2014年03月29日

炊飯器

rice family.jpg

コメコメコメコメ♪


海外にいる間、一番食べたくなるのが日本の米。

トロントにいる時は、韓国スーパーマーケットでまあまあ美味しいお米を
日本で買うのと同じくらいの値段で買っていました。

あの時は、中華街で買ってきた土鍋で炊いていて、それはとっても美味しくできていました。

craypot.jpg

蒸す時間を忍耐強く待ったあと、土鍋の蓋を開ける喜び。


しかし、土鍋を火にかけているので、長くは目を離せないのと、底についた焦げを洗うのが大変でした。

炊飯器がほしいなと思ってトロントで売ってる炊飯器を見てみたけれど
性能があまりよくないわりにやたら高かった。
電化製品全般にいえるかも、電化製品は、日本で買うのが一番だと思う。
壊れにくく性能が良いので、海外で変なの買ってしまうよりコスパが高い。
(トロントゲストハウスのオーナーもよく言っていた)

6月からチェコに住むので、今度は日本から炊飯器持って行きたいな〜と思って電気屋さんをたまに
チェックしていました。
売り場を見ると、
玉手箱みたいに立派な見た目で、圧力鍋と同じ変圧方式、釜戸で炊いたような銀シャリができるとか
美味しいんだろうなぁと思える最先端のマシーンがずらっと並んでいる。炊飯器の世界で私は浦島太郎だった。

でも、私が今回ほしいのは、単機能で良いので海外に持って行くに便利な小さい炊飯器(1〜2合用)。

目ぼしいものが見つからず、ひとまず退散。

安いから失敗しても良いかと思い、
レンジでチンするだけで炊けちゃうやつを買って試してみた。

microrice1.jpg

ちびくろちゃん 二合炊き

水に浸しておく時間と水の分量が難しく、説明書通りだとべちゃっとした水が残るお米になってしまい失敗。

microrice2.jpg

ネットを見ると評価はとても高いです。
使っていくうちに水の量や時間のコツをつかむらしいです。




そんなある日

ホームセンターへ買い物に行って戻ってきたママが、「お土産」と買ってきてくれた



gohan2.jpg

炊飯器!

すごいコンパクト。
理想のサイズ、1.5合炊き用。

うれしい。。

さっそく炊いてみた。

gohan.jpg

おいしそう。

しかし、しゃもじが玩具のように小さくてかわいい。

ちゃんと、おいしかった。
納豆ごはんがすすみました。

チェコに行ったら、たまには米を楽しめる!と思ったらうれしくなった。
トロントのように、日本のお米は簡単に手に入らなそうなので
とりあえずは何キロか、米も一緒に持っていく予定です。


追記:
日本人が多くいる地域などは、日本人のやっている帰国セールで良いもの安く手に入るかも。
これはカナダの掲示板emple→http://www.e-maple.net/classified.html?cat=SL
(emapleは、仕事情報、貸し部屋情報などもありおそらく一番人気なサイトです。)
posted by A子 at 12:14| シカゴ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

ヒュンジとの再会


トロント時代一緒のシェアハウスに住んでいたヒュンジが、2週間前から日本に来ている。
(Hな隣人ヒュンジ http://odakyugirl.seesaa.net/article/301294003.html
しかも私の住むところと同じ県内。

突然、お茶でもしよー!とメールをくれて
じゃあ明日は?
と、とんとん拍子に話がすすみ、待ち合わせをした。



よ、A子!

ヒュンジー!!


Metting Hyunji1.jpg


1年ぶりの再会である。


ヒュンジが日本にいる、変な気分。



meeting hyunji.jpg

私は遅れてしまったのだが、その間お菓子のまちおかで時間を潰してくれていたヒュンジ。
両手には大量にお菓子が入った袋。特にうまい棒は、30本くらい入っていた。
韓国でもうまい棒売ってるけど高いから、、嬉しくていっぱい買っちゃったんだって。




sweet.jpg

喫茶店に移動。
ヒュンジによく似合うイチゴのパフェ。

お互いに、たくさんの近況を話した。


ヒュンジは去年の11月にトロントから韓国へ帰国して、
美大に戻って(トロントのワーホリは休学して来ていた)
今は、日本の美大に半年間交換留学生として来ている。
自分の好きなものを売る、ビジネスをすることが夢なので、今は広報を学ぶらしい。

アダルトショップを開きたいって言ってたけど、どうなの?
と聞いたら、今はアダルトショップかは分からないけれど
商売は確実にしたいから、そのための準備を今はしていると言っていた。
そのために、韓国の知り合いから、日本との貿易の手伝いを任せられてて
今挑戦しているらしい。

経験が豊富なヒュンジと話していると
この人は30歳くらいなんだろうと錯覚してしまうのだけれど
まだ22歳の、大学生。
ヒュンジはいつもその場の利益や、楽をすることは考えないで
将来を見て行動している。どしんとたくましくて、賢くて、まじめ。
ヒュンジは、英語、日本語、韓国語(母国語)が堪能。
ほんとに、この世の中で大きな人になっていくんだろうなと思う。

それに、面白い。

ねえ、すごいよ!
この私がトロントにいる1年間一度もHしなかったんだよ!
まあ、代わりに韓国戻った翌日から爆発して色々な人とやってしまったけど。

ヒュンジのこういう会話、懐かしい。

そんでさ、4月から通う日本の美大に見学行ったとき、
彫刻科っぽい3人組みの男が向こう側から歩いてきたんだけど
めっさかっこよくて、鼻血ブーでしたよ!
韓国の美大って男2割だけど、日本は3〜4割男いるからいい!

日本楽しんでね、なんて言うまでもなくヒュンジはすでに日本の生活を楽しみにして話していた。

ヒュンジは、大学卒業したら、まず英語圏で仕事をしたいらしい。
次は海外で会えたらいいねと話した。
ヒュンジの将来を見るのが、私も楽しみだ。

時間はあっという間にすぎた。
どこの国にいようと、時が経っていようと、こうやって気軽に会える友達がいることは嬉しい。

bye-bye.jpg

posted by A子 at 01:56| シカゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

ひとりの時間



通勤中につくったぱらぱらアニメーション。(真ん中の三角押して再生)
最近はスマートフォン一つでアニメーションも簡単に作れちゃうんだね。
AndroidのFlipaClipというアプリを使いました。

忙しい日々、文字通り心を亡くしそうなこの頃。
寝る前の少しの時間だけでも、自分の体内と交流する本当に静かな時間を持つようにしている。
携帯電話の電源を切って、視覚に邪魔されないため電気も真っ暗にして。
でもいつのまにかぐっすり寝てしまって、気づいたときには朝になっている。

毎日毎日、エネルギーいっぱいの子供達、色々な性格のご両親、厳しい室長、他の先生たち、スタッフさんたち
たくさんの人と接している。
通勤帰宅の電車、駅ではたくさんの知らない人とすれ違う。
背が大きくて、前がよく見えない。そして、みんな歩く足が速い。
私もおのずと足が速くなっているはず、そうしないとぶつかってしまうから危険なのだ。

土日になると、家にこもって、一人になりたくなる。
自分の体内時計で進む、素直な時間がほしい。
人は2パターンあるそうだ。
人や外界からエネルギーを得るタイプ。
自分の内側からエネルギーを得るタイプ。
私は後者。
自分があってこそ、人と関わる時が楽しいのだと最近気づいた。


origami.jpg

最近はまっている折り紙。
一人で遊べるし、作り方を覚えて作ってあげたり教えてあげると、子供達が喜ぶんだ。
posted by A子 at 23:29| シカゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする