2017年05月08日

トジェボニ Třeboň

チェコの南ボヘミアに位置するトジェボニという町に、3日間行ってきました。
かなり久しぶりな一人旅、胸が躍りました。

mapp.jpg

プラハから電車でトジェボニへ。
ヴェセリー・ナト・ルジュニツィー駅で一度乗り換えがありました。
途中ターボル駅をすぎた辺りで電車が30分以上停まってしまいました。
次乗る列車に間に合わんなぁと思いましたが、
トジェボニ行きの列車はちゃんと待っていてくれました。

IMG_5742.JPG

トジェボニに無事到着。
マサリク広場が近いトジェボニ ラーズニェ駅で下車しました。
駅から広場までは歩いて5分強でした。

IMG_5744.JPG

こじんまりしたマサリク広場、綺麗な建物が並んでいます。
のほほんとしていい感じ。

さて、なぜ私がこの町に一人でやってきたかというと、、

国際アニメーションフェスティバルが開催されていたからです。
私は世界中のアニメーションが大好きです。
1年トロントに住んだのも、10年前に初めてチェコの地を訪れたのも全てアニメーション好きが高じての事でした。
国際アニメーションフェスといえば、アヌシー、オタワ、広島、ザグレブが有名で
まだ行ったことがないザグレブか、前に行って好きだったアヌシーにそろそろ行きたいなと悶々と思っていました。
そんな矢先チェコにもわりと大きなアニメーションフェスが、ここトジェボニで開催されるのを知り、
そんな近くなら行ってみよう!と予定を立てました。
フェス中は私がオタク化するのを分かっていたオンドラは、あえて付いてきませんでした。

IMG_5748.JPG

フェスティバルのメインオフィス。
3日間フリーパスと、プログラムガイドブックを購入しました。

IMG_5754.JPG

フェスを楽しむ必須アイテムが揃った!
冊子とタイムテーブルを吟味しながら、見たいプログラムを決めてチケットを発行してもらいました。

宿泊するアパートメントのチェックイン時間を14時と連絡していたのですが、
さっそく見たいプログラムが14時から上映されるのを見つけてしまい、オーナーに電話をしました。
オーナーは英語が分からないようで苦戦しましたが、16時に変更したいというのはちゃんと伝わった感じでした。

アニメーションを見終わり、アパートへ。
アパートは広場から30分程離れており、行くまでの道に大きな湖がありました。

IMG_5755.JPG

広〜い。

IMG_5782.JPG

アパートに到着。アパートなのでレセプションなどはありません。
待ち合わせの16時になったのでオーナーに連絡を入れると
「4分待って」と言われましたが、なかなか来ません。
15分以上待つと、オーナーが車でやってきました。ホッ。

泊まる部屋の中でチェックイン。
オーナーの片言英語と私の片言チェコ語で会話しました。
最終日、鍵はポストに入れて出て行ってくれればいいと言われました。チェックアウトも楽なもんである。
何かあったら電話してと言われ、いい人でした。
そしてオーナーは自分の住まいへ帰っていきました。

IMG_5768.JPG

アパートの部屋、かなり広くて綺麗。
一人で泊まるには広すぎて贅沢な部屋。
でも、これで一泊600コルン(3000円)。オンシーズンでこの安さはすごい。

IMG_6002.JPG

キッチン道具もそろっており、このまま1年でも住めそうな部屋だ。
チェコ人はきれい好きが多いと思うが、ここのオーナーはその一人だ。

IMG_6004.JPG

滞在中は自炊をしようと思っていたが、滞在中はわりと忙しかった。
商店の営業時間が短く、買い物行く暇がなく結局料理はしていない。

さて、次見るプログラムまで時間があるのでトジェボニの町散歩へ。

IMG_5821.JPG

小さくてカラフルな建物が並ぶ、それぞれの形をした屋根がかわいい。

IMG_5804.JPG

IMG_5815.JPG

聖イルイー教会の塔がちらっと。


町にはレストランがいっぱいあって、ほとんどのレストランが鯉料理を売りにしていました。

IMG_5830.JPG

トジェボニの鯉といえばヨーロッパでも最高ブランドと言われているらしいです。
残念ながら私は鯉苦手で食べてません。

夕方から22時すぎまで短編アニメーションをいっぱい見ました。
(アニメーションの感想は別記事にするつもりです)


日が沈んで暗くなると
広場の真ん中の野外シアターで、子供向けのアニメーションが上映されてました。

IMG_5835.JPG

誰でも自由に見る事ができます。子供も夜更かしして楽しんでいました。

あまり長くねむれなかった朝。目は疲れていたけど頭は冴えていました。
昨夜食事をするのを忘れて腹がへっていました。
どっかのホテルのビュッフェでも行こうかな〜とトボトボ歩いて広場に来ると

IMG_5839.JPG

マーケットが開いている!
ラッキー!
食べ物を売ってる店は2件しかなかったけれど
腹がへっていたのでとにかく何でもいいから口にしかたかった。

IMG_5845.JPG

豚肉のハンバーガーを買った。
ハンバーガー売りのお姉さんが人懐こい人で、長々と立ち話しました。
チェコ人の彼の為にチェコに来て一緒に住んでいるなんて
すごいナイスですごいクレイジーだわ!と何度も言われました。

今日はたっぷりアニメーションを見るつもりでいましが
私は今回年齢を感じましたよ。
昔はフェスに行くと、一日10時間とか、
頭がおかしくなってしまうまでアニメーションを見続けていたのだけど
それができなくなっていることに気づきました。
目痛くなるの早いし、頭が狂うほど見たくないなとも思いました。
せっかく素敵な土地に来ているので、もっと周りを見てみようと思いました。

IMG_5848.JPG

午前中は曇り空。

IMG_5902.JPG

自転車が多いトジェボニ。
この辺りはサイクリングコース、キャンプ場が多くあるようです。

湖の向こう側まで歩いてきました。

IMG_5895.JPG

遠くに聖イルイー教会の塔が見えます。
旧市街は低い建物が多い中、この教会の塔だけが高い気がします。
翌日遠くまで行き過ぎて迷子になりかけ、この塔が遠くに見えて目印になりました。

林の中に入って行くと、何やら素敵な建物が。

IMG_5859.JPG

正面から

IMG_5886.JPG

タイマーで自撮り♪

後から調べたら、Schwarzenberská hrobkaという名前。
シュヴァルツェンベルクさんのお墓みたいです。

特に広範囲を歩いてないけれど、面白い建物を多く見ました。

IMG_5907.JPG

IMG_5904.JPG

巨大なビール工場?

その前のお庭にいたムフロン。

IMG_5997.JPG

雄ムフロンの角に異様にドキドキするのはなんでだろう。
私の前世は雌ムフロンなのかな?

IMG_5912.JPG

少し冷えたので映画館のカフェで休憩。
このホットアップルジュースがおいしくて次の日も飲みました。

その後イタリアアニメーションのプログラムを見ましたら、
異様にパスタが食べたくなったのでイタリアンレストランに入りました。

IMG_5913.JPG

トマトとモッツァレラのパスタ、
手打ち麺がグッド、ソースも美味しかった。

午後、やっと太陽が出ました!

IMG_5929.JPG

マーケットは賑わっています。

広場のすぐ横に建つトジェボニ城

IMG_5932.JPG

こじんまりしたトジェボニの旧市街と、小さめのお城がよく調和しています。
この町、バランスがいいなぁと思うのです。

IMG_5938.JPG

IMG_5943.JPG

お城の庭園は広く緑いっぱい、地域の人の憩いの場という雰囲気です。

横になって、日光浴しました。
一人って気楽。思うまま行動できるもんね。

IMG_5950.JPG

合い間合い間に映画館に行っているので、まとまりのない旅行記になっていますね。。

とんで、最終日。
旧市街から離れて自然を歩き続けました。
誰もいない道、一人で鳥の声をきいて歩くのが気持ちよかったです。

IMG_59771.jpg

IMG_5989.JPG

アニメーションも観光もちょうどよくいっぱい見れて、いい旅行になりました。
トジェボニは、彼にも見せてあげたい綺麗な町でした。
私は昔ほどオタクではなくなってたし、来年は一緒に来るかな〜


posted by odaQgirl A子 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449712651

この記事へのトラックバック