2017年09月20日

フリードラントとリベレツ Frydlant a Liberec


オンドラの同僚ルツカの故郷、フリードラントへ遊びに行ってきました。

frydlant map.jpg

フリードラントはチェコの北端に位置していて、ポーランドとの国境がもうすぐのところ。
プラハ(Cerny Most)からリベレツまでStudent agencyバスで、リベレツからフリードラントまではローカルバスに乗っていきました。
地図で見たら遠いと思ったけど、プラハから2時間ほどで、思ったより近かった。

フリードラントのバス停でルツカの暖かい出迎えを受け、
さっそく町を案内してもらいました。

ガイドさんになりきったルツカは、
「ここは郵便局、これはスーパー、これは木」
とどうでもいい情報も混ぜながら(笑)

町のメイン広場に到着

IMG_8129 s luckou.jpg

こじんまりしてるけど開放的できれいです。
立派な市役所がありました。

その後、ベツレヘムを見に行こうと謎な誘いを受け

IMG_8135.JPG

小さな小屋へ。


中ではベツレヘムが広がっていました〜

IMG_8136.JPG

ミニチュアで作られた人形などが、カタカタ動いています。

眠たそうに出てきた館長さんが、「ここは電気を使っていなくて、手動で動かしてるんだ!」
と自慢気だったので仕掛けのロープを載せておきます↓

IMG_8140.JPG

いいね、アナログ。
このロープは屋根裏にある重りにつながってて、重りが上から下に落ちる力で人形を動かしている。
これと似たようなミュージアムをブルノでも見たことあるけど、あちらは電気で動いてたな。

さて、フリードラントで一番の見どころに来ました。
緑に囲まれているお城です。

IMG_8152.JPG

IMG_8150.JPG

案内人ルツカと。私たち同い年、子供も同い年になるかもしれない(?)

フリードラント城
IMG_8168.JPG

13世紀半ばに建てられた、
アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインという人の城だとルツカが教えてくれました。

日本でも有名な作家フランツ・カフカ、
彼の「城」という作品はこのフリードラント城をモデルにしているらしい。
彼はプラハ生まれだけれどね。

城内はツアーで見れるようです。


水がきれいなフリードラント

IMG_8178.JPG

頭を冷やしているオンドラ。
山から直接流れてくる水だから、飲めるくらいきれいだよ!とルツカ。

プラハに来て12年経つルツカ、
「フリードラントいいところだね、もう住む気はないの?」と聞いたら
「この町は何も起こらないからね、この町で人生終わるのは退屈すぎる。
おっさん達が昼間からビール飲んでるだけ(笑)。」と言ってた。
住むのと旅行で来るのは全然違うからね、私も町の刺激が必要なタイプだからわかる。

フリードラントは小さい町、もう全部見せちゃったから
リベレツ観光に行こ〜となりました。

まずリベレツの観光スポット、山の頂上に立つテレビ塔へ行ってみた。

IMG_8181.JPG
山の麓の入り口

IMG_8186.JPG

頂上へは、リフトで上がりました。
リフトにはドイツ人のお年寄りがいっぱい。

高くまで上がってきた。リベレツの町が見えます。

IMG_8190.JPG

リベレツ大きい都市だなぁ。wikiで調べたら、リベレツはチェコで5番目に大きい都市だった。


こちらがテレビ塔

IMG_8192.JPG

テレビ塔は、ホテルも兼ねている。
一泊料金が高額なのにも関わらず、予約が取れないくらい人気らしい。

ここまで車、自転車、徒歩、リフトなどで登ってこれるし
なんてたって景色が最高にいいもんね。

IMG_8203.JPG

IMG_8205.JPG

IMG_8202.JPG


私はこの日で丁度、妊娠24週(7か月)目を迎えました。

IMG_8208.JPG

お腹ぽっこり。
全然狙ってないんですが、5、6、7か月目となった日はいつも偶然山の頂上に来ている。


テレビ塔の中にはレストランもあり、360度の窓際席は大人気。

IMG_8214.JPG

料理等、観光スポットにしてはそこまで高くないお値段でした。

私たちはリベレツの町に戻ってもうちょっとローカルな食事をとることにしました。

IMG_8216.JPG

チェコローカル=揚げ物中心。。

この間食べたマッシュルームフライが美味しかったので、ここでも。きのこジューシー。
チェコレストランが出すガーリックソースってどこも美味い。

ゆっくり食事してたせいでリベレッツの町の観光時間がわずかに。。
でもさすがルツカは道をよく知っているので、ポイントだけささっと見て回りました。

IMG_8226.JPG

IMG_8221.JPG

これは、ダヴィッド・チェルニー氏の作品。
ダヴィッド・チェルニーは、チェコに住んでる人には超有名な芸術家。
「プラハのTv塔についてる赤ちゃんの作品を作った芸術家」と言えばだいたいの人がわかります。
大胆な構想で、ブラックユーモア満載な作品群。
上の作品も肉の代わりに頭になってるけど、誰の頭なんでしょうね。
他にもプラハの町を中心にチェコ国内外でたくさん作品を発表している彼。
リベレツのバス停になってるところにもあるなんて。
彼の作品は散歩してるときに「あれ?」と偶然見つけるのが面白い。


リベレツのメイン広場

IMG_8237.JPG

市役所が豪華。リベレツの人はここで結婚式を挙げたりするんでしょうね。

リベレツは旧市街と新市街が隣り合わせになったにぎやかな都市だった。

長年観光業で働いているルツカの案内はさすがで、楽しくあっという間の一日でした〜。

posted by A子 at 18:43| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

メモリアルブック


日本の友達、友木から贈り物が届いた。

1.JPG

ウーパールーパーのスリッパ!
これでいつでも癒しのウーパーといれる♡
これを見つけて、思わず私のために買ってしまったんだって。うれしい!


IMG_7671.JPG

そして手作りの猫ブローチ、
相変わらず器用だなぁ。冬らしくていいね、お出かけに付けていきます♪

日本から離れてしまっても、いつまでも思ってくれる友達がいて幸せ。
来年の夏、赤ん坊連れて帰国する予定。皆に会うのが楽しみだ。



けっこう前のこと、

彼に「赤ちゃんのメモリアルブック買おうか?」という私には驚きの発言があった。
(彼が赤ちゃんの存在を受け入れ始めたころ)

メモリアルブックとは、両親が赤ちゃんに関わる質問項目を埋めたり写真を張り付けたりしておく思い出の本だ。
どうやら彼の女友達が持っていて、いいなぁと思ったらしい。

それでメモリアルブックなるものを本屋やネットで調べていたのだが、どれにするか決めかねてて
私はノートのようなものに自由に書いていった方が私たちらしいメモリアルブックを作れるんじゃないか?
と思い彼に言ったら賛成してくれた。

4.JPG

ちょうど彼が持っていた分厚いノート。これを使うことにした。
しっかりしていてデザインもいい。
妊婦中の情報から、生まれてからのこと、絵、写真等貼っていく予定。
昨日からさっそく書き始めた。書いておきたい項目を自分たちで決められるのでやっぱり良い。



彼がこっそり持っていた赤ちゃん時のアルバム

お母さんが綺麗な字で成長記録を残していた。

3.JPG

最初のうちは月ごと、1才をすぎてからは何か特別なことがあったときに、
8才になる日まで書かれている。
彼は4番目の子なのだが、子供全員にこうして思い出をしっかり残しているオンドラママはさすが。
彼が2才2か月の時に初めて発した長い文章が
「Táto, Mámo, už tam není nic.」(パパ、ママ、もうそこには何もないよ)だったとか。
母親がよく読んでくれてた詩の一説みたい。このセリフ、可愛くて気に入っている。

日本人はへその緒を残しておいたりするが、チェコ人は最初に生えた髪の毛を残しておく習慣があるらしい。
チェコ人は生まれた時から子供時代はだいたい皆ブロンド髪。
成人になっていくにつれて遺伝で受けた髪の色(だいたいの人が濃い色)になっていくのだ。

5.JPG

彼もブロンドだったようだ。今はこげ茶。(+灰色… )

6.JPG

彼もかわいかったんだな〜。


posted by A子 at 23:12| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

サーザヴァ川沿い、ぶらり途中下車の旅  Sázava

長距離歩きが大変になってきた最近、
妊婦の私にぴったりな旅を彼が企画してくれた。

「サーザヴァ川沿いには面白い町がいっぱいありそうだから
途中下車の旅(Hop on Hop off)をしよう!移動はほとんど列車だから大丈夫!」、と。

なんか楽しそう、私チェコの列車大好き。ワクワク
というわけで、1泊で出かけてきました。

プラハから南東方面へ。

map1.jpg

町の名前が川の名前と同じSázava(サーザヴァ)をスタートに、ローカル列車に乗りました。

途中下車した駅はこの通り。

map4.jpg

@Sázava(サーザヴァ)
AČeský Šternberk (チェスキー・シュテルンベルク)
BZruč nad Sázavou(ズルチュ・ナト・サーザヴォウ)
CLedeč nad Sázavou(レデチュ・ナト・サーザヴォウ)
DSvětlá nad Sázavou(スヴィエトラー・ナト・サーザヴォウ)

ほとんどの町名に付いてるnad Sázavouは、「サーザヴァ川上にある」という意味です。
それぞれの町に2時間くらいづつ滞在しました。

IMG_7672.JPG

サーザヴァ川沿いを走っているローカル列車がこちら

IMG_7735.JPG

2両しかない古い列車、大きな都市を走っている電車とはだいぶ違う。

IMG_7987.JPG

最後尾に大きな窓が。ここから見える景色が最高!
なぜか窓の前に1人用のVIP席。


さて、最初に訪れたサーザヴァ町。

修道院がありました。

IMG_7676.JPG

チェコ全土で一番古い修道院で、1000年も前に建ったもの。
中世、この場所はスラブ文化と文学の重要な中心地だったようだ。

IMG_7710.JPG

用意してきたおやつを食べながら
修道院の中庭でまったりした

IMG_7711.JPG

Icelandで見つけたきのこの山みたいなお菓子(ラトビア産)と、
アッキーがブログで紹介していたLaysのワサビ味。
ワサビ味、つーんとして美味しい!彼も好きだった。

最近はお腹をいっぱいにすると、気持ち悪くなってしまう(後期つわり)の症状があり
この旅ではレストランなどには行かず朝買ってきたパンとお菓子をちょくちょく食べてました。

ちょっと丘に登る。体が重くて、ちょっとした丘もきつくなってきた。

IMG_7716.JPG

丘の上から見たサーザヴァ村。

のんびり過ごした。
次の町へ向かいます。

IMG_7744.JPG


2番目の下車駅、Český Šternberk (チェスキー・シュテルンベルク)に到着。
電車を降りると、ホームの目の前にお城がありました。

IMG_7750.JPG

チェスキー・シュテルンベルク城

IMG_7786.JPG

シュテルンベルク家という貴族家が住んでいたお城。
中は豪華な内装をした15個の部屋と、一家が集めたお宝などが飾られているようです。

城上からの眺め
IMG_7758.JPG


城よりもっと登って行くと、お城の見張り台があった。

IMG_7775.JPG

ここまでの道のりで私は力尽きてしまったので下で待機。

彼が登って見てきた、塔からの村の景色

IMG_7772.JPG

のどかですな〜。

城下の喫茶店で休憩、ほんと今までの私たちにないのんびり旅行をしている。
その後雨が降ってきてしまって、ホームで30分ぼんやり待っていたが、
列車待ち中もお城を眺めてられるので良い気分だった。


3番目の駅、
Zruč nad Sázavou(ズルチュ・ナト・サーザヴォウ)へ。

到着は夕方、ここで一泊した。
IMG_7891.JPG

この町に唯一あるホテルらしいが、町の大きさに似合わずでかい。
チェコでこういう大きいホテルに泊まったのは初めて。


IMG_7843.JPG

部屋も広々、きれい。
客室が多いホテルなのに、翌朝朝食行ったら客が私たちしかいなかった。

夜、町をちょっとお散歩

城の前で野うさぎやカエルに出会えた。

IMG_7859.JPG

夜のお城が翌朝見た時より美しかったので、この町に泊まって正解。

朝再び、お城へ

IMG_7896.JPG

IMG_7901.JPG

彼は今まで来たお城で一番好きだと言ってた。

IMG_7963.JPG

とても雰囲気の良い町だった。ちゃんとスーパー等もあるし、
仕事場(プラハ)から近かったら住みたい町だねと話してた。


電車の旅はまだつづく

IMG_7977.JPG

IMG_7979.JPG

電車大好きな3才の甥っ子を思い出してた。
こういう列車旅に連れてきたら喜びそうだなぁと。


4都市目、
Ledeč nad Sázavou(レデチュ・ナト・サーザヴォウ)

IMG_7996.JPG

IMG_8029.JPG

レデチュ・ナト・サーザヴォウ城

13世紀に建てられたゴシック様式のお城
城の内側は、修復されておらずあまりぱっとしなかった。
美術館、展示会等で使われているようだ。

IMG_8051.JPG

ここの川で映像作品の撮影をしたくなり、二人で半裸になって踊った。
日本では作品つくりに体を張る事が多かったが、チェコに来てから一切していなかった
だから久しぶりにすごい楽しかった。妊婦が踊ってる姿も面白いと思ったのだ。
通行人にかなり見られた。馬鹿なことにも付き合ってくれる彼でよかった。


さて、とうとう最後の都市
Světlá nad Sázavou(スヴィエトラー・ナト・サーザヴォウ)。

IMG_8070.JPG

美しかったシャトー

城裏にある大きな森林公園もよかった。

IMG_8088.JPG

天気の力ってすごいよね、写真写りも一段とよい。


そして旅行最後は、
ガーリックスープで絞めた。

IMG_8089.JPG

このシティレストランよかったな。


ゆったりまったり、でも色々なものが見れて面白かった。
彼は体調を常に聞きながら、私ペースで動いてくれた。
坂道で私をサポートするために、彼が腰痛めちゃったりも。。
素敵な旅行にしてくれた彼にありがとう。


posted by A子 at 15:24| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

はじめて見た

最近食後の胃がつらい。
子宮が大きくなって、胃がつぶされているせいだろう。

昨日は夜に大盛パスタを食べてしまい、体が重くてしんどかったので外に散歩に行くことにした。
もう21時だったので彼も付いてきてくれた。
星でも見れたらいいなぁと思ったのに、雲が全面にかかり空はどんよりしていた。

暗い森を抜けようと思ったとき、彼が急に足を止めた。

kowai.jpg

彼は固まっている。
全身に鳥肌を立てて言った。

「見た?」

「え、なに?」

「目の前に突然、ちょび髭の男の顔が見えた..」

コワっ。。

かなりくっきり見えたらしい。
私は怖がりなのでそれ以上聞かないようにし、森へは進まず元来た道を戻った。

幽霊を見たのは、彼は生まれて初めてだったらしい。(私は見たことない)
彼は怖いもの知らずな方だが、こんなに怖がってる彼は初めて見た。

そして、そのまま住宅街を散歩。
住宅街といっても、隣は林。

その道で私も、生まれて初めてのものを発見。

「あ!!」っと叫んで指をさすと、彼はまださっきの体験にドキドキしていたようで
タンを喉に詰まらせしばらく咳こじらせていた。
また幽霊だと思ったらしい。

私が見つけたのは、野生のハリネズミ!

その道で2匹も見つけた。
1匹の後を追って近づいていくと、意外にも道の端っこで静かに止まった。

20170911_111908.jpg

かわいい!

目はウルウルとし、顔は濡れていた。

彼はハリネズミと遭遇した事は何度もあるようで、
仕事から帰ってきた彼から「今ハリネズミ見たよ〜」なんて報告を受ける事もあった。
チェコの野生動物といえばハリネズミ、彼とハリネズミのスタンプを作ったことも。
私はチェコに来て以来、何年もハリネズミを見たいと思っていたのだ。
やっと生き生きした野生の子と出会えた。すごいうれしい!

本当におとなしい子だったので、オンドラは素手で背中を触ってみた。
痛いかもよ!やめなよ。と言ったのに。

20170911_111857.jpg

やっぱり、痛かったみたいだ。
でも触れたのは初めての様でうれしそう。

静かにとまってはいるが、針を立てているし私たちを警戒して怯えてる気がしたので
その場を離れた。

すごい良い体験だった。夜の散歩もいいもんだ。


posted by A子 at 13:14| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

近所の花火大会

22週3日になった日、オンドラが初めて赤ちゃんの胎動を感じた。

1.jpg

彼の目は大きくなって、少年のようにキラキラしておりました。

最近は、ポコポコからボコボコという強目の胎動に変わりました。
よく移動しているようで、膀胱近くを蹴ってるなと思えばヘソ辺りを蹴ってきたり、お腹全体で感じます。
朝と夜が活動的です。


昨日、近所でやっていた花火大会へ行ってみました。
いつもの殺風景なグランドが、お祭りに早変わり。

yatai.jpg

チェコのお祭りでは必ず出るタイプの屋台。
ジンジャークッキーやマジパン、長いグミなどチェコの駄菓子が売ってます。

でかいアトラクションもいっぱい登場。

park1.jpg

2日間のイベントのために、よくここまでするよなと感心する。
ローラーコースター、ゴーカート、回転ブランコなど8種類くらい。
子供たち大喜び。


チェコの綿菓子はでかい。

wata.jpg

祭りの綿菓子は気分で買っちゃうけど、
手や顔がべドべドになってやはり今回も後悔した。

花火大会を夏が終わったこの時期にやるのは、チェコの夏は日が長すぎるから。
夏は22時を過ぎないと暗くならないのだ。
最近は20時ころには暗くなってくるので、小さな町でやる家族向けのイベントではどうしてもこの時期がちょうど良い。


花火が始まった。

hanabi1.jpg

ローラーコースターの間から発射した花火。

ちゃんと大きい花火だし、すごく近いので迫力がありました。

hanabi4.jpg

花火の灰の塊が鼻に振ってきてちょっと痛かった(笑)

posted by A子 at 12:27| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

妊婦の記録:22週目の産院ファーストトーク


今日、出産する病院でのファーストトークの日でした。

ファーストトークって何だ?担当医師との初めての対話かなんかかなぁ?
と少し重要そうに思ったので彼に「一緒に来てね」と前々から言ってありました。
で、彼は職場にリクエストを出しその時間はしっかり空けておいてくれたのですが、、
2日前にこの日の事をすっかり忘れ、勤務時間を代わってほしいと言う同僚の頼みを聞き、仕事にしてしまったという。

自分で気づいたオンドラは「ごめんね。やっぱり交代できないと言うよ。」と言ってくれたのですが
その頼んだ同僚君は、超真面目なシャイボーイで(恐らく35歳チェリーボーイで)
最近急接近している好きな女子に誘われたデートに行きたいという理由でオンドラに交代を頼んでいたのだ。
私はそのチェリー君の恋を前々から応援しており、「じゃあ、病院は私1人で行くよ」と言うのに迷いはなかったのでした。

さて、それで行ってきました。ファーストトーク。
その病院は胎児スクリーニングで2回訪れているけれど今日の診察の場所は少し違う所にあるようだ。
病院内で迷っていたら、すごい幸せムードむんむんのフロアーに出た。その廊下には、数組のカップルが座っており、どうやら出産終えたばかりで、二人の前には赤ちゃんが乗ったゆりかごが。
ちょっとワ!なにここ!と思いましたね。気のせいでしょうが、新生児から湯気が出ているような、
この階だけ温度が高く思えたんです。ほんわかしていて、天国みたいでした。
私も近い未来にこの感じになるのが想像つきません。まだやはり他人事すぎるのだ。

廊下で立ち話している看護婦に探している診察場所を聞くと、親切に案内してくれました。

診察室前廊下にたくさんのソファー。誰一人待っていなかったのは予想外でした。

20170907_155154.jpg

こんな感じでポツンと待ちました。
この病院、とても古いのですが教会のように趣きがあって綺麗なのがいいです。

受付のないチェコの病院のシステムにはもう慣れました。
看護婦さんがドアを開けて出てきたら、素早く「○○時に予約してます」と言って保険証を渡せば良いのだ。
気長に待つ心の準備ができていたのだが、
座って5分くらいで看護婦さんが他の患者の名前を言いながら出てきた。
その患者さんは待合廊下にはおらず、ただそこに一人いる私に気付くと
「じゃあ、あなた先に入っていいわよ」と診察室に通してくれた。
実は予約時間の30分前だったけど、全然待たずに入れたのはラッキーだ。

看護婦さんはチェコ語しか話せない人でした。
でも、ここで質問項目が20個ほどあったのです。患者の情報をデーターベースに入力するためだ。
一回で理解できない質問も多く、易しい言い回しで再度質問してくれたり
すごくゆっくりなスピードで聞いてくれて、まるでチェコ語の会話テストかなんかを受けてる気分だった。

今思い出せる質問の内容は、
初産婦か、過去の手術経験、家族構成と病気持ちの人はいるか、結婚してるか、アレルギー、常用してる薬、一軒家かアパート住まいか、ベジタリアンか、妊娠前の婦人科へ行く頻度、初経はいつだったか、あと体の問題等の質問(痛み、足のむくみ等)

私にはけっこう難易度が高い質問だ。
あまりに私が分からなかったり、とんちんかんな返答してしまったときは
もう二人で笑ってた。
私のチェコ語レベルでよくやりぬけたと思っている。私やるじゃん、と自分を褒めた。
そんで、けっこう楽しかった。

最後に何か紙をもらい、次回は医者との診察で34週になったら電話で予約を入れるように、と言われた。
そして「情報が少ないから、次の診察は彼氏を連れてきてね」と付け加えられた。
まぁそうだわな。

そんなわけで、今日のファーストトークは看護婦さんとの楽しい(?)トークで終わったのでした。





(そして)

2日前にKarlin地区で食べたインドカレーが美味しかった!

20170906_114317.jpg

いろいろな味楽しめる一皿、99Kč(500円)。安い。

この日はまた新しい日本人との出会いがあった。
Ryokoさんが紹介してくれた友達2人、その友達の名前もRyokoさん、そしてMidoriさん。
駐在としてチェコに住んでいる日本人と知り合ったのはプラハ来てから初めてでした。
二人は肩の力を抜いてのびのび生活しているなぁと感じた。穏やかで話しやすい。
もう成人した子供2人を育てあげたRyokoさんに、ずばり子育てについて聞いたら
「自分が楽しむこと」と言っていました。

色々な状況、世代の方と話すのは自分の頭がぱかーんと広がっていいなと思った日でした。

posted by A子 at 21:09| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

妊婦スイミング


妊婦スイミングにトライアルで参加してきました。

こじんまりした水泳クラブは、プラハ5区の住宅街にありました。
赤ちゃんからシニアまで幅広いコースが設定されており、行ったときは子供で賑わっていました。

妊婦クラスは全員で11名。皆のお腹は大きくて、8か月くらいの人が多かったかな。
コーチは一緒に水の中に入って指示を出しながら動きます。
参加者は、コーチを真似して動きました。1時間、容赦なく動きました。

IMG_7604.JPG

大きな動きで、チェコ語が分からない私にはヨガより分かりやすかった。
コーチのお隣だったのもラッキーで、水の中の下半身の動きもしっかりチェックできてよかった。

水の中なので体が軽く、普段できないような大きな動きができた。
音楽流して、水中のエアロビでした。腕や足の筋肉や筋を伸ばしたり、腹筋とかをよく使いました。

終わった後には、良い疲れが。
しっかりスポーツしたな!と感じたのは妊婦になって以来でした。
週一でこういった運動をするのはいい事だなと感じたので、
帰りに迷わず5回券を予約してきちゃいました♪
受付で今後の支払いでつまずいていたとき、後ろから来た妊婦さんが英語で少し助けてくれました。
ヨガクラスの時同様シーンとしてシャイなチェコ人達ですが、今回穏やかな表情の妊婦さんが多かったです。

夜のコースで正解、その後いつもより良い眠りにつけました。



(おまけ)

餡子作り成功した。
友達が作ってて美味しそうだったので、今回は私もどら焼きに挑戦しました。

dorayaki.JPG

この間の大福作りで失敗した餡子ですが、それは小豆のせいではなく煮込みが足りなかったようです。
どら焼き、また気が向いたら作ろう。
ちなみにオンドラはドラが付くくせに、どら焼きより大福がいいようです。

posted by A子 at 09:47| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

8月が終わる

8月はなんだかあっという間だった。
気づいたら今月は過去最高のブログ投稿数、いろんな事あったんだな。
昨日今日は30℃近くあって夏日だったけど、今夜から雷雨がくるようで、
9月入ると同時にぐっと涼しくなりそう。

最近日本人の友達4人と集まって日本食レストラン、まし花へ行ってきた。
メンバーはさやかちゃん+息子君と、アッキーとニューフェースのじゅんこさん。
全員チェコ人パートナーを持つ同士で、話弾む弾む。言語の壁なく話せてラク、かなり楽しんだ。
レストランがもろ和定食屋の内装だから日本にいる感覚に陥って、落ちつけた。

色々メニューがある中から皆そろって天ぷら弁当を注文(笑)

20170829_115518.jpg

皆で贅沢だね〜と言いながら味わって食べましたよ。
ランチだから安いとはいえ、250コルン。
日本円に換算すると1250円くらいだけど、チェコでの給料は日本の半分以下って感じなので
この弁当は私達には2500円くらいの感覚なのだ。
そんなリッチ天ぷらは、ちょうど良く揚がっててやっぱり美味しかった。満足!
アッキーは自分で天ぷら揚げるみたいだけど、私もめんどくさがらずやってみようと思った。

その後近くのカフェへ移動、天ぷら中静かに寝ていたさやかちゃんの息子君(1才2か月)も目を覚まし
元気になっちゃったのでお母さん大変そうだった。
もうトコトコどこでも歩いて行っちゃうほど大きくなった。シャイなのは変わらず(照れ笑いが可愛い)。
人の子でも、どんな子になっていくのかなーと楽しみ。


この日トラムに乗ってると
「Jste těhotná?(妊婦さんですか?)」と他人に聞かれ、初めて席を譲られた。
その後もつづけさまに2回。服の上からでもわかるくらいお腹大きくなったんだなと思った。
チェコ人は妊婦や赤ちゃん連れに優しいというが、それを自ら実感した日でした。


そして今週は、訳あって3度もČelákoviceという小さな町に出かけてました。
話に進展あったら後日ブログに書きますが、Čelákoviceは前からよく遊びに行っているお気に入りの町です。

Čelákoviceの町の広場

IMG_7564.JPG


町の中心からすぐを流れるラべ川
IMG_7556.JPG

町中心はけっこう栄えているのに、川、湖、大きな森と自然が広がるいいとこどりな地域です。


時間があったので、Čelákoviceの隣の町Lysá nad Labemもちょっと見てみた。

IMG_7537.JPG

小さい町だけどお城がある。きれいなスクエアと教会が印象的。
聖書の登場人物のような石像が多く立っているせいかクリスチャンの町っていう雰囲気が少しあった。

posted by A子 at 18:07| Comment(2) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

妊婦の記録:20週6日の検診で何かもらった

胎児スクリーニングがあった3日後、月一の婦人科での定期健診がありました。
婦人科での検診が月一でも、大病院での特別な検査などがあるので、最近は頻繁に胎児の様子を見てもらえてる感じで嬉しい。

3日前にエコー検診受けたばかりなら今日はエコーしなくていいわね!と言ったお医者さん。
えーー、とガッカリしてたら、
あ、やっぱり子宮腺筋症気になるから見ておくわ!と言って結局エコーもしてもらえることに。
大病院の医者に「今は腺筋症は忘れなさい」と言われたように、私も今ではちっとも心配してないんですが
エコーをしてもらえてラッキーと思いました。せっかく来たんだから見てほしいよ。
赤ちゃんは変わらず元気いっぱい。

気になってる性別も再度聞いてみたら、頑張って探ってくれた。
機械の性能はスクリーニングの時のように良くないので細部までよく見えない感じだ。
股の間が狭いから女の子かもねと言われた。
今回ピーナツは見えなかったようだ。

そして、妊娠6ヵ月目に突入したからなのか、今回はプレゼントをもらった💛
心弾ませてプレゼント持って帰って、じゃじゃーんと彼に見せた。
袋を開けるまえ、「どうせ宣伝だよ」と彼にドライに言われたのだが
違うもーん!と私ルンルンに中を開けさせてもらいました。


IMG_7535.JPG

確かにメーカーの宣伝といえば宣伝だけど、

おしゃぶりとか靴下とかの赤ちゃんグッズも入っており、
まだこういったの一個も持ってないから見るだけでテンション上がった。

あと妊娠や出産に関わる情報誌と、赤ちゃん用品店の割引券などが入ってた。
雑誌は彼がささっと読んで説明してくれた。日本の妊婦雑誌のようにしっかり色々書いてなくて大雑把な内容だけど、チェコ人が読むのはこういうものかと面白かった。
赤ちゃんが生まれた後のお勧めの旅行場所の情報とか、チェコっぽいなぁと。
旅行は生後3−6ヵ月くらいだとどこへでも行けてラク、
6ヵ月ー12ヵ月は子供の主張が出てくるが場所を選べば楽しめるだろう、
1才すぎて歩き出すと、ほぼ旅行は楽しめないでしょうみたいなこと書いてあった。
出産の際、産院に持っていくものリストは役に立ちそうだ。
よく分からんが、使い捨てパンツを持ってくとか(薬局に売ってるらしい)。

そうそう、日本の妊婦雑誌を彼に見せると、なんじゃこりゃと言われる。
内容の細かさと絵や写真の多さ。彼曰く、ちょっと子供っぽいと感じるけど親切でいいよねと言っていた。
日本のってかなりわかりやすく作ってるよね、旅行本とかファッション雑誌とかもね、日本の情報の細かさは独特なものがある。

posted by A子 at 20:21| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

トローヤ城のフードフェスティバル


プラハ7区のトローヤ城で開催されているフードフェスティバルFoodparadeに行ってきました。

トローヤ城

IMG_7504.JPG

表の庭園へ行くと

IMG_7505.JPG

たくさんのテントが並び、来場客でにぎわっておりました。

ドイツ人友達のブリタと合流、一緒にどんなお店が出ているのか見て回りました。
プラハの一流レストランやカフェが出店しているようです。
お試しの価格と量で販売しているので、この機会に色々なレストランの味を確かめてね!
といったイベントでした。

1食100Kč(500円)くらい。
入場料150Kč(750円)もあるので、最終的にけっこう出費してしまいました。。

ずっとステーキが食べたいと思っていたので、
見るからに美味しそうだったレストランMangustinoのステーキを食べることにしました。

IMG_7510.JPG

焼くのに時間がかかるので、行列になっていて、けっこう待ちました。

IMG_7513.JPG

フランス産とアルゼンチン産の盛り合わせにした。120Kč(600円)
待ったかいあり、すっごい美味しかった。アルゼンチン産の方が柔らかくて好み。
久々に美味しい牛ステーキが食べれて大満足でした。

そしてブリタも美味しいものに出会ったらしい、

IMG_7521.JPG

「ん〜〜」と最高の笑顔になって食べているものは

IMG_7519.JPG

ココナッツチーズケーキ。味見させてもらったけど、確かに濃厚でリッチな味だった。

アジア料理も美味しそうだった。

IMG_7528.JPG

イカ焼きにも惹かれたけど、カニフライを購入。
カニクリームコロッケを思わせる見た目だったけど、カニの練り物を揚げたものだった。

IMG_7523.JPG

食いしん坊女子の私らはたくさんの種類の食べ物に目移りしました。

IMG_7531.JPG

IMG_7532.JPG

どのお店の料理も、見た目がきれいです。

IMG_7525.JPG

お花が入ったクランべりーレモネードが涼しい。

ブリタと、木陰でのんびり過ごしました。
こういった夏も、もう少しで終わりだなぁ。

IMG_7512.JPG

野原にシートを敷いて寝転がる乳児連れの親子が微笑ましかった。
来年の夏はどんな風に過ごしているのかなぁ。


posted by A子 at 18:58| Comment(0) | チェコの暮らしと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする