2015年11月30日

名前の日

チェコには名前の日というのがあって、
誕生日の日以外に自分の名前をお祝いしてもらえる日があります。
チェコのカレンダーを見ると、日付の横に名前が書いてあって
どの日にどの名前なのか確認できるようになっています。
チェコ人は、現在でも聖人の名前(カレンダーにある名前)から名づける人がほとんどのようです。
名前が限られているから、同じ名前の人がいっぱいいるのですね。

今日はオンドラの名前の日だったので、ささやかなお祝いをしました。

totoro1.jpg

トトロのクッキーを作ってみました。ちゃんと焼けるか心配でしたが・・



totoro2.jpg

成功しました。彼もとても喜んでくれました。

posted by A子 at 23:56| ウィーン | Comment(4) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場へ

今朝、新国民劇場に一人で行って来ました。
急に仕事が休みになった上、見たいと思っていた劇がなんと1席だけ空いていたので。

1.jpg

写真奥が、古くから人気のある国民劇場(Národní Divadlo)
手前が、今回行った新国民劇場(Nová scéna)

見たかった演目は、Vidím nevidím (見えないを見る)
生まれてからずっと目の見えない少女が、日々の生活で触感や音から感じとって"見た"世界を
アニメーション、舞台美術、演技を通して表現している。

予告の映像見た時にすでにツボにはまって、劇場で見る日を楽しみにしていました。

2.jpg

開演前、映像の目がきょろきょろ動いている。

月曜日の午前中、どんな人が見に来るのかなと思ったら
観客の9.5割は、授業の一環で先生と来ている子供達でした。
小学生低学年〜中学生のグループまで。5校くらいが集まっていました。
劇が始まるまで、先生と生徒達の様子を観察してたら面白かったです。
先生、皆をちゃんと座らせるのに大変そう。でも、子供の様子によく気づくよさそうな先生ばかりでした。

劇が始まった。60分のステージ、舞台に釘付けでした。
アナログのアイデアいっぱいで、魔法のような空想世界にドキドキが止まりませんでした。



こちらは予告映像。
水の精がすごく好きだったなぁ。

私もアニメーション制作とパントマイムをしていた頃、まさにこの劇のように演技と映像を
シンクロさせた様なステージを作りたいと思っていました。
自分なりに試みたことも何度かあって、楽しかったけれど、知識と技量が足りず、とても大変でした。
そういった視点から見ても、この劇は関心することばかりでした。
ストーリーより、演出の素晴らしさに最後は目頭が熱くなりました。
この監督の次回作があったら、必ず見に来たいです。

子供の世界に合ったコマ撮りアニメーション、
登場する役者、ダンサー、音楽、照明、衣装、舞台美術、全てが質の高い仕事をしており
様々なジャンルのプロが結束してできた舞台に感服しました。

劇が終わると、子供の為のワークショップみたいな感じで、アニメーションに合わせて演技してみようという
時間がありました。子供達は大騒ぎ、やりたいやりたい!と皆いっせいに手を上げて、舞台上で体験すると
すごく嬉しそうにしていました。見ている私も楽しかった。

予約と作品詳細のページ
http://www.narodni-divadlo.cz/cs/predstaveni/5932?t=2015-11-29-17-00

公演は月に1回〜2回(しかも1日1回)しかありませんが、春先まではやるようです。
日曜日は 290Kc〜(席によって値段が違う)
月曜日は全席一律150Kc(750円程)とかなり安いです。

posted by A子 at 23:42| ウィーン | Comment(5) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

Kunratický les

昨日、Kunratický lesと呼ばれるプラハ市内にある自然保護地区へ行ってきました。
300ヘクタールある大きな森です。

ここは、かなり交通の便がいいところにある。
地下鉄C線のRoztyly駅を出てすぐに森へ入れます。

1.jpg

地下鉄を降りると目の前が森の入り口!

さっそく彼が、ここに住みたいな〜と言っている。

IMG_4880.JPG

駅周辺。駅の反対側はお店やパネルハウスがあって少し栄えてるようだ。

IMG_4883.JPG

もう完全に冬の森。
犬と散歩している人、ジョギングしている人たちに会いました。

IMG_4896.JPG

彼はやはり森にいる時が一番いきいきしている。
この日撮った彼の写真は全部いい顔してる。(彼は写真撮られるの好きじゃないんだけどね・・)

ロッジと遊び場があった。

IMG_4882.JPG

そして、プラハではあまりない野外卓球台も!
裏には小さなサッカーフィールドがあり、自由に使ってよさそうな雰囲気。
森の中のサッカーは気持ちいいだろうなぁと彼。
このロッジでは、夏には飲み物など販売するようです。


IMG_4984.JPG

木に育っていた大きな木の子。
この森は、色々な種類のキノコが生えそうな森で、キノコの季節が楽しみです。

山道がちゃんとあって散歩がしやすい森ですが、私達はあまり道を選ばない。
ずるずると足を滑らせながら急な坂をさがっていた時、

後ろから無謀な挑戦をする男が。

IMG_4899.JPG

ヘルメッドに小型カメラを付けて、自転車で一揆に降りてきた。
最後には大きな枝に引っかかって転んでいたが、場所を変えてまた挑戦していた。
色々な趣味を持った人がいます。

進んでいくと

IMG_4944.JPG

大きなもみの木が立つ、一軒家を発見。

IMG_4940.JPG

そこには、ニワトリがいっぱいいました。
やはり雄鶏は豪華でかっこいい。

IMG_4935.JPG

アヒルの家族がじっとしていました。
寒いこの時はマイナス1度、風が強めで体感マイナス5度くらいでした。

IMG_4946.JPG

お家の目の前に広がっていた湖。

IMG_4961.JPG

鴨が大量にいました。
食べ物ちょうだいよ、と次から次へとやってくる。

雪が降ってきた。

IMG_5005.JPG

IMG_5009.JPG

ぱらぱらと、大きな雪の粉がきれいでした。


森の中にはちょっとした名所'Nový hrad' ('New Castle')の城跡がありました。

IMG_4987.JPG

今残っているのは、この橋だけ。
15世紀初期に、Wenceslaus4世(Václav)王によって建てられた王宮は、王のコテージでした。


IMG_4989.JPG

王宮はこんな感じだった様。

IMG_4991.JPG

すっかり何も残っていません。
ヤン・フスの宗教改革の際にフス派の軍人によって壊されてしまったようです。


そして、次は子供に人気だった場所

IMG_5039.JPG

鹿の子供がいました。こんな小さな子初めてみました。

きっと生まれた頃から柵の中で人間に見てもらっているから、人間を怖がりません。
森で出会う野性の鹿は、人間には絶対近づきません。

IMG_5056.JPG

かわいかった。この日のベストショット。


お昼を食べずにいて、気づいたら14時半。
空腹と寒さで体力がなくなってきたので森を出ました。
帰りは、C線のChodov駅から帰りました。

posted by A子 at 20:04| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

プルーホニツェ公園(Průhonický Park)

世界遺産に登録されているPrůhonický Parkという大きな自然公園へ行きました。
プラハ中心から少し離れたところにあります。地下鉄Opatov駅からバス(363 or 385)で15分。
公園内に入るには、50コルン(約250円)かかります。

この日カメラの準備がなく、携帯で撮った写真だけれど、

IMG_20151116_152200.jpg

十分美しい。

仕事後に行ったので2時間半くらいしか散歩できませんでしたが
サンドイッチかなんか持って1日費やせそうです。
長い散歩コースは10Km,短い散歩コースで2,5Kmです。
春にピクニックしに行こうと決めました。植物の種類が豊富なので、春、夏はより楽しいと思います。
思わずシャッター切りたくなる風景が満載の公園でした。(次回は、しっかりカメラを持ってかなきゃ!)

Průhonický Parkのページ
http://www.parkpruhonice.cz/index.php?p=index&site=en


そして、この公園に来たら是非寄りたいのがここ

IMG_20151116_164601.jpg

クレープ屋さん

Průhonický Parkの出入り口を背にして右方へ進んで3分ほど。
偶然見つけて入ったお店でしたが、内装、クレープの味共とても満足しました。

IMG_20151116_160718.jpg

店内に飾られているオブジェや絵は全部にわとり。


IMG_20151116_161915.jpg

見えにくいけど・・後ろのニワトリの家がすごく可愛いかった。


IMG_20151116_160752.jpg

店内のセンス見ても、フランス本場のクレープ屋さんの雰囲気。
友達のにわとりマリンを連れて来たい、もはやここで働いて欲しい!なんて思いました。

IMG_20151116_155956.jpg

新聞のようなメニュー。
クレープのメニューが豊富ですが、クレープ以外の料理もあるようです。


IMG_20151116_162241.jpg

私はベーコン、卵、玉ねぎのクレープ(129コルン、約650円)
彼はバター、シナモンのクレープにアイス添え (90コルン、約450円)

両方共、すごーくおいしかった。

お店のページを見つけました。
http://www.uslepicek.cz/ 是非♪

IMG_20151116_164437.jpg


posted by A子 at 04:58| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

ブルノからの友達

先週末、ブルノの友達が2人遊びに来てくれました。
今夏に結婚したばかりのイベタと、ゲイ友達のワシェク

オンドラは、二人にヴィシェフラット城跡Divoká ŠárkaProkopské údolíの景色を見せに行きたいと
はりきっておりました。
二人が一日中空いているのは1日しかいので、どこまで連れていけるのやら。

ワシェクは私の知る人一番の大酒飲み。アルコールにすごい強い。
二人がプラハに来た日の夜、3時間くらい一緒にビールを飲んだのだが、
その後ワシェクは2件ゲイバーをハシゴして、朝9時にホテルに戻ったとの事。
そんなわけで、がっつり観光予定であった翌日はぐだぐだと昼すぎてからの集合となった。

3.jpg

散々飲んで朝2時間しか寝なかったとは思えないワシェクの元気ぷりったら。
もう30歳近いというのに、信じられない体力。

まずはBarrandovを通る路面電車に乗り、Prokopské údolíの景色を眺める。
残念ながら二人から、たいしたリアクションがない。
たしかに私もオンドラも前見たときの方が全然きれいだったような・・と思っていた。
あの時は秋で紅葉シーズンだったからだと後で気が付いた。

ワシェクは既にビールを欲していて、私とイベタはホットチョコレートを欲していたのでレストランに入った。
飲み物だけのつもりが、皆食べ物を注文。

IMG_20151121_135807.jpg

彼と私はタタラークをシェア。久しぶりで嬉しい。
生牛肉と生卵に付け合せの調味料を混ぜて。カリカリのガーリックトーストに載せて頂く。これが美味しい。
(でも後に彼はお腹を下し、これのせいではないのかと若干疑っている)

0.jpg

ワシェクが名前だけ見て頼んだ料理。
これが目の前に来て、ワシェクはすごい魚(ギョッ)!っとしていた。
普段魚を食べないチェコ人。にしてもこれランチの1メニュー、魚だけすぎでしょう。
日本人のくせに私は小さい魚の目が怖くて、こういうの苦手です。手伝ってという彼を手伝えませんでした。
なのでワシェクは魚達をビールで流していました。

腹ごしらえをしたので、ビシェハラッド城跡へ。
著名人が眠るお墓を見たりしました。
チェコ人はチェコ人の著名人を分かっているので、こういう場所は私より楽しそう。

1.jpg

ビシェハラッドの丘から全員で。

ビシェハラッドにあった休憩所で、ホットワインを飲むワシェクとイベタ。
その後、市街地に戻り彼らの希望でまたパブへ。市街地のパブは本当に高い、のにどこも混んでいる。
そして、彼らはヘビースモーカーなので喫煙できるパブを見つけるのに苦労。
ブルノより、プラハの方が禁煙対策が既に進んでいる気がする。
(2016年1月からチェコの飲食店は全面禁煙が命じられている。)

やっと見つけた雰囲気良いお店で3時間ほどいたかな。
もうここではアルコール飲めなくなっていた私、レモネードを飲んでいた。
皆での会話は楽しいけれど、飲みの多さと、タバコの煙に私は疲れていた。
最近ビールに遠ざかっていたオンドラもお手上げ。
でもなかなか会えない二人なので、
誘われてホテルに寄って、ここでも最後のシャンパンを開けたのでした。

2.jpg

酒飲みすぎだけど、二人の性格やさしくて好き。
ワシェクが、おばあちゃんと作ったというジンジャーブレッドをくれた。
手作りの味が美味しくて、ペロンと頂いちゃいました。

二人に、プラハの感想は?と聞くと
「どこでも人だらけ」という一言。
そして、新婚さんのイベタも、結婚して7年のワシェクも旦那が恋しいよ〜と帰っていったのでした。


posted by A子 at 00:52| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

三角キャベツ

今プラハでは、今冬初めての雪がぱらぱらとふっています。

今日いつもと違うスーパーに寄ったら、三角きゃべつを見つけました。
存在は知っていたけど見たのは初めて。

IMG_4860.JPG

クリスマスツリーみたいでかわいい。
チェコで売っている丸いキャベツは葉が分厚くて固いのですが、
この三角キャベツは日本のキャベツに近いというのをどこかで読みました。

温野菜用に。さっそく今夜食べてみます。

posted by A子 at 22:20| ウィーン ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

上司たち


前回日記に仕事後の充実感と書いたたとおり、終わる頃にはすっかり元気ぴんぴんな私だが
朝は、やばい。布団の中でアラームが鳴り何度朝を残念に思ったことか。

IMG_20151107_054654.jpg

真っ暗。朝5時半頃の旧市街の街角
だいたい同じ顔ぶれの出勤者が歩いている。
寒くて目が覚める。

アホーイ!と既に働いているキッチンに挨拶したら営業前準備
一緒に朝番する子がたいてい遅れてくる。そのくせパンをむしゃむしゃ食べてたりする。
3種類の生ジュース作ることから業務スタート、この作業好き。自分で果物選んでミックスする。
そして他のフロアースタッフも一人一人と出勤、滞在客もレストランへぽつぽつとやって来る。
スタッフやお客さんと話してるうちだんだん頭も冴えて、太陽が顔を出した頃には私も元気になっている。

さて、うちのホテルの変わったところ。
格好にちょっとうるさい
ファッショナブルをコンセプトにしているところがあり、
レセプションの女子は素敵にワンピとか着ていて、男子も思い思いのスーツをカッコよく着こなしている。
(私は趣きあるホテルの制服も好きなんだけどな〜)

レストランのマネージャーもオサレさん。
ある日、黒い靴にグレーの靴下を履いていたときのこと

IMG_4731.JPG

マネージャー:他の色の靴下持ってない?

A子:家にならありますよ。

マネージャ:(すごい困った顔)私、その靴にその色の靴下好きじゃないの。

え・・・。上司からこういう注意のされ方、人生初めてでした。
どうしても嫌そうなので、ならばと素足にしてやりましたよ。



そして、ホテルの大ボスがとても威厳漂うお方です。 

134774721733913203247_tc1_search_naver_jp.jpg

この人に似ている。
たまにレストランにも現れる社長を、心の中でデュークと読んでいる。

ある日、仕事中デュークが通りがかりに私の靴をじっと見てこう言った。

IMG_4730.JPG

デューク:このスニーカー、Nikeじゃないよね?
A子:ちがいますが。

デュークはそのまま何も言わず去っていった。
後でアシスタントマネージャーに聞いたら、デュークはNikeが好きらしく
スニーカーを履くならNikeでなくてはいけないらしい。
知らんかったー!てか何それ。
履いていた私のスニーカーはベトナムショップで買った安いもの。
Nikeなど買う金ないよ、と言ったらアシスタントマネージャーが、バレーシューズみたいのでも良いとのこと。
一度見たことあるけれどデューク怒るとやばいんです。皆びびっている。
バレーシューズにしようと思いました。
でもね、私の足22,5cm(チェコサイズで35)しかなくて、合うサイズを見つけるだけにも一苦労なのですよ!

足元にうるさいなぁ、全く。

posted by A子 at 03:36| ウィーン | Comment(5) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

初給料

10日、初給料が出ました。嬉しい。
さっそく初給料で、日本へのクリスマスプレゼントを買いました。

給料は自分が日本で働いていた時の半分以下・・
チェコの給料はすごく低いのですが、働いている利点はあると思います。

給料明細を見ると、社会保険料や健康保険料が天引きされてるのがわかります。
社会保険料は、日本のように会社と折半での支払いになっているぽいです。(もうちょっと調べます)
そして日本とチェコは「社会保障協定」というのを結んでいるため、
日本・チェコどちらで働いていても、働いた期間に応じた年金を、将来日本またはチェコから受けれるようです。
障害・遺族年金に関しても、初診日または死亡日にチェコの年金制度に加入中であっても、日本の年金制度に加入していることとみなされ、受けることができるようです。
これは、安心です。

この社会保障などを管理する為必要だったのが、チェコでのRodné číslo(出生番号)
彼も忙しかったので一人で役所へ2回ほど通いました。
この時私の住所がブルノになっていた為、ややこしい事になっていました。
ですが、受付のチェコ人女性がかなり親切で、しかも即急に必要という私の要望まで聞いてくれて
例外な方法で進めてくれました。今でもこのお姉さんの顔忘れないくらい感謝しています。

IMG_4744.JPG

これがRodné číslo、けっこうしっかりしたカード。
チェコ語ではJOをヨと読むため、横浜がJOKOHAMA。


そして、こちらも嬉しい待遇のランチチケット。
私の勤めるホテルは社員への食事補助がない為、代わりにレストランやスーパーで使える食事券をもらえます。(もらえるというか、買う。食事券の45%は社員負担なので。)
彼のホテルは、レセプションでも賄いが出るため、食事券の制度はありません。
雇用主が社員の食事を支給するか、このようにチケット代の半分を支払う事がチェコではどの仕事にもある待遇のようです。

IMG_4716.JPG

これがstravovací poukázky (食事券)
100KC(500円程)チケットが、21枚付いていました。
レストランはチェコ内で3万店が加入(ほんとかいな)、スーパーマーケットは、Albert,Billa等で使えるようです。
よく行くスーパーで使えるのが嬉しい、家計の足しになります。

色々チェコの制度が見えてきて面白い。人の話を聞くと、チェコは産休系が充実してるらしいですがまだよく分かりません。
今は何より仕事後に感じる充実感、これが一番の特典と思うかなぁ。



posted by A子 at 05:00| ウィーン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

メトロ終点駅の旅:Černý Most編

プラハを通っている地下鉄は3本だけ。
A、B、Cという名前だし、かなりシンプルだ。

そして、最近私達は「終点駅の旅」というのを思いついた。
何があるか知らないが、終点駅に行ってみようという企画。

praha-map1.jpg

というわけで、最初に選んだのは、B線のČerný Most駅。

Černý Most駅到着、駅を降りるとすぐに聳える住宅街。
線路の脇には大きな道路が通っていた。


ginger bread shop.jpg

住宅街入り口に何故かジンジャーブレッドの屋台。
地元の人くらいしか来ないだろうから、安かった。プラハ観光地や祭り時の半額くらいで売っていた。

IMG_0982.jpg

チェコの一般的なジンジャーブレッドってこんな感じ。(この写真はブルノ花火大会の時のもの)

ジンジャーブレッド初めて購入。

IMG_4551.JPG

これに愛着が沸いたので。
25コルン(125円程)

駅近くは、パネルハウスがずらーと並んでいる。
チェコで言われているパネルハウスというのは、第二次世界大戦後の旧社会主義体制時代に建てられた集合住宅のこと。
当時はどれもグレーの外観だったが、後々カラフルに塗り替えられて今では郊外地区の景観となっている。
チェコ人の3分の1はパネルハウスに住んでいるようだ。
ちなみに、ブルノにある彼の家も、彼の両親の家もパネルハウス。

住宅街を抜けると大きな緑の敷地が広がっていた。

IMG_4556.JPG

遠くに見える建物が、パネルハウス。

そして、そのすぐ前に、きれいな湖があった。

IMG_4558.JPG

こんな湖があるところなら住みたい!夏とか最高なのでは!

この日は日中17℃まで上がった暖かい日で、散歩してる人、サイクリングで来てる人たちがいた。

6.jpg

進むと、小さな小川が現れた。

この近所は別荘のような一軒屋が並んでいる。
なんと草むらでビーバーを発見。

IMG_4565.JPG

自然で遊んでるビーバーはなんとも幸せそう。


林を進むと、大きな湖がまた。

IMG_4585.JPG

ここは人がいなくて、より落ち着いていた。

Černý Mostには大きな湖、池が5つくらいあるようだ。


IMG_4601.JPG

なので、川もいっぱい通っている。
川が一番好き、入りたい。

水スポットがやたら多いČerný Most、お気に入りの場所の1つになった。

IMG_4609.JPG

林を抜けるとまた遠くに家が見えた。
ヨーロッパ人は、職場から少し遠くても自然が多い郊外に住むのが好き。
自然の中にもどんどん家が増えていく。


IMG_4610.JPG

木は葉を落とし、もうだいぶ冬がきたのを感じた日。


IMG_4611.JPG

ある家族がローズヒップを摘んでいた。

私達も頂こくことにした。

IMG_4618.JPG

下の方はだいぶ他の人に取られてしまった後で、手の長い彼に上の方の実を取ってもらう。
彼の家では昔、ローズヒップティーをお父さんが作ってくれてたらしい。


帰り道、動物達に会った。

IMG_4622.JPG

乗馬をしてる人がいた。
手前のポニーのバランスが変、ちょっと太ってて極端に足が短い気がする。
A子みたいとつぶやいた彼。。


IMG_4639.JPG

家の庭に羊。
かわいいね〜かわいいね〜って見てたら
近寄ってきて、「グブゥオ〜」と何とも残念すぎるドス声を出した。


何があるか期待していないだけに、すごくいい小旅行となった。

IMG_4667.JPG

ローズヒップ乾燥中。
完全に乾いたら、ロースヒップティーにしてみます。

posted by A子 at 21:44| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

外国人警察署 inプラハ

昨日は彼と私両方の仕事がお休みだったので
こんな予定を立てていた。

1.朝はゆっくり朝食とコーヒーを飲む
2.外国人警察署に行って住所変更届けを出す
3.お昼にベトナム料理屋へ行く
4.Bílá Labuť(老舗ショッピングセンター)に行く
5.夕方から彼はサッカーへ行く

予定1までは、よかった。たったの1までは。。

予定2である外国人警察署へ行く。
最近外国人警察署から手紙が届き、15日以内に現在の住所を証明するものを提出しに来てください
と書いてあったので。

プラハの外国人警察署もまた殺風景なところにあって場所を見つけにくかった。ブルノの外国人警察署に比べると、随分大きい。
まず、番号札をもらうために1階の窓口に並ぶ。この時点でたくさんの人。番号札をもらうだけなのに。。
番号をもらって2階へあがると、待合の廊下にはずら〜とすごい数の人が座って待っている。
まあ、2時間はかかるだろうな、と気長に待つ決意。

何もない近所をふらふらしたり、近くの売店でホットチョコレート飲んだり、鉄橋から電車の運転手に手を振ったり、11月生まれの家族にポストカード書いたり、お絵かきしたり、


IMG_4549.JPG

下の階で見た面白かったおじさんを、二人で思い出しスケッチ。
こんな寒いのに穴がいっぱいのダメージジーンズ、裸足にローファー。

2時間経ったが、私達の番号からはまだまだ遠い。
住所変更の報告だけなのに。窓口のお姉さんに渡して終わりでいいでしょう!
事前予約をすれば、さほど待たなくて済むということだから、今日はやめて後日来ようと彼が提案。
その場で予約センターへ電話をしてみたら、予約が空いてるのは早くて12月5日になりますと。
1ヵ月後・・どんだけ人気なんだ。移民が増えているからか?
手紙には15日以内に来いということだったので、仕方なくこのまま待つことに。

ベトナム料理、待ってるうちに行けてしまえたなぁ。。という後悔は先に立たず。
どのくらいのペースで番号が進むかわからないのでとりあえずそのまま待つ。


IMG_20151104_140720.jpg

全ての人がぐったりしている。
気になったのが、生まれて間もない赤ちゃんを抱いた女性もずっといた。大変そうだった。

1ヶ月前に行ったブルノの外国人警察署の待ち時間は2時間だった。
プラハ外国人警察署は職員も多いけど、その分外国人も本当に多い。

これ以上待つと、彼のサッカーが間に合わなくなるから
先に帰ってていいよと話していた頃。待ち始めてから4時間。

IMG_20151104_151241.jpg

とうとう私達の番号が。

窓口へ行くと、
渡した書類のコピーを取り、スタンプを押して、たった3分で終わったのでした。

もう二度と来たくないね!と話していた私達だが、
パスポート更新時、いずれの結婚、永住ビザ等でお世話になると思うのでそうは言ってられませんね。
とにかく予定の1ヶ月前までには事前予約!これ絶対。学びました。

posted by A子 at 05:11| ウィーン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする