2019年08月30日

結婚式はブラニーク山に見守られながら

友人の結婚式にお呼ばれして遠い村まで行ってきました〜

map.jpg

場所はここ、ベネショフよりさらに先。
結婚式を挙げた友人カップルは出身も住まいもプラハなのだけれど
長閑な場所での結婚式に憧れて、色々探したのちにオストロフ村の宿屋に決めたようです。

うちからは約3時間、電車3つを乗り継ぎ、さらに車(友人兄が迎えに来てくれた)でやっと会場へ。
小さな子二人連れて行くには遠くて到着するまでにクタクタになりました。

でも、来てよかったと心から思える素晴らしい結婚式でした!

式場のまわりは本当に何もない

IMG_20190827_163904.jpg

ただこのブラニーク山だけは、チェコ人にはジープ山くらい有名。
伝説によると、この山には多くの騎士たちが眠っていて、祖国に危機があるとその騎士たちは復活し守りにやって来てくれるらしい。
このところのチェコの危険な政権から、ブラニーク山の騎士たちが山から下りてくるぞ!なんて言われてるとか。

IMG_20190827_165057.jpg

IMG_20190827_121758.jpg

新郎がお母さんと先にやって来て、
しばらくすると花嫁がお父さんと現れた。
いつもとは違う友人のドレス姿にウルっときちゃったよ。すごく美しい。

IMG_20190827_121951.jpg

挙式は正式な手順で行われた。この時、日本でいう入籍が完了するわけです。

IMG_20190827_124253.jpg

晴れて夫婦となったばかりの二人に、ライスシャワーで祝福


IMG_20190827_180820.jpg

挙式が終わると、中庭に移動して皆でランチ

IMG_20190827_135810.jpg

これはチェコの結婚式での伝統行事をしているところ
一つのシーツに包まりスープをのませあっています。

IMG_20190827_142256.jpg

結婚式に出るランチはたいていこれ、スヴィチコヴァ―

IMG_20190827_134331.jpg

こちらも結婚式では必ず見かけるスウィーツ


そして長いパーティーが始まった

実は私、チェコの結婚パーティーがちょっと苦手なんです、、、
何故かというと、とにかく時間が長ーくて(翌朝4時までとか)基本飲んで踊ってしゃべってダラダラするだけ
私はチェコ人の中で誰との会話も長続きできないし、お酒もほとんど飲めないしで時間を持て余してしまうのだ。
だから自分の結婚式では来客参加型のゲームなどを多くして飽きさせないように準備したわけです。
プログラムが多いという意味では少し日本の披露宴または二次会のようだったと思います。

しかし!今回のこの結婚パーティーで、チェコ人結婚式のイメージが反転、一番理想的な結婚式とさえ思った。
のんびり過ごすというのは変わらないのだけど、友人が用意した来客者への時間と空間がすごく上手だったのだ。

いいなと思ったことを書くと、

その@遊具がいっぱい!

IMG_20190827_113654.jpg

IMG_20190827_114521.jpg

子供の遊具だけではなく、サッカーやバレーボールのコート、卓球台、トランポリン、プールなど
大人が楽しめるアクティビティもいっぱいあった。私とオンドラは久しぶりの卓球を楽しみました。

IMG_20190827_175218.jpg

IMG_20190827_180415.jpg


そのA宿屋全棟貸し切り!

宿屋の1部屋を用意してくれていた為、部屋でプライベートが持てシャワーをしたり休むことができた
交通の便が悪すぎるところにあるので宿泊込みだったのだ

そのBビールとコフォラ(チェコ版コーラ)のサーバー

IMG_20190827_120623.jpg

このサーバーお洒落だし、気軽にいっぱい飲めていいね

バーにはその他いろいろな飲み物が用意され、ビュッフェの食べ物はいつでも摘めた
(ずっと室温にあったチーズでオンドラはあたっちゃったぽいけど、、、)

そのC二人の写真が会場中にいっぱい

IMG_20190827_180625.jpg

友人カップルは25歳でありながらつきあってた期間は10年以上!
2人の思い出の写真はいっぱいありました。
生まれたときからの二人の成長がわかる写真コーナーもあった。

日本の結婚式では生い立ちビデオを流すことが多いと思うけれど
写真を飾り付けるというのはチェコのゆったり結婚式には最適な方法だな。

来客者の年齢、性格、興味は人それぞれ、
自分のしたいがままにホリデー気分で過ごせる結婚式の形に来客者のことをよく考えてるなぁと、とっても感心しました。

DJやクラリネット奏者がいて、音楽はエンドレス
娘は興奮してたんだな、眠そうな時はあったけどこの日結局昼寝しなかった。

IMG_20190827_120349.jpg

娘は髪の毛も伸びてスカートが似合うようになってきた。
私たちの好みでボーイッシュな恰好をさせていたけれど、これからはスカートも着させてあげたいな。
そして、最近は本格的なトイレトレーニングをしていてスカートの方がラクだったりもする。

息子君はというと、挙式もパーティー中もずっといい子にしてくれてた。
お腹さえ満たされれば機嫌がいいというのはとても有り難い。
息子と二人きりの静かな授乳は癒やし。満腹になるとニコ〜っとしてくれる。


IMG_20190827_174738.jpg

日が沈むまで遊んで部屋へ。
私は子供二人と床に入り、オンドラは夜からパーティーに来た同僚たちと飲み会をしに行った。

外から聞こえる大音量音楽と人々のさけび声
子供達はすーと眠りに入ってくれたけど、私は全然寝付けず。。。

昼前から焼いてた豚の丸焼きは一体いつになったら焼き上がるのかなぁ〜、食べれなくて残念だったなぁ〜とか考えてた。

皆さんは夜な夜ないろいろゲームして盛り上がってたみたいです(写真拝借)

1.jpg

2.jpg

マリオネットで操りながらビールを飲むゲームがすごいチェコらしくてツボ。


IMG_20190827_221521.jpg

部屋の窓から外をのぞくと花火をしてた


veon.jpg

こんな素敵な写真を撮ってたみたいです。

翌日指輪を見せてもらったら、お互いの指紋が刻印されてたり、二人には感心しちゃうアイデアがいっぱい。
旅行大好きで世界中飛び回ってる二人は、休まず次の日からハネムーンで海外旅行に行くんですって。

IMG_20190828_063223.jpg

翌朝の日の出
オンドラと娘は外に日の出を見に行ったようで

IMG_20190828_063043.jpg

モデル立ち

私はというと、

IMG_20190828_063548.jpg

結局一睡もできず、死にそうに朝を迎えました。

朝は皆酔いつぶれてて車を出せる人がいないので3kmの車道をあぶなっかしくも歩いて最寄りのバス停まで行き、せっかくなので電車駅のあるブラシムという小さい町をプチ観光した。お城のある公園がよかった。
楽しかったけど2日たった今も疲れが抜けない、歳だなぁ。

posted by A子 at 22:37| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

気まぐれ営業のギリシャ料理店

昨日いつも行く公園で遊んでいたら
公園の裏の方から楽器を調律するような音が聞こえてきた。

なんか、演奏でも始まるのかな?

と思って、公園を出てぐるーっとまわって音のする方へ行ってみると
そこはギリシャ料理店。着くとガーデンステージで5人組のバンドがちょうど演奏をはじめたところだった。

思った通り娘は大喜び、足でリズムとって踊リ出すものだから
私も体ゆらゆらさせて気づけばテーブル席に座っていた。
メニューも片手に持っちゃってね。

娘はというと他のお客の座ってるスウィングベンチに乗っかり
見知らぬお婆ちゃんの隣で「ホーピ〜ホーピ〜(ゆーらゆーら)」言ってるし、
図々しくもそのお婆ちゃんのオーダーしたギリシャパンのピタをねだってるし!
おい!

なので私もピタをオーダー、せっかくなのでレモネードとチキンサラダも頼んじゃったよ。
もうここで夕食済ませちゃえと思って。

IMG_20190824_181123.jpg

食べかけ汚くてすんません、、途中から息子が眠りから覚めて、わしゃわしゃしてました。
後ろに写ってるのがピタ。かなり美味しいし一皿(4枚)たったの17コルン(68円)。娘がバクバク食べるもんだから2皿目頼んだ。
ピタのように油ぽくて塩分ありそうなものは普段娘にはあげないようにしているけれど
たまにはいいじゃん♪という気分になる
だって、

IMG_20190824_181928.jpg

HELLO JOYFUL EVENT!

偶然着ていたTシャツが合っていた。
Tシャツフロント側にはSUPER HAPPYとも書かれている。
ちなみに生演奏をしてた中高年のバンドは南モラビアから遥々来たとういう、昔のポップミュージックを演奏してるんで客も年寄りばかりだった。

ギリシャレストランは車が通れない緑道にあって静かで環境がよく、日常から離れてホリデ〜イヤッホ〜な気分にさせてくれる。
営業日が決まっておらずお店開けるのはどうやら気まぐれ。
やる気ないんだろうな〜料理まずいんだろうな〜とずっと思ってたんだけど
一度来てからドはまりして、実は今夏来るのは4回目。

ただし、今回は自分ひとりで子供二人連れ。贅沢な時間と不良ママ感で新鮮な気持ちにはなれたけど、あまり落ち着かなかった。
中盤から音楽に飽きた娘がどっか遠くの方に消えてくので、授乳をしながら最後サラダ口に掻き込んで走ってた。

IMG_20190803_180722.jpg

この間オンドラも一緒に来た時の写真。
ラテもパフェも美味しかった。
このレストラン、子供が自由に遊べる車を20台くらい置いてるのがいい。
いつもこの店の前では小さい子供達がレーシングしてる、客じゃなく乗って遊んでても何も言われない。

IMG_20190729_130228.jpg

ママ滞在中も2回来たね〜。
ここはお肉料理よりサラダが美味しいみたい。
そして、やっぱりピタは必須。

気まぐれ営業のレストラン、だからこっちも気まぐれでつい寄っちゃうんだろうなぁ。



posted by A子 at 22:15| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

乳腺炎

1週間程前のある夜、布団に入ると体ががくがくブルブル寒気を感じた。
体温を測れば39℃。そして体の節々が痛い。
インフルエンザだろうか? 夏なのにな〜

翌朝、母、姉、弟とグループLINEをしていた時
今こんな症状があってさ〜と書き込んだら
まさかの弟から「乳腺炎じゃない?」とのコメント。
え、乳腺炎?男なのによう知ってんな〜と思いながら
乳腺炎についてネットで症状を調べてみたら

当てはまる当てはまる

胸はパンパンに張ってて熱をもっていた。

そういえば最近、うちの1ヵ月児はよーく寝てくれていて、
発熱した夜はなんと7時間も睡眠、いっや〜休めるよ息子君ありがとう
と私は呑気にいたのだが

それがいけなかったようで。
乳が詰まったおっぱいは悲鳴をあげてたのだ。
オンドラが調べてくれてとりあえずPARALENって薬を飲んで、様子をみることにした。

それからは母乳の詰まりをとる為に色々なポジションでの授乳を意識
息子に飲みたいときにどんどん吸ってもらった。
気になるしこりを押しながら飲ませていたら
3日くらいでしこりもなくなり体の調子もよくなっていった。

とそれから息子はまた夜2、3時間置きに乳を欲するようになっちゃったんですが
眠いながらも「もう乳腺炎にはならなくて済むぞ〜」と有り難く思えるのでした。


(おまけの話)
いつでもどこでも授乳

bjorn.jpg

娘の時には気づかなかったのだけど
ベビーキャリアで抱っこしながらの授乳が便利すぎる。

家でも外でも、娘の相手中、家事しながら、
息子に勝手に吸っててもらうという
乳のセルフサービス

外授乳が特に大改善した。
歩き授乳、多分誰にもバレてない。
ベビービョルンの抱っこ紐は新生児から使えて便利だ
長時間使用は赤ちゃんの体に負担がかかるから気を付けないとなんだけど。
もうこれに頼らずにはいられない。



posted by A子 at 23:55| Comment(0) | チェコで育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

二人のりベビーカー

うちにやってきた二人乗りのベビーカー

IMG_20190730_153039.jpg


「リムジン」
とオンドラが呼んでるこの長いベビーカーは、ネットバザーで1万5千円ほどで購入。
定価が4万円程でもともと安いのですが、その割には丈夫で使いやすくできている!
Joie、イギリスのメーカーみたい。
使ってみて2週間、良い点は2人用のわりに軽くて押しやすく小回りが効く。畳むとけっこうコンパクト。荷物入れのホロ、日除けが大きい。
二つ欠点を言うと、前輪が小さ目なので二人同時に乗って重くなるとちょっとした段差が乗り上げられない。前の席のリクライニングがほとんど倒れないこと。長女が寝てしまった時かわいそうだなと。後部座席は平行になるまで倒れるので新生児から乗れる、ので双子より年子向けかな。

IMG_20190803_172838.jpg

お出かけがより楽しくなりました♪


年子0歳と1歳の日常

IMG_20190722_093834.jpg

毎日読んでもらっているお気に入りの本
はオンドラが子供の頃から読んでいたもの
娘はいくつか覚えてセリフ数個を言えるようになっちゃった

IMG_20190723_131339.jpg

ストレッチは一緒にやると楽しいねー

IMG_20190730_175755.jpg

やっぱりキス
パパママよりも弟にしたい

IMG_20190804_180110.jpg

この日は姉の公園遊びに付き合って3時間半の外気浴
気持ちよさそうにずっと寝てた 今年の夏は暑い日ばかりじゃなくて過ごしやすい


IMG_20190730_183913.jpg

生まれてから5週間が経ちました
体重は5kgを超えた。ムチっとしてきたでしょ〜


posted by A子 at 18:50| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする