2017年05月25日

妊婦の記録:5週〜7週目

昨日なんとなく書いちゃったけど、私妊娠しました。今日で7週2日です。
せっかくなので体験を記録しておこうと思う。
初めてつわりが軽い今日、朝から記録の絵をいっぱい描けた。

妊娠しただろうなと思ったのは生理が遅れて1週間、赤ちゃんが5週の時です。
すでにつわりのような気持ち悪さや風邪のような症状が始まってました。

つわりって全くない人もいれば、入院するほど酷い人もいたり
人によって全然ちがうみたいですが、私はこんな症状です。

morning sick 1.jpg

+下痢、

一日にもムラがあり、朝は比較的軽くて、夜はすごく酷い。

rano do vetre1.jpg

仕事はちょうどつわりの軽い6時からなので、おお仕事全然いける!
むしろ気分転換になっていい!なんて思ってました。
でも、9時を過ぎたくらいから船酔いのような気持ち悪さが出てきて立っているのがつらかった。
お客さんの顔が歪んで見えたりもした。
辛いので、職場の人に話しました。
驚いて喜ぶと同時に、体調を心配してくれました。

二人の子を育てたヤナは特に気にかけてくれました。

jana2.jpg


金曜日君も、

patekk.jpg

「こんなクソホテル(言葉が悪い、笑)で働いて赤ちゃんを駄目にしちゃだめよ!」と言い、
なるべく早く家に帰らせてくれました。


レストランのサービス業は、重たいものを持てないと仕事はとても制限されるので
結局、アルバイトの子も含め全員に話しました。
みんな理解してくれて、皆で赤ちゃんを守ろうとしてるのが感じれて嬉しかった。
最高にいい職場だなぁとしみじみ思いました。
妊娠初期は一番大事だと言うし、早めに話してしまってよかったと思いました。
(皆に話した時点では、検査薬もしてないし、婦人科も受診してなかったんですけどね。
勘違いだったとかいうオチにならないといいなと思いました。)

婦人科の予約が取れたのは1週間以上後。
プラハに来てから度々お世話になっている婦人科に行きました。
明るくて物をはっきり言うけど無駄なことは言わないさっぱりとした女医さんです。
先生は英語が話せるのでいつも1人で行きます。
すぐに内診してもらいました。

エコー写真はもらわなかったので、思い出して絵に描いた。

echo.jpg

胎のうの中にぼんやりと白い赤ちゃんがいました。
ぼんやりしてて本当よくわからなかったです。
6週6日ではちょうどいい大きさと言われました。

先生が「心臓動いてるの見える?」と言いました。
そういわれて目を凝らしてみると、白く光った粒みたいのがピクピクと点滅していました。
これを見た時、初めて生きてる人がお腹にいるんだと実感して、感動しました。

胎のうの横に、内出血の塊も見つかりました。
無理をしないでいれば、自然と消えるから心配しなくて大丈夫と言われました。

でも、仕事に行くと少なからず無理をしてしまう。
つわりも辛くて、今後どのように仕事していけばいいか先生に聞いてみました。
ウェイトレスという職業を聞いた先生は、
この出血が理由になるからと病気休暇の証明書を出してくれると言いました。
それで、翌日から仕事は出れないという証明書を作りました。
え、明日から?!と突然のことで焦りましたが、休めるなら休んだ方がいいなと思いました。
次の診察(2週間後)で仕事復帰できるか判断してくれます。(できたらつわりが引くまでは休みたいな)
健康に育ちますように。

病気休暇中に、役所の人がちゃんと家にいるか確認に来るらしいです。
1日6時間だけ外出が認められています。
時間が選べたので13時〜19時にしました。つわりでどこも行けないけどね。。


彼が薬局で買ってきてくれた、妊婦さんキャンディー

IMG_6110.jpg

生姜、ビタミンC、カルシウムが入っていて
つわりを軽減するのだとか。

IMG_6113.jpg

4色4味。舐めている間は、ラクな気がします。

posted by A子 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

母の誕生日のサプライズ

Úvalyに引っ越してきてから、彼の母が今日初めて遊びに来ました。
来る事は前から決まっていたのですが、前々日に母の誕生日だと気づいた私達。
急きょ誕生日会の用意をしました。

体調が良くなく、作れたのはタルトだけですが。。

IMG_6117.JPG

お母さん、到着するなりのサプライズに、とっても喜んでくれました。


IMG_6127.JPG

本当に美しい70歳だと思います。


そして、、やっと対面できたので最近秘密にしていた事を告白しました。



「わたしたち、赤ちゃんができました。」


お母さんは最初半信半疑で、冗談でしょう?!と言っていましたが、
本当だと分かると涙を浮かべて喜んでいました。

しばらく話していると、つわりが悪化してきたので私はソファーで横になっていました。
彼がいつも通り私の面倒をよく見てくれているので
「いい旦那さんでいいね、私の旦那さんはそんなことしてくれなかったわよ」と言いました。
お母さん、あなたの息子は本当に優しいですよ。

お母さんが2年ほど前にくれた絵を久々に見てみました。

IMG_6134.JPG

子供が大好きなお母さん、私達の子をずーと楽しみにしていました。
こんな絵のような子が生まれるのかな?この子は男の子っぽい顔してる。


posted by A子 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

ココジーン Kokořín

私と同じホテルで働く友人グレースが、子供の誕生日会をやるからA子と彼氏も来ない?
と誘ってくれて、彼女の住むミェルニークに昨日行ってきました。

せっかくミェルニークまで行くならと、オンドラが近隣のココジーン村へ行こうという。
立派な城があるらしい。
当日私の体調が悪かったのだけど、前々から楽しみにしていた予定だったので出かけました。

mapp.jpg

プラハのLadviからバスでミェルニークへ。
ミェルニークからは電車に乗り、カニナ駅というところで下車した。

誕生日会が13時からだったので、朝5時に家を出て
カニナ駅に着いたのは7時半くらいでした。

IMG_6019.JPG

霧がかった朝でした。
駅からココジーン城まで5キロほど歩きます。

IMG_6021.JPG

先がどうなっているのか見えなくて面白い。
霧のせいか、気分が和らぎ体調が少し回復。

村で出会った猫。

IMG_6026.JPG

Úvalyのミクのように付いてきてビックリ。しばらく一緒に歩いた。
チェコの子猫は着いてくる子が多いのかな?可愛い。

IMG_6028.JPG

住宅街を抜けると山道、くねくね曲がった車道を歩いていく。

深い森の中に入り、山を登っていくとついに

IMG_6039.JPG

どどーんと岩の上に建つココジーン城。
岩を削ってできたかのようなお城、かっこいい。

中庭からはこんな感じ。

IMG_6040.JPG

IMG_6064.JPG

建物内に入って見るガイド付きツアーもあるようですが
時間がなくなったので入りませんでした。

ちょっと早歩きでさっき来た道を戻りました。
太陽がギンギンに出て気温も急に上がり、私の体調は悪化。
彼も帽子をしないで歩いて頭痛が出始めた。危ない。。

IMG_6069.JPG

霧がすっかり消えると、朝来た道はこんなだったのね。

ミェルニーク駅でグレースと待ち合わせ。
彼女は車で迎えに来てくれていた。

家は、なんとさっき行ってきたココジーン村が近いらしい。
私達がプラハから来ると思ってミェルニークに待ち合わせにしてくれてただけだった。
グレースはチェコ人の旦那様とココジーン城で結婚式を挙げたらしい。
あの城で!素敵。

田舎道で車を大胆に走らせるグレース。
慣れたものである。
グレースは毎日1時間半以上かけて、車でプラハまで出勤しているのだ。
小さい2児の母親でもあるのに、すごすぎる。
ちなみにグレースはウェイターではなくコンシェルジュなのですが、
同じアジア人(フィリピン)だからかポジション遠くても仲良くなりました。

お家は大きくて、解放感のある作りだった。

IMG_6073.JPG

そして、たくさんの人。
来客が、次から次へとやってくる。
私とオンドラ、圧倒されました。。
アメリカのドラマみたいだね、、とオンドラ。
正直知らない人ばかりのパーティーって私達苦手。

子供達も15人くらい来ていて、
誕生日の主役であるグレースの子供二人(3才と6才)を先に紹介されるも
混ざってどの子か分からなくなってしまった。。
ほとんどがチェコ人とフィリピン人のハーフで似ていたの。

グレースが用意してくれていたフィリピン料理。

IMG_6077.JPG

フィリピン家庭料理、昔にも食べる機会あったのだけどすごく好きなので嬉しかった。
彼女の手料理も最高に美味しくて、いっぱい食べた。
アジア料理は野菜もふんだんに入っているのがいいです。

同い年くらいのフィリピン人女子たちがいて、おいでおいでー!と常に誘ってくれて
その子たちとずっと話してた。

フィリピンの人たちってすごく明るくて大好き。
彼らと話しているとほんと楽しい。みんな、太陽みたい!って思った。

IMG_6083.JPG

気分がすぐれないので早めにおいとましましたが、また彼女たちと会えたらいいなーと思いました。


posted by A子 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

好きだったアニメーション

前回、トジェボニの国際アニメーションフェスティバルに行った話を書きましたが
好きだったアニメーション作品をのせておこうかと思う。

(タイトルは英題で統一)

Frits of clouds/Katerina Karhankova(チェコ共和国)

1.jpg

まるで絵本を読んでいるかのような感覚だった。
グレイな世界と、夢のような黄金色の世界のコントラストがよかった。
怖いや不安は妄想、勇気を出して進めば見れる別世界。

DECORADO/Alberto Vázquez(フランス)

3.jpg

この世界が全てセットだったら。。
シュールでブラックで、出てくるキャラたちが奇妙。クマの奥さんの目がやばい。
10秒くらいの小ネタで1ストーリーになってる、DECORADOの音の入り方うまい。
会場中笑いがおこってた。
(予告編が見れるページ)


Pussy/Renata Gasilorowska(ポーランド)

2.jpg

この題名がずばり、、(笑)
股間に手をもぞもぞさせてる主人公の女の子、すると性器が股間から飛び出て一人歩きするって話。
かなりおもしろい。全然いやらしくない、むしろ性器ちゃんが可愛くてかなり好印象。


Flyin Putzi/Ido Behar(イスラエル)

4.jpg

とても悲しいストーリーでした。
絵とアニメーションの動きがすごく良い。かなり好みでした。
複雑なストーリーにしなくても、こんなに突き刺さるものが作れるものなんだなぁと感心。


The Umbrella Man/Aymeric Narbonne(フランス)

5.jpg

今回もフランスの作品はいっぱい見たけれど、やはりデザインが上手なものが多かった。
子供視線が面白い。
(全編見れるページ)


Once upon a line/Alicja Jasina(イギリス)

6.jpg

動く線上に、最低限な輪郭の絵が現れる。
その技法を際立たせるストーリー、全体的によくできてる作品で面白かった。
タイトルのセンスもいいな。もう一回見たい。
(予告編が見れるページ)


The Little one/Daiana Cam Van Nguyen(チェコ共和国)

12.jpg

在チェコベトナム人によって作られた作品。
チェコに住む第二世代のベトナム人少女に起こった実話をアニメーションにしたもので、
在チェコである心境、少なからず遭遇してしまうチェコ人からの偏見、それでも生まれ育ったチェコは
彼らにはHOMEであるのだという心情が映し出されていた。
普段見れない彼らの気持ちを見ることができた。
これは広島でもアヌシーでもなく、チェコで上映されることに意味があると思った。


Penelopa/Heta Jäälinoja(フィンランド)

7.jpg

ものすごく散らかった部屋に突然の来客。
その掃除をしている最中の動きや失敗が面白い。絵と色も好き。
これもシンプルな題材で作品中で遊んでいる、最後の落ちも面白い。
ショートアニメーションやパントマイム作品などの「短編もの」はこういった作りのものが一番好き。


ミュージックビデオはあまり見ていなくて、体力あったらもうちょっと見たかったな。
良かったのは、この2本。

SUBWAYS/Mrzyk MOriceau(フランス)

10.jpg

ファンキー!
音楽とアニメーションでただただ楽しく見て終わった。


青春おじいさん/なかやまうり(日本)

11.jpg

子供のように遊び心があって自由で楽しい。
絵本作家の荒井 良二さんの作品をちょっと思い出しちゃいました。
ナカヤマウリさんの声と歌もいいです。
ミュージックプログラム中、全然映像に集中していないチェコ人の女の子がいて
お母さんに「ホットチョコレートあとでのむの?」と何度も聞いてたんだけど、
この作品が流れた時は静かになって見てて、最後大きく拍手してたのが印象的。


コンペティションで、子供向けアニメーションで一番の賞をとっている作品があったので
長編だけど見てみた。(疲れるから普段フェスで長編はあまり見ない)

My Life is Zucchini/Claude Barras(フランス)

13.jpg

それぞれの闇をもって集まった孤児院のこどもたち。
日々起こる出来事によって心の成長があり子供同士の絆が生まれていくという、よくありそうないい話ですが、
キャラクター、クレイや美術、演出の細部が良くてのめり込んで見ちゃいました。
見てよかった。
(予告編)



今回、学生作品が特に好きでした。作家さんの紹介やインタビューを聞くコーナーがあり
次の作品の予定は?という質問に、わからない、今はただ休みたいと正直に答えた学生さんもいました。
少人数、または一人で作り上げるアニメーションはすごい労力なんですよね。
身を削って作りあげた作品たち、作家さん達に本当に感謝です。
コンセプトがしっかりしていて、細部までこだわって作ってあるのですごく面白かった。
そんな新作をいっぱい見ることができて、かなり贅沢な時間でした。

トジェボニのアニメーションフェス、チケットの仕組みが合理的でした。
どうでもいいと思うので詳しくは書きませんが、
広島、オタワ、アヌシーフェスの中で予約に関しての事は一番良かったです。
待ち時間の無駄がなく、おかげで気楽に散歩がいっぱいできました。


posted by A子 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

トジェボニ Třeboň

チェコの南ボヘミアに位置するトジェボニという町に、3日間行ってきました。
かなり久しぶりな一人旅、胸が躍りました。

mapp.jpg

プラハから電車でトジェボニへ。
ヴェセリー・ナト・ルジュニツィー駅で一度乗り換えがありました。
途中ターボル駅をすぎた辺りで電車が30分以上停まってしまいました。
次乗る列車に間に合わんなぁと思いましたが、
トジェボニ行きの列車はちゃんと待っていてくれました。

IMG_5742.JPG

トジェボニに無事到着。
マサリク広場が近いトジェボニ ラーズニェ駅で下車しました。
駅から広場までは歩いて5分強でした。

IMG_5744.JPG

こじんまりしたマサリク広場、綺麗な建物が並んでいます。
のほほんとしていい感じ。

さて、なぜ私がこの町に一人でやってきたかというと、、

国際アニメーションフェスティバルが開催されていたからです。
私は世界中のアニメーションが大好きです。
1年トロントに住んだのも、10年前に初めてチェコの地を訪れたのも全てアニメーション好きが高じての事でした。
国際アニメーションフェスといえば、アヌシー、オタワ、広島、ザグレブが有名で
まだ行ったことがないザグレブか、前に行って好きだったアヌシーにそろそろ行きたいなと悶々と思っていました。
そんな矢先チェコにもわりと大きなアニメーションフェスが、ここトジェボニで開催されるのを知り、
そんな近くなら行ってみよう!と予定を立てました。
フェス中は私がオタク化するのを分かっていたオンドラは、あえて付いてきませんでした。

IMG_5748.JPG

フェスティバルのメインオフィス。
3日間フリーパスと、プログラムガイドブックを購入しました。

IMG_5754.JPG

フェスを楽しむ必須アイテムが揃った!
冊子とタイムテーブルを吟味しながら、見たいプログラムを決めてチケットを発行してもらいました。

宿泊するアパートメントのチェックイン時間を14時と連絡していたのですが、
さっそく見たいプログラムが14時から上映されるのを見つけてしまい、オーナーに電話をしました。
オーナーは英語が分からないようで苦戦しましたが、16時に変更したいというのはちゃんと伝わった感じでした。

アニメーションを見終わり、アパートへ。
アパートは広場から30分程離れており、行くまでの道に大きな湖がありました。

IMG_5755.JPG

広〜い。

IMG_5782.JPG

アパートに到着。アパートなのでレセプションなどはありません。
待ち合わせの16時になったのでオーナーに連絡を入れると
「4分待って」と言われましたが、なかなか来ません。
15分以上待つと、オーナーが車でやってきました。ホッ。

泊まる部屋の中でチェックイン。
オーナーの片言英語と私の片言チェコ語で会話しました。
最終日、鍵はポストに入れて出て行ってくれればいいと言われました。チェックアウトも楽なもんである。
何かあったら電話してと言われ、いい人でした。
そしてオーナーは自分の住まいへ帰っていきました。

IMG_5768.JPG

アパートの部屋、かなり広くて綺麗。
一人で泊まるには広すぎて贅沢な部屋。
でも、これで一泊600コルン(3000円)。オンシーズンでこの安さはすごい。

IMG_6002.JPG

キッチン道具もそろっており、このまま1年でも住めそうな部屋だ。
チェコ人はきれい好きが多いと思うが、ここのオーナーはその一人だ。

IMG_6004.JPG

滞在中は自炊をしようと思っていたが、滞在中はわりと忙しかった。
商店の営業時間が短く、買い物行く暇がなく結局料理はしていない。

さて、次見るプログラムまで時間があるのでトジェボニの町散歩へ。

IMG_5821.JPG

小さくてカラフルな建物が並ぶ、それぞれの形をした屋根がかわいい。

IMG_5804.JPG

IMG_5815.JPG

聖イルイー教会の塔がちらっと。


町にはレストランがいっぱいあって、ほとんどのレストランが鯉料理を売りにしていました。

IMG_5830.JPG

トジェボニの鯉といえばヨーロッパでも最高ブランドと言われているらしいです。
残念ながら私は鯉苦手で食べてません。

夕方から22時すぎまで短編アニメーションをいっぱい見ました。
(アニメーションの感想は別記事にするつもりです)


日が沈んで暗くなると
広場の真ん中の野外シアターで、子供向けのアニメーションが上映されてました。

IMG_5835.JPG

誰でも自由に見る事ができます。子供も夜更かしして楽しんでいました。

あまり長くねむれなかった朝。目は疲れていたけど頭は冴えていました。
昨夜食事をするのを忘れて腹がへっていました。
どっかのホテルのビュッフェでも行こうかな〜とトボトボ歩いて広場に来ると

IMG_5839.JPG

マーケットが開いている!
ラッキー!
食べ物を売ってる店は2件しかなかったけれど
腹がへっていたのでとにかく何でもいいから口にしかたかった。

IMG_5845.JPG

豚肉のハンバーガーを買った。
ハンバーガー売りのお姉さんが人懐こい人で、長々と立ち話しました。
チェコ人の彼の為にチェコに来て一緒に住んでいるなんて
すごいナイスですごいクレイジーだわ!と何度も言われました。

今日はたっぷりアニメーションを見るつもりでいましが
私は今回年齢を感じましたよ。
昔はフェスに行くと、一日10時間とか、
頭がおかしくなってしまうまでアニメーションを見続けていたのだけど
それができなくなっていることに気づきました。
目痛くなるの早いし、頭が狂うほど見たくないなとも思いました。
せっかく素敵な土地に来ているので、もっと周りを見てみようと思いました。

IMG_5848.JPG

午前中は曇り空。

IMG_5902.JPG

自転車が多いトジェボニ。
この辺りはサイクリングコース、キャンプ場が多くあるようです。

湖の向こう側まで歩いてきました。

IMG_5895.JPG

遠くに聖イルイー教会の塔が見えます。
旧市街は低い建物が多い中、この教会の塔だけが高い気がします。
翌日遠くまで行き過ぎて迷子になりかけ、この塔が遠くに見えて目印になりました。

林の中に入って行くと、何やら素敵な建物が。

IMG_5859.JPG

正面から

IMG_5886.JPG

タイマーで自撮り♪

後から調べたら、Schwarzenberská hrobkaという名前。
シュヴァルツェンベルクさんのお墓みたいです。

特に広範囲を歩いてないけれど、面白い建物を多く見ました。

IMG_5907.JPG

IMG_5904.JPG

巨大なビール工場?

その前のお庭にいたムフロン。

IMG_5997.JPG

雄ムフロンの角に異様にドキドキするのはなんでだろう。
私の前世は雌ムフロンなのかな?

IMG_5912.JPG

少し冷えたので映画館のカフェで休憩。
このホットアップルジュースがおいしくて次の日も飲みました。

その後イタリアアニメーションのプログラムを見ましたら、
異様にパスタが食べたくなったのでイタリアンレストランに入りました。

IMG_5913.JPG

トマトとモッツァレラのパスタ、
手打ち麺がグッド、ソースも美味しかった。

午後、やっと太陽が出ました!

IMG_5929.JPG

マーケットは賑わっています。

広場のすぐ横に建つトジェボニ城

IMG_5932.JPG

こじんまりしたトジェボニの旧市街と、小さめのお城がよく調和しています。
この町、バランスがいいなぁと思うのです。

IMG_5938.JPG

IMG_5943.JPG

お城の庭園は広く緑いっぱい、地域の人の憩いの場という雰囲気です。

横になって、日光浴しました。
一人って気楽。思うまま行動できるもんね。

IMG_5950.JPG

合い間合い間に映画館に行っているので、まとまりのない旅行記になっていますね。。

とんで、最終日。
旧市街から離れて自然を歩き続けました。
誰もいない道、一人で鳥の声をきいて歩くのが気持ちよかったです。

IMG_59771.jpg

IMG_5989.JPG

アニメーションも観光もちょうどよくいっぱい見れて、いい旅行になりました。
トジェボニは、彼にも見せてあげたい綺麗な町でした。
私は昔ほどオタクではなくなってたし、来年は一緒に来るかな〜


posted by A子 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

プラハのラーメン屋と魔女焼きの日

5月になりましたが気温は5度~15度のプラハ、コートはまだ離せません。
しかし日照時間が長くなってきました。
日の出が早くなり、出勤時薄明るいのは嬉しいです。
私のアラームは鳥がさえずる音なのですが、外から聞こえてくる鳥の声がアラームに似ていて
最近早朝4時頃に一度目覚めてしまいます。

一昨日プラハのラーメンバーにラーメン食べに行きました。

IMG_5721.JPG

オンドラの同僚のベロニカ、その彼氏のマティが日本ラーメンに挑戦したいというので一緒に来た。
ここのラーメンはチェコで唯一、日本の味のラーメンを出しているお店。
店主はイタリア人らしいですが、よく日本のラーメンを研究されてます。
スープ、チャーシュー、玉子がよくできてます。
ラーメン好きなので辛口にいうと、麺はもう少しスープに合うものだといいな。
(初めて来た時よりは良くなってると思った)

オンドラとベロニカは塩ラーメン。
オンドラはラーメン大好きなのでパクパク食べてましたが、ベロニカは箸の進みが遅かった。
マティはバンコクラーメンとかいうタイ風の辛いラーメン食べてた。
日本のラーメン食べに来たなら邪道だよーと言いましたが、美味しそうに食べてたのでいいか。

IMG_5722.JPG

私はチャーシューラーメン。美味しかったぁ。幸せだったなぁ。
日本にいる友人たちがFacebookとかでラーメンの写真あげてくるんだけど、
それ見るたびにラーメン屋のラーメンが食べたくてどうしようもなかったのね。
日本でなら体の為にスープは残すけど、この日はスープも飲み干しちゃった。
休日だったので、シャーシューラーメン一杯275コルン(1400円)
給料が日本の半分なので2750円くらいの価値と言えます、私らには超贅沢です。
平日だとランチは200コルンくらいで割安だから、また食べたくなったら平日に来よう。

プラハって観光客によってかなりリッチな都市になっていると思うのですが、給料が変わらず低いのは何なんでしょうか。
うちの朝食ビュッフェは2500円もして日本のホテル並みですが、給料は日本ウェイターの半分です。
チップがもらえるレストランに移動しようかなとたまに考えます。
会計のあるレストランで働く人は、チップを足すと日本のウェイター並みの給料になるようです。
職場の仲間たちとお金の話をすることが時たまある。
調理師のインド人クマールは今朝も怒ってた。
キュウリが5コルンだった頃と、キュウリの値段が上がった今と収入が同じなのは何でなんだ!と。。(笑)
うちの職場、給料が理由で辞めてく有力スタッフが多いです。
最近超仕事できるスペイン人ウェイトレスのヴァネッサも辞めてっちゃった。。

ラーメン食べた後、
プラハ6区のLadronka公園でやってる魔女焼きイベントへ。

IMG_5733.JPG

今年焼かれる魔女さん。

久しぶりに天気が良かったから、人がいーぱいでした。
ラーメン食べた直後だけどソフトクリーム大を食べました。

IMG_5724.JPG

クリームが美味しいやつだった。

ステージで披露している音楽がなかなかよくて、彼と真似して歌ったりした。
去年はこのイベントに一人で来て買い物を堪能していた私。
その時にあったジンジャーブレッドのお店が今年も来ていたので今回も買いました。
(というか実はそれが目当てで今年もここに来た♪)
このお店は希望の名前をジンジャーブレッドに入れてくれるんです。
日本の友達の名前を入れてもらいました。
日本の名前を正確に聞き取るのに苦労していた店員さん、紙に書いてあげればよかったね。

名前は自分でも入れることができるので
甥っ子たちにあげるのは平仮名、漢字で入れました。

IMG_5728.JPG

生まれたばかりの大晴くんへ。

IMG_5737.JPG

過去に日本に送ったことあるのですが、けっこう割れないみたいなんですね〜。


posted by A子 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする