2016年06月09日

友人の新居へ

ブルノの友達が、チェスカー・トジェボヴァーという田舎町に新居を構えたので
遊びに行ってきました。

題.jpg

チェスカー・トジェボヴァー(Česká Třebová)はここ。
プラハから列車で1時間半。

駅に到着すると、2組の友達カップルが待っててくれました。
彼らとは、結婚式ぶりの再開です。

IMG_8887.JPG

揃って緑多い住宅地を歩く
本日はトリプルデート。

IMG_8890.JPG

ゲイ夫婦は荷物を持つのを助け合い、
若旦那は妊婦の奥さんが坂に疲れたので抱き上げて歩きます。

IMG_8898.JPG

カメラに気づくとキスしましたよ!お熱いですね!

パブに寄り、チェコで一番美味しい手作りポテトチップスをたらふく食べてから
お家へ行きました。

IMG_8903.JPG

豪邸、到着。

若旦那はまだ21歳、彼の両親が金持ちで
二人にこの家をプレゼントしたのです!
ご両親は横に建つ同じ大きさの家に住んでいます。

日本に住んでるとこの5LDKの家は4千万以上・・と想像しますが
さすがチェコ、そしてこの地域となるとかなり安いお家。
彼らはこの地域の家の価格帯を教えてくれました。
土地込み2階建てのお家は1000万程で購入可能。
マンションの2DKの部屋は400万あれば購入可能。
ということでした。
安いな。
今、プラハで物件見てますが1000万の予算だとマンション(フラット)の2Kですね。
なんか、都会に住むのが馬鹿馬鹿しく思えてくるねと彼と話しました。

お庭で、両親がバーベキューを用意してくれてました。

IMG_8916.JPG

チキンと、アルミで包まれた何か。

カレー風味のグリルチキン、超絶に美味しかったです。
さっきポテトチップスを腹いっぱい食べてしまったことが後悔
腹に余裕があれば、チキンをもっと食べたかった。

IMG_8925.JPG

アルミに包まれた中身は、ヘルメリーンチーズでした。
中は、とろっとろ。どっかの屋台で食べたのよりずっといい焼き加減。

IMG_8928.JPG

手作りティラミスも。

お料理が上手、すべて美味しく頂きました。

IMG_8921.JPG

結婚式で会った最強叔母さんもオロモウツから来ていました。
お母さんと叔母さんは話したら止まらない。
食事中、この二人の口が閉じた瞬間はなかった気がします。

IMG_8909.JPG

お庭にプールがあると聞いて、彼は水着持参してきましたが
あいにく肌寒い日で泳ぐのを断念。

飲み会が3時間を過ぎたころから
私はだいぶ疲れてきて
飲み会自体特に好きでもないし、何よりチェコ語が分からず超退屈だったので
近所を散歩しにいくことにしました。
そしたら彼もついてきてくれました。
彼も彼で、チェコ語が分かったとしても、おばちゃんの弾丸トーク続きで
なんだか楽しくない、、と。

ほとんど人に合わない、静かな町をのんびり散歩しました。

IMG_8939.JPG

スクエア。この黄色い建物で友人カップルは結婚式を挙げました。


1時間後戻ると、皆はまだ飲んでいたので
私たちも少々お酒に付き合い、2匹の犬と戯れ、肌寒くなってから家に入りました。


IMG_8905.JPG

新しいリビング。
いろいろ部屋を見させてもらったけど、ほんと豪邸。大きい窓から見える山景色がいい。
若旦那は子供4人くらい欲しいらしいけど、この家ならぜんぜん大丈夫でしょう。

うれしかったのは、部屋の壁に
結婚時にあげたプレゼントが飾ってあったこと。

IMG_8940.JPG

あ、旦那の那が間違ってることに今気づいた。。
書いてる通り、若旦那はイベタの旦那でいつも本当に幸せそうにしています。

23時すぎまで飲み会は続き、私と彼はもう眠たさの限界を超えていたので
用意してくれていた客間に行き、先に寝ました。

翌朝迷路のような廊下を通りリビングへ行くと
昨夜遅くまで飲んでいた皆も、もう起きていました。
朝ごはんを頂き、列車の時間が来るまでジェンガで遊びました。
 
IMG_8952.JPG

ここでも、倒した人は度数の高いラムを飲まなくてはいけないという
罰ゲームがあり・・ほんとこの友人たち酒酒だなぁと。。
実は彼らは昨夜3時までこのゲームで盛り上がっていたようだ。
朝から酒など絶対に飲みたくないので、
そのスリルがあってなかなか楽しかったけどね。
息止まるくらい集中したので、倒しませんでしたよ、よかった。


帰り道、

IMG_8961.JPG

牡丹の花が咲いているのをたくさん見ました。
このお花、チェコでは何故か「ビール」(pivoňky)と呼ばれている。
由来を調べてみたら、
ビールばかり飲んでいて、花のように体からビールの香りを放っていたチェコ人の頬が
まるでピンクの牡丹のように色づいていて、鼻も赤い牡丹のような色をしていたから。
とかいう一説。無茶苦茶で可愛らしい話。
もう、酒好きもいい加減にしてください!
と言いたいこの日ではあったが、ビールのお花からはとてもいい香りがして、癒されたのでした。


posted by A子 at 22:15| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック