2019年02月18日

ロストキの謝肉祭カーニバル

先週土曜日、中央ボヘミアで一番早く開催されたマソプスト(謝肉祭)パレードに行ってきました

マソプスト(Masopust)はチェコ語で、「肉よ、さらば」という意味。
もともとキリスト教の伝統行事で、この日を最後にイースターまで断肉していたらしいです。
今は宗教的な意味合いはほぼない行事となってますが当時の様子を再現して町中を練り歩きます。

そうそう、マソプストが来ると
「おおもう春も近いんだな〜」という嬉しい気分になります。
この日、寒すぎず良い天候に恵まれました。

今回行ったプラハ近郊のロストキ(Roztoky)は、プラハ中心にある駅から列車で20分で行けます。
人気のマソプスト祭の1つとして有名、年々たくさんの人で賑わいます。
小さな町の駅ホームは人で溢れかえって、なかなか駅から出られませんでした〜

カーニバルの前に、駅前広場で開会式的なのがありました

IMG_5227.JPG

すごい人でしょ〜
こんな人混みの中に来るのは、久しぶり。いるだけでエネルギー使う。

広場では屋台や食べ物の売り子が巡回してたりしました
さっそく肉が食べたくなってきちゃって、私たちも買いました。

IMG_5195.JPG

XXLサイズソーセージ。名前と価格から、もっとでかいんだと思ったよ。
お肉に感謝しながら頂きます。

ロマ音楽みたいな演奏をしてるバンドがいて、雰囲気最高

IMG_5196.JPG


さて、マソプスト祭で何より見どころなのは、仮装!
私は人々の仮装を観察してるだけで心ウキウキして
このイベントの時はチェコが大好きになります。(日常的にそう思っていたいものですが。。)

IMG_5285.JPG

IMG_5299.JPG

チェコ人は普段服装にこだわりのない人が多いと思うのですが
このお祭りに来ると隠されたチェコ人のセンスの高さを見ることができて、とてつもなく興奮する。
日本のウォーキングアクト(練り歩きパフォーマンス)ではなかなか見れないセンスだと思います。

IMG_5301.JPG

IMG_5221.JPG

IMG_5275.JPG

一番好きだった仮装
口から出てるソーセージがビロビロと出たり入ったりする

現在のマソプストでは仮装のテーマはそれぞれ自由になってますが
伝統的な仮装は、熊、猿、馬、ユダヤ人、トルコ人、煙突掃除屋、古女房、わら男、骸骨などなので
そのテーマで仮装している人が多いです。

IMG_5234.JPG


私たちも急遽仮装して参加する事にしたのですが、オンドラに「動物がいいよ、あとはカラフル!コミカルなこと!」とアドバイスされ
ちょうど狐のお面があったのと、カラフルと言えば着物だ!と思い、
場違いすぎないようあえて着付けせずただめちゃくちゃに羽織りました。ああ、即席(苦笑)

IMG_5255.JPG

子供たちにKočka! (猫)って呼ばれてた。
コミカルさが欲しいなぁ、今度は手作り衣装で参加したいと思いました。

うしろにいる巨大ニワトリが素晴らしかった
このニワトリ夜は光るらしい。夜光らせる仮装してる人多かったみたいで、見たかったなー。

オンドラは、伝統的な仮装の一つである骸骨(死神)に変身

IMG_5294.JPG

けっこう雰囲気あり。
彼もマソプスト参加は初めてですが、何故かこういうマスクや衣装がクローゼットに入ってるんですね。


素敵な仮装親子も多く、ついシャッターを押していました

IMG_5238.JPG

カタツムリのママときつね?ちゃん
こういった素朴なのもいいな。

IMG_5241.JPG

姉弟そろって箱くん
昔大道芸で箱くんってキャラを演じたことがあるので反応してしまった。

IMG_5279.JPG

静かに立ちすくみ雰囲気あった親子

IMG_5296.JPG

この子かわいすぎ。


うちの娘も、いつか一緒に仮装楽しめるかな〜

娘は変な生き物に囲まれて興味津々、
どこからともなく聞こえてくる生演奏に体ゆさゆささせて、ノリノリに楽しんでた。

IMG_5298.JPG

1歳の死神で〜す

マソプストが順々に開始しているチェコ、他のカーニバルも行ってみたいな〜。
気になるのは、クトナーホラ、チェスキークルムロフ、ハムリのカーニバル。
ハムリ(Hamry)という村のマソプストカーニバルは、なんとユネスコの無形文化遺産として登録されてるらしい。面白そう。


posted by A子 at 02:30| Comment(2) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

おなか

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

お臍から空気を送っているの?

何もわかってないようで
何かを感じていたりして

まさかの再び妊婦をしています
あっという間に6ヵ月になりました。

posted by A子 at 22:00| Comment(0) | チェコで育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

モンゴルテントで過ごした午前


外は寒いし、娘はまだ歩くこともできないので
家で娘と二人で過ごすことが多い。近所に友人もおらず。
私も娘も退屈してきます。

そんな中、住んでる町でモンゴルイベントがあるという情報を見つけたので
散歩がてら見に行ってみることにしました。

1.jpg

この町に何故か常設されているモンゴル遊牧民テント(ゲル)
ここはよく面白い文化イベントを企画してくれるのです。しかも参加無料。

とうとうこの場所にピッタリなイベントがやってきました。

2.jpg

中はこんなだった
プログラムの途中に入ってしまったようだ。ギター弾きが喉を鳴らしたような独特な声で歌っていました。

hourse.jpg

久しぶりにスーホーの白い馬を思い出すギター。
ヘッド部分も馬の形してて素敵。

3.jpg

伝統的なダンスは足が触れそうなほど目の前で披露された
指の動きがエキゾチック。日本舞踊のように、一つ一つの動きに意味があるのかな〜?

4.jpg

モンゴル人の遊牧民の伝統的な遊びというジャガイ
カラフルなジャガイは羊のくるぶしの骨でできているようで、よく分からなかったが1つ1つ形によって動物の名前がついているようだ。
色々な遊び方をするようだが、小さな子供達だと、組み合わせて絵を作ったりするようだ。今お姉さんがちびっ子たちの邪魔に負けず人の形を作ってくれてます。

すっかり居心地よくのんびりしていたら
出来立てほかほかのボーズ(モンゴルの蒸しシュウマイ)が振舞われた。

6.jpg

うまっ!
ニナに半分以上食べられちゃった。素朴な味で子供にもぴったりだ。


急にポリスが来た、

police.jpg


都会育ちの私は、警察が急に侵入してくるなんて事に
「えっ、私たち何か悪いことしてたのかな!?」とドキッとしてしまうんですが
警察官二人は、仕事途中に「ただ面白そ〜」って寄っただけなのでした。
モンゴル茶とボーズもらって休憩していました。

さっきのジャガイを使って、次はゲームが始まった

7.jpg

ニナ、ちゃっかり輪に入ってるし。
どうやらおはじきのようなゲームぽい。

その後も娘はテント中を自由に遊びまわり

8.jpg

チェコ人きょうだいと仲良くしてたり

12.jpg

モンゴル家族の一員みたいになってたり

そんなんで、ちょっとだけ覗くつもりが、長居してました。
私はなんだかチェコ人ばかりの中にいるより落ち着いた、、アジアの親近感?

いつもとは違ったいい午前になりました〜

11.jpg

10.jpg


posted by A子 at 06:00| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

義兄と食べ物、そしてプラハ

今日の中央ボヘミアは久しぶりに雪景色。
ブルノのあるモラヴィア地方は今年雪が多いらしい。

数日前、「こっちは雪ふってないんだね〜」と言って私達に会いにやって来たのはブルノの義兄。
ブルノから出るのが嫌いなのに、今回も遥々我が家まで遊びに来てくれました。

IMG_20190131_191642_HHT.jpg

長旅お疲れのところさっそく娘と遊んでくれる。
人の指を借りて絵を指すのが娘最近の流行り。
今まで基本一人遊びだったのが、1歳を過ぎた頃から大人とコミュニケーション取りながらの遊びをしたがるようになった。
この落書き帖は3兄弟が仲良く子供のころから使っていたものらしい。

オンドラが7才の時に描いたクマさん発見

IMG_20190131_191552.jpg

画力がこの頃から変わってないのが、彼の愛らしく感じるところ

兄に何を作ろうか、いつも食事に悩む。
何故なら好き嫌いの多さが半端ない兄は、炭水化物、肉、乳製品、卵しか食べない。
慣れない味付けもNG!
基本ロフリーク(チェコのロールパン)だけでもいいのだが、
チーズオムレツ作ってあげたり、あとチェコ人に評判のいい餃子で挑戦してみた。
野菜が大嫌いな兄なので、挽肉だけで作ってあげるのが親切かもしれないが、
オンドラがいつも通りのキャベツとネギたっぷり餃子でいいよ!どうせわからんよ!
というので、気づかぬうちに野菜も食べてもらおう作戦を決行。今1歳児にやってることと同じだ。

IMG_20190201_132006.jpg

日本人には焼け面が魅了点だけれど、チェコ人は餃子のひだにオッと思うみたいなので上向きで出す。
慣れない味付け大丈夫かな〜と兄の様子を伺ってると、なんと「おいしい」とたくさん食べてくれるではないか。
ニンニクと生姜が効いた味付けが好きだったようだ。
けれど、食べ終わった後に「でも野菜が入りすぎだったな」と一応文句もあった(笑)

兄は毎度の食事後、全員分の食器を洗ってくれる上、ある時キッチンをピカピカに磨いてくれていた。
義母もうちのキッチンを勝手に磨いてくれてたことがあるんだけど、私がきれいを保たないからこの家族は気になってやっちゃうのかもね。
オンドラもかなりのきれい好きだし、親を見て育つんだな、私も見習わなければと思う。

義兄に夕飯は食べたいもん適当に買ってきて〜と言ったら
スーパーマーケットで冷凍ピザを買ってきた。

ピザ食わず嫌いの40歳兄が、人生で初めて食べるピザだという!

何ピザにしたと思いますか?(これ当てたらすごいな〜)







正解は、


IMG_20190201_180731.jpg

チョコレートピザ!

ピザじゃね〜!
と突っ込まずにはいられない。
こうしてオンドラと私も夕飯に形だけのピザを一緒に食べることとなった。味は可もなく不可もなくって感じだった。

私が知っている誰よりも我が道を行くの義兄、気楽で私らは大好きだ。
もっと長く泊まってけば〜と誘ったけど、今回は帰るって言われちゃった。
私はずっと風邪ひいてて乾燥ひじきのようだったけど、いっぱい休ませてもらったおかげですっかり良くなった。子守上手な兄弟に感謝!


最終日はプラハへ

義兄はプラハ嫌いだ〜と言いながら一緒に慣れない人混みを歩いてくれた(兄はブルノ中心の街も嫌い)

IMG_20190202_114707.jpg

プラハと義兄の組み合わせは珍しいので、旧市街広場で記念撮影

私とオンドラはレストランに行くため、プラハ嫌いな兄にはちょっと拷問とも思ったが1時間ちょいの間娘と周辺を散歩しててもらった。
その間カレル橋に行ったらしい。
人生初のカレル橋はどうだったかと聞いたら、上手な絵描きがいっぱいいてすごかったと言っていた。そこかい。。
私たちは兄と娘を待たせてるので急ぎ目に食事をしたが、基本食事を楽しめない兄はレストランに全く興味がなく、その点ではレストランを楽しんでいて申し訳ない気持ちにはならず済んだ。
酒も一切飲まない兄、人生でレストランに行ったことは一度もないという。


(おまけ)
私達が行ったレストランはGarelly 44
旦那の仕事に付き添ってのミシュランレストラン体験でした。
素晴らしかったので載せておきます。

IMG_20190202_131631.jpg

旧市街広場からすぐの小通りにあるGarelly 44
左側の写真は、今現在のシェフ。
現在のシェフというのは、このレストランのユニークなところで
1シーズン毎にシェフが変わるというところ。世界中のミシュランレストランで働く注目のシェフがお呼ばれするらしい。
今シーズンはポルトガルからのシェフ、Manuel Lino氏でした。

洒落た内装

IMG_20190202_120717_HHT.jpg

この建物は11世紀末に建てられており、プラハで最も古い建物の一つらしい。
レストラン内には造形作品が大胆に置かれれている。美術館で食事をしてるようで新感覚。

スターター、メイン、デザートの3コースを頂きました。
全てメニューから選べました。

IMG_20190202_122449_HHT.jpg

メインディッシュよりも美味しかったのはスターターで、ムール貝のポレンタ

あと、

IMG_20190202_125255.jpg

デザート、シナモン味のカスタードミルフィーユはほっぺた落ちる美味しさだった。

IMG_20190202_130112.jpg

オンドラは、My tongue was feeling to play with every portion of your exceptional dishesなんて感想をスタッフに伝えていた。

それは言い過ぎでもなく、特にソースの味がどれも豊かな味で、今まで体験したプラハのレストランの中でも最高級だった。
でもシェフが変わっていくと、過去の味の評価はそこまで宛にならないね、それがここの楽しみ方のようだ。スタッフのサービスも格別でした。

Garelly44には今年日本人のミシュランシェフも来ることが決まっているそうなのですが、
その日本人シェフはアルゼンチンに住んでいて、ヨーロッパ料理を得意とするとのことで、なんじゃそりゃ〜、ちょっとそそる。

お店HP http://gallery44.cz/


posted by A子 at 19:00| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする