2017年08月11日

女友達

最近会った友達の話

先週プラハに住むさやかちゃんが、友達を紹介する為にお茶会をセッティングしてくれた。
驚くことに紹介された友達Mさんは妊婦さんで、出産予定日が私とたったの15日違い。
チェコ人配偶者とチェコに住んでいる日本人というだけで親近感が沸くが、
その上出産予定日まで近い妊婦さんとなると、出会えたことが奇跡のように思えた。
Mさんは私より妊娠週数進んでるのにお腹小さかったな。細いからだね。
胎動はもうしっかり感じるようです。


sajaka.jpg
そして久々に超身軽にやって来たさやかちゃん。
今回息子君はお父さんに預けてきたのだ。
お母さんにもそういった完全フリーになれる時間は必要と思う。
両家親共遠くに住んでいるから頼れる人は旦那さんしかおらず、旦那さんの協力ってすごい大事だよね。
私もそうなるんだろうなと。オンドラによろしくと今から言ってます。
さやかちゃんは出産を経験してから1年しか経っていないので色々な事を覚えており、プレママの私達にたくさんのことを教えてくれました。
日本の妊娠情報雑誌を読んだりするけど、やはりチェコでは勝手が違うので、チェコで出産育児を経験している人の話が一番役に立ってありがたい!
似たもん同士の3人で話して楽しい午後でした。


話飛んで、昨日私達の家にオンドラ同僚のルツカが遊びに来た。

オンドラは職業柄、友達は女かゲイばかりである。
そしてオンドラも女ぽい性格をしていると思う事がある。
最初の頃は、仕事終わりに彼が女子と飲みにいくことにジェラスィ〜を感じていた私なのだが、
彼が紹介してくれるその友人たちはことごとく最高に良い子ばかりで考え方が変わった。
オンドラは女の意見を女友達を通して聞くことが多いので、私の心情を自然と理解してくれることが多い。
女友達有り難し。私も仲良くなりやすくて嬉しい。
ルツカは特につつみ隠さず何でも話す明るい子で好きだ。

ルツカとお家で一見さん餃子を食べ、オンドラ考案の子供みたいなゲームをし、Úvalyを案内した。
ルツカが高架橋が大好きだというのでÚvalyの何てことない高架橋を見せに行った。
彼女は素敵〜と、とても嬉しそうだ。人の好みはそれぞれだな。

bridge.jpg

ルツカと高架橋の前で。

丘の展望台に登ってÚvalyの町を一望して、広場のカフェに行った。
そしたら、そのカフェで何故かルツカ出身の町の地ビールを扱っていて彼女は驚いていた。
もちろんそれを頼んでいた。
そして、自家製レモネードに柚子があったことに今度は私が驚いた。チェコで珍しい。
チェコでも「ユズ」というようだ。日本のだーと言ったら、そうよ!と店員さん。
チェコ人にユズって言っても誰も分からなかったけど、さすが日本人ねー!と嬉しそうだった。

20773582_1814966321887587_384084166_o.jpg

ボヘミア北部フリードラントという町で作られている地ビールと、柚子レモネード

ルツカと私は飲み物で祖国を感じながら、
噂話から下ネタまでぺちゃくちゃと女子校的トークを3人で盛り上がったのでした。

posted by A子 at 10:22| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: