれていたりするのか
グループでの参加がほとんど。
このお店は観光客にはちょっと分かりにくいところにあるので
自社バスがプラハ中心(ホテルなど)でお客さんをピックアップする送迎サービスをしている。

おいしかったチキン

IMG_8624.JPG

このディナーショーは日本円で6000円ほどらしくビールやワイン飲み放題、
料理はスープ、パン、サラダ、チキン盛り合わせ、デザートが付いてました。
(時期やグループの人数によって値段も料理も違うぽいです)

チェコ観光の一つとしていいと思います。
母や姉が来たら連れて行ってあげたいな〜と思った。

Folklore Garden(プラハ5区)
http://www.folkloregarden.cz/

posted by A子 at 19:09| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

引っ越し屋さん


引っ越し屋さんのチェコ人に感激しました。

IMG_20171109_103010.jpg

冷蔵庫も一人で担ぐ!

エレベーターなしなので、1階分の階段をこのまま下がっていきました。

力持ちの大男3人が、ひょいひょいと荷物を特大トラックに運んでいく姿は
カッコイイと思わずにいられませんでした。思わずオンドラと一緒にニヤニヤしてしまった。
引っ越しの所要時間は移動入れて2時間半くらい。
1時間900コルン(4500円)でした。

引っ越してきたのはここ

map2.jpg

違う町だけど、前の住まいとけっこう近い。
町同士はバスが通ってて30分で行ける距離、今登録しているÚvalyのかかりつけ医が好きなので
変えずに通おうと思っている。
前のとこも新居も、プラハ中心まで電車で30分で出られる距離です。


さて、この方も引っ越し屋さんに負けず頑張ってくれました。

IMG_20171108_130029.jpg

特別力持ちなわけではないオンドラ、すべての作業を130%の力を振り絞ってやってくれた。

彼の仕事っぷりがすごい。
彼、ちらかってるのが許せないタイプで(引っ越し直後でも、、)家具をどんどん組み立て、片付けていき
引っ越して来てから3日くらいで3部屋とも部屋らしい部屋になってしまった。
しかも完璧主義なのか、ちょっとしたズレや汚れなどが嫌なタイプで一度やった大作業でも一からやり直したりと見てるこっちが疲れるほど。有り難いけれど。

carpet.jpg

一度一人で敷いた子供部屋のカーペットも
「気に入らない、ニナはハッピーじゃない」と、新しいのを敷直し。
子供はすぐに汚すからとりあえずこれでいいんじゃない?と言ってみるも止まらず。
父さん君のために頑張ったんだよ、と子供に伝えねば。

配線は完璧に隠す。(これチェコ人みんなそうなのかな?)
私最初彼の一人暮らしの家に行った時に、ホテル?!と思った記憶がある。
物も配線も完璧に隠されていた。彼の実家もすっきりしている。
うちの実家は物に溢れて隠す収納とは無縁なので、私は最初彼の部屋に住んでて落ち着かなかった。
彼はうちの実家は耐えられないだろう。

「少しづつ少しづつ、まだ時間はある」と唱える私の呪文は効かず。
彼は何事も未解決ゾーンが嫌いなので、やることを思い起こしてはイライラしていた。
頭と体は限界に疲れていたように思う。
私は今後大丈夫かと不安になった。

IMG_20171116_145108.jpg

古いタイプの電気と格闘するオンドラ。
休まず3時間くらいやってやっと完成。

後は水回りの工事(キッチン、トイレ、洗面所)、
オンドラは全部自分でやるつもりでいる。
チェコは何でも自分で直す人が多い。


そんな中、
案の定オンドラは体を壊した。
フットサルで膝を怪我、辛うじて歩ける状態で帰ってきた。
そして風邪。皆に迷惑がかかると仕事休みたがらず、不幸にも昨日は16時間の立ち勤務。
卓球の試合にも行っちゃったり、タフすぎる。
長い人生、じっとしてる時も必要よー。




posted by A子 at 12:07| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

引っ越し


出産前の大きなイベント、
実は明日Čelákoviceという他の町へお引っ越しします。

IMG_20171108_184141.jpg

チェコ人が引っ越しの際に使用するバナナボックス。
スーパーでバナナボックスありますか?と聞けば誰もが引っ越しに使うんだなと分かるんだそうです。
取っ手が付いて持ちやすく、一番しっかりしている段ボール箱なのです。

少しづつ引っ越しの準備して、ここ数日は段ボールと家具のパーツに囲まれて生活してました。

big monster.jpg

大物の解体作業をありがとう。
今回の引っ越しは大きな家具がたくさんあるので大変です。
1人だと横向きに倒すだけでも大変、私はこんな体なのでほんの少し支えるくらいしか手伝えません。
「ビッグモンスターと戦ってるようだ!」とオンドラ。

1年前Úvaly に家を購入したばかりのことを知っている友達には驚かれました。
まぁそうだよね、私たちも1年で引っ越すとは思ってもいなかった。

家の売買で、10月末からは激動でした。
まだ未解決部分あるけれど、なんとかここまでこれてよかった!

こんな流れで引っ越しに至りました↓
(以下細かいです、興味ある方のみ読んでね)

続きを読む
posted by A子 at 21:07| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

プラハ8区散歩とプラハ1区で見つけた素敵な喫茶店


昨夜お家にて。

out.jpg

1つのロウソクの光で静かに過ごしてました。

というのも昨日、ここ10年で最強といわれる台風がチェコを訪れまして、
我が家のある町Úvaly全域が昼間から夜にかけて大停電となりました。

チェコのニュースに寄ると木が倒れたり、屋根が飛んだりの被害があったようです。
この台風によって、5人の方が亡くなっています。

昼間は本を読んだり、家電使わない系の家事がきますが
外が暗くなると寝るかボンヤリするしかできず
電気ありきの生活をしていたんだなぁと思い知らされました。
1人で退屈すぎて、台風もやんだので夜のプラハに出かけました。
Úvalyの町の街頭、駅の光もすべて消灯。各家庭の窓からはボーと灯るロウソクの光が見えました。
それがクリスマスのような雰囲気でもありました。

プラハの韓国料理屋でビビンバを食べ(幸せ!)、彼の働くホテルのロビーで
彼の仕事が終わる23時まで待たせてもらいました。
電気があり、暖かいことの有り難さを感じた日でした。


最近のこと。
以前住んでいたプラハ8区に彼と出かけました。


IMG_20171025_140127.jpg

たまに行くパキスタンカレー屋のニンニクカレー(85Kč)でこの日も大満足。
食べ終えた直後に、次はいつ来ようか?と二人で話すはまりっぷりです。

その後、お屋敷Grabova vilaを久しぶりに訪問

IMG_20171025_153726.jpg

ここは毎年秋に小さなギャラリーを開いています。

IMG_20171025_151057.jpg

前回と同様、展示内容は色々で面白かったです。

この繊細な絵が描かれたジンジャークッキーよかった。

IMG_20171025_150659.jpg


その後、近くの区民館へ。
「1960年代のプラハ8区」と題した写真展を見に来ました。
プラハ8区は今ではカーリーン地区などがトレンディ―な場所となってますが
昔は工場など多く、廃れた地帯。だいぶ変化したのが分かります。

IMG_20171025_155940.jpg

妊婦らしい体つきになってきました。
お腹がせり出しているので腰がそって、がに股歩きの私。
この重さ、腰や足にくる。生まれるまでに、まだ倍にもなるのか。

近所に住んでた頃は、ここでやってた無料コンサートや、クリスマスイベントなどを見にきました。
プラハ8区に住んでいる無宗教の人はここで結婚式を挙げたりもします。


また話飛んで、一昨日のこと。

プラハのヴァーツラフ広場付近にある隠れ家的喫茶店čítárnaに、友達カップルと行ってきた。
普通に歩いていたら決して見つけられないような場所でひっそりと営業、でも噂が噂を呼んで人気店のようだ。
チェコによくあるアパートのように、お店がある棟へ入るにも呼び鈴を押して入口を開けてもらわないといけない。
エレベーターなしの5階へ上がったらようやく喫茶店に到着。

IMG_20171028_191450.jpg

注文はカウンターでのフリースタイル、コーヒーやビールを入れてもらったら
好きな部屋(部屋が4つくらいある)の好きな椅子やソファーへ。
一人で来て喫茶店内の本を読んでいる人なども。ゆっくりと各々の時間を過ごしている。
ラテ45Kč(225円)、レモネード500mlで25Kč(125円)、ビール500mlで30Kč(150円)
と観光地ど真ん中のヴァーツラフ広場付近では驚きの低価格。
頼めば豆乳でラテを作ってくれるのもうれしい。

IMG_20171028_174735.jpg

IMG_20171028_174109_BURST001_COVER.jpg

落とした照明と、古い家具が最高に心地よい。
ブルースやJazzがかかっているのも自分好み。棚からレコードを選んで店内曲も変えていいようだ。
文化的なこのお店がすごく気に入った。

喫茶店内を一人でうろうろ探索していたときに、店主っぽいおじさんに
「おいで、おいで」と呼ばれて奥へ奥へと進み、物置部屋の方までついていった。
チェコ語で部屋の説明なんかをした後、ポスターをプレゼントしてくれた。
そして私の着ているバラ柄の服が好きだと言ってくれた。

IMG_8576.JPG

もらったチェコバンドのポスター
この喫茶店はよく音楽イベントなどもしているようだ。

4.jpg

話題豊富な明るいカップルと、3時間くらいおしゃべりを楽しんだ♪
Ryokoさんとは何度か会っているけれど、この日カップルで仲良くなれたことが嬉しかった。

posted by A子 at 16:20| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

寿司ビュッフェとボードゲームカフェ


一昨日、アッキーとジュンちゃんと前から気になっていた寿司・中華のビュッフェGUOへ行ってきた。

寿司ネタがなくなってしまっては大変、と気合い入れて開店の11時にお店へ。(私遅刻したけど..)
でも寿司が出てくるまで20分くらい待ちました。

中華料理のコーナー

IMG_20171019_143756.jpg

他にサラダや、焼きそば、ビーフン、スープもありました。

久々の会合で近況報告しあっているうちに、寿司到来。

IMG_20171019_112808.jpg

巻物が8種類くらい。ネタの魚率が低いですが、中でサーモン巻があったので良し!
何より、ここのビュッフェの値段が安い。制限時間なしで159コルン(800円)。
チェコにあるアジア料理店などで寿司を食べる場合、サーモン巻寿司10貫で150コルン近くするので
このビュッフェはかなりのお手頃価格といえます。

私は妊娠糖尿病があるので寿司飯は多く食べれず、もりもりはいけませんでしたが
中華などでちょこちょこと色々な栄養が取れたのがよかった。

店内広々して席数多いのでゆっくりできて、3時間くらいいた。
その後カフェにも移動してまた2時間くらいおしゃべり。
この友達二人、やっぱり楽しくて話つきない。
チェコに来てまだ半年のじゅんちゃんが、テンポラリービザ(EU家族ビザ)を取得したと同時に
早々と仕事もゲットしていた。おめでとう!


話し飛んで今日はボードゲームカフェへ。
私はボードゲームなどゲーム遊びが好き、今夏できたばかりというこのカフェを偶然ネットで見つけて
さっそく卓球友達ブリタ(ドイツ人)と、パコビキュナさん(日本人)に声をかけて行ってきた

1.jpg

お客さんは皆、コーヒーやビールを片手に楽しそうにボードゲームをしています。
小学生の男子2人で来てたりも(都会っ子だなぁ〜)。聞こえてくるのは英語ばかり。

開店して間もないとはいえ、500種類のゲームを置いている店内。

2.jpg

どれでも自由に選んで遊ぶことができます。すべてのゲームには難易度が記されている。
お店にはゲームエキスパートと呼ばれるスタッフが二人いて、おすすめを聞いたり
ゲームの説明もしっかりしてくれます。途中でルールが分からなくなっても気軽に聞ける雰囲気。

(ゲーム使用料として一人60コルンを払います、ゲームはいくつ使っても一律の値段。)

4.jpg

エキスパートの一人、オーナーらしき人がおすすめしてくれたシンプルなゲームで
まずはウォーミングアップ。
木でできたマスコットがかわいいし、ちょっと頭の体操になるしで楽しかった。

その後、寿司のゲームが気になったのでやってみた

5.jpg

寿司ゲーム、私は今日やった中で一番好きだった。少し先を考えながら進めるゲームが好きかも。
パコビキュナさんは、寿司が食べたくなってきた(笑)と。

ちょっと移動しながらするゲームなんかも

6.jpg

体こっちゃうから、ずっと座ってるよりいいね。

ブリタが昔やったというHUGOお化けゲームもトライ
7.jpg

腹がへってきたのでベーグルを食べながら。軽食系はいろいろありました。

最初にサービスでポップコーンがでてくるのもよかった。
ゲームをしながらそういうのがつまみたくなるもんね、気が利く〜。

このお店をとても気に入っちゃったけど、私はこういう場所で遊べるのも今のうち。
もっと次は大人数で行っても楽しいかも♪と思った。
興味ある人、一緒に行きませんか?

posted by A子 at 21:53| Comment(6) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ブルノでゆっくり

今回も彼の実家でダラダラしてきました。

まずはブルノに到着した足で、次男坊ビテックの家へ行きました。
彼の家(フラット)は、ブルノ繁華街からバスで20分以内のところ。
それでも自然いっぱいなのが素晴らしい。

IMG_20171014_131032.jpg

窓からの景色が最高。
季節を感じられる家ってうらやましいな。雪をかぶった冬景色が特に美しいらしい。

既にいい状態のフラットなんですが細かいところが気になると、自分で部屋を大改造していました。
床や天井、その完成度がプロ並みの凄さで関心。
うちも素敵にしてくれないかな〜とか思っちゃいますが
ブルノに帰ってこない限り、手伝ってくれることはないでしょう。
私たちがブルノから離れたことに未だ文句ありありですからね(苦笑)

実家へ皆で行ってお昼ごはん

IMG_20171014_140016.jpg

チェコの家庭料理。
ポテトのポリッジ、ビーフパティ、野菜炒め。
母の味付けはやさしい。

天気がよかったので4人で公園に行きました。
そして、卓球。

IMG_20171014_174617.jpg

母 VS 次男と三男。

このメンバーで遊んだり話したりするのが好き。自分が自然に家族の一員だと思える。
私は過去にアメリカやカナダで3回ホームステイをしたことがあったけど
どの家族にも馴染めなくて辛かった。時に泣いた。
だから、こんな居心地のよい家族に出会えたことはすごいことに思う。
チェコ人と気質が合うというのもあるし、この家族はたまらなく暖かい。


日曜日は長男と子供たちがやってきてにぎやかな午後。
(この家は毎週日曜日に必ず家族が集まる)

昼食後男性陣は全員サッカーをしに出かけるので、
私は自然とビッキー(8才)と遊ぶ。

IMG_20171015_150722.jpg

もう4年も同じ遊びしてるね、お絵かきゲームが楽しい。
ビッキーは今でもプリンセスの恰好をして見せてくるけれど、私そういうのが苦手だったりする、、
おままごとみたいのも。自分がしてこなかったからかも、虫やザリガニと遊ぶのが好きだった。
自分のお腹の子も女の子。いつかプリンセスになりたがるかもしれない。
私は子を育てながら心広い大人に成長したい。

その後、気づくと私はソファーで熟睡してた。いつのまにか長男家族が帰ってた。

プラハへ帰る日、ブルノの町をぶらぶら歩いて変化をチェック。
最近のブルノはお店などがすさまじく変わるので。
お洒落な恰好した若者が増えたなぁという印象。

そしてオンドラの親友ワシェクと3人でお気に入りのハンバーガー屋へ行った。

IMG_20171016_123101.jpg

ワシェクといえば大酒飲み、しかしこの日はビールを一滴も飲まず
オンドラと一緒にカプチーノを注文していた事に思わず笑ってしまった。
前までコーヒーなど全く飲まなかったのに。
町も人も少しづつ変化しているブルノでした。


posted by A子 at 17:54| Comment(4) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

母と兄が来た日、そして動物の日のイベント

チェコは、ここ何日かぽかぽかと暖かい日が続いておりました。
(秋らしい気候は束の間で、これからぐんぐん寒くなっていくようです..)

そんな秋晴れのある日、ブルノからオンドラの母と兄が遊びに来てくれました。
最初母だけ来るつもりが、まさかの兄も同行。
長距離移動大嫌いな兄がはるばる来てくれたのが最高にうれしかった。
兄は超マイペースで、好き嫌いがものすごくはっきりしています。

兄はプラハが嫌いなので、私たちの住むÚvaly(ウーヴァリ)だけで過ごしました。

pohoda.jpg

わざわざ遠くから来てこんなんでいいの?と思ってしまうほど、家でダラダラと過ごした。
オンドラ手作りのブランボラーク食べて、お絵かきゲームして、おしゃべりして。

でも思えば私が日本の実家に帰ったときも、ブルノの彼の実家に行ってるときも
ほとんどダラダラしてるだけだよな。そういう家族との時間が一番幸せを感じたりするんだよね。

食べ物の好き嫌いがものすごい兄が、私が作っカリントウを口にしてくれた。
しかも美味しいと2個目も食べていたのが非常に驚きました。

帰る前は、Úvalyを少し散歩。

IMG_8336.JPG

オンドラが足を骨折中、という設定で兄に助けてもらって歩いているところ。
35歳と38歳になった兄弟、いつまでもこんな仲良いっていいよね。
オンドラは元々子供っぽいところあるけど、兄といる時はもっと子供に戻って楽しそう。

あっという間の滞在でした。会いに来てくれてありがとう。


そして、昨日の話。
日本人友達のパコヴィキュナさんが、世界動物の日(SVĚTOVÝ DEN ZVÍŘAT 2017)というのに誘ってくれて
面白そうだから動物好きなオンドラも連れて行ってきた。

会場はパンクラーツのセントラルパーク

IMG_8339.JPG

この辺りは現代風なビルが多くて、他のプラハ地区と雰囲気が違います。

ここに来るまでの道のりで、たくさんの犬に出会った。メトロ車内も犬だらけ。
この犬たち、みんな動物イベントに行くんだなーと分かった。
オンドラは動物の中で唯一犬が苦手なので、「げ、、これ動物っていうか犬のイベントなんじゃ?」
とハラハラしながら向かいました。

たしかに犬中心のイベントだったけど、他の動物もちょこちょこいたのでよかった。

IMG_8368.JPG

パコヴィキュナさんが連れてきた可愛いプードルくんと、公園にいた豚。
お二方、一緒に何を探しているの?

動物保護団体がテントを出していて、そこで怪我して保護されているコウモリやハリネズミを近くで見ることができた。

IMG_8348.JPG

IMG_8375.JPG

IMG_8364.JPG

このフクロウ、手に乗ってるのを感じないくらい軽かったな。

あと、警察犬が犯人を捕まえるショーが迫力あって面白かった。
警察犬、勇敢で頭良くてかっこよすぎ!

パコヴィキュナさんはスロヴァキア人の旦那さんと来ていて、
初めて旦那さんともゆっくり話せたのがよかった。
旦那さんはすごく温厚で勉強熱心で話してて楽しい人
オンドラも楽しそうにしてて、またカップルで会えたらいいな〜と思った。


posted by A子 at 13:17| Comment(4) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

日本的日々

昨日はNasaちゃん歓迎パーティーと題した会にお呼ばれして行ってきた。
半年前にチェコ人旦那さまとプラハに来たという初めましてのNasaちゃん、
すでに色々挑戦してて可能性に満ち溢れた女の子(見た目も若くて可愛い)だった。
プラハに日本人いっぱいいるよな。この夏はたくさんの日本人との出会いがあった。

party.jpg

さやかちゃん家族、Miyukiちゃん、Nasaちゃん、ヒロさんカップルと。

20170923_124009.jpg

珍しく、すごくヘルシーな一品を頼んだ。

ケーキも食べたけどね。

20170923_142515.jpg

このキャラメルケーキ、すごくおいしかった。

広々していて良いレストランだった。(キッズスペースが大きくていいね!)
皆さん、楽しい時間をありがとうございました。


話とんで、一昨日は友達カップル(日本人×チェコ人)が主催していた着物ショーへ行ってきた。
会場に溢れんばかりの観客、最初前が全く見えなかったんだけど優しいチェコ人たちが前をどうぞと譲ってくれた。

IMG_8302.JPG

古典的なものは少なく、洋服を着物に取り入れたりしている
明治時代を思わせるようなモダンな着こなしが、会場とよく合っていた。

モデルは、日本人とチェコ人。観客はほとんどがチェコ人だった。

IMG_8291.JPG

モデルさんも観客も着物をすごく楽しんでて盛り上がってて、嬉しい。
日本舞踊を習っていた頃はちょくちょく着物で出かけてた、久々にすごく着たくなったよ。
妊婦でなければ、このイベントこそ着物で来たかったな。

IMG_8274.JPG

可愛いチェコの女の子たち。

ショーが終わって、主催者の友達と挨拶しようと思ったら
挨拶したい人の行列ができてて二人はスターのようだった。日本でもチェコでも二人の顔は広い。
TVにも出てたりするし、私は旦那のぺトル氏を15年くらい前から勝手に知っている。
東京で開催されるチェコ関連のイベントといえば、だいたいこの人が関わっていたのだ。
偶然オンドラとぺトルが知り合いで、ダブルデートで飲みに行ったとき、
ぺトル夫妻がすごく気さくで面白いのを知って、それ以来このカップルがとても好きだ。
スターと握手みたいのじゃなく、いつかまたゆっくり飲みにいきたいなぁと思う。


日本的な日々、
また和菓子に挑戦しています

karintou1.jpg

私の大好物、なんでしょう?

正解

karintou2.jpg

かりんとう

自己採点75点くらい。黒糖の味がまだ満足いかない。
人に手土産で持っていけるくらい美味しいのが作れるようになりたい。

posted by A子 at 19:26| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする