2016年11月23日

ただいま引越し中

1週間くらい前から引越し作業で
プラハとウヴァリ(新居)を行ったり来たりしています。

週末、卓球の友達2人が引越しを手伝ってくれると言ってくれて、
車を出してくれたりもしました。

IMG_3798.JPG

車2台、すっごいありがたかった。この時8割の物がいっきに移動できました。
ダイニングテーブルは車の屋根にくくりつけて。
友達2人は両方とも女性なんだけど、まぁたくましい!
重たい物も部屋にさくさく運んでくれて、短時間で終わってしまいました。
餃子とツナサラダを美味しいと全部食べてくれたのも嬉しかった。
箸を使って食べるのも初めてらしく楽しんでくれました。
プラハに越してきた1年前は、こんな友達ができるとは思ってもみなかった。
人に恵まれて幸せです。

20161117_094108.jpg

カーペットは車で運べない長さなので今回も手運び。
トラムでかなり場所をとっていた、迷惑な荷物。
この時偶然オンドラの知り合いに停留所で会って、トラムの中に入れるの手伝ってくれました。

インターネットバザーBazošもよく利用します。

5.jpg

購入した椅子。座れるから手運びでも便利。
列車内では車掌さんに、
「乗客いっぱいで席がないのがそんなに心配だったのか」と真顔で冗談言われました。笑

プラハでは家具家電付の部屋に住んでいたので、ほぼ全部買っています。
冷蔵庫、洗濯機、ベッド、棚類、作業机、椅子、ソファー
人生でこんないっきに物を買うことってないから、楽しい。
買い物って未来を考える行動だから、とてもポジティブでわくわくするのだよね。

20161121_132323 - コピー.jpg

にしても家具の組み立てはやはり大変、オンドラが頑張ってくれています。
DIYや修理を率先してやっててくれるのでかなり有り難いです。

20161121_153145.jpg

部屋がごっちゃごちゃで後で気づいたのですが、
窓際にお花がかざってありました。

「オンドラ、この花どうしたの?」
「え、これA子が買ってきたんじゃないの?!」
「私買ってないよ!この花、前はなかったよね。。」

で、誰・・?うちらがいない間に誰か家に入ってきてる?
前の住人からのプレゼントか・・?でも勝手に入っちゃだめだよね。
と一瞬気持ち悪くなって、素直に喜べない私たち。

でも、考えたらわかりました。
引越しを手伝ってくれた卓球の友達だ。ガリナとダナしかいないじゃないか。
なんて暖かい友達なんだろうと思った。

部屋が片付いて、このひまわりが似合う空間を早く見たいな。


posted by A子 at 18:07| Comment(6) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

プラハ8区の思い出

アパートの名義人変更がやっと完了したようです。1か月近くかかりました。
今、元住人がホリデーに行っているらしく、戻ってきたらいよいよ入居ができます。
今週に部屋の最終チェックと鍵等の引き渡しがあって、引っ越しは週末に予定しています。
そろそろだと分かってから、冷蔵庫のものを消費し始め、
気づいたら昨日、冷蔵庫の中がスッカラカンになってしまいました。
私もオンドラも早く次に行きたくてソワソワしています。

ブルノと横浜を出て、新しい出発の場所になったプラハ8区。
1年間だけだけど色々な思い出があります。
二人の将来の大きな準備ができたなと思っています。

オンドラと二人で簡単に描きました。

spkem1.jpg
プラハ8区


spkem2.jpg

アパートの思い出

部屋は、オーナーの住まいと薄い壁で隔てられててプライベート筒抜けだった。
私はチェコ語分からないからか気にならないけど、オンドラはとても嫌がっていた。
私は、窓からご近所さんの洗濯物を眺めるのが好きだった。
いつも中庭で怒鳴っている変な女性、その女性のいない時は熟練したピアノ演奏が流れてきた。
あの変な女性が弾いているのかもしれないと思った。
夜になるとヴーヴー泣き出す迷惑な冷蔵庫。今年の夏の間の建物内大工事には耳が壊れそうになった。
外壁の塗装もあって、窓の目の前に作業員がよく立っていた。地上階に住む人はこんな気分なんだろうか。
出るお湯の量に限度があるのがちょっと残念。次の家行ったらお湯をたっぷり溜めたお風呂に入りたい。
外壁が厚くて、夏は涼しく冬は暖かい。部屋での居心地はよかった。
家から2分のところにトラム駅。暗い早朝通勤だから、すごく助かった。
1ルームだけだったから、オンドラと常に同じ部屋。いつも仲良くできた。



posted by A子 at 13:43| Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

彫刻初めての作品

彫刻クラス、楽しく通っています。
技術的なことを教わるクラスではなく、とにかく自由にやっています。
大きなヒント(すごい適格)だけもらって、ひたすら試しながら作品作り。失敗しながら、直しながら。
他の人もそれぞれ好きな物を作っていて、お皿とか楽器、オブジェとか色々です。

いつも家に帰ってから進行具合をオンドラに見せていて
あまりに進みが遅いから、どこか変わった?と笑われてました。
でも、そんな一作目もやっと出来上がりました。

IMG_3580.JPG

初めてだし、カタツムリだからね、ゆっくりでいいのだ。
殻部分が丸くて難しかったな。

木のままが味あって好きだったけど。

色も付けたくなってきて、結局塗った。

IMG_3740.JPG

オンドラがランニングの途中に拾ってきてくれたドングリと。

今は新しい作品に取り掛かり中。

20161109_172348.jpg

姉の為に作っています。(ママ、内緒ね!)


関係ないけど、一昨日ティムバートンの
Miss Peregrine's Home for Peculiar Children見た。
キャラクター達が魅力的。
全体的にすごい恐かったけど、最後の戦いのところがポップで
ティムバートンらしいなと思いました。
奇妙な世界に入り込み過ぎて、寝る時まで後を引いてしまった。

movie.jpg

ちゃんと映画館で見て正解、久々に映画で興奮しました。

posted by A子 at 07:27| Comment(6) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

行き始めたチェコ語クラスと怒鳴られた話

10月末からチェコ語学校に行き始めました。
今回は通うつもりなかったのだけど、ICプラハという団体にメンバー登録みたいのだけしていたら
ある日突然、「再来週始まるクラスの席が若干空いているので興味ある人は返信を」
というメールが団体から届きました。
見てみると仕事後に寄れそうで時間がよかったのと、週2だけだったので、30秒後には参加表明してました。

ICプラハは非営利団体の外国人サポートセンターみたいな感じです。
なので、生活に関わるカウンセリング、チェコ語コースなど全て無料です。職業案内などもしてるそうです。
ICプラハ http://www.icpraha.com/ 
ブルノにも同じ団体があって、その語学学校に週2で5ヵ月くらい通いました。
その時は運良くすごく分かりやすい先生に当たり、チェコ語アレルギーがなくなり有り難い時間でした。

IMG_3565.JPG

ICプラハ最初の従業で、私はアフリカ人の女性二人に囲まれておりました。
二人の腕の中にはまだ3か月くらいの赤ちゃんが。もちろんグズリます。
でも母二人は器用に授業を受けながら乳あげてたり、暴れる子を片手であやしてたり。すげぇ。
赤ちゃんまだすごい小さいけど瓶の離乳食みたいのもあげてます、アフリカの子は離乳食早いんですかね。
普通の語学学校ではありえない光景ですが、なんかこんなんも有りな雰囲気です。

このクラス初級といっておきながら、完全な初心者にはきついんではないかと思いました。
先生はすごく穏やかでいい人なのですが、進みが超早い。
新しい事を教える時間とかは一瞬で、どんどん問題を解いてく感じ。
基礎(初級A2レベル)くらいまでを理解している人が、おさらいの為に使うとちょうどいい感じです。
今の私には間違い正せてちょうどいいのですが、初めての人大丈夫かなと気になりました。
生徒は12人ですが、もう割りと話せる人が混ざっています。中にはチェコに20年住んでる人とか。
どんな人たちなのか、後々話してみたいです。

話変わって今日の事。

私、久しぶりに怒鳴られました。
チェコに来てから初めて。

職場で・・

もう仕事も慣れていまして、始めた当初は守っていたルールをやぶっていたのですね。
「レストランのものを食べない」ってやつ。元マネージャーは食べるのをもう許していたし、
同僚も皆食べまくってますが、私はタイミングが悪かったです。

IMG_3566.JPG

営業終了後、口にもぐもぐしながら片付けをしておりましたら

マネージャーのモニカがそれを目撃。
キッチン裏に呼び出され、ものすごい叱られました。
チェコ人マネージャー、怒るとすごい恐い。
そして、叱られてる内容がしょうもない・・。

怒られるのは別にいいですが、
モニカが私にかけていた期待が大きかったようで
がっかりされたような事を言われたのが辛かったです。
私はフロアーでの一番重要な仕事を任されています。
「特にあなたは、してはいけないことだったでしょう」と強く言われました。

仕事後のチェコ語授業中も元気でなくて、
終わってから自分の為にねじりパンを3本買いました。

ねじりパン、skořicový copという名前でチェコでも売っているんです。
大好きで頻繁に買ってるので、このチェコ語だけは発音がよくなってきました。
もうこれからレストランの食べ物食べません、skořicový cop食べます。反省。

posted by A子 at 03:14| Comment(10) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする