2020年11月25日

氷点下

朝7時でもまだ暗い。
あら今まだ深夜かな?と時計見るまで時間が分からないような朝を迎える。
二度寝できるものならしたいが子供は朝から超元気。

20201126002855676.jpg

朝の散歩で大人はやっと気分がシャキ。
子供もその後一日の機嫌が良い気がして、寒くても欠かせない日課となっています。

20201124104859540.jpg

凍りかけの水たまりで滑って遊んだ

私が息子に付いてたにも関わらず、ツルンと転んでズボンを濡らしてしまった。
冬のチェコって防水のスキーウェアを着てる子供がすごく多くて、良い案だなと思います。
お店が開いたら買おうと思ってたけど、早く欲しくて今日オンラインで注文しちゃいました。

食いしん坊のハムハム娘は最近
「なんかたべたい」
と言わなくなってきた代わりに
「なんかつくる?」と頻繁に言ってくる。
これは良かった変化で、時間あれば喜んで手伝ってもらいます。

よくやるのがパン作り。
出来たてパンの美味しさにハマってます。

20201124124308528.jpg

元気な酵母

20201124124321946.jpg

ずっと使ってみたかった生イーストで

ライ麦粉入れても
作り方適当でもちゃんと発酵してくれてる。
捏ねたの3分、室温で20分置いてただけなのに。

最近世の女性がパンよりクリスマスクッキー作りに励んでいるからなのか分からないけど、たくさんの生イーストが店頭に残っている。

20201124214958752.jpg

使いやすいサイズで売ってる。
42gで4コルン(20円)
チェコは小麦粉、バター等の乳製品も安いのでパン作りがとても気軽。

20201125213052947.jpg

毎回形が違うのでパンが上がると食卓が盛り上がる。
だいたい娘がリーダーになって、これはタタの、ママの、ポホダくんの、と渡して行きます。そしていつも娘の取り分が多すぎてます。
posted by A子 at 23:59| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

隠れ物件 その後

チェコ、どんどん寒くなってます

20201120123030187.jpg

日本(関東圏)って今どのくらいなんだろう
って思って見たら

20201120123127827.jpg

今日の24℃にたまげました。


20201120123813947.jpg

どんより暗い冬空の日が続くと
太陽が出て青い空を見れるだけで嬉しくなります。

昨日、例の隠れ物件をもう一度見に行かせてもらいました。
その隠れ物件、もう誰も住んでないけど家具や物で溢れているんです。
売り手側が全て撤去してくれる事になったのですが、捨てちゃうなら置いてって欲しい物を今一度確認しに行きました。
高そうな、素敵な家具が多いんです。

20201120124316383.jpg

この棚とか欲しかったけど、これは家族がキープしたいとのことで、残念(笑)

円型のダイニングテーブルとか貰うことにしました。

今回の不動産売買は個人でのやり取りになるので不安もあり、この人本当にあの人気レストランのオーナーか?と一応調べたんですが
ちゃんと本人でした。
オーナー、他にも街内にいくつも物件持ってる金持ち家族のようです。

夫は、入金と不動産受け渡しの契約時だけは弁護士付けようと考えてましたが
突然オーナー側が不動産仲介業者を付けてくれてて(ちゃんと有名会社)
業者さんの指示で大事なやり取りができるようになりました。
その不動産に借金等が無いことも証明してくれました。

オーナーは昔の考え方持った人で、こんな大きな売買でも「信用」だけで勧めて行きそうだったので、
細かい所をどう決めていけばいいのか難しいと夫は言っており、
仲介者が入ったことでスムーズに行きそうなので安心しました。

でもこのオーナーの昔スタイル、いいことがありまして..とても融通がきく!
契約する前に、鍵をくれちゃうって言うのです。
デポジット払いますと言ったのだけど、
「あなた達は信用できそうだから要らない」とまで言ってくれました。
あと2ヶ月今のところに住みながら、次の部屋の改造や掃除を進められる!
ちょうど今夫が無職だし、
整えた状態で引っ越しができるって、すごい有難いこと。二人でただただ感動しました。
月末には部屋に自由に入れるようになると思う。
部屋づくりが楽しみです。
posted by A子 at 21:11| Comment(2) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

隠れ物件

今住んでいる町の中で新しい住まいを探してるのですが、
なかなか良い物件が出てこない。
ちょっといいな、と思うのあれば高すぎ。
数年前だったら一軒家買えちゃうんじゃっていう値段が今のフラットには平気でついてて驚く。
我がフラットを強気な値段で売ったと思っていたけど
他はもっと強気かも。。
(チェコは不動産の値段は自分で自由に付けて売り出せます)

そんな状況なので、範囲を広げて
プラハとプラハ近郊の他地域の不動産情報も見てました。
あるプラハ南の方にある町で良さげな物件を見つけて、見に行くとその地域と部屋が想像以上に良くてまるで恋に落ちてしまった感じに、夫も私も興奮状態で寝れない日が続きました。

その町に住んでみたい冒険心、と今の町を離れる事の寂しさで頭グチャグチャ。

そんな時、恋する町の小児科クリニックに一応新規患者受け入れているか電話してみた。町外れ含めて5 件ほどしたがどこも満員。
そして幼稚園の数も足りてないような記事を目にした。現実的になると気になる事が他にもあったので、契約直前に少し目が冷め一旦キャンセルしました。

やっぱり、心地良い今住む町の中で探してみようと改心。けれど今売り出してる物件の中で妥協したくない。
とりあえず賃貸に住んで良い物件出てくるまで待つしかないのかな〜と話してた。
そして同時に夫がFacebookに書き込んでました。
「だれか町の中心で○部屋あるフラット売りたい人いませんか?」という具合で。
すると地元にある洒落たレストランのオーナーから連絡が。
「長年使ってないフラットがあってちょうど売りに出そうか考えていた」と。
聞いたロケーションはバッチリ。
さっそく内覧させてもらったら、すぐに気に入りました。
しかも今出てる他物件の平均より安い値段。そこから夫がさらに値段交渉をしてるではないか。
で、値下げしてくれることになった。
こんなラッキーな出会いってあるか?
だけど、仲介者なしの個人でのやり取りになるので注意が必要だし、ちょっとややこしい事情も。。
フラットの所持者自体はずっとスウェーデンに住んでいるらしく、売ろうとしてるのはその家族。
所持者が「やっぱりまだ売らないでほしい」と言い出したらそれまで。
まだどうなるか全然わからない。
うまく話が進んでほしいな〜。


部屋探しで思ったけど、
台所が居心地良さそうか
は私にとってすごく決め手になる。

20201115133632715.jpg

今住んでるとこの古い台所が大好き。
1人でここで料理してると癒やされるし
最近は娘と一緒の料理も楽しい。


20201115134323644.jpg
タルタルソース作り
娘は卵使った料理が大好き。
特に卵を割りたがって、すごく上手になった。
グチャって割るのに殻があまり入らないのが不思議。
posted by A子 at 23:33| Comment(0) | チェコの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする