2019年07月21日

(妊婦の記録)入院中の話

産院で3泊4日を過ごしました〜

産後、部屋に行く前にシャワーを浴びたりトイレ行ったりするのだけれど
フラフラで一人では歩けず、若くてかわいい看護婦さんが介助してくれた

1.jpg

尿出しきらないといけないようで、チューブ突き刺して出してもらった。
不快感極まりなかったけど、天使のように優しい看護婦さんだったな。

深夜3時ころに泊まる部屋に到着
他に空きがなかったのか、2人部屋に泊まれることに。
通常は3人部屋、2人部屋希望すると有料なのに、ラッキー。

room.jpg

向こう側にもう一つベッドがあるけど初日は誰もおらずで、個室状態だった。
すごい疲れていたし、ここ数日間ほとんど寝てなかったから、よく寝れそうだ
と思いきや、出産の興奮状態から全く寝れず。
赤ちゃん来たらあまり寝れないよな残念・・と思いながら朝を迎えた。

入院グッズは何も確認せず、前回入院の記憶を頼りに用意しただけだったので忘れものが酷かった。
スリッパと産褥ショーツさえあればよし!と思っていた自分の甘さよ。

シャワー室の案内をされる時に自分で立てなかったので
「タオルはどこ?私がカバンから取ってあげるわ」
と看護婦さんに言われて
あ、やべ持ってきてねぇ〜・・・
と思ったんだけど、はっと気が付いて
「はい、そのカバンに入ってます」と伝えた。
看護婦さんがカバンの中全部確認したけど見つけられず。

この中にあります〜


enza2.jpg

と自作円座クッション↑の中から筒状になったタオル取り出したら
あっら〜と笑われた。
いやはや偶然タオル持っててよかった、円座クッションとして使えなくなったけど。

息子は翌日私のベッドの隣にやってきた
これからはずっと一緒

IMG_20190628_145450.jpg

着せられていた服も、交換用に用意してくれる服も
冬ですか!っていう厚着っぷり。
この夏日なら肌着一つで事足りるってイメージだったんだけどな。
母親に写メ送ったら、これ日本じゃ汗疹になっちゃって大変だね〜と。
夜はすずしかったけど、昼間これじゃ。だから茹だこみたいな顔してたのかな。。

母乳がなかなか出てくれず心配に。
息子は乳を探す素振りをしてよく泣いていたので新生児看護婦さんに相談した。
「出なくても乳を頻繁にくわえさせること」と言い、ミルクは頑なにくれなかった。
こりずに4人くらい違う看護婦さんに相談してやっと分かったのが
生まれたて赤ちゃんは2日くらい何も口にしなくても大丈夫らしく、この産院では生後3日目になったらミルクを足してくれるということだった。
体重も減ってっちゃうしで不安になるけど、3日目になるのを待った。
3日目に入ると、母乳が足りてないときは必ずミルクをもらいにくること!とミルクあげることに逆に徹底してた。
私のチェコ語力が乏しくて、誤解も生まれたりして一人の看護婦さんと一時険悪になったりもした。

standing.jpg

ミルク後のお地蔵さん
こうやってしばらく立てておくの、懐かしいな。
この子は最低限のミルクでは足りない食欲のある子で
ああ早く母乳出て〜、満足するまで飲ませてやりたい、と思ってた。
最初からミルクに頼りすぎると母乳が出なくなってしまうので、最低限のミルクしかもらえなかったのだ。

泊まっていた4日間のうち、3日間は他の人がやってきて相部屋となった。
一人は何故か1日で部屋を出て行った、そして次やってきた人が
極道の妻みたいな風情の人(チェコ人)だった。

2.jpg

和風な桜の木の刺青がどどんと入っていて、授乳中の後ろ姿もイカツイ。

しかしこの人、スーパー謙虚でいい人なことが後々判明。
「うちの子がうるさくてごめんなさい」と、自分の子が泣くことに対してすごく敏感で私に気を使ってくれていた。
いや〜お互いさまです。

比較的昼間は静かな産後病棟も、夜にはどの部屋からも聞こえてくる赤ちゃんの大合唱。
カエルみたいだな〜と思ってた。



最後に病院食をちょっと紹介

朝ごはんの一例

m1.jpg

今回は昼食以外ベッドの上で食べること許されてた。

m2.jpg

朝ごはんは基本パンとりんごのみ。

昼ごはんの一例

l2.jpg

昼は一応温かいものがでる。
メインが微妙なのでデザートのヨーグルトがすごく美味しく感じる。

l3.jpg

前回の入院の時よりも野菜の割合が多いと感じた。苦情が多発して改善したのかな〜。

夜ごはんの一例

d2.jpg

パックジュースが日本のいちごジュースに味が似てて懐かしかった。これスーパーで見かけたら買いたい。

d1.jpg

夜ごはんは朝同様かなり軽め。

茹ですぎのパスタは2度出たけど、やっぱり2口目がいけない程不味かった。
チェコで出産経験のある友人と話すと他の産院の病院食もだいたいこんな感じみたいで
ある友達は「生の人参が一本そのまま出た、馬かよ」と言ってて笑った。
最近TVで見たアンケート調査でも、病院で不満な点の一番が病院食だった。チェコ人も思うんだね。
妊娠検診から出産、入院費用全てチェコの健康保険で賄われてるから質素な食事はしょうがないけど、せっかく作るなら味がもうちょっと良いといいのにな。。

しかしながら3食出てくるのは有り難い、家帰ったらこんなに休んでられなそうなので省エネで過ごした入院期間。
今回は酷めの後陣痛があったし、縫った膣も痛かったし、寝返り打てない程の恥骨痛がずっとあってけっこう大変だった。
でも家で待ってる家族が恋しすぎて帰る日が待ち遠しかったな。

d9e350215ffdf7be778219813e8c520b.0.jpg

今回もガタゴト電車で帰ったよ

posted by A子 at 17:30| Comment(2) | チェコで妊娠、出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!第二次おめでとうございます。
出産お疲れ様でした!

ご相談させてください。

私達夫婦はどちらも日本人なのですが、
チェコ滞在中の現在妊娠が分かり、チェコで出産したいなと考えております。

個人事業者VISAでは、現地出産は出来ないのでしょうか?
子供の出生届はチェコで提出できるのでしょうか?
Posted by shanamommy at 2020年02月02日 14:48
shanamommyさん

はじめまして。ご懐妊おめでとうございます!
赤ちゃん楽しみですね♪
現地事業者でもチェコでの出産は可能なはずです。お持ちの保険は妊娠中の検査や出産がカバーされてるものでしょうか?
日本人としての出生届はチェコの日本国大使館で受けてくれますよ(注)出生日入れて3ヶ月以内です。
Posted by A子 at 2020年02月02日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。