2017年03月29日

卓球場で社交ダンス

先週の土曜日に、卓球クラブのオーナー達が企画した社交ダンスイベントに行ってきました。

会場は、毎週通っている卓球場。
卓球プレーヤーが社交ダンスという、、
結びつかないものが結びついた!という衝撃が私にはありつつも。
面白そうなので参加しました。

社交ダンスはチェコの結婚式などに出席するとお決まりのようにやるので
チェコ人の社交ダンスのイメージは日本人よりも誰でも気軽に楽しめる感覚がある気がします。

さて、いつもの卓球場に行ってみると、

foto26412.jpg

ちゃんと会場になってる!
受付があったり、荷物預かるクラークまでいちゃって。

5.jpg

舞台ではバンドの生演奏。カントリー、ジャズ、ブルースミュージックを弾いてました。
地域の人なども参加してたみたいです。これは長年やってるな!と思うダンス上級者もいました。
私もオンドラと踊りましたよ。(写真中央、身長差、、(笑)


3.jpg

踊ってるってか話してる?

2.jpg

卓球で仲のいい友達たちと。

知らなかったんですが、卓球場には隠し扉みたいのがあって
そのドアを開放するとお隣のパブと繋がっていました。
この日はパブでビールや食べ物を注文して、卓球場で飲めるようになっていた!

私が飲んだのはアルコール1杯ですが、踊れば踊るほど楽しくなっちゃって、ほぼずーと踊ってました。
勇気出して知らないグループにさらっと1人混ざってダンスしてみたり。
言葉なんていらない、一緒に楽しんでるこの感覚最高!踊るってなんて楽しいの!

っとテンション高々なところでしたが、終電があるので先に退出しました。
抽選の時間にいられませんでしたが、代わりに友人が景品を取っておいてくれました。

景品見たときに一番欲しいと思っていたのがもらえた。すごい嬉しい。

4.jpg

この卓球台の置物。素敵でしょ。

深夜に家に着くと、その2時間後サマータイムに切り替わり
寝る時間が一時間減った。
早朝出勤が眠かったけど、心は満足な一日でした。

そうそう、立て続けに4月はクラブダンスイベントを企画してるらしい。
もちろん、またこの卓球場で。オーナーは絶対踊らない人なんだけどね、面白い人。
ミラーボールとか吊るすのかな?

posted by A子 at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

久々のブルノ

ブルノに行ってきました。数えてみたら半年ぶり。

風邪をひいてて、生理が始まり、前夜にぎっくり腰をやるなど、、
行くの中止にしようと思う体調でしたが、楽しみにしていたので行きました。

Student Agencyの黄色い電車で。
普段ブルノ行くときは同じ会社のバス使ってますが、
電車の方がサービスがいい事に気が付いたので、今回は電車にしました。

20170310_075011.jpg

コーヒーと紅茶は何杯でも無料。
クロワッサンのサンドイッチも20コルン(100円)と安い。

ブルノに到着、久々に会ったお母さんとお父さん、相変わらず元気そうでした。

お母さんが用意してくれたお昼ごはん。

20170310_115840.jpg

パプリカ味のクリームソース。
お母さんはいつもお料理のソースをとても上手に作ります。

両親と話したりゲームした後
夕方からブルノの中心街まで行きました。

20170310_154348.jpg

日本人の友達2人と待ち合わせ。
野菜マーケットの広場、長かった工事も終わってきれいになっていました。

ブルノをよく知っている友達がお勧めしてくれたケーキ屋さんmomentaに行きました。

20170310_161423.jpg

私はライムケーキを食べました。
すごい美味しかった。スポンジや甘さの加減が完璧。
日本のケーキを思い出しました。ここのお店は接客もすごく親切でした。

チェコに住み始めたばかりの子がいたのもあり、チェコはこんな事が大変!的な
話で盛り上がりました。分かるー分かるよーと思う事いっぱいでした。
チェコはやはり独特な国だと思うのです、私もその子も海外に住んだことありますが
慣れ親しんでいる英語圏と比べるとチェコは異国と感じます。何より言葉がしんどいね。。プラハ以外は特に。
彼女は私がブルノに住み始めた頃と同じような悩みを抱えていました、
その子も少しずつ自分の居場所や楽しめることを見つけられますようにとすごく思いました。

次の日、真ん中の兄の新居を見に行ったり(窓からの景色が素晴らしい家だった。)
一番上の兄の家族にも会いに行きました。

息子サミックとの写真。

2.jpg

左が2015年1月撮影。右が現在、2017年3月撮影。
2年間でこの成長。13歳で170センチを超えました、まだグングン伸びてます。
声も熊のように低くなっている。
今後もこうやってサミックの成長記録撮っていこうと思います〜

1泊2日で忙しくプラハへトンボ帰り。
映画のエキストラのバイトを申し込んじゃっていたので。
母にŠkoda(残念、、)と何度も言われました。もっと頻繁に来て!と言ってくれました。
彼はブルノに残りました。

20170311_193707.jpg

帰りの電車は6席の個室に自分一人だけ。ラッキー。
寿司なんて食べて優雅に帰りました。

20170311_180744.jpg

気になっていた寿司セット80コルン(400円)
値段相応で特にシャリが残念ですが、電車で寿司を食べるという気分が良かったのでOK。

プラハに到着、翌日朝5時に集合だったのでそのままホステルに宿泊。

20170311_213318.jpg

ドミトリーは6人部屋に私と友達と謎なチェコ人おばあちゃんの3人だけで快適でした。
私こんな繊細だったか、全然寝れなかったのは辛かった。

エキストラのバイトは壮絶に寒くて長くて死にそうでしたが、何とか終わってホッ。
まぁ、いい思い出になりました。
さて、体整えないと。


posted by A子 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

チェコ語コース終了

一昨日、5ヵ月間週2で通ったチェコ語コースが終了しました。

この学校については以前ブログにも書いたことありましたが、
IC Prahaという団体が運営しており、チェコ語コース含めサポートを無料で受けられる
かなり有り難い場所です。

私は初級を受講しましたが、担当の先生の授業のテンポがとても速く
もともと15人程いた生徒がどんどん挫折していき、3か月を過ぎた頃には7人に減ってしまいました。

5.jpg

残ったクラスのメンバーは
ケニア人2人、マレーシア人、中国人(チェコ在住20年!)、レバノン人 と最終日に欠席したキューバ男性。

この学校は、ロシア人やウクライナ人とそれ以外の外国人のクラスをしっかり分けていてくれていたのが良かった。
ブルノで受けたときはロシア系の人たちも一緒のクラスでしたが、彼らの言語はチェコ語に似ている為に授業の理解度や会話力が断然高いのです。

授業の話を少し。
正直なところ私は、眠気との闘いでした。
仕事終えて1時間後に授業開始だったので、授業始まるころはマッタリしてしまって。
良くも悪くも私は緊張感のない感じで過ごしていました。

一番印象に残ったのは、ケニア人の子供2人が常にクラスにいたこと。
小さいので授業中騒いだりもしましたが、許されるようなクラスでした。

0.jpg

赤ちゃん片手に頑張るお母さん。

2.5.jpg

こちらのお母さんは、子供を地面に置いて自由にさせてました。

1.jpg

他人の所にもハイハイして行って、とても好奇心旺盛な子。
クラスの人気ものでした。

授業始まった10月頃は乳をよく飲んで泣いて、赤ちゃんって感じだったけど、

3.jpg

いつのまにかつかまり立ちができるようになっていました。

週2で見てたけど、成長早いなぁと思いました。

ちなみにケニア人両母とも私と同い年くらいなのですが
連れてきてる赤ちゃんだけではなく3人の子持ちというのをけっこう後で知った。
たくましさが全面に出てました。

4.jpg

授業中、先生のお膝で。

いいクラスでしょ。アットホームで好きでした。

チェコ語は、2度目の初級クラスを受講したことで文法の理解がとても深まりました。
似たような問題を解きまくったのが良かった。
今は気が向いたときに単語数を増やしたり復習をして、いつか中級クラスを受講できたらなぁと思います。

メモ

(できるようになった事)
チェコ語でドリンクと料理の注文を受ける、3桁の部屋番号を聞いて理解する(職場)
職場のチェコ人の話の内容は分かるようになった(詳しくは分からない)
量り売りの買い物
一対一での簡単な会話

(まだできない事)
チェコ人同士がしている会話を理解すること、参加すること
Řの発音
基本的に発音が上手にできず短い単語でも伝わらない事あり
電話は全然むり(職場)、すぐにチェコ人に変わってもらうか英語で話してもらう

出来ないことは限りなくあるのでこの辺で、、
でももうあまり言語のストレスは感じてません。
ゆっくりやってきます。

posted by A子 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする