2013年08月18日

トロント最後の日、そしてオヌールとの別れ。

母と姉が来てから時間がすぎるのが矢のように早い。
トロントを終えることは、オヌールとの別れも意味していて、心がとても痛かった。

ママとよっちゃんとトロント2日目に、Bluesバーに行ったことがある。

その時に、二人が泣き出した。


crying.jpg


「ほんとにオヌールと別れてもいいの?すごく悲しいね?」

ママは号泣して、
よっちゃんはもらい泣きをしていた。
2人はやさしいオヌールを気に入っていた。


当本人の私は、冷静・・とても好きだったけど、別れるのが丁度良いと知っていた。

私は何かとジェラシーを感じる時があって、それをオヌールに見せると 煙たがられた。
オヌールは、彼女がいても女の子と旅行やデートをできる人で、そこに悪気はなかった。
あまりに、あっけらかんとしているので、一瞬わたしが理解すればいい話し?と思ったりもしたけれど、感情ってそんなに単純なものじゃない。
私が彼を理解できないように、彼は、私が嫌だと思う気持ちを理解できない。
文化、考え方が違うから、もうしょうがないのだ。
この件に関しては、彼とよく話し結果こうなった。

「わたしは、あなたの彼女でいるには真面目すぎるのだと思う。
私はジェラシーばかりで、遠距離になったら自分がもっと悲しむのが想像できる。」


「Eikoは、ぼくのこと忘れたほうが幸せだ。悲しまないようにその準備をしよう。」


onur.jpg


彼の気持ちはよく見えなかったけど、それは最初からずっとで
自分ばかり好きみたいな感じだった。

同時期、彼には韓国にも彼女がいることや、結婚した過去があったことを知った。
あなたの為に私の将来を無駄にしたくないと思った。


友達に戻ろうと二人で決めた。
でも、理性と感情は別の方を向き、複雑だった。


feelingdown.jpg



ナイアガラの滝から戻った夜が、トロント最後の夜だった。
オヌールが、
「ママとよっちゃんは全然トロントを見ていないから、トロントの夜を案内してあげよう」
と言ってくれた。


night toronto.jpg


私自信も、仕事が毎晩あったので、トロントの夜はそんなに知らなくてわくわくした。
特に、湖やトロントアイランドが見えるハーバーフロントは昼間でも行った事なかったので連れて行ってくれた。

CIMG2881.JPG


CIMG2880.JPG

CIMG2879.JPG


こんなところがあったのか・・昼間にも来てみたかったな。
そういえば、たとえば彼と。コーヒー屋での勉強じゃない、外でのデートもしてみたかったな。








次の日、朝の早いフライト。持って帰る物が増えて、2つもスーツケース買い足してすごい荷物になった。
オヌールは荷物持ちとして手伝ってくれて、空港まで来てくれた。男の力があって、すごく助かった。


ヒュンジも、最後の挨拶をしに会いに来てくれた。

hyunji.jpg

同じアジアだし、すぐまた会えるね。2人でそう思ってバイバイした。



leaveing morning.jpg

空港に向かう道。ぼんやり窓からトロントの景色を見送った。
ここに降り立った日のこと、ホームステイ、職探し、シェアハウス、ドーナツ屋、ゲストハウス、語学学校のこといろいろ思い出していた。



last-onu.jpg

空港に着いた時、さすがにほんとにほんとに悲しくなった。
やはり彼が好きだったので。

忘れるってどうやって・・?
別れた後に自分が落ち込んでしまわないか不安なほど悲しかった。



でも、最後の最後だけは良い顔をして別れて、いい思い出にしたいと思った。



bye-bye.jpg

   バイバイ。





蝉のように始まった恋は、蝉のように果敢なく終わった。
でも、つきあっていた期間は、とても特別な思いができたと思っている。
オヌールとつきあうまで、7年間付き合った人がいなかった。
7年前につきあっていた彼と別れた時に、天にものぼる幸福を感じてしまったことが大きくて、その後ずっと
彼氏がいるということがいいものなのか、何のために必要なのか、分からなかったから。
でも、トロントで出会った外国人によく言われた。
考える必要ない、好きだと思ったなら、抱きしめたいと思ったなら、それを言ったり、実行すればいいだけ。
もっと楽しんで。元カレが全部の男と同じだと思うな!扉を締めないでEIKO!!

オヌールが彼氏としてどうだったのかも、つきあってみないと分からなかった。
結果どうであれ、恋人がいるというのもいいもんじゃないか?!という恋愛スイッチが30歳になり入ったと思った。


トロントの生活は、日本でいる時よりも積極的にならないと生きていけなかった。
ワーホリという1年は早くて、すぐに過ぎて行く。何もしなくても、過ぎて行く。
でも、何もしないともっと辛かっただろうと思う。



memory.jpg

日本に帰国した。

日本はいいなと思った。
自分の場合は、とても守られてる。
身近にすごく心を通わせられる家族も友達もいて。
ぼんやり特別な事をしてなくても楽しい。日本料理が半端なくおいしい。

1週間もたった頃には、トロントが1ヶ月前のことのように思えた。


19歳の時から海外に住んでみたいと思っていた。
ワーホリ制度が使える30歳ぎりぎりになって、もう行かなきゃ!と思った。
勉強も仕事もできるワーホリという制度、素晴らしいと思う。ほんとに行ってよかった。
人によって、色々な1年があるんだろうなと思う。
もし迷っている人がいたら、絶対行った方がいいと思う。
大変だけど、自分次第で楽しみも待ってる!




トロント日記はこれにて終わります。
長い間、読んでくれてありがとうございました。





次は、ヨーロッパ旅行記を書き始めます。
posted by A子 at 00:11| シカゴ ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | トロントの暮らし(2012-2013 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Eikoさん

はじめまして!!
10月からトロントへワーホリ出発予定の28歳女子です。
急に不審者からのコメントで申し訳ありません。
昨晩、母親と「トロントの物価ってどんなもんなんだろ〜?」という話から、たまたまEikoさんのブログを発見。かわいいイラストと色々な経験談、時々シュールな写真などなど面白くなって夜な夜な見させていただきました〜!!

私は6月に仕事を辞めて、ずっと計画だけで進んでいなかった海外生活をようやく実現しようというところです。
Eikoさんは日本を出る前から英語は堪能だったのですか??カナダに行く前に準備しておいた方がいい!!と思うことなんてありますか??

もしよければ、お時間のある時に教えていただけたら嬉しいです。

つなこ
Posted by tsunako at 2013年08月18日 16:17
旅行記は、読んでて楽しいね。
絵もすごくいい感じ。
色も線もキレイだね!
Posted by はやさか at 2013年08月18日 18:46
つなこさん

はじめまして!
読んでくれて、嬉しいコメントまで、ありがとうございます!
もうすぐワーホリなんて楽しみですね^^
私は、英語のToiecなど受けたことないので英語能力を説明しにくいのですが
来た当初、いくつかのESLの無料体験でしたレベルチェックでは、High Intermediate(中上級)のクラスと言われました。
日常的なたわいもない英会話は何とかできるという感じだったと思います。
私の場合ですが、しておいた方が良い準備で一番に思いつくのは、英語とお金!です。あればある程、絶対いいです!
現実的ですが、、。
最初のうちは、日本で貯めて来た英語の知識で話すことになります。
耳が慣れるとかは感じてくるかもしれませんが、英語力は自然にぐーんとは伸びません。
階段をのぼるように少しずつ地道でした。(今もまだまだ勉強中です!)
自分の目的によるかもしれないです。語学力が低くてもぜんぜん住めて、環境に慣れてしまうのがトロントなので。
ほんとに色々な人がいて、私の日本人の知り合いに英語を学ぶ気は全然なく、英語力ほぼ0で、ワーホリに来た女の子がいました。
でもその子は、美容師のアシスタントとして(英語+中国語環境で!)バイトしていました。
明るい子で、なんとかなってる〜!と笑ってました。旅行もよくしていて、もしかしたら、私よりも毎日が楽しそうでした。
トロントで部屋や仕事を探す際、私はcraigslistかkijijiという英語のサイトをよく見ていました。(英語できそうだったら挑戦してください!)
でももし英語に不安な場合は、日系のサイトでもたまに良さそうな英語環境の物件や仕事が載っている事があるので、要チェックです。
ご存知かもしれませんが、e-mapleというサイトが有名です。
出発前からこういうサイトを眺めたりするのも、リアルに様子がわかっていいかもしれないです。わくわくするし!

あと、これ重要です!
気になる歯があったら、完全に治していった方がいいです!こちらは歯科の保険がなくて、治療費が驚く程かかります。
韓国人の友達は、治療費が航空券と変わらないと言って、治療の為に韓国まで帰っていました。
私は帰国前、歯が痛くなったけれど1ヶ月我慢しました(涙

それでは、トロントたのしんでください^^ 
新しい出会いと経験がこれからいっぱいありますね!
Posted by A子 at 2013年08月19日 00:56
はやさか君

すごくひさしぶり!
元気だった?!
ありがとう、ほんと適当なイラストなのに・・
線が見事なはやさかくんに褒められるとは!かなり嬉しい。
アニメーション作ってる?また時間あったら話そう^^
Posted by A子 at 2013年08月19日 01:01
えいこちゃんの日記、とても素直でほんとにいい記念だね。
自分は昔よりプライベートな気持ちを書かなくなっていたので
ブログって全部書くのもいいなって、すごい思いました。
パステルで描いたような可愛い絵が一緒だからほんわかな感じでとても素敵な恋の思い出ですね。

私もつき合っていた人と別れて、天にも昇るような気持ちだったよ。
別れって人を成長させるよね。
私もたくさん恋をしてたくさん成長できるといいな。
って、まだ20歳みたいな事言ってるのは、可笑しいね。笑

あと、栄子のブログは絵がかわいいからiPhoneでなくてPCで観た方がいいんだと知りました。
Posted by まりん at 2013年08月19日 02:02
元気だよ!
アニメーションはゆっくり作ってるよ!
いつでも連絡ちょうだい!
Posted by はやさか at 2013年08月19日 22:51
まりん
そうだね、ほんとにさよならカラーだよね。まりんも未来が開けてよかったよ。
今は持ってる夢が恋人のようにがんばっているね。
わたしは長年アニメーションやマイムが彼氏のような感じで悪くはなかったよ。
でも人間の彼氏がいるというのはいっそう生活が潤うなぁ
と思った。
私たち40歳になってもそんなこと言ってるかもしれないよ。笑
ブログ、PCがいいんだね。大きく見てくれてありがとう^^
Posted by A子 at 2013年08月20日 23:39
はやさか君
お、新作あったら見せて!
OK^^そのうち連絡する。
Posted by A子 at 2013年08月20日 23:44
Eikoさん

お返事ありがとうございます!!
とーーっても参考になりました。

そうですね…私はギリギリ言いたいことを言えるか言えないかレベルの英語力なので、
もっと勉強して準備しておいた方が良いですねっ!!
今は無職なのでお金も減っていくばかりだし…。
しっかりせねば!!
Eikoさんのお返事を見て目が覚めた感じです!!ありがとうございます:)

歯医者さんの件は、たまたま「最近歯がザラザラする〜」と思って、ちょうど通い始めたところでした!!そして、しっかり虫歯もできていたので治療中です。
グッドタイミングでした!!

ここ1〜2年、本当に悲しい事が続いて今回トロントに行けるのは私の人生の転機かなって思っています。新しい環境に飛び込む不安もありますが、新しい出会いや色々な経験ができる事に今からワクワクしています!!
旅立つ前にEikoさんの素敵なブログに出会えたのもラッキーでした!!

トロントで一回り成長して帰ってこれるように頑張ります!!
本当にありがとうございます♪

つなこ
Posted by つなこ at 2013年08月22日 13:34
つなこさん

お役に立てたようで、うれしいです。
おお、海外に出るにいい機会ですね!悲しい後は、きっといい事が数倍嬉しく感じれますね。
私、ドーナツ屋で心に穴がぽっかり空いていたけど、その後に穴を埋める嬉しいことがいっぱいありました。
環境変える事も大事かもしれないですね^^
歯の心配もないし、もう大丈夫そうですね!
トロントは多国籍で、色々な国の人と友達になれることが楽しかったです。
ちなみに、日本人は色々特ですよ!笑。部屋探しは特に、トロントでもやはりとてもいい印象を持たれています。
それでは、いってらっしゃーい^^
Posted by A子 at 2013年08月27日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック