2017年04月21日

洞窟の向こうには

彼の仕事の後、時間が少しあったので
プラハのスミーホフ駅で待ち合わせて、気になっていた列車に乗りにいきました。

ベロウン駅方面へ向かう、二両しかない小さな電車です。
プロコプスケーウードリ自然公園や、ダレイスキープロフィル自然公園などの中を通り過ぎていく列車。
ほんと、楽しかったです。

m.jpg


周辺を散歩しようと彼の提案で、プラハ市内のジェポリエ駅で下車しました。

プラハの公共交通機関はとてもシンプルで好きです。今更ながら褒めますが、、
共通の切符でプラハ市内の電車、メトロ、トラム、バス、ケーブルカー、渡り船、どれでも乗り放題で素晴らしい。
プラハ市は広いから、公共交通券があれば色々なところに遊びに行けちゃいます。

私はチェコに住みだしてから、電車とバスが大好きになりました。
特にプラハの端っこに行くのが楽しいです。

さて、ジェポリエ駅で下車した後
ダレイスキープロフィル自然公園の方へ歩いていきました。
すると、こんなところがありました。

IMG_5661.JPG

先へ行きたくなりますね。

トンネルの向こう側には、小さな洞窟がありました。

IMG_5662.JPG

オンドラは洞窟大好きです。嬉しそうにどんどん入っていきます。
私は洞窟、こわいです。
ホームレスがいたらどうしよう、とか殺人鬼が隠れてるかも!とか不安になるんです。
ヤーイ、探検だーい!と気分を盛り上げ、私も真っ暗な洞窟の中を進みました。
すると向こう側に光が見えました。出口が見えて、私はほっとしました。

IMG_5675.JPG


IMG_5680.JPG

脱出成功、やれやれ。

IMG_5683.JPG

岩に囲まれた、不思議な気分になるところに出てきました。
とりあえず進みました。

そしたら、こんなところがありました。

IMG_5686.JPG

おおー!

採石場?
チェスキークラスに行くまでもなく、こんな立派な採石場が。
プラハにもこんなのがあったのか。 
溜まっている水はなんでこんな水色をしているのか不思議。

この採掘場と関係あるか分からないけれど、
この辺りは昔、古代の動物壁画などがたくさん採掘されたようです。

帰り道でも別の洞窟を見つけました。
来た時の洞窟よりずっと怪しい雰囲気で、私はこわかったです。
でもどんどん中入っていく彼を見て、私も興味が沸きました。

また足場の悪い暗い洞窟を歩く。
すると一番奥の所で彼が何かあるのに気づき、携帯の光で確認すると
十字架でした。
もうすぐにでも出たかったです。十字架とか怖すぎるだろ。。何があたんだろうここで。

ちょっと心臓がどきどきしていましたが
家に帰るにはさっきの洞窟を通るしかないので、また洞窟へ入ったのでした。

IMG_5704.JPG

不安って幻想でしかないですからね、怖いもの知らずな人になりたいな〜なんて思います。


posted by odaQgirl A子 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449226374

この記事へのトラックバック