2016年02月26日

アジア料理店:SaSaZu

チェコにはたくさんのベトナム人が住んでいます。

チェコは、社会主義時代に、同じ社会主義のベトナムと交友関係にあったようで、
その頃たくさんのベトナム人が留学や仕事でチェコに滞在していたようです。
そしてビロード革命でチェコが社会主義から脱却した後も、多くのベトナム人は国に帰らずチェコに残って
在留した人たちが、結婚して、子供を生み、今では第三世代のベトナム人が6万5千人程暮らしています。

彼らの仕事はサービス業、それ故、チェコには本当にたくさんのベトナム人経営の商店(コンビにみたいなの)、安い洋品店、アジアレストランがあります。
私はチェコに来るまでベトナムに馴染みはなかったのですが、チェコ生活の今ではすっかり
アジア食材の調達に、ちょっとヘルシーな外食がしたい際にはアジア料理屋(ベトナム料理、中華、変な寿司がある)にお世話になっています。

先日、そんなアジア料理屋でも最高級といわれているお店へ行く機会がありました。
またしても彼のコンシェルジュの招待にくっついて行きました。

IMG_6857.JPG

ベトナムのお店が集まる巨大マーケットの入り口。

ここは仕事で履く靴を探しに、お昼を食べに何回か来たことあります。
安い商品を売る店、気軽な屋台形式のお店が連なっており、ここに高級レストランがある事は知りませんでした。

IMG_6855.JPG

SASAZU入り口。
今回はレストランに料理を食べに来たけれど、
ここはお洒落なダンスクラブも付いており有名なDJが来たりとクラブとしても人気のようだ。

まず入るとレセプション、クロークルームがある。

IMG_6828.JPG

内装。
来てる人皆お金持ちなんだろうなぁ。

IMG_6829.JPG

他のホテルから来たコンシェルジュと共に席についた。

IMG_6811.JPG

綺麗に並んだテーブルセット。

食事が始まる前に、葉っぱを渡された。
手にこすりつけてと言われた。

手が、いい香りになった。
お手拭の代わりみたい、おもしろい。

アジア風に、ひとつのお皿に料理がのってて皆でシェアして食べる。
チェコ人とこうやって食べるのは初めてだったかも。
今回、看板メニューを9品頂いた。

IMG_6813.JPG

根菜のおひたし

IMG_6816.JPG

サーモンとマグロ巻。
久々のマグロの味に感動。

IMG_6818.JPG

ココナッツ、コーンクリーム、唐辛子のスープ。
これはまった。これだけ飲みに来たいくらい。

IMG_6821.JPG

牛ステーキ

IMG_6822.JPG

生春巻き

IMG_6826.JPG

天ぷら!
ずっと食べたかった天ぷら、これには大興奮だった。
でも付いてるソースがクリームソース、と変わっている。
大抵海外で西洋風にしている日本食は残念な味になっているが
この天ぷらとクリームソースは意外に合ってて美味しかった。

IMG_6833.JPG


IMG_6830.JPG

さすがにお腹いっぱいになってきた、皆箸がとまっている

IMG_6836.JPG

誰も食べないので一人でいただいた。
ご飯はジャスミンライス、日本米みたいのだったらパーフェクトだったな。

もう何もこないと思っていたら

IMG_6842.JPG

極めつけは、デザートのセット。
箸が止まっていた皆が嘘のようにパクパク食べ始めた。あっという間に空になった。
このデザートセットは、890Kc(約4500円・・)。
値段を聞き返してしまうくらい高かったが、全て舌とろけるくらい美味しかった。
抹茶のアイス、ティラミスがとくに。

他のメニューの値段は確認し忘れてしまったが
価格帯は300Kc〜700KC(1500円〜3500円)くらいのようだ。
この値段だけあって、今まで行ったチェコのレストランでは間違いなく満足度ダントツ。
色々なアジアが混ざっている上、味の質が高く、楽しい食事だった。
チェコ料理は一皿食べ終わったころには体が重く感じるが、
アジアの料理ってこんなにいっぱい食べても体が重く感じないのが嬉しい。


IMG_6852.JPG

ライチのカクテル頂いた。

IMG_6851.JPG

オンドラはお酒も挑戦してた。やっぱり好きじゃないようだ。

食事、お酒と充実しているが
ここで働いているスタッフもすばらしく、
「おもてなし」を久々に感じた日でもあった。

IMG_6844.JPG

マッサージのオファーまで来た。
オンドラうれしそう。私もやってもらった。

極上の体験。

食事の後は、VIPルームやクラブエリアの見学、キッチンや裏側も見させてもらえた。
何から何まで別世界で面白かった。
毎週土曜日は、子供がキッチンで調理師たちと一緒に料理を作るなんていう企画もしてるみたい。
最後に、思ってた以上の料理とサービスだったと店員に伝えたら
「そうでないといけないと思って日々新しいことを考案しています」という返答だった。


IMG_6847.JPG

レストラン出るなり、彼の感想。
なんかパラダイスだったね・・

ほんとに。私もパラダイスに酔いしれ、チェコで初めて携帯電話をすられる(おそらくトラム車内で)
という悲惨なことがあったのだが、2日たてば良い方の思い出だけが残りますね。


招待してくれたSaSaZuさんと連れてってくれた彼に感謝。

SaSaZu
https://www.sasazu.com/

posted by odaQgirl A子 at 21:42| ウィーン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

受難節のパレード

1月末くらいからプラハでは仮装パレードのようなものが各地で行われています。
イースターまでの46日間がイエスキリストの受難節であり
パレードはイエスの十字架上の死をしのぶ為の行事らしいです。

先週、プラハ中心街近くの住宅街で行われていたパレードを見てきました。

1.JPG

始まった!ゆかいな楽団の音楽と共に歩きます。

2.5.JPG

この地区にある美術団体も参加しているので、さすがです。

2.JPG

これいい案。ヤギに子供乗ったりもできる。

4.5.JPG

造形の技術が高い。


4.JPG

みんな仮装して来てます。


6.7.JPG


6.5.JPG

この姉弟、かわいかった。

6.JPG

赤ちゃんも

7.JPG

お年よりも。素敵です。

9.JPG

あばれる熊と熊使い。

10.JPG

パフォーマーお店に入っていく

11.JPG

でも引っかかって出てこれなくなってる。

12.JPG

窓からパレードを眺める子供たち。

13.JPG

この猿がいたずらっ子で面白かった。
人の持ってる食べ物を盗み、高いところに登ると警察に怒られてた。

14.JPG

パレードの途中でお店の人が出てきて、商品をくばってくれたり
地区に住む人を紹介したり
もともとは受難節のためであったのかもしれないけど
地域の人との交流を深めるパレードという雰囲気でした。

15.JPG

この人のソーセージ勝手にむしりとって食べていいの。
私もいくつかもらちゃった。

last.JPG

思ってた以上に楽しいパレードで大満足。
職場の事で少々悩んでましたが、ふっとびました。
来年は私も仮装してどこかのパレード参加したいと思いました。

posted by odaQgirl A子 at 19:05| ウィーン | Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニークなプレゼント

バレンタインの時期はいつも彼とは遠距離だったので、
今年は初めて一緒に過ごすバレンタインでした。

お気に入りのレストラン行こうとか話していたのだけど
前日の過剰労働により風邪をひいてしまった彼。
私が仕事から帰るとぐったりして寝ていました。

しかし、テーブルの上に1通の手紙を見つけました。
そこには「バレンタインのプレゼントをさがしてね、まずは本棚へ」

と書いてある。本棚へ行くと、次に行くべき場所を示す手描きの地図があった。
地図に書かれた場所で次の紙を見つけると、今度は謎解きゲームになっている。
続く手紙が毎回違うタイプの謎解きとなっていて解くのが楽しい。

IMG_6774.JPG

これは数字を結んでいくと絵になって、ベッドの下に手紙があることがわかる。
ベッドに寝ているのはキリンとネズミ。

こうやって部屋中を6箇所くらいまわった。かなり楽しい宝探しだ。

IMG_6771.JPG

謎解きの手紙と見つけた宝たち。いつも彼のプレゼントの発想はすごい。
最後に手に入れたのは、私の大好物なサラミと心こもった手紙でした。

IMG_6773.JPG

サンドイッチかわいい。

オンドラ・・体調よくないのに、こんな色々用意してくれてたのか・・
と思うと泣けてくる。

IMG_6782.JPG

ありがとうオンドラ。
彼とお家でゆっくり過ごして、とてもいいバレンタインになりました。


posted by odaQgirl A子 at 17:35| ウィーン ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

カトリック教会での結婚式

ブルノに住む友達の結婚式がありました。

IMG_6398.JPG

聖トーマス教会にて。晴天です。
教会での結婚式に出席するのは初めてです。
今回は新郎がクリスチャンなので教会ですが、
チェコ人は無宗教の人が多く、たいてい役所の挙式場で結婚式を済ませることが多いです。

IMG_6403.JPG

花嫁とたくさんの列席者、これから教会へ入場します。
花婿は既に教会の中で花嫁が来るのを待っています。
花婿は花嫁のウェディングドレス姿を式で初めて見るのです。


IMG_6404.JPG

花嫁は、日本人。
クラシカルなタイプのウェディングドレスがとても似合っていて、うっとりしました。
チェコ人女性には、近頃Iラインのセクシーなドレスが人気みたいですが、
私は彼女が着ているようなフワっとスカートの広がったウェディングドレスが好きです。

花嫁Yちゃんはブルノの美大に編入してて、
大学で出会ったチェコ人の彼と3年の交際を経ての結婚です。
私が出会ったときには、Yちゃんはすでにブルノに溶け込んでいる感じがしました。
美術活動をし、絵を教える先生までしていて、やりたいことができててすごいなぁと思っていました。

IMG_6416.JPG

列席者に見守られ、彼のもとに一歩一歩進む花嫁。

IMG_6421.JPG

厳格なカトリックの挙式、本当に美しい結婚式で感動しました。
日曜礼拝のように聖書を読み、お祈りし、賛美歌を歌い、誓いの言葉を繰り返します。
神父さんの話には、しっかり日本語の通訳者が付いていました。
婚姻届を提出する形式の日本とは違い、チェコでは挙式で結婚が成立する為
外国人が結婚する場合、間違いがないように母国語の通訳者を付けなくてはいけない決まりがあります。
チェコ人通訳者は神父さんの難しい話を日本語に訳すのがすごく大変そうでした。
1時間半程あり、礼拝に慣れてないオンドラは後半辛そうで足揺らしてました。
礼拝堂寒かったですね。


夕方の結婚パーティーにも呼ばれていたので行きました。

IMG_6449.JPG

食べて、話して、踊って、みんな自由にゆっくり過ごします。
民族衣装を着た生演奏のロマ音楽がよかったです。


IMG_6456.JPG

日本人の出席者はYちゃんのご両親と妹さんと私だけでした。チェコの女の子達と踊るお母さん。
Yちゃんは、彼とつきあっていた3年間一度も日本に行ってないのがすごい。
両親と会うのもこの結婚式で久々だったのです。寂しくならない程チェコ生活が充実していたのだと思います。

IMG_6502.JPG

目が合うと「一緒に踊ろう、踊ろう!」と誘ってくれる、
子供達がすごくフレンドリー。
結局このパーティーでは鬼ごっこしたり、ダーツしたり私は子供達と過ごしてました。
大人とはチェコ語で話す力がないので、子供がいっぱいいてよかったです。

オンドラは他に用事があったので随分遅れて登場、女の子達にもてもてでした。
女の子に、「嫌い!」と叩かれていましたが、彼の変な絡み返しで子供達は楽しそうでした。
集団になると女子は恐いとオンドラ。

IMG_6580.JPG

完全に遊ばれていました。
もう好きにして状態、笑

IMG_6392.JPG

V君、Yちゃんお幸せに。


オンドラと結婚式に出席するのはもう3回目でした。
彼や自分の親、友達に「いつか結婚するの?」と聞かれることがあります。
結婚の優先順位がそこまで高くないので、来年かな・・とまだモゴモゴ言ってる感じです。
彼にとっては家を持つこと(買うこと)、私にとっては子供を持つことの方が興味があります。
いっそう結婚は、家と子供ができた後でもいいしね。と話してたくらいで。
でもいつか家族や友達呼んで楽しいことがしたいので結婚式できたらいいです。
その時はチェコと日本からの参加者が言葉を超えて仲良くなれるような、楽しいイベントが理想です。

今回のブルノ滞在は体調万全でいれたので、オンドラの家族ともいっぱい話せて
お兄ちゃんや友達と卓球も久々にして、楽しかったです。次はいつブルノ行けるかな。

posted by odaQgirl A子 at 04:33| ウィーン ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする