2019年10月25日

チェコ人の貧乏飯

オンドラ兄が遊びに来てました。

好き嫌いがものすごい、野菜果物一切食べない兄の為に
今回オンドラが用意した料理

IMG_20191019_134436.jpg

これ。チェコ人の貧乏飯らしい。

材料は、クネドリークと卵のみ

IMG_20191019_134558.jpg

これがクネドリーク、茹でパン
600gで150円しない。
チェコ人の主食の1つである。
スヴィチコヴァ―とかの煮込み料理に添えるのが一般的な使い方。

オンドラのレシピ(と書くほどでもないが)

IMG_20191019_134535.jpg

クネドリークを適当な大きさに切り、油で炒める

クネドリークに熱が入ったら

IMG_20191019_134511.jpg

卵を入れてささっと全体に混ぜる
(卵は100gのクネドリークに対して1個)

塩と胡椒で味付けして出来上がり

コツは「卵入れてすぐさっさと混ぜること」らしい(笑)

なんともジャンク。
うちのハムハム娘がとっても気に入り、ještě ještě(もっともっと)といっぱい食べてた。

IMG_20191019_152333.jpg

気づいたら布団から大きいコレノと小さいコレノが
(チェコ人は丸坊主をコレノ(膝)と呼ぶ)

今回も子供達といっぱい遊んでくれて感謝。
兄と戯れる二人はすごいご機嫌だった。

posted by A子 at 00:30| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

天然記念物パンスカースカーラ Panská skála

2泊3日の旅行へ行ってきました。

行先は、チェコ北ボヘミアに位置するカメニツキー・シェノフ村。天然記念物を見に行きました。

map2.jpg

家からカメニツキー・シェノフ村までは、ローカル電車を2つとバスを乗り継いで2時間ほどでした。
リべレツ地方は自然の見どころが多いので、旅行先になることが度々ある。行ったことある場所をいくつか通り過ぎて懐かしかった。

IMG_20191014_104222.jpg

娘のお腹ぽっこり

ふとオンドラに、「息子がポホダ(平穏)君だとしたら、娘は何ちゃんだと思う?」
と質問してみた。すると考える間を入れず

 「ハムハムちゃん」と即答。

ハムハムとは、チェコ語でぱくぱくと食べるの擬態語。

笑ったわ。だって、この2時間半の移動中も娘はずっと「ハムハム」言って食べ物要求してるんだもん。
ハムハム合唱は3日間の旅行中ずっとで、食べる事忘れさせる為のエンターテイメントが大変だった。
オンドラ曰く、この娘の食べ物好きは私の遺伝らしいんだけど。
私は食事の事になると真剣になったり、興奮したり怒りっぽくなったりと人格が変わるらしい。苦笑

バスに乗り換えるためチェスカー・リーパという町で下車
お昼時間(しかも子供達が昼寝中!)だったので適当に見つけたカフェで食事

IMG_20191014_131142.jpg

IMG_20191014_122440.jpg

天候に恵まれて暖かかったこの日。
今年最後のテラス席での食事だろうな〜。
ゆっくり食事とコーヒータイムもできて、さっそくホリデー満喫。

食事途中で目覚めたハムハムちゃんのお腹も満たし、旅行続行。
バスまで時間があったので町をちょっとお散歩しました。

IMG_20191014_132101.jpg

チェスカー・リーパの広場の1つ (大きな町なので広場が3つある)

IMG_20191014_132218.jpg

食後なのにまた食べてるハムハム娘と、おねんね中のポホダ君
姉からもらったお揃いの服で来た

kigi.jpg

秋だなぁ

木がいっぱい茂った公園でゆっくり遊びました。

バスに乗ってやっと目的地のカメニツキー・シェノフ村に到着
3泊する宿は天然記念物パンスカースカーラから歩いてすぐ。

宿の辺りから遠目で見た柱状節理は、ただの岩に見えてなんてことなかったんだけど
近くまで行くと、六角形の柱が並んでいるように見える玄武岩の奇景が。

IMG_20191014_172738.jpg

自然の彫刻
柱状節理なんて言葉自体初めて知ったのだけど、
この不思議な岩柱は、マグマが冷却するときの収縮によってできるんだそうです。

夕方で西日が当たり、影がとても美しかった。

IMG_20191014_161250.jpg

宿はログハウスの1室で大きなキッチンが便利だった。
朝食は付かないので自分で用意してたけど、子供二人いると朝食ビュッフェよりこういう方がマイペースにできていいかもと今回思った。

翌日はバスで30分のスロウプ・フ・チェハーフという村へ行ってみた
あるお城を見るため。

またチェコのお城かって感じで、実はちょっと飽きてきてる私だが
このときのは違った

IMG_20191015_104224.jpg

岩の上に?岩と同化してる?お城

この日は平日、土日しか入城できないようで残念、できたとしても階段だらけで小さな子連れには厳しそう
なので全貌がよくわからず外観だけ見て終わりました。
いつもは城内に興味がない私ですが、この時は本当に見てみたいって思った。
スロウプ城、またいつか機会があったら来てみたい。

その後、このお城の近くに有名な洞窟があるから見てみたいとオンドラが言うので
けっこうな崖を登りました。さっき階段は子連れには厳しいと書いたが、ここは階段にさえなっていない
木々になんとか足ひっかけて登るような崖で、子供背負って危なすぎる行為だったと思います、、(こわかった。もうしない)

IMG_20191015_112922.jpg


岩洞窟に到着。さらに上に登れる

上からの景色が絶景でした

IMG_20191015_113140.jpg

さっきの岩のお城が見えました

IMG_20191015_113815.jpg

洞窟の中は6畳一間くらいの空間、十字架が架かっていました。

お腹が空いたので、近くの町まで行ってお昼ご飯

ボヘミアンガラスの町ノヴィ・ボールです。
街にはボヘミアンガラスの工房、ガラス製品を売るショップなどがたくさん並んでいました。
ボヘミアンガラスは世界的にもとっても人気があるので、
ガラス工房の見学や製作体験をしに来る人がいるみたい。

でも私達はレストラン探し。
良さげだったレストランは狭くてベビーカーで入れそうになく断念、
その後まるでシャトーのようなホテルのレストランを見つけた。
高そう?と思ったけど、田舎町のレストランのランチなら対したことないだろうと思って

偵察係の私はホテルに入ってみた(レストランはホテルの奥)

IMG_20191015_123638.jpg

わっ、なんか高級!

迷い迷いで二度見に行き、
やっぱり、これ私らの入るようなレストランじゃないよ、、、
と報告しに家族の元に戻りました。

しかし、娘のパンツがおしっこでびしょ濡れになっており、
もう着替えさせたいからここでいいよ!となりました。

IMG_20191015_124035.jpg

ああ、お席も高級感いっぱい

隣の席でびしっとジャケットはおったビジネスマンが四人で食事をしている

騒げないな、、


IMG_20191015_130702.jpg

高級な雰囲気とは裏腹に、私の頼んだランチメニューの鴨もも肉は145コルン(725円程)とこのボリュームでリーズナブル。そして、めちゃ美味しい。
オンドラのリーゼック(チキンカツレツ)170コルン(850円)は高い、普通は100コルン(500円)で食べれるので。
リーゼックあまり好きじゃなかったけど、ここのリーゼックは肉が柔らかく揚げ方がカラッと上手で初めて美味しい!と思った。
レモネードやらコーヒーやら頼んでランチごときに600コルンも使っちゃったけど、いい気分になれたので良しだな。
Parkhotel Morris Nový Bor

IMG_20191015_173943.jpg

宿に戻ってお庭で遊んだ。
この宿は卓球台があるから選んだのに、丘の上にある為風が常にふいてて
卓球が一度もできなかった。。子供の荷物多い中、わざわざマイラケットまで持参したのだが。

オンドラの風邪が悪化してきてる気がしたので、3泊の予定を2泊にしてもらい
翌日帰ることにした。オーナーさんいい人だった。

IMG_20191016_074133.jpg

娘が好きだったベッド脇の窓と宿にいたピカチュウ
娘はピカチュウの事を「クラ―リック(うさぎ)」とずっと呼んでた。

私は日課である「今日楽しかった3つのこと」を思いながら寝ようとしたら
一つも出てこなかった。1日がまるまる楽しいからなのかな?
それが理想だなと思った。


IMG_20191016_094144.jpg

翌朝、また天然記念物見に行った、霧がかっていてまた雰囲気があった。

「タティー!(パパー)」と崖上のオンドラに駆け寄ってく娘

IMG_20191016_094247.jpg

流石にそこまでは登っていけないねぇ。

「ハムハム」言い続けて娘の機嫌悪し&雨が降ってきたのでそそくさ退散
バスまで一時間もあったのでケーキ屋さんで待つことにした

IMG_20191016_102714.jpg

パンナコッタが美味しかったのと、隅っこにちっちゃな子供の遊び場もあって思いがけずいい時間になった

これが旅の締めとなれば良かったのだが。

チェスカー・リーパ町で帰りの電車を待つ間
気になってた水族館に入ってみることにしたのだが、これが失敗だった。

IMG_20191016_120441s.jpg

水族館と言えるのかも怪しい、ペットショップかそれ以下の小さなお店。
しかし大人二人分の入場料が1250円と高い。オンドラの給料2時間分。でも魚好きな娘の為に入った。
魚を見るのにはお店のオーナーと一緒に回らなくてはならず、そのオーナーがすごい厳しくてオタクだった。
水槽から1m以上離れてみないと注意をされた。そして一匹一匹の魚や海藻の説明をすっごく詳しくしてくれる(チェコ語、私は理解できなかった)
魚が好きな娘に自由に魚を見せてあげたいだけなので説明はほどほどでいいと、オンドラが何度も伝えたが、聞く耳持たずただ熱心に説明を続ける。娘がうろちょろして水槽に近づくと怒られるので、抱っこしてなきゃならなかった。
魚の環境を守る為だと言うオーナー、その考えは尊重するけれど、それならお金をとって人に見せる営業をしないでほしい。
せめて未就園児お断りにしちゃうとか。
動物にストレスを与え過ぎだと動物園のことをディスっていたが、この人のやってることが中途半端すぎてなんかもう、もやもや。
オンドラはこの人の喋りにどっと疲れていたが、さかなクンなら楽しくおしゃべりができただろう。
入る前に「リビ、リビ(魚、魚)」言ってた娘はショッピングモールにいる魚のようには近づけないことにテンションガク下がり、店から出たそうに魚にバイバイ言ってた。。
日本行ったら魚の種類いっぱいで自由に見れる水族館に娘を連れて行ってあげよう。

と、この体験が旅行の最後を締めたせいで
変な気持ちでの帰路となったのでした。

posted by A子 at 19:02| Comment(2) | チェコ国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

嬉しかった3つのこと

風邪やっと治った〜と思ったら、インフルエンザ発症してました。
いや、もしくはまた乳腺炎だったのかも。だって家族の誰にもうつってない。
39.5℃の熱が出て汗だらだら垂らしながら子供達の世話してて、親に休みなしを思い知った数日間でした。

IMG_20191003_165219.jpg

2か月前に思わず買った謎の植物から、リボンみたいなのが生えてきて驚いた。かわいい。

このところ、「今日嬉しかったこと」を3つ思い出してから寝るようにしている。
これ1ヶ月続けるとポジティブ思考になるんだってさ。
寝る前って変な思考回路になりやすいので、これやるといい気分で寝れる気がして、それだけで私にはやる価値アリかも。

日々の育児は、同じような1日の繰り返し。生活リズムを守りたいから尚更。。
長期的にみると子供との時間はかけがえのないものだけど、1日1日は単調で、お世話が作業化してるなと感じることがある。
子供達の要望の波がいっきにやってくると溺れそうになる。今日よ早く終われと思ってしまう。

それでも、寝る時には嬉しかったことがちゃんと3つ以上出てくる。

体調悪くて散々だったある日でも
@ご飯がツヤツヤおいしく炊けた
Aオンドラが仕事から急いで帰ってきてくれた
B娘がPojď sem(おいで)と言いながらハグしてくれた

こんな感じで。


あと、楽しいことってちょっとした事で作れるのかもと思った日、

20191011211924638.jpg

いつものお風呂タイムにシーツを追加した。
思った以上に嬉しそうな娘、楽しそうなので私も隣に入った。
シーツに足や手を取られる感覚が面白い。シーツの空気が移動して、キューって音がして娘と笑った。
最後に二人でゴロンと横になって話してた。プカプカ気持ちよくって幸せだった。
これが本当のウォーターベッドだな〜。

20191011213145352.jpg

ポホダ君と青いキリン
友人ルツカのお母さんが息子にも手編みのプレゼントをくれた。
娘が生まれる時はピンクの熊さんを編んでくれたんだ。

生後100日に寝返りに成功した息子は、それからいつもコロンと寝返りをし首を高く上げて(泣いて)いる。

20191011213754982.jpg
20191011213803002.jpg

情熱的なお姉ちゃま
ポホダくん迷惑そう

かわいい二人の姿を栄養に、また今日も頑張ろうと思える。



そして...
日本行きチケット買っちゃった!来月半ば子供二人連れて行きます。

台風上陸を心配しています。大きな被害がありませんように、日本の皆さんどうかお気をつけて。

posted by A子 at 20:53| Comment(0) | チェコで育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする