2014年08月14日

母と姉がチェコにやってきた。

mom and Yochan.jpg

昨日、母親と姉がチェコに到着したのでプラハ空港まで迎えに行きました。

日本からドバイ乗換えで合計16時間の飛行、おつかれさま!
ママはいつもながらよく寝れたらしく、姉はほとんど寝れなかったみたい。

しかしプラハからブルノまでまだまだある。電車で2時間40分。
がたごと電車に揺られ、二人はゆっくり進む外の風景を楽しんでいた。
私は久々の家族との会話がほんとうに嬉しい。
北海道みたいだねとママ。
「なんだか国内旅行の気分、あまりドキドキしてないよ。チェコに住めそうな気がしてきた。」
早!まだ何も知らないでしょ。

IMG_2824.JPG

良さ気なパンのセットでしょ?
二人が飛行機で食べ切れなかったものを袋につめてきたみたい。


IMG_2820.JPG

水、もって来すぎ。

手を洗うためのものか飲めるものか分からなかったから1つも飲まずお持ち帰りしたらしい。

IMG_2815.JPG

写真撮ってたら男の子が窓際に。私の隣に座っていたガールフレンドにキスを送ったり、手をふっていた。
すると、ママも男の子に手を振り替えしている。

なにしてんのママ。ママに手ふってるんじゃないよ!

「うん、分かってる。」とママ。
なんか楽しそうなのでいいや。


ブルノに着いた初日は彼の勤めるホテルに宿泊。
彼がチェックイン、お部屋を案内してくれた。

IMG_2840.JPG


着くなりベッドにたおれこむ。ちょっと休憩。


彼の同僚が気を利かせてくれて、彼を2時間早く退勤させてくれた。
一緒にパブヘ。

IMG_2849.JPG

ビールで乾杯!
ビール好きの姉はBernardという苦いビールをおいしい!と飲んでいた。
日本人なのでおつまみも頼みます。ハルマリンチーズを初めて食べた、かなりおいしい。
オンドラは頑張って家族と日本語を話していた。


これから母親と姉は2週間の滞在。
いろいろと遊びに行くのでブログは少々お休みします。

posted by odaQgirl A子 at 18:28| ウィーン | Comment(2) | TrackBack(0) | 母、姉との旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

ウィーン・プラーター公園

オンドラが日本に来ていたとき、横浜のコスモワールドに行きました。
彼はジェットコースターやウォータースライダーを、とても気に入って楽しんでいました。
あとでチェコには、常設の遊園地は特にないということを知りました。
(何か催し物がある時にでかいアトラクションは登場するんですけれどね。)

ですが、さすが大陸。チェコになければお隣の国にいけばいい。

pratra.jpg

チェコの南隣に位置するのはオーストリア、その首都ウィーンに遊園地があります。
私たちの住むブルノからだと、プラハに行くより近い。
プラーター公園は、そこはもともとオーストリア貴族の狩猟場だったそうです。
遊園地は後からできたので、まわりは大きな広場になっていてピクニックを楽しんでいる人もいます。

今回のダブルデートのお相手は、

vasek and eva.jpg

チェスキークルムロフに一緒に行ったワシェクと、その姪っ子エヴァ11才。
面白いもので、このエヴァのあだ名はエイコ。私の名前もエイコ。
呼ばれたら私たち同時に振り返ってしまいます。


朝9時にブルノのメインステーションに集合して、チケットをさて買おうとしたとき
オンドラとワシェクは何やら驚いている。

チケット高!プラハ行くより距離短いのになんで プラハ行きの2倍以上もするんだ! 

彼らはウィーンまでユーロシティーで何度か行ったことあるので、だいたいの値段は分かっており
往復500コルン(2500円)くらいだと思っていたのが、売り場で1150コルン(5750円)と言われたのだ。
どうやら、前日までに買っておけば思っていた通りの安い値段でいけたらしい。
彼らはそれがどうしても悔しいらしく、プラン変更。
ローカル線乗って、遠回りしようということになった。

ということで、まずはチェコの電車でチェコとオーストリアの国境近くブジェツラフまで行った。

breclav.jpg

乗り換えの便が悪く、ここで1時間の待機。
ありがたく駅のまん前にあったパブで休憩。
オンドラとワシェクはお決まりのビールを飲み出した。
これからジェットコースターとか乗るのに大丈夫なの?と聞いたら、
ビールはすでにアトラクションの1つだよと、すでに楽しんでいる。


やっと電車に乗り込んだ。ここからはオーストリアの列車。
ワオ!と驚いた私たち。
最先端!チェコの電車とまったく違う。
日本の新幹線とかわらないんだけど、私も何だかオオ!と思ってしまった。
クーラーもがんがんである。寒いくらい。チェコは店も家も列車もクーラーをかける習慣がない。

私はチェコの古い列車のほうが映画みたいでヨーロッパらしくて好きと言ったら、
チェコの列車も変えていくという方針があって、近い将来古い列車はもう使われなくなるという。
けっこうショック。今のうちに古い列車楽しんでおこうと思った。

さて、最先端の列車で2時間。英語がわからないエヴァとチェコ語が分からない私の為に
言葉を使わなくてもできるゲームをして遊んだ。

pantomime.jpg

パントマイム。何の動物かあてるゲーム。
盛り上がってしまい通路にも飛び出て動物やってたら、他の乗客に何だ?という目で見られた。


hands game.jpg

手を使ってできるゲーム、日本のゲームをいっぱいやった。
エヴァは特に気に入って、次のゲームはなに?というので調子にのっていっぱい教えた。
子供の手遊びゲーム、色々知っててよかった。

さて、そんなこんなで盛り上がっているうち、プラーター駅に到着。
到着したときすでに14時くらいになっていたので、遊園地が歩いてすぐでよかった。


prater.jpg


プラーター遊園地のイメージ図。




nice weathre.jpg

すごく天候の良い日。遊園地日和です。



spining.jpg


だいたい1つのアトラクション3.5ユーロ〜7.5ユーロくらい。
(乗り物13個で39ユーロというチケットもあったみたい)
チェコの感覚でいると、私は高いなぁと思ってしまったのですが
行きの列車ではあんなにもったいぶっていた彼らは、サイフの紐ゆるいゆるい。
せいいっぱい遊ぶ精神があってよいですね。
アトラクションのおもしろさは文章で伝えられる気がしないので、割愛しますが
思う存分叫びました。

coster.jpg

アドレナリン出ました。


tall.jpg

ほとんどのアトラクションは日本のとはあまり変わらないけれど、この乗り物は驚きでした。
日本でもあるブランコが回転するやつ、でも3倍以上高い。観覧車より高い。
絶景!
上からウィーンの街がよく見えました。
ブルノも見えるか探したけどわからなかった。

プラーター公園といえば「大観覧車」らしいです。
映画『第三の男』で出てくるということで有名らしいのですが、
私はこの映画を見たことがないので、スルーしてしまいました。

3時間くらい遊び遊園地を出た。
帰りの電車まで1時間半あり、またもパブで時間を潰す。
ビール500mlが4ユーロ(550円)と我らには高額なので、ちびちび飲んだ。(チェコは150円)
でもアトラクション1つと同じくらいの値段だよね!とまたもアトラクションのひとつとして楽しんだのでした。


rapper.jpg

Hey YO!!

帰りの電車では若いエヴァ以外けっこう疲れていたのだけれど、
ワシェクのサングラスをかけたら別人の気分になって、セクシーな人の演技し合ったり、変なラップを歌ったりと楽しんで帰ったのでした。

posted by odaQgirl A子 at 03:24| ウィーン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

チェコ人と日本食

チェコで和食を自炊しています。
最近は夏らしく、もらったズッキーニを梅ぼしのお浸しにしたり、ざる蕎麦食べたり。
けれど、彼があまり日本日本したヘルシーなものは好まないので大抵一人で食べることになる。涙
(彼はカラアゲ、ラーメン、餃子は大好き)

そんな日のこと、チェコ語学校の日本人の友達がお料理(日本食)の会をするからと私と彼を誘ってくれた。
転勤でブルノに来ている若いご夫妻のお家だ。

私たちカップルは遅れて参加すると
チェコ人の女性二人も来ていた。日本人のようなおっとりした二人だ。
 
まあびっくりしたのが、すごい広々としたお部屋。
レストランが開けそうな大きなテラス。
私には一生縁がなさそうなお家で、その場にいるだけでリッチな気持ちに。
オンドラもチェコで初めてこんな良い住まいを見たと言っていた。

そんなお部屋見学をしているうち、ご夫妻はもう日本食の仕込み万全になっていた、
手伝う予知もない完璧な二人三脚。
日本食材は、日本から持参したものやウィーンに行って買ってきたものを中心に使っていた。

Blog-aki's home (2).jpg

私とオンドラはワクワク腹をすかせて待つただの子供



あっという間にごちそうが並んでいく。

IMG_2676.JPG

日本食を前に、目が腹がよろこんでいる。



IMG_2675.JPG

いなりずし! いなりの中はタカナごはん、しそちりめんごはん、白ごはんという3タイプの大サービス。

IMG_2672.JPG

肉じゃが!チェコ人たちはこれを日本のグラーシュだと言っていた。おもしろい。
美味しい。肉じゃがチェコ人達にも大人気だった。


IMG_2673.JPG

からあげ。オンドラの大好物。
たくさん用意してくれたけれど、全部なくなった。


IMG_2679.JPG

サラダ。サーモンがうれしい。チェコでとりあえず手に入るのは川魚です。


基本的にチェコ人は味がわかりやすくて、日本の子供が好きそうな和食は好きだと思う。




Aki's home everybldy.jpg

いっぱい食べて、いっぱい話して 和やかな時間だった。
何より、人と和食を囲むというのが懐かしく、幸せな気持ちになった。

チェコ人といえばビールというイメージがあるけれど、実際彼らは食事中はビールを欲しない。
食事は食事、ビールはビール、といった感じで飲むとしたら食後らしい。
日本の居酒屋ではおつまみはビールの共でたくさん注文するけれど、チェコ人はおつまみの文化がないので飲み屋ではビールをひたすら飲むかんじです。


さて、食後はテラスに移動。

IMG_2696.JPG

食事は室内で、デザートはテラスで!ってなんておしゃれなんだ。
そしてお城が目の前、最高の眺め。


チェコ人女性2人がアップルパイを作ってくれた。

IMG_2703.JPG

パイ生地さくさく、中はアップルにアーモンド入り。甘さ控えめなので付け合わせのアイスクリームが合う。
レストランでも、チェコのアップルパイはクリームかアイスが大抵ついている。
普通の料理よりデザートつくりが好きなチェコ人女性が多いなと思う。そしてとても上手。


呼んでくれた日本人ご夫妻は、明るくてやさしくて、チェコで友達になれたことが嬉しい。
オンドラもいい出会いに喜んでいた。
私がブルノに来る以前に、奥さんは偶然オンドラの勤めるホテルに宿泊したことがあり、彼と話したことがあるという縁も。
ブルノは狭いな。知り合いの知り合いは自分の知り合いみたいなところがある。


My jsme Spokojeni!(私達)大満足!と言ってお開きした。

posted by odaQgirl A子 at 08:22| ウィーン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする