2017年12月18日

クリスマスクッキー

クリスマスのクッキーを頂いちゃいました〜

まずは、卓球クラブの友達ガリナから

IMG_9060.JPG

動物たちが可愛い。25歳の娘さんと一緒に作ったんだって、楽しそう。
ガリナは「このクッキーはA子に!」とオンドラに持たせてくれたらしいのだが、
オンドラが、「A子は妊娠糖尿病なんだ。僕が代わりに全部食べれるね、わーい!」
と言ったらガリナはショックを受けていたよう。。
一日一つづつ食べる!と感謝のメールをしておきました。
長いこと会ってないけれど、いつも気にかけてくれる優しい友達です。

そして、昨日ブルノの家族に1泊2日で会いに行っていたオンドラが
またもやクリスマスクッキーを持って帰ってきました。

IMG_9078.JPG

ママンのクッキー、味を知ってるだけに見るだけでよだれが。
このクッキー達を目の前に、食べないなんて軽く拷問ですよ。
というわけで、こちらも味見程度に食べました。
クリスマスまで待つことさえ不可能でございました。

こんな感じで、チェコの女性は11月末くらいからクリスマスに向けて
せっせと多種類のクッキーを焼きます。

チェコ人にとってクリスマスは大イベントなので、
皆クッキー焼いたりプレゼント用意したり、12月は忙しいんですよね。
私もプレゼントの用意はしているところです。
クリスマス頃にブルノの家族が会いに来てくれるかもしれない♪

posted by A子 at 12:23| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

妊婦の記録:臨月突入


今日で36週+2日、妊娠10か月目
とうとう臨月に入りました。

一昨日、婦人科クリニックでの最後の定期検診がありました。
エコーでの心臓確認のほか、GBS検査というのをしてもらいました。
そして今回は珍しく赤ちゃんの体重も割り出してくれた。
もう2580gあるようだ。
今生まれてしまっても低体重児の扱いにはならない大きさにまで。よくここまで育ってくれました。
もう開いてるんじゃなからろうか、と思っていた子宮口はまだしっかり閉じてるようです。
エコーを見ても頭の位置はへその下あたりで降りてきてる感じでもない、
この出口近くで感じるジンジンはなんなんだろう。
けっこう予定日すぎまで生まれないかもなと思った。

次クリニックに来るのは産後6週間後。
「出産がうまくいくことを祈っていますよ」とドクターが最後に言ってくれた。
ここまで見てくれたことに感謝です。
生産期に入る来週から、分娩予約している大学病院の産科に掛かります。


(最近の彼と赤ちゃんの会話)
私は赤ちゃんに向けて歌は歌うけど、話しかけることはあまりしません。
そして彼はよくチェコ語か英語で赤ちゃんに話しかけています。

IMG_20171214_141907.jpg

たまに、質問形式。
私が赤ちゃんの変わりに「Ano(うん)」とか答えてあげると、
オンドラは「Ninaに聞いてるんだよ〜」と。
黙ってたらそのまま会話は続いていきました。

彼は赤ちゃんできるまでずっと、
「僕たち2人だけの静かで自由な暮らしが終わる、だから子供なんていらない、旅行ももういけなくなる」
と赤ちゃん持つことに超ネガティブだったけれど、今はお腹の中の子に旅行行こうねーとか話してて、
「できないと思えばできない、できると思えば何でもできるんだ」とまで言ってくれるように。
この彼の心境の変化は期待していなかっただけに、とても嬉しい。

IMG_20171214_141437.jpg

胎動の有無も一緒に感じてます。


昨日珍しく二人でIKEAに行ってきたのだけれど、
もうどっと疲れた。

彼は精神的に。私は身体的に。

IMG_20171214_142324.jpg

赤ちゃんに関わるものではなく、家に必要だったものをこまごま買ってきたんだけど
もうこういったでかいショッピングはでかいお腹ではきつくなってきたな。

そうそう、彼がやたらオマルを買いたがってた。
「オマルとか使うようになるのはずっと後だよ!」
と言ったら、2か月からトイレを教える!とかいってて一体どこまで冗談なのか。
オムツを替えるのが嫌なのよね。。

生まれてからこの人、どんな父になるのだろう
そして自分も、どんな母になるのか。

最近、赤ちゃんが生まれた後の夢を見る事がある。
でもなぜかもう2才くらいなのだ。(9才くらいだったこともある)
やはり私にとって新生児というのは想像を超えたところにいる。
赤ちゃんを見た瞬間、自分はどう感じるんだろう。

posted by A子 at 16:06| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

クリスマスツリーを作った


b1.jpg

近所の公園で枝と松葉を拾ってきて、

b2.jpg

短い順に並べて、 紐で繋げて、

飾りをつけたら、

tree1.jpg

クリスマスツリーの完成。

tree3.jpg

夜キレイ☆気に入った。
彼も喜んでくれた。

ちなみに、チェコ人は家庭のクリスマスツリーは24日までデコレーションを付けないらしい。
そして、3人の幸運の王様が現れるという1月6日までツリーは仕舞わず飾っておくようだ。


最近のこと

出産前にもう一度行きたかったボードゲームカフェに、
先週友達と行ってきた。

平日のど真ん中、仕事の後のお疲れなところ皆集まってくれました。
カフェは今回は満席、誕生日会みたいのをしている大きなグループもいた。
このお店ますます流行ってきてるぽい。

今回も色々なゲームを試しました〜

IMG_20171206_185156.jpg

Om nom nomって動物のゲーム、今回はこれが一番楽しかった。

IMG_20171206_204937.jpg

お店のツリーの前で。
かなり楽しいジュンちゃん夫婦(二人のやり取りについ笑ってしまう!)と、
前回も一緒にゲームカフェに来たパコビキュナさん。
今日のメンバーは皆同じ方面に住んでいるということで、
ジュンちゃんの旦那さんが車で途中まで送ってくれた。
プラハを車で走るって私には新鮮だった。Dekujeme moc!


そして、昨日はプラハからサヤカちゃんとハナちゃんがお家まで遊びに来てくれました。
この家に越してきてから初めての来客です♪


b5.jpg

一緒にお昼ご飯を楽しみました〜
プチクリスマス会みたいな気分で、準備してるときからワクワクしたなぁ。
自分の家だとしても人と食事するって楽しい。
特に彼が好まない日本食は、普段自分の為にぱぱっと作ってぱぱっと一人で食べてるので味気ないのだ。
サヤカちゃん、この日のことブログに書いてくれてる。(褒められてて嬉し恥ずかしっ)

b6.jpg

いっぱい話して、のんび〜り過ごした。
ハナちゃんもサヤカちゃんもオンドラとチェコ語で普通に話せてた、すごいな。

最初もじもじしてた1才半ユーキくんも最後にはお家に慣れてくれて、楽しそうに走り回ってた。
この家に子供がいるというシュミュレーション。子供のいる暮らしが楽しみになる。

posted by A子 at 16:19| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

プラハ最古のビアホールへ行ってきた


プラハで一番古いパブBrewery and Restaurant U Fleků に行ってきた。

IMG_8797.JPG

ウ・フレクーは1499年創業の醸造所件ビアホール。
500年以上も操業を続けてるってすごい!
入口を入ると、9つのホールがあって中はかなり大きいです。
このお店はどのガイドブックにも載ってて人気みたい、中はガヤガヤと人でいっぱいでした。

毎週金曜日は、ディナーショーがあるとのことで私たちはそのショーを見てきました。
コンシェルジュ招待で、今回も彼の同僚たちに混ざらせて頂きました。
通常ショー観覧には、500コルン(2500円)の入場料が必要らしいです。

IMG_8809.JPG

席に着くなり、片手にビールをたくさん持ったスタッフがビールをどんどんテーブルに置いていく。
このビールは、創業から同じ製法で作っているというパブオリジナルの黒ビールだ。
ちなみに、メニューを見るとビールはこれしかない。ので、皆これを飲むしかない。
オンドラはあんまり好きじゃない味だったようだ。
でも、空にすると隙なくビールをテーブルに置いていくスタッフ。そしてちゃっかりカウントされてる。
このビール60コルンするので、私達が普段飲むチェコビールの倍しますがね。。
観光客にとったら大ジョッキで60コルン(300円)は高くはないだろうけど、
チェコ人からしたら激高なのだ。
(私達は料理と飲み物半額と言われていたから、気楽にいれたけど..)

IMG_8815.JPG

ビール大好きルツカ。
この方、何杯飲んだんでしょう?
ちなみに私たち、このパブ来る前にもう一軒パブに行っており、
ルツカはそこでもいっぱい飲んでおります。
(そして、このパブの後にもルツカは彼氏と飲みに行ってた、恐るべし!)

IMG_8818.JPG

私と同様、つまみをパクパク食べてたのはベロニカ。
ハムが美味しかったなぁ。

そして、ショーのメインアクターにいじられまくっていたオンドラ。

IMG_8826-2.jpg



昔のパブミュージック、ダンスがテーマとのことで
古いチェコのポップソングを聴けたり、
スウィングダンスなどがステージで繰り広げられていました。

IMG_8839.JPG

可愛いなぁチャールストン、前から一度は習ってみたいと思っているダンスジャンル。

惚れ惚れして女の子たちを見ていると
オンドラが踊り子2人に連れてかれました。

IMG_8868.JPG

ステージの上に。

IMG_8873-2.jpg

されるがまま。

散髪屋の歌に合わせて、
クリームを顔中に塗られておりました。

オンドラ、目立ててラッキーだったね。

その後、ビール早飲みのコンペティションがあったり。

IMG_8910.JPG

選ばれた彼ら、皆5秒で大ジョッキ飲み干してた!

脈略がない感じで、キャバレーダンスやバンド演奏は2時間半続き

IMG_8940.JPG

場内を沸かせておりました。

これは、知らないうちにビールいっぱい飲んじゃうよね。

やはり、こういったのにはドライな感想を述べる連れのチェコ人コンシェルジュたち

「観光客用のアトラクションだね、どんどん盛り上げて高いビール飲ませて上手いね」
「チェコ語わかんないほうが楽しいだろうな、メインの人の話つまんないし、酔っ払いの演技が度を過ぎててうざいな」
と。こういったチェコ人の内心を聞けるのも、面白かったりする。

ショーが終わるころルツカの彼氏も到着。

IMG_8988.JPG

子供がやってくる前の最後の夜遊び楽しみなよ、と何度も言われていた私。

はい、楽しみました!


posted by A子 at 20:22| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

妊婦の記録:赤ちゃんグッズを買い始めた話と、小児科登録のこと


今日で妊娠35週目に入りました。
来週から臨月!

近頃の妊婦症状は、
歩くと相変わらず子宮口奥のムズムズが発生、これが強いと立ち止まってしまうほど。
そして長く歩いたり同じ姿勢を続けるとあばら骨が痛くなってくる(これ地味に辛い)、
小型で華奢な妊婦に起こりうる症状らしい。
最近は夜から軽い生理痛のようなが痛みがある、これは前駆陣痛(陣痛の予行練習)ってやつでしょうか?
羊水が減っているので胎動があると子宮いっぱいに赤ちゃんがピターっと収まっているのを感じる。

だんだん近くにやってきている出産、そんな雰囲気を体が醸し出してる中
やっと赤ちゃんグッズを集めることに頭が回りはじめた。
最低限の物だけ揃えておこうと思っています。

11月末にネット購入したベビーベッド、マットレスが昨日到着した。

IMG_8750.JPG

もう少し何か買えば送料が安くなる、ってことでおくるみも追加購入。

IMG_8760.JPG

第一印象、「こんな柄と色にしたっけ?」って感じだったんだけど
このキャラが自分が子供の頃(昭和日本)を思い出す絵の感じで好き。
これ、広げたら小さい掛布団みたいにもなって便利そう。

シーツ、ベッドパッドもIKEAで買ってきたので、とりあえず寝る場所は確保できた!

そうそう、チェコでは赤ちゃんが生まれる前にベビーベッドは組み立てない習慣があるとか。
その習慣を守るつもりはないけど、先に片づけたいことがあるのでベッドの組み立ては後で。


今私は内職をしております。

IMG_8793.JPG

シャワードアの先端にネジを付けていくという地味な作業。
前の住まいで、バスタブにスライドドアが付いてるのがすごく良かったので
今の家でもそうしようかと。
快適な住まいにするために、まだまだ細かいところを工事中です。


話戻って、赤ちゃん用品
今日こまごました物も少し買ってきた。

IMG_8764.JPG

赤ちゃん用の洗濯洗剤、沐浴に使うボディーシャンプー、おしり拭き、おしゃぶり
何がいいかとか分からないのでほんと適当に選んだ。
色々試しながら、いい商品を見つけていこうと思います。

紙オムツは後で、パンパースが安売してる時に買う。
周りの先輩ママさん意見ではやはりパンパースが断トツにいいらしので、高いけど。
あと沐浴のバスタブは、IKEAのが良さそうなので買いに行くつもり。

ベビーカーは後で中古(ネットバザー)で探す予定、真冬に生まれてきて外に出る事あまりなさそうだし
ベビーカーと抱っこ紐は急がなくていいかなと。

哺乳瓶は、母親が1月にやって来るので、姉が使ってない物を持ってきてくれる。
あと、体温計の性能が日本の物の方がいいとチェコに住む友達に聞いたので、こちらも母に頼む予定。

そんな感じです。


先週、分娩予定である大学病院の産科に初診予約をした。(34週に電話するようにと言われていた)
そしたら、初診は37週ですって!
36週から行けるもんかと思ってたら。37週ってもう生産期じゃんね。
36週に婦人科クリニックでの最後の定期検診があるからいいけれど。

あと、産院初診時には赤ちゃんが掛かる小児科の登録証明が既に必要とのこと。
この町の唯一の欠点と言われているのは、小児科の少なさ。
とにかく子供だらけの町で、幼稚園なんか家から徒歩5分以内に3軒もあるのに、
小児科は町全体で2つしかない!
もしいっぱいで登録できなかったら、他の町まで行かんとなーと覚悟していた。
のだが、電話をしてみると空きがあって受け入れ大丈夫とのこと。やったー!よかったー。
オンドラが「母親はチェコ語が少ししかわからないけど大丈夫ですか?」と聞いたら
明るく大丈夫と言ってくれたみたい。英語ができる先生なのか、はたまたチェコ語できなくても何とかなるわーという先生なのか分からないが、ウェルカムな雰囲気で安心した。
自分一人で赤ちゃんを連れていくことが多いだろうから。

そんなわけで、母子カードにスタンプをもらう為に小児科へ行ってきた。
やはり、めちゃ忙しそうだった。なんとか看護婦捕まえて登録証明のスタンプだけもらってきた。
チェコでは産院を退院して3日後くらいに赤ちゃんの診察をしてもらいに行くのが一般的らしいけれど、
ここの小児科医はお家まで来てくれるみたい。これは助かる!ゆっくりお話しできそうだし。
どんなお医者さんなんだろうな〜。
チェコ人は登録した小児科医に義務教育の終わる15才くらいまで掛かるらしいので、
そのお医者さんとはかなり長い付き合いになるんだ。なのでけっこう大事。

posted by A子 at 21:52| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

チェラーコヴィツェのクリスマスマーケット

昨日、住む町のメイン広場でクリスマスマーケットが開かれました。
1日だけ開かれるマーケットです。
プラハやブルノなどの大きな町は、クリスマス期間中マーケットはずっと開いているけれど
小さい町は1日だけということが多いみたい。
ツリーの点灯式として12月初めにこういったイベントが開かれます。
この時点灯されたツリーはクリスマスが終わるまでずっと立っています。

寒ーくなっているのでいっぱい着こんで行ってきました。
もうマイナス温度に突入したチェコです。

IMG_8702.JPG

広場にはたくさんの人、町中の人が集まればこうなるんだなぁ。
店が並んでいるところは、少しづつしか前に進めないほど。

IMG_8705.JPG

屋台には、クリスマス関連グッズや、ジンジャーブレッド、昔ながらのお菓子、ホットワイン(Svařák)、屋台飯等が売ってます。

私たちはブランボラーク(すりおろしたジャガイモを揚げたもの)を買いました。

IMG_8722.JPG

油ぎとぎと。それが美味しかったりするんだけど。
オンドラが作る油控えめのブランボラークの方が好きだな。

お口直しに、ほうれん草スープも買った。

IMG_8725.JPG

繊維いっぱいで、おいしかった。

ステージではバンドの演奏があったり。

IMG_8739.JPG

クリスマスムードを味わってきた。

IMG_8712.JPG

クリスマス本番の24日ころは何をしているのかなぁ。

posted by A子 at 11:27| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

妊婦の記録:あなどれない妊娠糖尿病

妊娠糖尿病と診断を受けてから、月1でラボでの採血そして糖尿病科に通っております。
「ちょっと血糖値引っかかっただけで大げさだなぁ」
と思っていたけれど、本気に取り組まないとやばいのかもと思うことが何度かあった。

食後に具合が悪くなることがたまにあったのだ。
頭はふらーとし、胃が気持ち悪くなる。まるでツワリが戻ってきたかのよう。
一度そうなると半日くらい気分が悪い。気持ち悪くて寝れないなんてことも。
妊娠糖尿病というのを知らなかったころは、後期ツワリが出てきたのだと勝手に思っていた。
(後期ツワリは大きくなった胎児が胃を圧迫することで気持ち悪くなるという症状)
しかし気持ち悪い症状が出る時は、必ず体内血糖値の数値が異常に高くなっており
糖分を取りすぎている時というのがわかった。
欲に負けて食べた芋ケンピ後はものすごい数値が出た。
あと、チョコレート2かけとタラコパスタを食べた後、茶碗一杯の白米と砂糖を使った煮物を食べた後、
ヨーグルトにスプーン1杯の砂糖を入れてしまったとき、なんかも。

母体にも胎児にも危険があると言われる妊娠糖尿病、
この気持ち悪いは体からの危険サインなんだろう。油断禁物だと思い知らさた。

昨日の低血糖ランチ

IMG_8689.JPG

医者からもらったガイドに書かれてるのはこんな感じ。
これは質素すぎるので、肉か魚なんかのたんぱく質があったらもっと良いと思う。
食事のポイントは、炭水化物はなるべく抑えて、糖質を取らないこと。
パンはなるべく茶色いものを選ぶこと。
白米や白いパンは 精製度が高いため血糖値の上昇が早いのだとか。
最近は大好きな白米はスウィーツの1つだと思っています。

ただでさえ甘いものが欲しくなる妊婦な自分。
甘いものを全くとらないというのも無理があるので、果物からとるようにしている。
リンゴと柿とミカンが好きでよく食べる。
果物の糖分は間食として採るようにとガイドに書いてある。

今日は初めてチェコで売ってる栗に挑戦。
煮るより蒸した方が甘味が逃げないとのことで、蒸し栗にした。

2.JPG

う、、うまい!
天津甘栗に近い、ほくほくしてて美味しい。

蒸した分一気に食べてしまった。
間食として食べたのだが満腹感すごいな、栗。
栗も糖質けっこうあるので、食べすぎはやばいやばい。
1時間後の血糖値調べてみたら、写真のこの量でもOkな数値を少し超えてしまった。。

チェコスウィーツに全く興味がなかった私、スーパーの菓子パンなんて全然美味しくなさそう、、
と素通りしていたのだが、今は美味しそうに見えてしかたない。不思議だ。
妊娠糖尿病は出産後にほとんどの人が治るという。あと1か月、頑張ろう。

posted by A子 at 20:44| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

オンドラの名前の日

今日はオンドラの名前の日なので、
彼の大好物のアップルパイ(Jablkové řezy)を焼いた。
この日に彼の母から教えてもらったレシピをやっと試したのだ。

IMG_8677.JPG

大雑把にできて簡単だった。
オンドラに喜んでもらえた♡

そして、今日はとうとう負傷した膝の診察へ出かけていきました。
(病院の予約が取れたのが1週間半後だった)

引っ越してきたフラットで、私が一番気に入っている場所。

IMG_8674.jpg

babička kuchyně
チェコのお婆ちゃんのキッチン、みたいで好き。
越してきたときはボロボロで汚くてキッチンユニットごと大交換も検討したのだけれど
綺麗にしてコンロを変えただけで、とても使いやすいキッチンになった。

それにしても、私のお腹大きいね。(出産までにまだまだ大きくなるんですって?!)

あの時と同じくらいか?と思って昔の写真を見た、

448.jpg

同じくらいあるかも。
これは太っちょ農夫の役をした時で、体中に風船を入れてます。

575.JPG

楽しかったなぁ。。


と、過去に戻りすぎるのはやめておいて、、

ちょっとだけ過去の、先週のことを。

プラハでやってたJapan Weekというのに行ってきた。
Japan Weekは、毎年国を変えて日本の心を紹介する国際交流イベントを催しているらしく
今年はチェコだったみたい。
はるばる日本から1300人もの日本人が、日本文化を紹介する為に来ていたようだ。
生け花や日本画などの展示から、お茶、蕎麦打ちの実演と試食、お酒の試飲、着付け、漫画紹介、
ワークショップなどあったようですが
私たちはそれには行かず、夜の舞台だけ見に行きました。
2時間半で色々な催しを鑑賞しました。
墨絵のパフォーマンス、着付け、琴の演奏、ピアノとフルートなど鑑賞した中で
一番よかったのは、和太鼓演奏!

IMG_20171122_202317.jpg

パワフルで、かっこよかったー。
腕だけでなく体をいっぱい使って、声もはりあげて、奏者も楽しそう。
観客に参加させたり、笑いも取ってるのが上手い。
奏者の腕の筋肉がムキムキだったので、オンドラに「和太鼓始めてみたら?」と勧めてみた。
前に上半身鍛えたいって言ってたので、こりゃぴったし。


先週末は、イタリアンレストランで友達との忘年会があった。
私ともう一人の友達がもうすぐ臨月に入ってしまうので、早めの忘年会にしてくれたようだ。

S_7046230478958.jpg

いつものメンバー、でも今回は皆チェコ人パートナーを連れてきた。
この写真に写っていない大人2人(もう帰っちゃった人とこの後来た人)、
そして子供2人はベビーカーで熟睡中。
大人数なので、席遠い人と話せないということが出てきそうだが
6時間居座ったお陰でほぼ全員と話すことができた。
マレーシアから来たばかりの初めましてのカップルとも仲良くなった。
2017年は新しい友達がいっぱいできたなぁ。

IMG_20171125_131041.jpg

ピザをぱくぱく食べる1才5か月のユーキくん。
食の好みがすでにチェコ人お父さん似のよう。

私はこの時食べたカルボナーラが美味しくて
夜中思い出してしまい、胃が目覚めて眠れなくなったのでした。

posted by A子 at 09:12| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

フォークロアガーデンのディナ―ショー

11月頭に行ったフォークロアガーデンのディナーショー、
レストランの人が写真を送ってくれたので載せておきます。

a (4).jpg

オンドラの同僚たちと行きました。
ホテルコンセルジュへの招待に、私も紛れて。

a (9).jpg


IMG_8627.JPG

音楽に合わせてキレのあるダンス。
フォークロアミュージック(チェコ民謡)は、ワインを題材にした歌詞が多いようだ。
主にワイン畑がある南モラビアに根強く残る文化のよう。
好きなアップテンポのロマ音楽のようで、私は興奮。
さすがプロの演奏者だなと思った、
チェコのフォークロアミュージックは何度か聴いたことあるけれど今までで一番だった。

IMG_8661.JPG

このツィンバロムと呼ばれる鉄琴みたいな楽器が素敵だった。

私たちも前に出てって踊ったよ。

a (24).jpg

振りを教えてもらって、みんなで踊る。
ペア―を変えたりもして知らない人達とも踊った♪

IMG_8666.JPG

ロシア人おばちゃん達の踊りうまかったなぁ。

会は大盛り上がり。

一緒に行ったチェコ人は、お酒を楽しんでいたものの
ショーにはわりと冷めていた。
チェコ人にとっては、フォークロアダンスとかってもう見飽きた古い文化という感覚ぽい。
結局私が一番楽しんでいた。

この日はロシア人と中国人がいっぱいいた、観光ツアーに含まれていたりするのか
グループでの参加がほとんど。
このお店は観光客にはちょっと分かりにくいところにあるので
自社バスがプラハ中心(ホテルなど)でお客さんをピックアップする送迎サービスをしている。

おいしかったチキン

IMG_8624.JPG

このディナーショーは日本円で6000円ほどらしくビールやワイン飲み放題、
料理はスープ、パン、サラダ、チキン盛り合わせ、デザートが付いてました。
(時期やグループの人数によって値段も料理も違うぽいです)

チェコ観光の一つとしていいと思います。
母や姉が来たら連れて行ってあげたいな〜と思った。

Folklore Garden(プラハ5区)
http://www.folkloregarden.cz/

posted by A子 at 19:09| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

妊婦の記録:33週定期健診と産休、育休について


3週間ぶりの婦人科クリニックでの定期健診、子宮口が柔らかくなってると言われました。
出産の前に子宮口が柔らかくなるのは安産の為いいらしいのですが、早すぎても早産になる可能性があるので注意です。
最近は歩いている時に子宮口の奥辺りがジンジンと違和感、すぐそこにいる気がするんです。
この子、早く生まれそうな気がするなぁ。あと3週間はお腹にいてね〜。

ちなみに下腹部にたまに痛みがあると言ったら、なぜかマグネシウムが不足してると言われました。
どちらにしろマグネジウム不足はもともと感じていたことなので、飲み始めました。

来週からとうとう産休に入る為、援助金の申請用紙をもらってきました。

IMG_20171126_114309.jpg

国から7か月間、補助金(たしかもらってた給料の75%)が支給されます。
産休に入る時期は日本と同じで出産予定日の8週前、または6週前か選択可能です。
といっても、私は婦人科医の判断で妊娠初期の5月末から病欠扱いとなり
仕事には行っていません。なので産休に入ったことについての感情は何もありません。

婦人科医師と職場には感謝です。病欠の半年間、僅かながら国から生活費はもらえたし
何より無理をせず、ゆっくり妊娠生活を送れたことが今思うと本当によかったと思えます。
お陰で赤ちゃんも子宮も問題なくここまでこれたのかなとも思う。

ついでに育児休暇中の児童手当てについても書いておくと、
7か月の産休を終えた後は
育休に入り児童手当の申請ができます。
合計の児童手当は220000Kč(約110万円)で
この金額を受け取る期間を2年か3年かで選べるようです。
チェコ人の給料からするとなかなかいい金額の補助です。
育休となってる期間は健康保険も国から支給されます。
選べる育休期間が、日本と比べると長いですね。
チェコの保育園は3才かららしいので、3年を選ぶ人が多いようです。

私は育休後に今の職場に戻るつもりはありません。
子供がいたら早朝からはもう働けないのと、給料が低かったので。

でも、この職場好きだった。

プラハのホテルでは唯一ベーカリーがいて毎朝出来立てパンを焼いていた。
それ故かプラハで一番の朝食とよく言われていて、私は嬉しかった。

2.5.jpg

2.jpg

パン以外にスウィーツも手作りしてた。
ベーカリーのダーシャのセンスがすごいよかった。

4.jpg

お客さんの無茶なオーダーにも出来る限り対応していた。
ごめんなさい、できませんと断る事が少なく、ゲストを喜ばせることができて
協力的なキッチンが好きだった。
チーズの種類が豊富なので、私も試食してたらチーズ好きになりました。
カプチーノ作るのも好きでした。

ルームサービス、朝忙しいと大変だったな。

1.jpg

何より、人に恵まれてました。同僚そして色々な国からやってくるゲストと話すの楽しかった。
やっぱり今後も接客業がしたい、チェコ語できるともっと選択幅広がるだろうな。3年後にそれを目指そう。
2年間感謝!

posted by A子 at 21:41| Comment(0) | 妊婦の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする